ロジカルシンキングの鍛え方とは?ビジネスで注目される基本スキルを身につける

ロジカルシンキング研修, デザイン思考研修
物事を体系的に整理した上で、矛盾のない筋道に沿って考えることです。直感や感情で物事を捉えるのではなく、矛盾や破綻がないように論理を積み上げていきます。
話に説得力があり、相手を動かすことができます。 順序立てて説明してくれるので、あいまいな指示や感覚的な指示がなく、話を聞いているほうも納得しやすいです。
因果関係を整理する。「なぜ?」を突き詰めて考える。主張をひとつに絞る。主張するときは根拠を考える。が代表的な思考方法です。
KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

ロジカルシンキングとは

ポストイットを使用した会議
ロジカルは「論理的な」という意味の言葉で、ロジカルシンキングは「論理的思考」のことです。

つまり、ロジカルシンキングとは、物事を体系的に整理した上で、矛盾のない筋道に沿って考えることです。直感や感情で物事を捉えるのではなく、矛盾や破綻がないように論理を積み上げていきます。

ロジカルシンキングができる人は、話に説得力があり、相手を動かすことができます。順序立てて説明してくれるので、あいまいな指示や感覚的な指示がなく、話を聞いているほうも納得しやすいのです。

できる人は普段から息をするようにロジカルシンキングをしており、改めて「よし、この問題はロジカルシンキングで考えよう」と思うことはありません。思考の癖そのものが論理的なので、意識しなくてもロジカルシンキングになっています。

一方で、ロジカルシンキングが苦手な人も大勢います。そのような人が発言しても、「何が言いたいのかよくわからない」「私はそう思わないけど…」と賛同を得られません。特に部下に指示を出す立場の上司が、ロジカルシンキングできない人だと、部下は不満を持ってしまいます。

ロジカルシンキングが苦手な人も、訓練すれば身につけることができます。説得力のある話や指示をして、ビジネスを円滑に回せるようになるためにも、ロジカルシンキングを身につけましょう。

株式会社モチベーション&コミュニケーション
わかりやすい!30秒で話をまとめるロジカル会話術実践研修 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

30秒で話をまとめるロジカル会話術を学びます。ロジカルシンキングの基礎をベースに、伝わる話し方をマスターします。ロジカルに考える癖をつけることで、相手に伝わる筋の通った話が瞬時にできるようになります。あなたの会話力をグレードアップさせましょう。


研修プランを表示

ロジカルシンキングが注目される背景


ロジカルシンキングは、ビジネスパーソンの間で長らく注目を浴びているスキルです。ビジネス書を中心に、最先端の思考ツールが生まれては消え、を繰り返していますが、ロジカルシンキングの注目度は昔から変わっていません。社会人としての基本スキルと位置づけ、内定者や新入社員に研修を行う企業もあります。

なぜこれほどロジカルシンキングが注目され続けているのかというと、身につけるメリットが大きい割に、身につけている人が少ないからです。そのため、ロジカルシンキングが必要だと言われ続けています。

例えば、ロジカルシンキングのメリットに問題解決力の向上があります。現場で何か問題が起こったときは、問題の原因を突き止め、最適な解決策を早く実行しなければなりません。原因を突き止めることも、解決策を導くことも、論理の積み重ねです。ロジカルシンキングに長けた人ほど、早く解決策を見つけられます。

  ⇒『改善』に必要な問題提起能力の高め方はこちらからチェック!

