KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

ストレスマネジメントとは


ストレスマネジメントとは、ストレスとの上手な付き合い方を考え、自分に合った対処をしていくことです。

ここで言うストレスは、基本的には、心理的・社会的なストレスのことです。仕事や日常生活において、不安や焦り、苛立ち、緊張を感じる心理的ストレスや、人間関係や経済、政治に問題を感じる社会的ストレスです。

これらのストレスは、できれば原因を絶つのが最善ですが、社会生活におけるすべてのストレスを消し去ることはできません。しかし、ストレスによって体調が悪化したり、心が疲れてしまったりするのも事実なので、対処が必要です。

そこで、ストレスと上手に付き合っていくことが求められます。自分に合った方法でストレスに対処することを、ストレスマネジメントと言います。ストレスマネジメントの方法を知れば、本人が過剰なストレスを感じにくくなるなど、適切に対処できるようになります。

このように解説をすると、「本人の問題だから、わざわざ会社で研修をやるほどのテーマではないのでは?」と感じる方もいるでしょう。しかし、ストレスマネジメントを身につけると、本人の心の負担が軽くなるだけでなく、仕事の生産性が上がる効果もあります。企業の業績にも関わるので、会社や組織でストレスマネジメント研修を導入することをおすすめしています。

ストレスマネジメントが求められている背景

ストレスが溜まり考え込む社員
近年、社会全体としてストレスマネジメントへの注目度が高まっています。背景には、職場での過大なストレスにより、社員がメンタルヘルスを崩したり、仕事のパフォーマンスが悪化したりする問題が表面化してきたことがあります。追い詰められて自ら命を絶ってしまったり、過労死といった問題にもつながります。

また、真面目な人ほど心の調子を崩しやすい、という傾向があります。真面目に業務に当たってくれる人は、組織にとってとてもありがたく、長く勤めてもらいたい存在のはず。それなのに、メンタルヘルスを崩したことにより早期退職をされてしまっては、会社としても手痛い人材流出と言えます。

こうした事態を未然に防ぐためにも、「我慢しすぎない」「自分のストレスレベルをコントロールする」というストレスマネジメントの社員教育が重要になります。ストレスマネジメントの方法を学ぶことは、社員本人のためにもなりますし、組織のためにもなるのです。

企業が抱える課題

ストレスマネジメントは社員個人だけの問題ではなく、企業にも対応が必要な問題です。以下のような課題を抱えている企業は、ストレスマネジメント研修を導入し、問題を解決していきましょう。

・ちょっとした注意でも酷く落ち込んでしまう人が多い
・職場の人間関係がうまくいっていない
・コロナ禍で生活習慣が変わったためか、メンタルを崩す社員が多い
・労働者が50人以上いる事業所ではストレスチェックが義務化されたので、職場でストレスマネジメントを学べるようにしたい

ストレスの高い状態を放置しておくと、社員が過労で体調を崩すだけでなく、最悪の事態も考えられます。また、上司から部下へのハラスメントが起こったり、部下に過剰に気を使いすぎた上司がメンタルを崩してしまう、という事態に発展しかねません。ストレスマネジメント研修を導入し、会社として対応する方法と、社員が個人でケアする方法を学びましょう。

研修の対象者

ストレスマネジメント研修は、業種や業界、社内の階層を問わず、あらゆる方が対象となります。ただし、階層によって学ぶべき内容に少し違いがあります。

ストレスマネジメント研修は、社員が自分のメンタルをケアする方法を学べる研修と、上司が部下のストレスを軽減させる方法を学べる研修の2種類があります。前者の研修は、すべての階層の方が受講できます。後者の研修は、管理職やマネジャー、リーダー職など、部下を率いる立場の方の受講をおすすめします。

研修をおすすめする組織の特徴

現代社会では、ストレスが皆無な環境はほぼ存在しないので、ストレスマネジメント研修はどんな組織にもおすすめです。特に、以下のような課題を抱える組織は、早急に取り入れて状況を改善したいところです。

・コミュニケーションがうまく行っていない
・プロジェクトの進捗が遅れがち
・パワハラが起こるのではないかと不安
・休職率や退職率が高い
・復職者への適切な対応について知りたい

