マナー研修 研修プラン

ホスピタリティ軸の強い社会人を育成する新入社員研修

ホスピタリティを軸とした人財の育成
自社へのロイヤリティ・モチベーションの向上
離職率の低下、やる気や自主性の向上

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修

● これからの時代に求められる接客・サービスが理解できる
● 接客における大切にすべきことが順序立てて理解できる
● 接客スキルが身に付く

座学よりも体験を重視した実践型の新卒研修

● 実践をメインとし、ビジネスシーンで必要なコミュニケーションのスキルを身につける
● 相手を思いやる心を前提としたマナーを実践形式で身につける
● 自ら考えて行動するモチベーションを習得する

ホスピタリティ顧客対応研修

● ホスピタリティあふれる顧客対応のためのマナーを実践できる
● ホスピタリティあふれる顧客対応のためのコミュニケーションを実践できる
● クレームの初期対応のポイントを実践できる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマナー研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマナー研修対応しています。

コロナ禍でのマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

ビジネスにおけるマナーとは

社会人が身につけるべきビジネスマナーとしては、以下のような項目が挙げられます。

・あいさつ
・敬語や言葉遣い
・身だしなみ
・名刺交換
・電話応対
・ビジネスメール・文書
・訪問・来客応対

以上はすべて社会人なら当たり前のマナーですが、最近まで学生だった新卒の社員には、できない人が非常に多いです。

特に言葉遣いは課題で、ですます調で話すことはできても、敬語が正しく使えない新入社員がよく見られます。「どうぞ拝見してください」など、おかしな敬語を使ってしまうのです。相手に資料を見てほしいときは、尊敬語の「ご覧ください」を使い、謙譲語の「拝見する」は使いません。残念ながら、こうした敬語を意識せずに学生時代を過ごした人が多いため、尊敬語と謙譲語の使い分けなど、正しい敬語の使い方がわからないまま社会に出てしまうのです。

名刺交換やビジネスメール・文書など、社会人特有のマナーも、新入社員はできない人がほとんどです。お客様に対して失礼な振舞いをしないよう、現場に出る前に学んでもらう必要があります。ビジネスマナー研修を導入し、社会人として必須のマナーを身につけてもらいましょう。

マナー研修はなぜ必要なのか

メラビアンの法則

人と人とのコミュニケーションを心理学の観点から実験した「メラビアンの法則」をご存じでしょうか。コミュニケーションをとるときに人が優先するのは「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」の割合であるという、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則です。


このことからわかるのは、非言語コミュニケーションの重要性です。マナー研修は、ビジネスの場面で求められる非言語コミュニケーション「振る舞い・気遣い・見た目・表情」といった内容を体系的に学べる機会です。

いくら言葉で上手くやりとりができても、それ以外の要素で不快感を与えてしまえば、なんとなく嫌な印象しか残りません。相手に信頼感や安心感を与えるマナーを身につけることは、社内外のコミュニケーションを円滑に進め、企業全体の評価を上げることにもつながります。

企業が抱える課題

ビジネスマナーは社会人にとって必須の基礎スキルですが、新入社員のマナー教育に課題を感じている企業は多いです。具体的には、以下のような課題が挙げられます。

・あまりにも基本的すぎて、どのように教えたらよいのかわからない
・マナーの形式にとらわれすぎず、臨機応変に対応してほしい
・新入社員がビジネスマナーを軽視している

どこから教えたら良いかわからない

既にマナーが身についている先輩社員は、新入社員にマナーを教えることを難しく感じます。本人にとって当たり前のことだと、どのように教えたらよいのかわからなくなってしまうからです。また新入社員それぞれにマナースキルのバラつきがあるため、「どこから教えるか」も難しいです。

形式にとらわれすぎて臨機応変に対応できない

また、マナーの形式にこだわりすぎて応用が利かないのも困りものです。例えば、上司の脚が不自由で乗り降りしやすい座席を希望しているのに、目上だからという理由でタクシーの奥の座席に乗せようとする、といったケースです。

新入社員がビジネスマナーを軽視している

新入社員がマナーを軽視しており、真剣にマナー研修を受講してくれない、といった課題もあります。

社内でマナー教育を行うのは意外と難しいので、外部のマナー講師の研修を頼りましょう。マナー研修の実績がある講師が、説得力を持って新入社員にマナーを指導します。
株式会社ノビテク
【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修 - 株式会社ノビテク

