マナー研修 研修プラン

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
研修の一括お問い合わせ

お問い合わせは無料です

「マナー研修を実施するとどんな効果があるの?」「数あるマナー研修の中からどうやって一社を選べばいいの?」

このような疑問を抱えている経営者や人事担当者も多いのではないでしょうか。

当記事では、マナー研修の効果やカリキュラム例、選ぶ際のポイントについて紹介していきます。マナー研修の実施を検討している方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること

  • マナー研修の効果
  • マナー研修のカリキュラム例
  • マナー研修を選ぶ際のポイント

先にお伝えすると、マナー研修を選ぶ際には、研修の内容や講師の質を確認することが重要です。しかし、複数の研修会社を調査するのは、なかなか大変ではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、キーセッションに研修会社探しを丸投げする方法です。キーセッションでは、複数の研修会社の中から、貴社に最適な研修会社をご提案します。相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

マナー研修とは

マナー研修は、社会人が身につけるべきマナーを習得するための研修です。社会人が身につけるべきマナーとしては、以下が挙げられます。

  • 服装や身だしなみ
  • 敬語や言葉の遣い方
  • 名刺交換のマナー
  • 電話応対の仕方
  • ビジネスメールなどの文章の書き方
  • 接客時の応対方法
  • オンライン上でのマナー

上記の項目の中でも、とくに敬語をうまく使えない新入社員は多いです。敬語を知らないと「お飲みになられますか?」「伺わせていただきます」のような間違いをしてしまいます。

上記は敬語を使っていますが、二重敬語のため間違いです。正しい敬語は「お飲みになりますか?」「伺います」です。新入社員には、このような二重敬語の間違いがよく起きます。

また、来客対応や電話応対などのマナーも、新入社員はできない場合が多いです。何も知らずに現場にでてクレームをもらう前に、マナー研修で最低限のマナーを身につけてもらいましょう。

マナー研修の必要性なのか

マナー研修は、社内外のコミュニケーションを円滑にするために実施する必要があります。マナーを身につけることで、社員同士に信頼関係が生まれやすくなるため、コミュニケーションも円滑に行えます。

たとえば、「小声で目も合わせずに挨拶する社員」と「目を見て大きく笑顔で挨拶してくれる社員」とでは、後者の方がよい印象をもちやすく信頼関係も生まれやすいです。

笑顔で目を見て挨拶することも、社会人として立派なマナーの一つです。小さなマナーを守れる社員を増やすことが、円滑なコミュニケーションを築く基礎を作ります。このように社内のコミュニケーションが円滑だと、業務が滞りなく進められるため、生産性が上がるでしょう。

加えて、社外コミュニケーションが良好だと、消費者によい印象を与えられるため、企業のイメージアップにもつながります。マナーは、会社組織の信頼関係にとどまらず、消費者からの印象にも大きく影響するのです。

マナー研修の目的・効果

マナー研修の目的・効果は以下の3点です。

  • 社内の人間関係を良好にする
  • 顧客満足度を高める
  • 時代に適したマナーを学べる

それぞれ解説していきます。

社内の人間関係を良好にする

マナー研修を実施することで、社内の人間関係が良好になる効果が期待できます。社会人としての基本である、身だしなみや、笑顔での挨拶が社員全体に浸透することで、社内の人間関係が良好に保たれるのです。

マナー研修では、以下のような社会人としての基本的なマナーも学べます。

  • 笑顔で目を見て挨拶する
  • 身だしなみを整える
  • 表情、姿勢、態度を意識して話す
  • 報連相について体系立てて学ぶ

挨拶や身だしなみはコミュニケーションの基本であり、第一印象を決める重要な要素です。

顧客満足度を高める

マナー研修の目的は、顧客満足度を高めることにあります。マナー研修では、以下のマナーについて学ぶことで顧客満足度を高める効果を期待できます。

  • 名刺交換
  • 電話応対
  • メールやチャットなどの文章の書き方
  • 接客時の応対

名刺交換の方法から、電話応対、ビジネスに適した敬語などができていれば顧客や取引先からよい印象をもたれやすいです。会社の顔といえば社長や役員をイメージしますが、取引先や顧客と関わる機会は社員のほうが多いです。