ストレスマネジメントは、ストレスの蓄積が小さいうちに対処し、大きなトラブルを予防するためのものです。そのため、「若手社員が言いたいことを我慢している」「ハラスメント認定されるのを怖がり、上司が言いたいことを我慢している」といったコミュニケーション不良の兆候があれば、今すぐに改善する必要があります。

コミュニケーションがうまく行かないと、プロジェクトの進捗が遅れがちになります。社員どうしが言いたいことを我慢するようになると、問題の発覚が遅れ、対処が後手に回ってしまうからです。

また、パワハラの防止や離職率の低下など、職場環境の改善にも、ストレスマネジメント研修が役立ちます。休職者の復帰を支援する方法や考え方も、ストレスマネジメント研修で学ぶことができます。


研修の目的と特徴

ストレスマネジメント研修の目的は、ストレスとは何か、ストレスが蓄積するとどんな悪影響があるのかなどを学び、対処法を身につけることです。研修にはどのような特徴があるのか、解説していきます。

自分に合ったセルフケア方法を学ぶことができる

正しいストレスマネジメントの方法は、人によって異なります。自分に合った方法を発見できるのが、ストレスマネジメント研修の大きな特徴です。

そもそも、ストレスに強い傾向の人と弱い傾向の人とでは、感じ方が異なります。例えば上司が「期待しているから、頑張ってほしい」と声をかけたとき、「不安はあるけど、頑張ってみよう」とやる気を出せる人と、「失敗したら終わりだ…」と過度なプレッシャーを感じてしまう人がいます。人によってストレス耐性や考え方が異なるので、自分なりのストレスマネジメント方法を見つけなければなりません。

研修では、専門知識を持つ講師が、受講者に振り返りを促し、ときにフィードバックしながら、セルフケア方法を見つけていきます。本を読んだりネットで調べたりしても見つけられない、本当に自分に合ったストレスマネジメント方法を身につけられます。

研修の受講を通じ、ポジティブな思考を獲得できる

ストレスマネジメント研修を受講すること自体が、受講者の心を癒すという効果があります。研修を受けた受講者からは、「気持ちが楽になった」「すっきりした」という感想が寄せられているのです。

研修では、受け止め方次第でストレスはコントロールできることを学び、自分の受け止め方の特性を振り返ります。このようなワークを通し、受講者はストレスを感じる自分を肯定し、受け止め方を変えていこう、というポジティブな気持ちになれるのです。

研修の内容が今後に活かせるだけでなく、研修自体がストレス緩和という目的に合致しているのも、ストレスマネジメントの大事な特徴です。最も即効性が高い研修、と言っても良いでしょう。

講師の専門性によって内容が異なる

研修の講師を務めるのは、産業カウンセラーや産業医などメンタルヘルスの専門知識を持つ人や、企業で管理職を務めながら職場のストレスマネジメントを行ってきた人など、多岐にわたります。いずれもストレスマネジメントの専門知識を持つ講師ですが、得意分野が異なるため、講師の専門性によって研修の内容は異なります。

例えば、産業カウンセラーや産業医が行うストレスマネジメント研修では、メンタルヘルスの専門知識を学ぶことができます。しかし、座学形式で一方的に話を聞くだけになってしまうことも多く、受講者が退屈に感じてしまうこともしばしばです。

管理職の経験を持つ講師が行うストレスマネジメント研修では、職場でありがちなトラブルと対処法など、具体的で実践に近い内容を学ぶことができます。研修を導入する人事担当者の方は、受講者のニーズや知識レベルを鑑みて研修を選びましょう。

ストレスについての正しい知識を身につける

ストレスマネジメント研修では、はじめにストレスについての正しい知識を学びます。

「ストレスは悪いもの」と考えている方が多いのですが、すべてのストレスが害悪と言い切れるわけではありません。適度なストレスは仕事に緊張感をもたらし、モチベーションを高めてくれます。難しい仕事を完遂させたり、困難を乗り切ることができれば、達成感もひとしおです。適度なストレスがあるからこそ、成果を出したときの喜びも大きいのです。