直感や感覚でしか物事を捉えられない人に、このような問題解決は無理です。直感や感覚で考えた解決策が、偶然に効果を発揮した、というケースはあり得ますが、再現性がありません。ロジカルシンキングを身につけていないと、対応は行き当たりばったりになってしまいます。

ロジカルシンキングは、問題解決力だけでなく、日常的なコミュニケーション能力、プレゼンや提案力の向上にも役立ちます。ビジネスの現場では、感覚や共感に頼るのではなく、論理的なコミュニケーションが求められるからです。

必要であることは昔からわかっていたのに、いまだにロジカルシンキングが注目され続けるのは、身につけていない人がそれだけ多いということを示しています。自然にロジカルシンキングができる人がいる一方で、感情や感覚を優先してしまう人がいます。感情や感覚ではなく、論理的に考える力を身につけることで、より強い組織に成長できるのです。

ロジカルシンキング研修

顧客の求めていることを理解し的確さとスピード感を持って行動できる様になる


ロジカルシンキングを鍛える方法

ロジカルシンキングが苦手な人が、身につけるにはどうしたら良いのでしょうか。ロジカルシンキングの鍛え方について解説していきます。

因果関係を整理する


物事には因果関係があるので、論理的に整理する必要がありますが、正しく整理するためにはロジカルシンキングが必要です。ロジカルシンキングの練習にもなるので、問題と解決策を考えるときは、因果関係を紙に書くなどして整理しましょう。

例えば、「社員の残業が減らない」という問題があったとします。原因として考えられるのは、業務量が多い、人員が少ない、サボっている社員がいる、上司の采配が良くない、などさまざまです。原因をリストアップしたら、すぐに解決策を考えるのではなく、因果関係を整理しましょう。

すぐに解決策を考えると、非論理的で誤った解決策になりがちです。「業務量が多い」という課題を解決するなら、業務量を減らさなければなりません。しかし、それでは売上まで下がってしまうでしょう。

業務量が多いのは、人員が足りないことが原因なので、人員を増やす必要があるでしょう。充分な人数を雇っているなら、上司の采配や社員の勤務態度に本当の原因があると言えます。

このように、原因どうしには因果関係があります。ロジカルシンキングを用いて因果関係を整理することで、最も重要な課題を見つけ、対処法を見つけることができます。

「なぜ?」を突き詰めて考える


物事には必ず原因と結果があります。ロジカルシンキングができる人は、結果を得たら原因を考え、論理的に理解します。ロジカルシンキングができない人は、結果を無条件に受け入れるため、次に同じような問題に遭遇しても対処できません。

結果を黙って受け入れるのではなく、必ず「なぜ?」を突き詰めて考えましょう。結果が出るまでにどのような筋道を辿ったのかを考えることは、論理的思考そのものだからです。

例えば、「売上が落ちている」という結果があったとします。このとき、原因を考えることなく「新商品を開発しよう」「カラーバリエーションを増やそう」などと考えるのは、感覚的すぎます。ロジカルシンキングを用い、売上が落ちているのはなぜか、しっかりと考えなければなりません。

主張をひとつに絞る


ロジカルシンキングができない人の特徴のひとつに、「何を言っているのかよくわからない」と思われてしまうことがあります。本人は一生懸命伝えようとしているのに、周囲が理解できないのは、主張がひとつに絞られていないからです。

「Aが良いと思います」とだけ言えば良いのに、「Aが良いと思う、Bは良くない、CはBに比べれば良い、DはCよりダメ」のように、たくさんのことを伝えようとしても、相手には伝わりません。この例でも、「Bは良くない」以降の話は、まったく触れなくて良いことです。

このようにたくさん喋っていると、相手に伝わらないどころか、喋っているうちに自分でも訳がわからなくなってきます。そもそも、自分の思考回路を1から100まで説明することは、ロジカルシンキングができる人でも難しいです。「思っていることの1割くらいしか伝わらない」と考えるようにして、主張を絞り込みましょう。

主張するときは根拠を考える


もうひとつ、ロジカルシンキングができない人の特徴に、主張に対する根拠がないことが挙げられます。逆の立場になり、自分が誰かの話を聞いているとして、理由を説明されずに「こうしたい」と主張だけを言われても困ってしまいます。相手に「こうしてほしい」「こうしたほうが良いと思う」など主張をするときは、必ず根拠を添えましょう。