架空のゲームメーカー会社に入社し、ゲーム制作販売のサポート業務を体験します。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、高いモチベーションの中でハイレベルな学習をするので、知らぬ間に難しいことができるようになる研修です。


研修プランを表示

ビジネスマナー研修の目的と特徴

ビジネスマナー研修の目的は、もちろんビジネスマナーを身につけることです。マナーが身についていると、社内外の人から信頼されやすくなるため、円滑なコミュニケーションができるようになります。

そんなビジネスマナー研修とは、どのような研修なのでしょうか。特徴を紹介していきます。

新入社員向けを中心とした幅広いカリキュラム

ビジネスマナー研修は、主に新入社員向けに開催されますが、年次が上の社員向けのビジネスマナー研修もあります。時代の変化によって、ビジネスで必要なマナーは変わるため、幅広い層の社員を対象としています。

例えば、ビジネスメールの書き方です。仕事でメールを使うのが一般的になったのは、ここ20年前後なので、上の世代の社員の中にはビジネスメールの書き方を教わったことがない人も多いでしょう。最近ではリモートワークやフリーアドレスの導入が進み、働き方が多様化しています。今の時代に合ったビジネスマナーを身につける必要があるでしょう。

新入社員だけでなく、中堅社員やベテラン社員にとっても役に立つのが、最近のビジネスマナー研修の大きな特徴です。

実践形式でマナーを身につけられる

ビジネスマナー研修では、座学でマナーを学ぶだけでなく、ロールプレイングを通じてマナーを体に染み込ませます。名刺の渡し方や電話応対のロープレを行い、現場に出てから慌てないように訓練するのです。

2人ずつペアになって練習をするので、自分の練習ができるだけでなく、相手の良いところや悪いところを客観的に見られるのもポイントです。ペアになった人の振舞い方で素敵だと思ったところは、自分のマナーに取り入れられます。反対に、「あまり良い印象ではないな」と感じたことは、自分がしてしまわないよう気を付けることができます。

ビジネスマナーを理解していても、実践できなければ意味がありません。ビジネスマナー研修では、ロープレ形式で振舞い方を身につけられるので、現場で実践できるよう訓練できます。

業種に合った研修内容にカスタマイズ

一口にビジネスマナーと言っても、業種によって必要なスキルは異なります。研修会社が提供する研修プログラムでは、業種や会社の特性に合った内容にカスタマイズできるので、必要なビジネスマナーだけを効率よく身につけることができます。

例えば飲食店やホテルなどの接客業なら、現場でのお客様に対するマナーが最も重要です。BtoB企業の社員なら、ビジネス文書やビジネスメール、電話におけるマナーが重視されるでしょう。業種によって最も重要なビジネスマナーは異なり、画一的なマナーを学ぶだけでは不十分です。

研修会社が提供するビジネスマナー研修なら、業種や会社の特徴に合った内容にカスタマイズすることが可能です。研修で学んだことが現場ですぐに役に立つので、組織の成果の向上にもつながります。

中堅社員を対象にしたマナー研修のカリキュラム例

マナー研修は新入社員にだけ必要な研修ではありません。社会人生活も3~4年目になると責任のある立場になっていきますし、社内外関係なく人間関係の幅も広がっていきます。
今さら聞けないと曖昧なままになっている知識を一度見直す機会が必要です。
後輩の良き手本、お客様の良き相談相手になれるような、中堅社員にもマナー研修のカリキュラム例をご紹介します。


日程内容ゴール
1日目 午前ビジネスマナーの重要性【講義】ビジネスでなぜマナーが必要なのかを確認する
間違いやすいビジネスマナーについて【講義・個人ワーク】マナーについて正しい知識を持っているか、思い込みのマナーがないか確認する
1日目 午後第一印象アップのマナー【講義・ロールプレイング】服装、髪形、表情、挨拶など、初対面の人に対して良い印象を与える所作を身につける
ビジネス会話【講義・ロールプレイング】ビジネスに必要な敬語、話題の見つけ方、商談に役立つ話し方など、会話の基本を学ぶ
2日目 午前ビジネス文書【講義】メールや手紙の文章作成時のマナーを身につける
電話対応【講義・ロールプレイング】電話での話し方、聞き方など、顔が見えない状態での対応を身につける
2日目 午後オンラインでのマナー【グループワーク】オンライン会議でのマナーと注意すべき点を確認し実践できるようになる
新しい生活様式に沿ったマナー 【講義・ロールプレイング】ビジネスにおけるマスク着用や手指消毒など、新しい生活様式に沿った顧客対応の基本を学び実践できるようになる

