部下育成研修 研修プラン

OJT担当としての不安を解消する1on1を活用したOJTトレーナー研修

● 1on1コミュニケーションの意義、進め方を理解する
● コミュニケーションの基本である、傾聴・質問・フィードバックのスキルを身につける
● ロールプレイング/ケーススタディなどの実践型トレーニングにより、OJT担当としての不安を解消する

部下の成長を促進させるコーチング研修

● コーチングの心構えを理解できる
●「傾聴・質問・承認」などのコーチングの基本スキルを習得できる
● 自立型職員、組織の育成ができるようになる

セクハラ・パワハラ防止研修

● セクハラ・パワハラ防止の基礎知識を再確認できる
● 被害者の気持ち・立場を理解することで部下指導の際の何気ない言動にも注意を払うことができる
● ケーススタディや事例を通じてセクハラ防止についての視点を養うことができる

【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップ

● 離職率低下に繋がる
● スタッフの成長速度が上がり生産性が向上する
● サービス品質が向上する

管理職のためのリーダーシップと部下育成研修

● 周囲から期待されている役割とその行動を認識できる
● チームで成果を出すためのリーダーシップを発揮できる
● マネジメントの原理原則(仕事の管理、人の管理)を理解できる
● 部下育成の具体的方法を理解できる

1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修

● やる気を引き出す具体的な手法を手に入れる
● 部下が自発的に動くようになる
● チーム内のコミュニケーションが円滑になる
● ミスが減り仕事の生産性が上がる
● チームの業績がアップする

部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修

● 部下の言いたいことがしっかり聴ける傾聴力を身に着ける
● 話を深める質問力を習得する

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な部下育成研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの部下育成研修対応しています。

コロナ禍での部下育成研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

本記事では以下の点を解説します。

● 部下育成研修の特徴と注目される理由
● おすすめできる部下育成研修プラン
● 部下育成研修を受講することで得られるメリット

部下育成研修は、新しい世代を育てるうえで重要なポイントです。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

部下育成研修とは?

部下育成研修とは、「部下を育てるために関するスキルやノウハウを身につける」という手指のカリキュラムです。
つまり、「”社員に対して指導する側”に指導をする」という形になります。

部下育成研修では、主に以下のような内容を学習します。

● 個人個人に沿ったフィードバックやコミュニケーション
● 部下の成長段階や状況理解
● 仕事ぶりの評価基準
● 問題があったときの対処法

上記について学ぶことで、部下の能力やモチベーションを引き出しつつ、信頼関係までも構築します。 
部下の育成については、つい経験則や風習に頼りがちです。
しかしコーチングや組織論を元にした手法が実施できれば、部下をさらに大きく成長させられます。

部下育成研修が多くの企業から注目される理由

近年では、「部下を適切に育成することの大切さ」が叫ばれるようになりました。
それはそのまま部下育成研修が注目される理由となっています。
ただ、もう少し詳しく分析するなら、以下の理由から研修での学習が求められるようになっています。

● 部下育成を自社で学ぶのは困難
● 個人で育成や指導法を理解するのはむずかしい
● 社員の満足度を大きく向上させるうえで効果的

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

部下育成を自社で確立するのは困難

部下育成研修が必要とされる理由として、「自社で部下育成のスキルを確立するのが困難なケースが多い」という例です。
自社には部下を育成するためのマニュアルが用意されているかもしれません。
しかしそこにはコーチングや組織論などに基づく指導方法が盛り込まれていることは、ほとんどありません。
たとえば「シェイピングを用いた褒め方」などといった項目は書かれていないはずです。
そもそもマニュアル自体用意していないケースも少なくありません。
「どうやって教えればよいか、判断に迷う」場面に出くわした人も多いはずです。

つまり、経験則を元にした指導育成が行われるわけですが、それでは部下の成長は安定しません。
あくまでも理論に基づいた育成や指導を知ることが重要となります。
ただし自社でそれを実施するのは非常にむずかしい部分があり、特に中小企業ではその傾向が顕著です。

しかし部下育成研修であれば、各社が根拠立てた育成方針を学び取ることが可能です。

個人で育成や指導法を学習するのはむずかしい

部下育成の方法論を自社で確立するのは困難です。
そうすると社員が個人で育成や指導法を学習するのは、よりむずかしいものとなります。

まず、個人がセミナーや読書で積極的に学ぶとは考えづらいです。
さらに行動に落とし込み、その後ブラッシュアップするのはむずかしいものです。
そして自分の中で、部下の育成方針を体系的にまとめている人材はほとんどいません。
結局は経験則や信頼関係に依存した育成や指導しかなされないわけです。