そのため、社員全体のビジネスマナーの底上げが、顧客満足度や企業のイメージアップにもつながります。

時代に適したマナーを学べる

マナー研修の目的の一つに、時代に適したマナーを学ぶことも挙げられます。社会人のマナーは基礎的な部分は変わりませんが、時代により新しいマナーも学ぶ必要があります。

マナー研修では、研修会社が常に新しいプログラムを組み込んでいるため、時代に適したマナーを社員に浸透させることが可能です。

オンライン上でのマナーもプログラムに組み込まれています。たとえば、新入社員の世代にあたる「Z世代」は、SNSやインターネットを当たり前のように使いこなします。だからこそ、ITリテラシーやオンライン上でのマナーが悪いと、大きな問題を引き起こす可能性があるのです。

マナー研修で、時代にあわせたマナーを学ぶことで、予期せぬトラブルや問題を未然に防ぐことにつながります。 目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

マナー研修のカリキュラム・内容例

マナー研修のカリキュラム例は、以下の通りです。

ここでは、後輩のよき手本となる中堅社員を対象としたマナー研修のカリキュラム例を紹介していきます。

【対象】中堅社員

日程内容ゴール
1日目 午前ビジネスマナーの重要性【講義】ビジネスでなぜマナーが必要なのかを確認する
間違いやすいビジネスマナーについて【講義・個人ワーク】マナーについて正しい知識を持っているか、思い込みのマナーがないか確認する
1日目 午後第一印象アップのマナー【講義・ロールプレイング】服装、髪形、表情、挨拶など、初対面の人に対して良い印象を与える所作を身につける
ビジネス会話【講義・ロールプレイング】ビジネスに必要な敬語、話題の見つけ方、商談に役立つ話し方など、会話の基本を学ぶ
2日目 午前ビジネス文書【講義】メールや手紙の文章作成時のマナーを身につける
電話対応【講義・ロールプレイング】電話での話し方、聞き方など、顔が見えない状態での対応を身につける
2日目 午後オンラインでのマナー【グループワーク】オンライン会議でのマナーと注意すべき点を確認し実践できるようになる
新しい生活様式に沿ったマナー 【講義・ロールプレイング】ビジネスにおけるマスク着用や手指消毒など、新しい生活様式に沿った顧客対応の基本を学び実践できるようになる

おすすめのマナー研修

おすすめのマナー研修は、以下の4つです。

  • 社員教育の決定版 ビジネススキル研修
  • 【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修
  • 明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修
  • これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修

それぞれの研修の内容や研修期間について紹介していきます。

「社員教育の決定版 ビジネススキル研修」株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校が提供するビジネススキル研修は、新入社員から入社5年目までの若手社員を対象としています。研修実施期間は6ヶ月間と、充実したカリキュラムが用意されています。

「3日で学んだことは3日で抜け落ちる」と明言し、ビジネスマナーを習慣化してしっかりと定着させる研修です。

この研修では、基本的なビジネスマナーのみならず、生産性が上がる業務の進め方や顧客主体で提案する方法など、若手社員が知りたいビジネススキルをセットで学べます。若手社員として必要なスキルを短期集中でたたき込むので、即戦力として期待できる人材に育ちます。

研修の受講者からは、「自社の商材理解が深まり顧客満足への意識が高まった」「顧客とのコミュニケーション力が上がり成約率アップ」などの声が上がっています。実務に活かせる研修を行っているため、社員の成長が組織の業績アップにつながるのです。

株式会社PDCAの学校は、実戦トレーニングを重視した研修プログラムを提供しています。受講者が習慣化できる仕組みを提供しており、受講して終わりの研修ではありません。社員の能力を引き出して高めるためにも、株式会社PDCAの学校の研修をお役立てください。

【離職率を圧倒的に削減】ビジネススキル研修

株式会社PDCAの学校

半年間かけて行う全11回(月に2回)のOFF-JT × 社内OJT(PDCA)で、 貴社の新入・若手社員を早期戦力化させる“真の教育プログラム”のご提案です。脱研修!習慣化トレーニング動ける力と考える力を養います。

株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校

【延べ3,000社の実績】実践トレーニングで御社の生産性を向上させます


研修プランを詳しく見る

「【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修」株式会社ノビテク

株式会社ノビテクのビジネススキル研修は、さまざまなツールと仕掛けを使った、ゲームのような体感型の研修です。新入社員を中心に、若手社員が能動的に取り組める工夫が凝らされています。「座学の研修だと睡魔に勝てない」社員でも、熱中して取り組めます。

研修ではビジネスマナーだけでなく、PDCAやタイムマネジメント、ビジネスコミュニケーションも学べます。

架空のゲームメーカーに入社し、ゲームの製作販売を行うストーリーです。実際のビジネスと同様に課題を解決していき、マナーや業務の進め方を学べます。

ゲームを進める形で学べるため、受講者は楽しみながら高度なビジネススキルを身につけられます。。夢中になっているうちに成長できるので、座学の講義が苦手な社員も育成できます。