ビジネスマナー研修のラインナップ

ここからは、現在申し込みできるビジネスマナー研修を紹介していきます。工夫を凝らした研修を知り、新入社員が能動的に受講してくれそうな研修を選びましょう。

社員教育の決定版 ビジネススキル研修「株式会社PDCAの学校」

株式会社PDCAの学校が提供するビジネススキル研修は、新入社員から入社5年目くらいの若手社員を対象としています。「3日で学んだことは3日で抜け落ちる」と明言し、ビジネスマナーを習慣化してしっかりと定着させる研修です。

この研修では、基本的なビジネスマナーのみならず、生産性が上がる業務の進め方や顧客主体で提案を行う方法など、若手社員が知りたいビジネススキルをセットで学ぶことができます。6か月間にわたる研修ですが、若手社員にとって必要なスキルを短期集中でたたき込むので、現場に出てすぐに即戦力になってくれると期待できます。

研修の受講者からは、「自社の商材理解が深まり顧客満足への意識が高まった」「顧客とのコミュニケーション力が上がり成約率アップ」といった声が上がっています。実務に活かせる研修を行っているため、社員の成長が組織の業績アップにつながるのです。

株式会社PDCAの学校は、実戦トレーニングを重視した研修プログラムを提供しています。受講者が習慣化できる仕組みを提供しており、受講しておしまいの研修ではありません。社員の能力を引き出して高めるためにも、株式会社PDCAの学校の研修をお役立てください。
株式会社PDCAの学校
社員教育の決定版 ビジネススキル研修 - 株式会社PDCAの学校

半年間かけて行う全11回(月に2回)のOFF-JT × 社内OJT(PDCA)で、 貴社の新入・若手社員を早期戦力化させる“真の教育プログラム”のご提案です。脱研修!習慣化トレーニング動ける力と考える力を養います。


研修プランを表示

【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修「株式会社ノビテク」

株式会社ノビテクのビジネススキル研修は、さまざまなツールと仕掛けを使った、ゲームのような体感型の研修です。新入社員を中心に、若手社員が能動的に取り組める工夫が凝らされています。「座学の研修だと睡魔に勝てない…」という社員でも、熱中して取り組めます。

研修ではビジネスマナーだけでなく、PDCAやタイムマネジメント、ビジネスコミュニケーションも学ぶことができます。架空のゲームメーカーに入社し、ゲームの製作販売を行うというストーリーで、実際のビジネスと同様に課題を解決していきます。研修を体感する中で、マナーや業務の進め方を学ぶことができます。

ゲームを進める形でビジネススキルを学べるので、受講者は気づいたら難しいことができるようになっていた、という状態になれます。夢中になっているうちに成長できるので、座学の講義が苦手な社員も育成できます。

株式会社ノビテクの研修は、基本的なやり方を学び、応用する力を身につけられるのが特徴です。受講者が自ら能動的に考えて行動できるよう、工夫を凝らしているので、眠くならず記憶に定着します。現場に出てからも役に立つ、真の行動力を身につけることができます。
株式会社ノビテク
【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修 - 株式会社ノビテク

架空のゲームメーカー会社に入社し、ゲーム制作販売のサポート業務を体験します。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、高いモチベーションの中でハイレベルな学習をするので、知らぬ間に難しいことができるようになる研修です。


研修プランを表示

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」

ザ・ホスピタリティチーム株式会社のホスピタリティ研修では、ホスピタリティを接客や接遇に活かす方法、ホスピタリティの提供に必要なマインドなどを学ぶことができます。座学だけではなく、ロールプレイングやワークショップを通じ、実践しながら取り組むので、知識を体に染み込ませることができます。ビジネスマナーのなかでも、接客の現場で使えるマナーを学びたい方におすすめの研修です。

これからの時代には、マニュアルを守った基本的なマナーはもちろんのこと、現場のスタッフがお客様を思い、一人一人のお客様の期待に応える接客が必要です。マニュアルどおりの接客では不十分なので、マニュアルやマナーの形式を厳守するのではなく、臨機応変な対応が求められるのです。