つまり会社あるいは個人では確立できない育成方針を定めるために、部下育成研修が注目されています。

社員の満足度を大きく向上させるうえで効果的

部下育成研修が求められる理由として、社員の満足度と関係している点が挙げられます。
企業にとって社員の満足度は、今や顧客満足度と同様に重要です。
働き方改革でフリーランスや副業といった働き方が広まっている中では社員からの求心力を確保する必要しなければいけません。
そのために、部下育成研修が求められるというわけです。

後輩育成が会社に与えるプラスの影響と指導のポイント
後輩育成が会社に与えるプラスの影響と指導のポイント

後輩育成は、後輩社員だけでなく育成担当社員も大きくスキルアップできる、貴重な人材育成の機会です。後輩育成に本気で取り組むことが会社に与えるプラスの影響について説明したのち、人材力アップにつながる後輩育成のポイントについて詳細を解説していきます。

記事を読む

部下育成研修のラインナップ

部下育成研修であれば、以下のカリキュラムをおすすめします。

部下の成長を促進させるコーチング研修「株式会社ノビテク」

株式会社ノビテクが主催するコーチング研修は、管理職や営業マネジャーなど部下育成を仕事のひとつとする方を対象とした1日の研修です。部下の成長支援の強化を目的とした研修で、傾聴・質問・承認といったコミュニケーションスキルに特化して、コーチングの基本を身につけることができます。

研修では、コーチングの手法を理解する講義や、実践的なワークを通じ、コーチングのスキルを高めていきます。「聞く」「聴く」の違いを理解して傾聴力を高めるワーク、相手が自ら気づきを得られる質問ができるようになるワーク、承認することを通じたコーチングなど、実践的なトレーニングによって現場ですぐに使えるコーチングの手法を身につけることができます。研修を通して部下育成の方法を身につけることで、部下を育成するだけでなく、指導担当の上司や先輩も成長できます。

株式会社ノビテクは、基本的なやり方を学び、そこからうまくやり遂げられる方法を受講者が思考できるように導く研修プログラムを提供しています。ビジネスシミュレーションなどワークを多く取り入れているので、受講者は眠くならず、研修で学んだことをしっかりと記憶に定着させることができます。
株式会社ノビテク
部下の成長を促進させるコーチング研修 - 株式会社ノビテク

部下の成長支援の強化を目的にした研修です。コミュニケーションスキルに特化し、コーチングの基本的手法を習得します。


研修プランを表示

部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修「株式会社モチベーション&コミュニケーション」

株式会社モチベーション&コミュニケーションが主催する質問力と傾聴スキル研修は、幹部層や管理職、リーダーなど、部下を育成する立場の方を対象とした研修です。特に、部下とのコミュニケーションに課題を感じているものの、どうすれば解決できるのかわからず困っている方におすすめです。

上司と部下には上下関係がありますが、そのような関係は会社の外には無いため、お互いの気持ちを理解しあえずすれ違ってしまうことがあります。例えば、上司は有益なアドバイスをしたつもりでも、部下は自分を否定されたように感じてしまう、といったすれ違いです。部下にとって相談しにくい上司になってしまったら、適切なタイミングで報連相が上がってこない、といったトラブルにも発展します。

こうしたコミュニケーションの問題を解決するために研修を導入し、相手の心を開く話の聴き方や、共感力を高める質問の仕方などを身につけましょう。ペアワークやグループワークが中心の研修なので、学んだことをすぐに実践して身につけることができます。

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、組織のコミュニケーション課題の解決に特化した研修会社です。すぐに実践できる内容を盛り込んだ研修プログラムで、受講者のモチベーションを高め、自立を促します。
株式会社モチベーション&コミュニケーション
部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

相手の言いたいことを話を遮ることなくしっかり聴ける傾聴力を身に着け、話を深める質問力を習得する研修です。


研修プランを表示

【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップ「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」

ザ・ホスピタリティチーム株式会社の部下育成研修は、管理職、中堅社員、リーダー候補、リーダー、マネージャーを対象とした研修です。サービス業の現場におけるOJTを念頭に、部下育成の方法を体系的に学ぶことができます。一般論を学ぶのではなく、実際のサービス業の現場で活かせることを、短時間で効率よく学べる研修プログラムです。