株式会社ノビテクの研修は、基本的なやり方を学び、応用する力を身につけられるのが特徴です。受講者が自ら能動的に考えて行動できるよう、工夫を凝らしているので、眠くならず記憶に定着します。現場に出てからも役に立つ、真の行動力を身につけられます。

【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修

株式会社ノビテク

架空のゲームメーカー会社に入社し、ゲーム制作販売のサポート業務を体験します。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、高いモチベーションの中でハイレベルな学習をするので、知らぬ間に難しいことができるようになる研修です。

株式会社ノビテク

株式会社ノビテク

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす


研修プランを詳しく見る

「明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修」ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社のホスピタリティ研修では、ホスピタリティを接客や接遇に活かす方法、ホスピタリティの提供に必要なマインドなどを学べます。研修実施期間は、3時間もしくは6時間から選択可能です。

座学だけではなく、ロールプレイングやワークショップを通じ、実践しながら取り組むので、知識を体に染み込ませられます。ビジネスマナーのなかでも、接客の現場で使えるマナーを学びたい方におすすめの研修です。

これからの時代には、マニュアルを守った基本的なマナーはもちろんのこと、現場のスタッフがお客様を思い、一人ひとりのお客様の期待に応える接客が必要です。マニュアルどおりの接客では不十分なので、マニュアルやマナーの形式を厳守するのではなく、臨機応変な対応が求められるのです。

現場には、臨機応変な対応が得意な社員と不得意な社員がいて、接客やサービスの品質に差があることに悩む企業は多いです。この研修では、全員の接客・接遇スキルを底上げするので、サービス品質のばらつきを解消できます。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、サービス業に特化した現場教育を行ってきた企業です。ホテルや旅館、ウェディング、飲食、旅行会社、介護、保育など、接客が重要な業種におすすめです。

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

本研修ではホスピタリティを深く理解し、ホスピタリティを接客・接遇に生かす具体的な方法を、一方的な講義ではなく、ロールプレイングやワークショップを通じて気づきを得ながら楽しく学びます。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティでビジネスを成功に導く


研修プランを詳しく見る

「これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修」株式会社かんき出版

株式会社かんき出版のオンラインマナー研修は、新入社員から中堅社員、リーダー層やマネージャーなど、幅広い階層の社員が対象となるマナー研修です。研修実施期間はカリキュラムによって90分〜4時間の時間がかかります。

リモートワークの普及により、画面越しにコミュニケーションを取る機会が増えました。しかし、オンライン上のマナーを把握している社員はまだ少ないのが現状です。コロナ禍で急激にリモートワークが普及したため、マナーがわからないままオンラインツールを使用している方が多いのです。

オンラインで会話するときには、以下のことに注意しましょう。

  • カメラとマイクを正しく使う
  • 発言がバッティングしないよう気をつける
  • マイクを通しても聞き取りやすいスピードで話す

上記のように、対面の会話とは異なるポイントがあります。他の人が気持ちよく会議に参加するためにも、オンラインマナーを学ぶ必要があります。

オンラインマナーは、どの階層の社員にとっても重要です。新型コロナウイルスの感染が終息しても、業務のオンライン化は避けられないので、今のうちからオンラインマナーの教育を行いましょう。

株式会社かんき出版は、出版社ならではのネットワークを活かし、テーマに合った専門の講師が研修を行います。著書を出版しているレベルの高い講師から、直接指導を受けられます。

これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修

株式会社かんき出版

リモートワークの普及により、画面越しのコミュニケーションが増加しています。対面でのコミュニケーションと同様、画面越しの場面においても「ビジネスマナー=ルール」が存在します。オンライン環境で相手とのスムーズなコミュニケーションを取るための入り口である”オンラインマナー”を学びます。

株式会社かんき出版

株式会社かんき出版

明日の御社を担う人材育成のために。「学ぶ。みがく。変わる。」


研修プランを詳しく見る

マナー研修を受講すべき企業の特徴

マナー研修を受講すべき企業の特徴は、以下の3点です。

  • マナーについてどこから教えたらいいかわからない
  • 形式にとらわれすぎて臨機応変に対応できない
  • 新入社員がビジネスマナーを軽視している

それぞれの特徴について紹介します。

マナーについてどこから教えたらいいかわからない

マナーについてどこから教えたらいいかわからない企業は、マナー研修の実施がおすすめです。マナーは、社会人であれば誰もが身につける必要があるため、教える範囲も広いです。

