グローバル人材育成研修 研修プラン

赴任先で速やかに力を発揮しパフォーマンスを最大化できる海外赴任前研修

● ワークスタイルやコミュニケーションの文化のギャップを理解し、起きやすい課題を解決する方法が身につく
● 日本型・グローバル型を融合したハイブリット型のマネジメントスタイルで、チームのモチベーションを高め、海外での生産性を向上
● グローバルなビジネススタイル、働き方、言葉などの学びを効果的かつ迅速に行ううえで必要なポジティブな成長マインドセットが身につく

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修

● チームワークの障害となる文化の違いを背景とした誤解や軋轢を防ぐことができる
● 異文化スタイルに適応するための基本的な手段を学び、生産性を高める
● 異なる文化を持ったメンバーと円滑に仕事ができるようになる
● グローバルなチームのマネジメントに必要なスキルが身につく

自信を持って議論に参加できるようになるグローバルミーティング対策研修

● グローバルミーティングに自信を持って参加し、議論に貢献できるようになる
● 問題解決や意思決定のための会議を進行できるようになる
● 効果的なフォローアップを行い、会議で決まった内容を実行に移すための手法を身につけられる
● 多用なメンバーのコミュニケーションの問題を解決できるようになる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なグローバル人材育成研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのグローバル人材育成研修対応しています。

コロナ禍でのグローバル人材育成研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

グローバル人材とは


グローバル人材とは

文部科学省の資料「グローバル人材の育成について」に記載されているグローバル人材の定義を要約すると、以下のようになります。

グローバル人材:
要素1:語学力・コミュニケーション力
要素2:主体性・協調性・柔軟性
要素3:異文化理解と日本人としてのアイデンティティ

さらに、グローバルで仕事を進めるための課題発見力・リーダーシップ・メディアリテラシーなどの要素も重要視されています。

ひと言に集約すれば、グローバル人材とは海外の取引先や人材とともに働き、成果を挙げられる人材のことです。

ここでの成果は、人材のレベルによって求められるスキル・程度が異なります。
レベルが高くなればなるほど、高度な交渉・契約・管理などの業務をおこなうことができ、業務上関わる人数が多くなります。

つまり、階層の高いグローバル人材は、単に語学が堪能であったり外国の文化についての知識があるというだけではなく、高い業務遂行能力が求められるということです。業務遂行能力には、マネジメント力や専門スキルなども含まれます。

企業は、海外での業務内容や取引の際に必要とされるスキルやマインドを総合的に判断して、社員を育成する方針を定める必要があります。

日本企業が抱えている課題

グローバル人材が育たないことは企業にとって大きな痛手になります。

現在、多くの企業ではグローバル人材の定義があいまいです。そのため、グローバル人材研修の内容が的を得ていなかったり、目的が明確化されていなかったりすることがあります。

その結果、以下のような問題が生じています。

・語学研修や短期の留学など、グローバル人材育成の効果が十分に期待できない研修をおこなっている
・最新の海外のトレンドに対応できていない
・業界や自社の個別の状況に対応した研修を取り入れられていない

つまるところ、グローバル人材は業務で成果を上げられなくては意味がありません。

本来は、形ばかりの研修をおこなうことではなく、自社の状況や目的から逆算して必要されるスキルやマインドを身につける必要があります。

グローバル人材育成研修の目的と特徴


グローバル人材を育成するための基本的な手段は、研修です。

継続的に適切な研修プログラムを設定することにより、対象者はグローバル人材として活躍するために必要なスキルを習得します。

グローバル人材実施の目的は、グローバル事業で成果を上げられる社員を育成することです。グローバル事業のなかには、海外赴任・日本国内での外国人スタッフのマネージメント・海外企業との交渉などさまざまな業務を含みます。

研修会社のグローバル人材育成研修では、個々のプログラム内容はプログラムごとに異なりますが、多くの研修に共通する内容は以下のとおりです。

●「どのようにグローバル人材研修を実施すればよいかわからない」という段階から具体的なマネジメント方法まで、段階に応じてプログラムが設計されている
●半日・1日の短期研修やシリーズ化された研修など、スケジュールを調整しやすい
●オンラインでも受講できる
●実践的な研修プログラムが多い
●海外赴任経験者など経験者の生の声を聴ける