サービス業の現場では息をつく暇もないほど顧客対応が忙しいため、新人の育成が後回しになったり、そもそもリーダー層が部下育成方法を学べる機会や時間が無かったりします。この状態で現場を放置してしまうと、新人が戦力に成長しにくいので、企業にとっても利益が生まれにくいです。部下育成は新人だけでなく、育成担当者にも会社にもメリットがあります。こうした人材育成の意義を学び、OJTの意味や方法、教育ツールの種類や活用方法について理解できるのが、この研修です。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、サービス業を専門に現場教育を行う研修会社です。部下育成研修のようなリーダー層やマネジメント層向けの研修だけでなく、現場のスタッフを育成するホスピタリティ研修なども充実しています。サービス業ならではのニーズを的確に押さえた研修プログラムが特徴です。
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップ - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

一般的な理論を学ぶのではなく、部下育成の重要性を理解し、実際のサービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップを体系的に学び、自組織の部下育成方法を構築します。


研修プランを表示

【管理職向け】部下を育成するために必要な要素を見つける|「株式会社ラーニングエージェンシー」

株式会社ラーニングエージェンシーでは、部下を育成するために必要な「10の要素」を学ぶ部下育成研修が用意されています。
10の要素は、同社独自のノウハウであり、育成基盤の構築から具体的な指導法までカバーする重要な部分です。
これを学ぶことで、部下の育成フローを最初から最後まで理解して構築できます。

基本となるカリキュラムは以下のとおりです。

● 部下育成を取り巻く現状
● 企業において部下が成長するために求められる要因
● 上司としての人物像設定

株式会社ラーニングエージェンシーは、ビジネスパーソン・企業向けの研修を数多く提供している企業です。
研修実績は豊富で、「東京メトロ都市開発株式会社」や「ヤマハ株式会社」など、名だたる大企業に対して研修を提供した経緯があります。
株式会社ラーニングエージェンシー
株式会社ラーニングエージェンシー

業界初の定額制ビジネス研修をはじめ、人と組織の学びを全方位的にご支援します

13,000社に及ぶ企業研修・人材育成に携わった経験豊富な専門家による手厚いサポートと、業界初の定額制社員研修をはじめ、モバイルラーニングなど様々な育成サービスを紹介します。


部下育成を加速させる「伝え方」を学ぶ|「日本能率協会(JMA)」

日本能率協会では「部下育成・後輩指導のための伝え方向上セミナー」を実施しています。
主題のとおり、教育において適切な「伝え方」を学ぶカリキュラムです。
指導者と部下には、それぞれ「タイプ」があって、適応するコミュニケーションを取りながら育成することが大切です。
本研修ではそれを踏まえつつ、適切な伝え方について理解し、実践できる状態を目指します。

主なカリキュラムは以下のとおりです。

● 指導基盤の構築
● DiSC診断で自身の傾向をつかむ
● 自身のリーダーシップを作り出す

ここでおこなわれる「DiSC診断」とは、自身もしくは部下が、どのような行動傾向を示すか判断するメソッドです。
診断結果を利用することで、より効果的で、本人も納得がゆく指導が実現できます。

日本能率協会は、企業向け研修やシンポジウムを数多く開催している社団法人です。
ただしそれは事業の一部分であり、他分野では「ISO認証」なども実施している、たいへん権威のある団体です。
社会的なポジションが確立されているので、受講先としてはかなり信頼できます。
日本能率協会(JMA)
日本能率協会(JMA)

日本の経営革新、世界と社会と共に。

先進的テーマから実務課題に基づくものまで、階層別・課題別でまとめ、分野も幅広く取り揃え、バラエティーに富んだ人材育成・教育支援を行っています。


部下の成長を促進する「対話」を学ぶオンライン研修|「リクルートマネジメントスクール」

リクルートマネジメントスクールでは、オンライン形式での研修を提供しています。
カリキュラムのテーマは、部下の成長を促進する1on1での「対話」です。
部下とのかかわりにおいて、1対1でのミーティング(時として会食)は重要なセッションです。
しかし実際に対面すると、「何を話すべきかわからず、進捗の確認程度で話が終わる」というケースがよくあります。
しかし以下のカリキュラムを学習することで、部下のモチベーションが引き出される対話術を習得することが可能です。
そして管理職あるいは指導者として、高いマネジメント力とリーダーシップを発揮することを目指します。

● 1on1ミーティングの重要性と課題解決
● ミーティングにおける自分のスタンス
● プロコーチによる対話術の指導

リクルートマネジメントスクールはリクルート傘下の研修会社です。
たいへん権威ある団体であり、たとえば「Yahoo!JAPAN」などの大企業に研修カリキュラムを提供しています。
本研修を受ければ、名だたる企業が求めたノウハウを会得することが可能です。
リクルートマネジメントスクール
リクルートマネジメントスクール