正しい敬語の使い方から電話応対や名刺交換の方法まで、さまざまなマナーについて教える必要があります。教える範囲の広いマナーについて、自社で一から教育するのは難しいです。

マナー研修では、社会人としての基礎的なマナーからビジネスマナーまで、体系的に幅広く学べます。何を教えていいかわからない場合でも、研修会社がすべてカリキュラムを組んでくれているため、教え方に悩む心配もありません。

社員に一からマナーについて学んでもらう場合には、マナー研修が最適です。

形式にとらわれすぎて臨機応変に対応できない

形式にとらわれすぎて臨機応変に対応できない企業も、マナー研修を受講すべきです。昔から座学型式で研修を続けていて、いまだにやり方を変えられない企業は多くあります。

研修では、以下のような実践形式でマナーを学べます。

  • ロールプレイング形式で実演しながら学ぶ
  • 学んだ内容をすぐに実践する

マナー研修は、座学で話を聞くだけではありません。学んだ内容をロールプレイングやトレーニングですぐに実践していきます。たとえば、電話応対や接客応対などのトレーニングでは「顧客役」と「社員役」に分かれ、実際に実演して現場に近い環境で学びます。

指導内容が昔のままで柔軟な指導ができずに悩んでいる企業には、実戦形式の教育ができるマナー研修がおすすめです。

新入社員がビジネスマナーを軽視している

マナー研修の受講がおすすめな企業として、新入社員がビジネスマナーを軽視している企業も挙げられます。学生気分が抜けない新入社員の、マナー教育に悩んでいる経営者の方は多くいます。

学生時代には、マナーについて学ぶ機会が少ないため、重要性を認識している新入社員は少ないのが現状です。重要性が伝わらない中で、マナーの指導をしても身にならない結果がみえます。

そういった悩みを抱えている企業には、マナー研修がおすすめです。マナー研修は、基礎的な内容から体系的に学べるため、ビジネスマナーを軽く見ている新入社員にも伝わりやすい内容です。

さらに、座学以外にもロールプレイングやワークショップなどで実践的にトレーニングできるため、マナーに興味の薄い社員でも記憶に残りやすいメリットがあります。

マナー研修を外部で実施するメリット

マナー研修を外部で実施するメリットは以下の3点です。

  • 新入社員を中心に幅広いカリキュラムが用意されている
  • 実践形式でマナーを身につけられる
  • 業種に合わせて研修内容をカスタマイズできる

それぞれ解説していきます。

新入社員を中心に幅広いカリキュラムが用意されている

マナー研修のメリットは、新入社員を中心に幅広いカリキュラムが用意されている点です。マナー研修は、座学以外にも多くのカリキュラムが用意されています。

そのため、あらゆる形式でマナーについて学べるため、記憶にも定着しやすいです。たとえば、マナー研修には以下の豊富なカリキュラムが用意されています。

  • ロールプレイングで電話応対の練習
  • グループワークでオンラインマナーについて学ぶ
  • メールや書類の正しい文章作成方法を学ぶ
  • 第一印象をアップさせるための身だしなみのロールプレイング
  • 新しい生活様式にあわせたビジネスマナーの講習

上記のように、ビジネスマナーにとどまらずさまざまなマナーについて学びます。さらに、学び方もロールプレイングや講習などさまざまな型式で学べるため、参加していても飽きる心配が無いのもメリットです。

実践形式でマナーを身につけられる

マナー研修では、実践形式でマナーを身につけられる点もメリットです。座学以外にもロールプレイングを取り入れ、実践さながらの環境でマナーを身につけられます。

たとえば、以下のようなロールプレイングで体験しながら学べます。

  • 「取引先役」と「社員役」に分かれての名刺交換の演習
  • 実際に電話を利用しての電話応対のロールプレイング
  • 商談の会話やビジネス敬語を実際に対話しながら学ぶ

上記のように、マナー研修は座って聞いているだけではありません。頭と体で学ぶカリキュラムが用意されているため、記憶に定着しやすく実践でも役立ちます。

また、座学が苦手な社員でも集中して学びやすいメリットもあるため、幅広い社員に効果を期待できます。

業種に合わせて研修内容をカスタマイズできる

業種に合わせて研修内容をカスタマイズできるのも、マナー研修の大きなメリットです。マナー研修では、研修会社と相談しながらカリキュラムを作成するため、企業にあわせた内容の研修を行えます。