根拠を考えようとしても、何も思いつかない…と感じる人は、その主張自体が直感・感覚によって導かれたものではないか、振り返る必要があります。問題の原因を適切に捉えれているかなど、主張を考える前段階に戻って考え直しましょう。

人を動かすためには、相手が納得できる根拠が必要です。ロジカルシンキングはまさに根拠から主張を導く思考方法なので、主張するときに根拠を添える練習は、ロジカルシンキングを鍛えるのにうってつけです。

ロジカルシンキングの例題


ロジカルシンキングを鍛えるには、「フェルミ推定」が有効です。フェルミ推定とは、実際に計測することが難しいものの数を、わかっている情報から論理的に推論することです。

解答が必ずしも実際の数と一致する必要はなく、いかにシンプルでわかりやすい筋道を立て、説得力のある論理を積み上げられるかが重要です。例題を紹介するので、解答例を見る前に、ご自身でも手を動かして考えてみましょう。

フェルミ推定を解く5つの手順の表
図:引用:カラクリブログ『【初心者必見】フェルミ推定の5つの手順【例題あり】』

アメリカのシカゴにはピアノの調律師が何人いるか?


これはフェルミ推定の生みの親であるエンリコ・フェルミが、実際に出した問題として知られています。正確な答えは調べようがありませんし、何人いるか本当に調べたところで意味はありません。こうした問題に対して、わかっている情報から論理的に数を推定すること自体が、ロジカルシンキングの練習になります。

この問題を考えるには、

・シカゴの人口
・シカゴには何世帯あるのか
・何パーセントの世帯がピアノを1台所有しているか
・ピアノ1台の調律の頻度
・調律師が1日に調律するピアノの台数
・調律師が1年間で働く日数

といった情報が必要になります。しかし、正確な数値を調べる必要はありません。人口は300万人、1世帯あたりの人数は平均3人、ピアノを所有する世帯は10パーセント、など妥当そうな仮定を置いていきます。

最終的に得られた調律師の人数が、必ずしも実際の調律師の人数と近い必要はありません。正しい論理と妥当そうな数値で、結論を導くこと自体が、ロジカルシンキングの練習になるのです。

東京都にマンホールはいくつあるか?


ほかにも例題を掲載するので、取り組んでみましょう。「東京都にマンホールはいくつあるか?」という問いです。これも、実際のマンホールの数は重要ではなく、正しい論理と妥当そうな数値の仮定により、論理的に解答を導きます。

ここから先は考え方の例を示すので、ご自身でも考えた後にご覧ください。

必要となる情報には、例えば以下のようなものが挙げられます。

・東京都の面積
・東京都で人が住んでいる地域の割合
・マンホールは何平方メートルに1個あるか

こうした情報に数値を仮定すれば、フェルミ推定による解答を導くことができます。

大型バスにゴルフボールはいくつ入る?


こちらも、実際に大型バスにゴルフボールを詰める必要があるわけではありません。誰も考えたことがないのに、確かに答えがある問題について、論理的に推論するのがフェルミ推定です。

ここから先は考え方の例を示すので、ご自身でも考えた後にご覧ください。

必要となる情報には、例えば以下のようなものが挙げられます。

・大型バスを立方体に見立てたときの体積
・座席などがあり、使用できない部分の体積
・ゴルフボールの直径
・ゴルフボールは1平方メートルあたり何個入るか

この問題の場合、ゴルフボールの形が球形であることに注意する必要があります。大型バスに詰めたとき、ボールとボールの間に小さな隙間ができるので、隙間なく敷き詰めることはできません。

こうした条件に留意しながら、自分なりに解答を考えてみましょう。解答の正確さは関係なく、論理的に考えること自体が、ロジカルシンキングの練習になっています。

デザイン思考研修

ニーズを掘り出し解決策を生み出す

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

(作成日2022年1月12日)

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もご参照下さい

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。