しかし、ストレスが大きくなりすぎると、モチベーションよりも不安が勝り、メンタルに不調が生じます。上司から部下への過度な期待や、失敗が許されない職場の雰囲気などが原因です。また、パワーハラスメントが横行しており、仕事と無関係な場面でストレスを感じてしまうことも、メンタル不全につながります。

このように、すべてのストレスが悪いものというわけではありません。研修では、ストレスについての知識を正しく身につけることから始め、ストレスマネジメントのあり方を学びます。

研修のカリキュラム例

● 対象者
・チームや部署を率いる管理職
・現場リーダー、プロジェクトマネージャー

● 目指すゴール
1.自身のストレス反応の傾向を分析する
2.業務に前向きに取り組む思考を身につける
3.ストレスマネジメントの手法を後輩・部下指導に役立てる


導入 ◆ストレスマネジメントとは
・ストレスマネジメントが必要な理由
◆リーダーに求められるストレスマネジメントの種類
・後輩や部下に対して
・チームや部署に対して
・自分に対して
・上司に対して
ストレス要因を知る ◆職場のストレス3大要因
・業務の量、質、内容の変化
・職場環境や働き方の変化
・人間関係
◆ストレス傾向を整理する
【ワーク】これまでの仕事の現場でストレスを感じた場面と要因を分析する
ストレスと上手に付き合う ◆「ストレスは悪」とは限らない
・モチベーションのもととなる「プラスのストレス」
・ポジティブな考え方に変換するには
【ワーク】ネガティブな言葉をポジティブな言い方に変換してみよう
まとめ ◆ストレスをコントロールして成果を最大化する
【ワーク】職場で実践したいストレスマネジメントの目標を設定する

研修のラインナップ

ここからは、現在募集しているストレスマネジメント研修を紹介していきます。

ストレスへの適切な対処法を学べるストレスマネジメント研修「株式会社メンタルグロウ」

株式会社メンタルグロウのストレスマネジメント研修は、管理職、担当職、一般職を対象とした研修です。研修では、以下のような知識やスキルを身につけることができます。

・ストレスに対する正しい知識
・自分のストレス耐性
・ストレスに対する適切な対処法
・日常的に実践できるストレスケアの手法
・ストレスを軽減するコミュニケーションスキル
・緊張のメカニズムとその対処法

研修を通じて自分に合ったストレスケアの方法を学ぶことで、上手にストレスをコントロールできるようになります。

株式会社メンタルグロウは、メンタルヘルス・メンタルタフネス研修を中心に、10年以上の経験と1200件以上の研修とコンサルティング実績があります。専門性が豊かで実績のある講師から指導を受けることができます。

⇒ストレスへの適切な対処法を学べるストレスマネジメント研修はこちらから

組織全体としてのメンタルヘルスを促進するストレスマネジメント・プログラム「長谷川メンタルヘルス研究所」

長谷川メンタルヘルス研究所では、管理職・一般職向けにオーダーメイドの研修サービスを提供しています。例えば、過去には以下の研修が実施されました。

【管理職向け】
・管理職研修
・ストレス対処能力アップ研修
・うつ病の理解と対応
・リスニングの理論と実技研修(初期支援・復興支援)
・ハラスメント研修

【一般職向け】
・組織的なメンタルヘルスの基礎研修
・セルフケア研修
・レジリエンス研修

いずれのプログラムも、個々の職員のメンタルヘルスのケアのみでなく、組織全体としてのメンタルヘルスの促進を重視する、長谷川メンタルヘルス研究所が開発してきた「ストレスマネジメント・プログラム」に基づきます。

長谷川メンタルヘルス研究所では、職場のコンサルテーションやカウンセリングなども行っています。研修を含む包括的なサービスを導入することで、職場のストレスの問題は解決に近づくはずです。

⇒組織全体としてのメンタルヘルスを促進するストレスマネジメント・プログラムはこちらから

3つのプログラムで学ぶ根本的ストレスマネジメント研修「一般社団法人 コーポレートウェルネス研究会」


一般社団法人 コーポレートウェルネス研究会の根本的ストレスマネジメント研修は、以下の3つのプログラムに分かれています。順番に受講することも、職場の課題にマッチした研修を単発で受講することも可能です。