実効性の高いマネジメントソリューションの提供により個と組織の健全な発展に貢献する

人材育成、人事制度、組織開発から営業力強化まで、「アセスメント」「トレーニング」「コンサルティング」「カウンセリング・コーチング」などの手法を用いて人事課題を解決に導く研修を紹介します。


基本から応用まですべて網羅した部下育成研修|「株式会社インソース」

株式会社インソースでは、部下育成研修を、さまざまなカリキュラムを提供しています。
一例として以下が挙げられます。

● アドラー心理学を活用したコーチング研修
● OJTステップアップ研修
● はじめてのOJTフォローアップ研修

多くのパターンでカリキュラムを展開しており、自社に合ったものをチョイスすることが可能です。
状況や社員のレベルなどを鑑み、何を受講するか検討しましょう。

株式会社インソースは、研修会社として最大手とされる存在です。
全体の年間受講者は60万人近く、部下育成に関係した研修だけでも2万人以上が受講しています。
もっとも実績とノウハウが豊富で、自社にとっても有力な受講先となります。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。


管理者基礎コース(オンライン受講)|「日本生産性本部」

日本生産性本部ではオンライン研修である「管理者基礎コース」を提案しています。
本研修の目的は4つです。

● 管理者としての役割である、部下育成の基礎を知る
● その上で業績向上・組織力強化を実現する
● 職場の状況に合わせた適切なマネジメントを実践する
● 管理者としての課題を理解して、具体的なアクションを実施できる

部下育成のみならず、管理者として求められる基礎知識を習得できます。
育成という視点だけでなく、より大きなビジョンを持っている場合はおすすめできる内容です。
具体的なカリキュラムは以下のとおりです。

● 事前課題への取り組み
● 管理者が果たすべき責任と役割
● 部下育成の手法とマネジメント

日本生産性本部は、企業の「生産性を高める」という目的で活動している社団法人です。
その一環として研修事業を展開しています。
部下育成を進める最終的な目的は、やはり生産性、つまり会社の利益です。
日本生産性本部のカリキュラムはその点につながるようにデザインされており、実用性の高い研修だと評価されています。
日本生産性本部
日本生産性本部

ビジネス・パーソンの職種を広く網羅

経営者層から若手まで役割・役職に応じた人材育成、能力開発のための体系的な階層別研修のほか、テーマ別研修・セミナーでは人事労務関連、経営全般、ビジネススキルなど分野別に多彩なセミナーをご紹介します。


部下育成研修のカリキュラム一例

続いて、部下育成研修におけるカリキュラムの一例を紹介します。

<想定受講者>
チームリーダー・教育部門担当者・課長などの管理職・経営者・

<受講後の状態>
● 部下育成における基本的な知識を身につける
● あらゆる指導における具体的な手法を理解する
● ケーススタディにより、研修の理解度を理解する
● 学習内容を自社で応用できるようにする




主要なテーマ 学習内容
部下育成を取り巻く現状 近年の若年世代の傾向

部下のモチベーション

部下育成を実施しない場合のデメリット
指導者として求められる要素を考える 行動様式の理解

指導方針の考案

自己の特性を確認する
部下育成の具体的な手法 部下をタイプ分け

適切なフィードバックをあ

モチベーションを高める方法

各種マネジメント能力の重要性

ハラスメントを回避する

リーダーシップの発揮

基本的なコミュニケーション能力
1on1面談における面談力向上 1on1面談の重要性

モチベーションを高める伝え方

1on1面談を通した信頼関係の構築
ディスカッションとロールプレイング モデルケースを用いたディスカッション

指導場面のロールプレイング

1on1模擬面談
振り返り 研修の総まとめ

今後のアクションプラン作成

部下育成研修を受講するメリット

部下育成研修を受講することには、以下3つのメリットがあります。

● 部下の成長や状況をより正確に把握して適切にフィードバックできる
● コミュニケーションの基礎に則った指導ができる
● 育成や指導に関する多くのナレッジを習得できる

いずれも企業、そして受講する本人にとって重要なポイントです。
それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

部下の成長や状況をより正確に把握できる


部下育成では、まず成長や状況を理解することが重要です。
なぜなら部下のことがわかっていなければ、適切な指導方法を選択できないからです。
しかし部下育成研修では、部下の成長度合いや状況、あるいは考え方の傾向について見抜く能力を備えられます。
部下の成長や状況が理解できれば、適切なタイミングでフィードバックを出せるようになります。