現場には、臨機応変な対応が得意な社員と不得意な社員がいて、接客やサービスの品質にばらつきがあると悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。この研修では、全員の接客・接遇スキルを底上げするので、サービス品質のばらつきを解消することができます。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、サービス業に特化した現場教育を行ってきた企業です。ホテルや旅館、ウェディング、飲食、旅行会社、介護、保育など、接客が重要な業種におすすめです。
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修 - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

本研修ではホスピタリティを深く理解し、ホスピタリティを接客・接遇に生かす具体的な方法を、一方的な講義ではなく、ロールプレイングやワークショップを通じて気づきを得ながら楽しく学びます。


研修プランを表示

これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修「株式会社かんき出版」

株式会社かんき出版のオンラインマナー研修は、新入社員から中堅社員、リーダー層やマネージャーなど、幅広い階層の社員が対象となるマナー研修です。

リモートワークの普及により、画面越しにコミュニケーションを取る機会が増えましたが、画面越しにやり取りするときのマナーをご存じでしょうか。コロナ禍で急激にリモートワークが普及したため、マナーがわからないままオンラインツールを使っている人も多いでしょう。

オンラインで会話するときには、カメラとマイクを正しく使うことや、発言がバッティングしないよう気を付けること、マイクを通しても聞き取りやすいスピードで話すことなど、対面の会話とは異なるポイントがあります。こうしたポイントに配慮し、他の人が気持ち良く会議に参加できるようにするためにも、オンラインマナーを学ぶ必要があります。

オンラインマナーは、どの階層の社員にとっても重要です。新型コロナウイルスの感染が終息しても、業務のオンライン化は避けられないので、今のうちからオンラインマナーの教育を行いましょう。

株式会社かんき出版は、出版社ならではのネットワークを活かし、テーマに合った専門の講師が研修を行います。著書を出版しているレベルの高い講師から、直接指導を受けることができます。
株式会社かんき出版
これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修 - 株式会社かんき出版

リモートワークの普及により、画面越しのコミュニケーションが増加しています。対面でのコミュニケーションと同様、画面越しの場面においても「ビジネスマナー=ルール」が存在します。オンライン環境で相手とのスムーズなコミュニケーションを取るための入り口である”オンラインマナー”を学びます。


研修プランを表示

対象者別に豊富なプログラムを提供マナー研修「株式会社インソース」

株式会社インソースのビジネスマナー研修では、身だしなみや言葉遣い、名刺交換、電話応対といった、基礎的なビジネスマナーを学ぶことができます。新入社員向けの研修のみならず、中途採用向け、外国人社員向けなど、対象者別に豊富なプログラムを提供しています。

「若者のマナーがなっていない」という悩みがある一方、「上司や指導者のマナーも見本にならない」と課題を感じている企業も多いでしょう。あらためて全社員がビジネスマナーを学び直せる研修もあるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

株式会社インソースは大手の研修会社で、数多くの企業が研修を導入しています。ビジネスマナー研修は、年間約8000人が受講し、満足度97%以上であり、質の高い研修となっています。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。


社会人のための接遇&マナー研修 2日コース「ANAビジネスソリューション株式会社」

ANAビジネスソリューション株式会社の「社会人のための接遇&マナー研修 2日コース」は、立ち居振る舞いや正しい言葉遣い、職場や訪問先でのマナーなど、社会人として必要なビジネスマナーを学べる研修です。ビジネスでは第一印象が重要であり、その後の円滑なコミュニケーションのためにも、正しいマナーを身につけなければならないことがわかります。

この研修では、スピーチをVTR撮影し、映像を自分で見直します。客観的に自分を見つめることで、自分ではできているつもりだったけど、実はできていないことを理解できます。講師もアドバイスを行うので、自分の強みと弱みを正確に把握できます。

ANAビジネスソリューション株式会社は、ANAが機内や空港で培ったノウハウをベースにした研修を提供しています。一流のビジネスマナーを学びたい方におすすめです。
ANAビジネスソリューション株式会社
ANAビジネスソリューション株式会社