Ⅰ生活習慣
・ストレスを感じたとき、体の中でどのような反応が起きるのか
・ストレス反応を高めてしまう生活習慣とはどのようなものか

Ⅱ身体編
・ストレスを感じやすい体の状態はどのようなものか
・体を動かし、ストレスにしなやかに対応できる状態を目指す

Ⅲ心のトレーニング
・自分をコントロールする考え方をトレーニングする
・受け止め方を変える手段として瞑想を練習する

一般社団法人 コーポレートウェルネス研究会では、企業の従業員がストレスマネジメント能力を身につけ、成果を上げ続けられるよう、研修プログラムやサポートを提供しています。講義と実技の二軸で構成された研修で、まずは頭で理解して意欲を高め、実際に身体を動かして簡単な体操やセルフケアを学ぶことができます。

⇒3つのプログラムで学ぶ根本的ストレスマネジメント研修はこちらから

ストレスについて学習し、自らのストレスをコントロールできるようになるストレスマネジメント研修「株式会社オドック」


株式会社オドックのストレスマネジメント研修では、受講者がストレスコントロールの方法を学び、新入社員が職場の先輩社員や上司とストレスのないコミュニケーションを取れるようになるための研修です。ストレスについて学習し、自らのストレスをコントロールできるようになることが目標です。

以下のとおり、カリキュラム内容の一例を紹介します。

1.ストレスマネジメントについて
2.ストレス発散スキル
3.悩まないスキル
4.認識を変えるスキル

ストレスの知識やストレス発散方法、コントロールする方法を学ぶだけでなく、多様性への受容を目指す点が特徴的なプログラムです。ワークを通して自分と他人の価値観が違うことを学び、相手を受け入れられるように成長できます。

株式会社オドックは、幸せな組織づくりのための人事コンサルティングを提供する企業です。研修サービスのみならず、採用コンサルティングや人事制度改定コンサルティング、理念構築・浸透コンサルティングなど、多岐にわたる人事コンサルティングサービスを提供しています。

⇒自らのストレスをコントロールできるようになるストレスマネジメント研修はこちらから

健全なメンタルを維持しながら業務を行う知識を習得するストレスマネジメント研修「ライトマネジメント」


ライトマネジメントのストレスマネジメント研修では、ストレスについて学習し、自らのストレスをコントロールするスキルを学びます。職場でも活かせるスキルの共有とセルフマネジメントに関するスキルを学び、受講者が自分自身を振り返る機会をアセスメント等でつくる点が特徴的です。

対象者は一般社員の方全般で、以下のような内容で研修を行います。

・自分のストレスパターンを知ろう
・ストレスパターンチェック
・ストレスへの対処とは
・ストレス対処能力チェックテスト
・職場でできるリラクセーション
・職場のストレス
・適切な自己表現~アサーション~
・事例学習

ライトマネジメントは、マンパワーグループ株式会社の再就職支援・人材育成・組織開発に特化したブランドです。マンパワーグループ株式会社は、世界75ヶ国・地域に2200のオフィスを持ち、国際的に展開している人材サービスのグローバルカンパニーManpowerGroupが100%出資する日本法人です。世界最大級のコンサルティングファームとして、キャリア開発やリーダー開発などの人材育成・組織開発をリードしている企業です。

⇒健全なメンタルを維持しながら業務を行う知識を習得するストレスマネジメント研修はこちらから

社員の心の健康や職場環境の改善をテーマにしたストレスマネジメント研修「株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント」

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントでは、社員の心の健康や職場環境の改善をテーマにしたセミナーを行っています。セミナーを行うだけでなく、クライアントの企業に対し、メンタルヘルス不調の予防や発生対応、復職支援まで、総合的なサポートを展開しています。

企業は社員がメンタルヘルスを崩さないよう、ストレスマネジメント研修を導入したりサポートしたりしますが、できることをすべて行っても、メンタルヘルスを崩してしまう社員がいるかもしれません。そうなったとき、お手上げ状態になってしまう企業も多いのではないでしょうか。

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントでは、メンタルヘルスの不調で休職した社員の復職支援も行います。セミナーだけでなく、総合的なサポートをしてほしい企業におすすめです。
株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント
株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント

意識が変わると行動も変わる。

メメンタルヘルスケア、健康経営支援、復職者支援、人材育成プログラム、産業保健体制構築支援サービス、採用・退職防止サービスなど個と組織のパフォーマンスを高める研修プログラムを紹介します。


今日からできる!ストレスマネジメント(eトレーニング)「NECマネジメントパートナー株式会社」

NECマネジメントパートナー株式会社が提供するストレスマネジメント研修「今日からできる!ストレスマネジメント」は、90分から2時間程度の短時間で、ストレスのメカニズムやストレス耐性を上げる方法などを学べる研修です。eラーニング形式で、申し込んだ研修の開始日から終了日の間で、各自が都合の良い日程で受講します。自分の都合に合わせ、短時間で受講できるので、仕事が忙しく、まとまった時間が取れない人にもおすすめです。

NECマネジメントパートナー株式会社のラーニング事業では、ストレスマネジメント研修のほかに、ビジネススキル研修やDX・IT研修も提供しています。テクノロジーに強い会社なので、特にIT産業の企業におすすめです。
NECマネジメントパートナー株式会社
NECマネジメントパートナー株式会社

人材育成対象者の事情や状況に合わせた研修が提供できます。また、短期間で効率的な大人数の人材育成も可能です。

企業経営を担うビジネスリーダーやプロの技術者の育成を支援する幅広い研修をご紹介します。


リーダーのためのストレスマネジメント研修~元気な職場と社員を目指して~「株式会社富士通ラーニングメディア」

株式会社富士通ラーニングメディアでは、主にリーダーや幹部社員向けのストレスマネジメント研修を提供しています。自分のストレスをコントロールするだけでなく、リーダーや幹部社員に求められる、メンバーのストレスへの理解に重きを置いた研修です。メンバーのストレス軽減や、職場環境の整備など、マネジメントの側面からストレスについて学ぶことができます。

株式会社富士通ラーニングメディアでは、ヒューマンスキルから最新のITテクニカルスキルまで、多岐にわたる内容の研修プログラムを提供しています。集合研修やオンライン研修、サテライト講習会、eラーニングと、多様な形式の研修があるので、導入企業は自社に合った形式を選ぶことができます。
株式会社富士通ラーニングメディア
株式会社富士通ラーニングメディア

ひとの学びと成長を支援する。ひとの学びと成長を、組織の力へ変えていく。

組織レベルの人材育成施策の実施を支援し、学習者中心の学びを提供します。お客様の事業戦略に合致した研修を提案します。


研修が組織にもらたす効果

風通しが良い職場
研修を導入して社員がストレスマネジメントを学ぶと、組織にどのような効果があるのか、解説していきます。

コミュニケーションが円滑になる

一人一人の社員がストレスマネジメントの方法を身につけることで、職場におけるコミュニケーションが円滑になります。ストレスマネジメントを学ぶことで、自分がストレスをコントロールする方法を知るだけでなく、他者に過剰なストレスを与えないコミュニケーション方法も身につけられるからです。

例えば、ストレスマネジメント研修では、「I(アイ)メッセージ」と「You(ユー)メッセージ」を学びます。「Youメッセージ」とは、「あなたは~」と相手を主語にした言い方で、言われたほうは責められたように感じてしまいます。これに対して「Iメッセージ」は自分を主語にするので、言われたほうも「この人の価値観はこうなんだな」と傷つかずに受け止めることができます。

ストレスマネジメント研修では、こうしたノウハウを学べるので、職場におけるコミュニケーションを円滑にする効果があります。

ハラスメントの防止ができる

ストレスマネジメント研修を受講し、社員がストレスについての理解を深めることで、職場におけるハラスメントの防止にもつながります。

ハラスメントが発生する背景には、一部の社員が正しいコミュニケーション方法を身につけていなかったり、相手のストレスに配慮する気持ちが欠けていたりすることが挙げられます。ストレスマネジメント研修では、自分のストレス傾向を学ぶとともに、周りの人もストレスを感じる人間であることを学びます。そのため、「自分がされて嫌なことは、ほかの人にもしない」という基本的なことを、改めて学ぶことができるのです。