部下にとっても効果的な助言や指示が得られるのは大きなメリットです。
次第に「この上司のフィードバックは価値あるものだ」と判断され、信頼関係が構築されます。
その状態を作り出すためにも、まずは部下に対する理解度を高めましょう。
⇒フィードバックの意味間違えていませんか?リーダー必見 正しいフィードバックはこちらから

コミュニケーションの基礎に則った指導ができる

コミュニケーション手法に則った部下育成について

部下育成研修を受ければ、コミュニケーションの基礎を見直し、より安定感ある部下育成と指導が実現されます。
部下育成、と言っても、それはコミュニケーションにおける一つの形態でしかありません。
つまり「傾聴」や「メンタライジング」などといった一般的な対話技法や基礎知識は、育成においても有効です。
もちろん部下育成研修では、その点を踏まえたうえでカリキュラムが進行します。
「人を育てる」という点に主眼を置いたマネジメントも重要ですが、コミュニケーションの基礎に立ち返り、より安定した指導スタイルを確立しましょう。

育成や指導に関する多くのナレッジを習得できる

育成や指導に関する知識はさまざま存在します。
ただしそれをナレッジとして蓄積している会社はさほど多くありません。
たとえば部下のタイプは「コントローラー」や「プロモーター」などに分けることが可能ですが、こういった知識を学ぶ機会は限られています。

しかし部下育成研修であれば、育成や指導に関する数多くのナレッジを習得することが可能です。
得られた情報をもとに、自社で育成基盤を構築しましょう。

部下育成研修に関するよくある質問QandA

本記事では部下育成研修について、詳しく解説しました。

自社に合ったサービスをチョイスし、部下育成研修を進めましょう。
最後に部下育成研修について寄せられるよくある疑問をQandA形式で解消します。

● 自社の状況に合わせてカリキュラムをカスタムすることは可能か?
● eラーニングで学ぶことは可能か?
● 費用はどの程度かかる?
● 合わせて他の研修も受けるならどのようなカリキュラムがよい?

部下育成研修に関する疑問をきちんと解決したうえで受講しましょう。

自社の状況に合わせてカリキュラムをカスタムすることは可能か?

結論から言えばカリキュラムをカスタムすることは可能です。
ただし部下育成研修の場合、カスタムすると費用が上乗せされる場合もあります。
とはいえ内容次第では費用がかからないケースもあるので、まずは事前に問い合わせることが重要です。
その時点で新しい見積もりを取って判断するのがセオリーです。

eラーニングで学ぶことは可能か?

部下育成研修はeラーニングで学ぶことが可能ではあります。
特に新型コロナウイルス感染症が問題になる中、リモートで学習するのは有効な選択肢です。

ただし実地研修より理解度が落ちる側面には注意しなければいけません。
特に高度なカリキュラムでは、捉え違いや理解不足が起こることもあります。
ただし初歩的な内容であればe-ラーニングでも十分です。

費用はどの程度かかる?

部下育成研修にかかる費用は、一人あたり20,000円〜30,000円と考えましょう。
たとえば20人規模であれば50万円前後の総費用で開催することが可能です。
ただし部下育成研修のカリキュラムが高度になると、やや高額になる側面もあります。
上記金額はあくまでも目安として考えてください。

合わせて他の研修も受けるならどのようなカリキュラムがよい?

部下育成研修のほかにも受講するなら、以下のようなカリキュラムがおすすめです。

● コーチング研修
● 後輩指導研修
● リーダーシップ研修
● コミュニケーション研修
● アンガーマネジメント・ハラスメント防止研修

部下育成に当たるポジションが与えられているなら、同時にマネージャーやリーダーとしての素養も求められています。
少しずつでも構わないので、そういった部分に関係した研修を受けるのがおすすめです。
研修プラン:5
コーチング研修
コーチング研修

コーチングは個人の成長を促す効果があり組織に良い影響をもたらす。


次世代を担う人物を育成する

多くの企業にとってきわめて重要な部下育成・人材開発という課題。
チームに貢献する、あるいは次世代を担う人物を育成するのは、たいへん難しいことです。
単なる経験則や感覚だけで、実現できるものではありません。

部下育成研修を受講すれば、今何が求められているのか理解することが可能です。
そして、組織論や心理学、あるいは経営学に根拠を置いたノウハウや知識によって、部下を育成するスキルが醸成されます。
そうすれば部下の成長が向上し、結果として会社の利益へとつながるはずです。
後進の育成に課題感を感じているなら、ぜひ一度部下育成研修を検討しましょう。


目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な部下育成研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの部下育成研修対応しています。

コロナ禍での部下育成研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

部下育成研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な部下育成研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの部下育成研修対応しています。

コロナ禍での部下育成研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。