小さいことほど丁寧に 当たり前のことほど真剣に

講師は客室乗務員や整備部門経験者。「何故?」を大切にし、動機づけを行うことで、気づきと判断力を養う多種多彩な研修を用意しています。人材を人財と考え、一人ひとりの可能性を引き出すANAグループのノウハウを凝縮した研修プログラムをご紹介します。


ビジネスマナー研修「株式会社Schoo(スクー)」

株式会社Schoo(スクー)では、新入社員向けのビジネスマナー研修や、テレワークマナー研修、グローバルマナー研修など、幅広い場面を想定したマナーの研修プログラムを提供しています。テレワークやリモート環境でのマナーや、海外のビジネスパーソンに応対するときのマナーは、新入社員のみならず、中堅社員や管理職にとっても興味があるところでしょう。

株式会社Schooは、定額制eラーニングを提供する企業です。5000本以上の授業見ることができ、新作の学習動画も毎月追加されます。eラーニングなら社員がそれぞれ好きな時間に見ることができるので、煩わしいスケジュール調整は不要です。eラーニングを能力開発に取り入れたい方には、Schooのサービスがおすすめです。
株式会社Schoo
株式会社Schoo

「学び続ける」にこだわるオンライン学習サービス

導入企業数1,600社の実績。5,800本以上の学習動画と学習分析機能を搭載した次世代型eラーニング。ビジネススキルからITスキルまで、幅広い人材育成・社員研修向けコンテンツをご紹介します。


新入社員向けのビジネスマナー研修「株式会社リンクアンドモチベーション」

株式会社リンクアンドモチベーションでは、新入社員向けのビジネスマナー研修を提供しています。なぜマナーが必要なのか、なぜ守る必要があるのか、重要性を理解することに重きを置いています。

ビジネスマナー研修を受講した新入社員にありがちなのが、マナーの型を守ることにこだわる余り、臨機応変な対応ができなくなってしまうこと。教科書に載っているようなシチュエーションは実際にはほとんどなく、応用を利かせなければならない現実を、研修で学ぶことができます。

株式会社リンクアンドモチベーションは、モチベーションにフォーカスした経営コンサルティング会社です。研修では受講者に知識を与えるだけでなく、モチベーションを高める工夫がされています。
株式会社リンクアンドモチベーション
株式会社リンクアンドモチベーション

真の組織変革をワンストップでサポート

「モチベーションエンジニアリング」を基幹技術として、経営学・社会システム論・行動経済学・心理学などの学術的成果を取り入れ、実行性と再現性が強みの研修をご紹介します。


ビジネスマナー研修についてよくある質問

ビジネスマナー研修を導入する前に、頻繁に寄せられる質問と回答を紹介していきます。一般的な内容なので、詳細は各研修会社にお問い合わせください。

自社のビジネスマナー方針に合わせたカスタマイズはできますか?

可能です。貴社のルールに沿って研修プログラムをカスタマイズできるので、お気軽に研修会社にご相談ください。

特に、電話を受けたときの名乗り方、メールの書き方、来客対応のしかたには、会社のカラーや慣習が出るものです。現場ですぐに役立つマナーを身につけられるよう、貴社のビジネスマナーに沿った研修を行います。

ビジネスマナー研修の受講者はどのような人ですか?

内定者や新入社員を中心に、幅広い年齢層の社員が対象となります。

内定者や新入社員向けには、初めて社会に出る人向けの研修を行います。電話応対や名刺交換、あいさつや敬語の基礎などを指導します。

最近はベテラン社員向けのビジネスマナー研修もあります。年次が上がると社外の偉い人と関わる機会が増え、マナーが身についていないと、失礼な振舞いをして取引の機会を潰してしまうかもしれません。階層が上がったからこそ、必要なビジネスマナーを確認するためにも、研修を活用いただけます。

短時間での研修はできますか?