ストレスマネジメント研修を導入すると、職場全体としてストレスへの意識が高まります。ハラスメントの防止にもつながり、起きてはならない被害を未然に防ぐ効果が期待できます。
ハラスメント研修

ハラスメントを起こさない、起こさせないために、企業全体で教育と行動喚起を進める


休職や退職を防ぐことができる

近年は、メンタルヘルスを崩して休職したり、退職したりする人がいて、企業にとっても大きな損失となっています。ストレスマネジメント研修を導入して、社員がセルフコントロールの方法を身につけることは、社員の休職や退職を防ぐことにもつながります。

限界までストレスを我慢してしまう人は、ある日突然、涙が止まらない、動悸が止まらないなどの症状が出て、仕事ができないくらい体調を崩してしまうことがあります。優秀な人材がこのような状態に陥り、仕事から離れてしまっては、企業にとっても大きな損失です。

ストレスマネジメント研修を導入すると、社員のストレスとの向き合い方が変わるので、メンタルが追い込まれにくくなります。社員が離職しなければならないほど追いつめられる前に、ストレスマネジメント研修を導入し、ストレスとの向き合い方を知ってもらいましょう。

研修についてよくある質問

ストレスマネジメント研修の導入を考えている企業から、多く寄せられる質問について、回答を紹介していきます。ここでは一般的な回答を紹介しますので、詳しくは各研修会社にお問い合わせください。

社員のプライバシーは守られますか?

はい、ストレスマネジメント研修では、受講者のプライバシーを大切に守り、研修を行います。グループワークよりも個人ワークが中心となります。

ストレスマネジメント研修では、受講者が自分の過去を振り返り、「どんなときにストレスを感じたか」を把握していきます。ですが、その内容は上司や部下、同僚には知られたくない、と感じる人が多いでしょう。自分のストレス傾向と率直に向き合うためにも、受講者の個人的な経験を発表するように求めることはありません。

そのため、ストレスマネジメント研修は座学と個人ワークが中心となります。「隣の人と意見を交換しましょう」といったグループワークは最小限なので、プライバシーを守りながら受講できます。

ストレスチェックツールを紹介してもらえますか?

研修会社によりますが、ストレスチェックツールのご紹介も可能です。

事業者には、1年以内ごとに1回、社内でストレスチェックを実施することが義務付けられています。その結果は、労働基準監督署に報告しなければなりません。労使での合意があれば、1年に1回よりも高い頻度で実施することも可能です。

そのため、ストレスチェックツールを既に導入している企業や、これから導入を考えている企業も多いでしょう。しかし、国内で使えるツールは数十の種類があり、どれを選んだら良いのかわからず、困ってしまっても仕方がありません。

研修会社によっては、研修の実施と合わせ、ストレスチェックツールのご紹介もできる場合があります。最新のツールを使い、社員のメンタルヘルス管理を適切に行いましょう。

オンラインで研修を受講できますか?

研修会社によりますが、オンラインでの実施も可能な場合が多いです。

オンライン研修には、画面越しにリアルタイムに研修を行うライブ配信と、講義を録画した動画を受講者が好きなタイミングで見られるeラーニングの2種類があります。いずれも、会場に集まれない遠方の社員でも参加しやすいメリットがあります。

ライブ配信の研修では、環境こそリモートで画面越しではあるものの、会場に集まっての研修と同程度の品質になるよう、講師も工夫をしています。チャットで質問を送れるので、会場で挙手するよりも気軽に質問できる、というメリットがあります。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なストレスマネジメント研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのストレスマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのストレスマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

ストレスマネジメント研修 研修プラン

実践を交えながら身につけていくメンタルヘルス研修

● セルフケアのポイントがわかり、メンタル不調を未然に防げるようになる
● 管理職が気をつけたいラインケアのポイントがわかる
● 職場のコミュニケーションが活性化する

メンタル不調者を未然に防ぐストレスマネジメント研修

● ストレスについての見方が変わる
● ストレスの原因がわかり、対処法が身につく
● ストレスに負けない強いメンタルの作り方がわかる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なストレスマネジメント研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのストレスマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのストレスマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

ストレスマネジメント研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なストレスマネジメント研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのストレスマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのストレスマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。