必要なマナーは業種により異なるため、カスタマイズすることが大切です。たとえば、医療業界や福祉業界などでは、患者様へのマナーや医師に手紙を書く際のマナーなどの、業界特有のマナーが存在します。

そのため、一般的なビジネスマナー以外にも業界にあわせたマナーを組み込むことが重要です。研修会社では、企業の悩みや要望に応えながらカリキュラムを作成してくれるため、業界にあわせた研修を実現可能です。

マナー研修を選ぶ際のポイント

マナー研修を選ぶ際のポイントは、下の3つです。

  • 研修の目的とカリキュラムの内容が一致しているか
  • 講師の実績や経歴は十分か
  • 打ち合わせなどのやり取りは丁寧か

それぞれのポイントについて解説していきます。

研修の目的とカリキュラムの内容が一致しているか

マナー研修を選ぶ際は、研修の目的とカリキュラムの内容が一致しているか確認します。研修会社によりカリキュラムは異なるため、必ず内容を確認しましょう。

たとえば、実践を重視した内容を希望していたのに、座学が多めの研修を選んでしまうと、目的を達成できません。

また、業種によってもカリキュラムが合う合わないがあるため、自社に効果的な研修なのか考えたうえで導入するのが大切です。カリキュラムについては、研修会社に相談すれば企業に合わせた内容に変更してくれます。目的と一致した内容になるように、中身を精査したうえで研修を選びましょう。

講師の実績や経歴は十分か

講師の実績や経歴が十分かチェックすることも、マナー研修を選ぶ上で重要なポイントです。選ぶ研修によって、講師の質にはバラつきがあります。

そのため、研修を選ぶ際は、公式サイトやSNSなどで、講師の実績や経歴を確認することが大切です。また、実績以外にも得意としている分野も確認しておきましょう。

得意分野を確認する際は、研修の講師としての実績に加えて、講師になる前の経歴も確認するといいでしょう。たとえば、ホテルで働いた経験や、営業で成果を出した実績などがあれば、その経験にもとづいたノウハウを教えてくれる可能性があります。

研修選びに失敗しないためにも、実績や経歴、企業の特色にあう講師なのかを十分に確認してください。

打ち合わせなどのやり取りは丁寧か

マナー研修を選ぶ際は、打ち合わせなどのやり取りの丁寧さも重要なチェックポイントです。マナー研修は、開催までに細かな調整や相談しながらカリキュラムが決定します。

そのため、打ち合わせがスムーズにできない研修会社を選んでしまうと、思うようなカリキュラムが組めない可能性があります。丁寧なやり取りが行えるかの基準として、以下のポイントを確認しましょう。

  • 連絡のレスポンスは早いか
  • ヒヤリングの内容は具体的か
  • 要望したカリキュラムがすぐに反映されているか

やり取りがスムーズな会社を選べば、アフターフォローや、次回以降も継続できるかなどの疑問も、打ち合わせ段階で解消できます。企業に理想のカリキュラムを組むためにも、コミュニケーションの取りやすい研修会社を選びましょう。

マナー研修を成功させるポイント

マナー研修を成功させるポイントは、下記の2点です。

  • 座学と実践のバランスを取る
  • 年代に合ったカリキュラムを用意する

それぞれのポイントについて解説していきます。

座学と実践のバランスを取る

マナー研修を成功させるためには、座学と実践のバランスを取ることがポイントです。座学が多すぎてインプットばかりでは、体でマナーを覚えられず実践では使えません。

マナーを覚えるためには、頭と体の両方を使いバランスよく学ぶことが大切です。そのため、座学で学んだ内容をロールプレイングやグループワークで確認する必要があります。

また、座学が長時間になりすぎると、集中力が持続せず、学んだ内容も頭に残りません。研修会社には、座学と実践のバランスが取れるような内容をリクエストしましょう。

年代に合ったカリキュラムを用意する

年代に合ったカリキュラムを用意することも、マナー研修の成功に欠かせないポイントです。年齢層により苦手な分野や得意な分野は異なります。そのため、年代の特徴を把握し、適切なカリキュラムを用意することが大切です。

たとえば、若年層は電話応対や名刺交換が苦手な傾向にあるため、重点的に学ぶ必要があります。しかし、若年層はSNSやメール文書作成は得意な方が多いです。逆に、中年層の職員はメールやSNSが苦手な傾向にあるため、カリキュラムに重点的に組み込む必要があります。

年代で分けずにカリキュラムを組んでも高い効果は期待できません。研修会社と相談しながら、年代別のカリキュラムを作成するのも研修を成功させるためには重要です。

マナー研修についてよくある質問

マナー研修についてよくある質問は、以下の3つです。

  • 自社の理念や方針をカリキュラムに組み込むことは可能ですか?
  • マナー研修の対象者はどのような社員ですか?
  • 短時間で受講できるマナー研修はありますか?