ご希望の時間や予算に合わせ、柔軟に研修を行うことが可能です。

ただし、研修の効果を高めるためにも、1日程度の時間を確保していただくことをおすすめします。ビジネスマナー研修では、ロールプレイングを行って繰り返し練習し、マナーを身につけます。練習する時間を含めると、1~2時間といった短い時間では足りない場合が多いです。

マナー研修が組織にもたらす効果

マナーは社会人として基本中の基本スキルです。知っていて当たり前と思われる内容が多いのですが、古い知識のままや勘違いして覚えていることもあり、研修を通して改めて行動や所作の見直しができます。

社内人間関係の構築

マナーは自分のためではなく相手のために使うスキルです。
マナーが良い人は印象が良く、人に対して不快感を与えません。見た目、言葉使い、気遣いなどができているため、対人関係を良好にする効果があります。

ビジネスパーソンの多くが抱えている社内の人間関係に関する悩み解決に役立ち、社内の雰囲気も良くなります。
人間関係が良いところは社員のパフォーマンスも上がり、ひいては業績アップにつながります。

顧客満足度アップ

マナーの良さは社内だけではなく、顧客へも大きな影響を与えます。
接客の最前線にいる社員の対応が良ければ、お客様はリピートしようと思いますし、この人に任せたい!相談したい!と思うものです。
知識や技術だけではなく、お客様と真摯に向き合い対応する能力は信頼を得るには必要不可欠なスキルと言えます。

新しいマナー知識が学べる

マナーは時代と共に変化しています。
連絡手段を取っても、長い間電話での連絡が常識となっていましたが、この数年でメールやSNSを使った連絡も定着しつつあります。

また、打ち合わせや会議等も対面ではなくオンラインでの開催が可能になったことで、名刺交換の仕方にも変化が見られます。

このように、マナーは定期的に確認をしなければ時代に取り残され、『古い体制の企業』と言われかねません。

マナー研修の選び方のポイント

マナー研修はほとんどの研修企画会社で提供している定番の研修です、それだけに、どこに依頼をしても変わりはないのでは?と考えがちです。
しかし、本当に効果的な研修を望んでいるのであれば、研修会社は慎重に選んでください。

カリキュラムの内容

ビジネスにおけるマナーの範囲は広く、身だしなみはもちろんですが、名刺交換、電話対応、メールや文章力、コミュニケーションなど学ぶことが多いのが特徴です。
そのため、パッケージ化されているカリキュラムでは物足りない、期待する内容になっていないなどのギャップが出る可能性があります。
柔軟なカリキュラム対応をしてくれるかは大切なチェックポイントです。

また、内容が最新マナーに対応しているかも確認すると良いでしょう。
オンラインでの対応が増えたと感じている企業も少なくありません。
対面だけではなくオンライでのマナーやメールやチャットでのマナーなど、社会情勢に沿った内容になっているかも注目してください。

講師の経歴

マナー研修は講師により内容が左右されます。派遣される講師の経歴は必ずチェックする必要があります。
経歴や実績はもちろんですが、得意分野がわかればチェックをしてください。
求めている内容と得意とする分野が違うと研修効果が上がりにくくなりますので要注意です。

打ち合わせ等の対応

ほとんどの研修企画会社ではメールで問い合わせができます。その後担当者から連絡が来るのですが、レスポンスの速さ、ヒアリングの内容、提案された研修プログラムなどの対応もぜひチェックしましょう。

研修の準備段階からどこまで請け負ってもらえるのか、アフターフォローの有無、継続性の有無などは最初の段階で確認をしておくことが必要です。

マナー研修を成功させるために

マナーは実践できなければ研修をおこなった意味がありません。明日からすぐ行動したくなる内容でなければ成果が上がらないのです。
参加した社員が「マナーは自分事」と認識し、自分の振る舞いが企業に影響を与えることを自覚し、行動できるように以下のことを念頭に研修を開催すると良いでしょう。

座学と実践形式のバランスを取る

講義を聞くとその場ではわかった気になるものです。しかし、頭で理解できたことと実践できることは必ずしもイコールではありません。
理論として学んだことを実践するとどうなるかを、ロールプレイングやグループワークなどを通して確認することが大切です。

また、長時間座りっぱなしでは集中力が続きませんので、座学だけでなない研修を希望と研修企画会社にリクエストするようにしてください。

年代に合ったカリキュラム

若い世代は電話対応が苦手と言われています。ベテラン層はメールやSNSを使うことが苦手と言われています。
各年代に理解して欲しいマナーには違いがありますので、カリキュラムも同じでは効果が上がりません。
強化したいマナー別に研修を組み立て、理解を深めてもらえるような内容を要望しましょう。

職場で感じるジェネレーションギャップの対処法解説

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマナー研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマナー研修対応しています。

コロナ禍でのマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

マナー研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマナー研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマナー研修対応しています。

コロナ禍でのマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。