それぞれの質問に回答していきます。

社員のマナーを向上させるためにマナー研修を実施しよう

今回は、マナー研修の目的やメリットなどについて、詳しく解説しました。マナー研修を実施することで、社内の人間関係を良好にしたり、顧客満足度を高めたりする効果が期待できます。顧客満足度が高まれば、業績アップにもつながるでしょう。

また、マナー研修は実践的に学べるロールプレイングやグループワークなどが用意されています。座学だけでなく、体を使い実際に体験することで、現場でも役立つマナーが身につきます。

ただし、マナー研修は企業の特色にあわせたカリキュラムでなければ、高い効果を期待できません。そこでおすすめなのが、キーセッションにおすすめの研修会社を紹介してもらう方法です。

キーセッションでは、複数の研修会社の中から、貴社に最適な研修会社を紹介します。相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します
KeySession研修コーディネーター
この記事の監修者

KeySession研修コーディネーター - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

研修を探す

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

ビジネス基本スキル

ビジネスマナー研修 研修プラン

新入社員からベテラン社員向けまで『知っていて当然』のビジネスマナーを習得するビジネスマナー研修を紹介します。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱PDCAの学校
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
2日間
㈱PDCAの学校
2時間
㈱NATURE
㈱ノビテク
90分~4時間
㈱かんき出版
1日
㈱ノビテク

ビジネス文書研修 研修プラン

ビジネス文書は社会人の基本中の基本

研修プラン 研修時間 研修会社
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

プレゼンテーション研修 研修プラン

プレゼンテーションスキルはビジネスパーソン必須のスキル

研修プラン 研修時間 研修会社
1日
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
90分~4時間
㈱かんき出版
90分~4時間
㈱かんき出版
㈱PDCAの学校

タイムマネジメント研修 研修プラン

タイムマネジメントの重要性を理解し社員へ浸透させ、企業単位で取り組みを強化しましょう。

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱ノビテク
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク

マナー研修 研修プラン

マナー研修は社会人の基礎を作る!信頼される人材が企業を支える

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
1日
㈱ノビテク
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション

ディベート研修 研修プラン

効果的な議論の技術を磨くディベート研修。論理的思考、意見の構築、相手の意見への反論など、ディベートを通じてコミュニケーション能力を高めます。実践的なディベートセッションを経て、自信を持って意見を表現する力を身につけることができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 / 7時間
㈱J-グローバル
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション

報連相研修 研修プラン

効果的な報連相を実践するための研修プログラム。コミュニケーションの基本から、情報の正確な伝達方法、迅速なフィードバックの取り方までを学びます。研修を通じて、チーム内の円滑なコミュニケーションを実現し、業務効率を向上させることができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
2日間
㈱PDCAの学校

PDCA研修 研修プラン

PDCAサイクルは有名なフレームワークですが仕事に落とし込むのは簡単ではありません

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
1日
㈱ノビテク
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション

仕事の進め方研修 研修プラン

自分の能力を最大限発揮するために正しい仕事の進め方を知る

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

ファシリテーション研修 研修プラン

ファシリテーションを活用すればメンバーの意見が活性化され、目標達成に向けて具体的な行動を促すことができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱ノビテク
3日間コース / 6日間コース
㈱PDCAの学校
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション

ロジカルライティング研修 研修プラン

ビジネスシーンで必須のスキルを磨くためのプログラムです。論理的に整理された文書を作成する能力を高め、主張やアイデアを明確に伝える技術を習得します。

研修プラン 研修時間 研修会社
1日
㈱ノビテク

生産性向上研修 研修プラン

効率的に業務を行い、成果を最大限に引き出すためのスキルを学ぶ。

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
㈱ビジネスプラスサポート

導入実績から研修を探す

日本全国の研修会社を検索
北海道・東北北海道 | 青森 | 岩手 | 秋田 | 宮城 | 山形 | 福島
関東東京 | 神奈川 | 千葉 |茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉
中部新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野 | 岐阜 | 静岡 | 愛知
近畿大阪 | 三重 | 滋賀 | 京都 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

マナーに関する記事