上記のように、自社で作成するのは難しいと思われるプログラムが作成されるという特徴が見られます。したがって、グローバル化のノウハウが少ない企業から、すでに長きに渡ってグローバル事業を展開している企業まで、幅広くグローバル人材プログラムを活用できます。

研修のカリキュラム例

● 対象者
海外メンバーと協力した業務遂行を求められるリーダー・管理職層

● 目指すゴール
1.言語や文化の違いによって生まれるすれ違いを予防する
2.外国人を含めたチーム運営に必要なスキルの習得
3.相手を尊重しながら生産性を高める方法を学ぶ

前提知識 ・近年求められるダイバーシティ経営とは
・グローバル経営で日本企業が抱える課題
・グローバルマインドを育てる重要性
多様性を受け入れる ・真の異文化理解とは何か
・誰もが持つ「アンコンシャス・バイアス=無意識の偏見」とは
・発言や行動だけで相手を判断しない
グローバルコミュニケーションとは ・グローバル組織で重要な「ローコンテクスト=暗黙の了解に頼らない」コミュニケーションとは
・外国人社員との信頼関係の作り方
・グローバルなチーム運営に必要なスキル
1)トリプルシンキング
2)コーチング
3)フィードバック

研修のラインナップ

グローバル人材育成研修には、どのような研修プログラムが公開されているのかご紹介します。研修会社やプログラムの特徴から自社に最適なプログラムを検討して、気になったプランには問い合わせしてみましょう。

赴任先で速やかに力を発揮しパフォーマンスを最大化できる海外赴任前研修|株式会社J-グローバル

株式会社J-グローバルのグローバル研修は海外と日本との双方向の視点から「グローバル」を捉えている点が大きな特徴です。

赴任先で速やかに力を発揮しパフォーマンスを最大化できる海外赴任前研修には、以下の特徴があります。

・マインドセットを学んでからスキル習得をおこなう
・ファシリテーションを重視し、参加者の「気づき」を重要視している
・受講生の語学力に関係なく、2カ国語でのプレゼンテーションを実施する
・企業別に個別のカスタマイズをおこない、学習効率を高められる

また、対面でのライブラーニングのほかに、オンラインでのデジタルラーニングにも対応しています。

これらの研修プログラムにより、知識の習得だけではなく行動・態度・コミュニケーションの変化を促します。

研修を提供している株式会社J-グローバルは、日本のチーム型重視のビジネススタイルと海外の効率重視型のスタイルとを組み合わせたスタイルの理念を持つ研修会社です。

ファシリテーションを活用して、受講者のスキルを効率的に引き出す力に長けており、スピードの早さとコストの安さに定評があります。代表者の日本でのビジネス経験に基づいて、チームの成長・成功のバックアップを重視している研修会社です。
株式会社J-グローバル
グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修 - 株式会社J-グローバル

グローバルな組織で、チームのパフォーマンスを最大化するために欠かせないスキルを学びます。異なる文化を持つチームメンバーと、協力して仕事を進めるために不可欠な力を身につけることができます。


研修プランを表示

グローバル1.0〜3.0人材育成研修|リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズのグローバル人材育成は、グローバル人材を以下の3つの段階に分類して捉えています。
・グローバル1.0:世界中に出先をつくるステージ
・グローバル2.0:現地の自律化を進めるステージ
・グローバル3.0:全体最適化を実施するステージ

それぞれの段階に応じた研修プログラムが設けられているため、「どのような研修を実施すればよいかわからない」という状態になることなく、状況に応じて最適な研修を受けられます。

リクルートマネジメントソリューションズは、「個と組織を生かす」をモットーに人材採用・人材開発・制度構築・組織開発をおこなっている企業です。企業と人とを支援する形で、それぞれの分野に特化した研修プログラムを提供しています。
リクルートマネジメントスクール
リクルートマネジメントスクール

実効性の高いマネジメントソリューションの提供により個と組織の健全な発展に貢献する

人材育成、人事制度、組織開発から営業力強化まで、「アセスメント」「トレーニング」「コンサルティング」「カウンセリング・コーチング」などの手法を用いて人事課題を解決に導く研修を紹介します。



実践的な学びグローバル人材育成研修|株式会社 グロービス

株式会社グロービスのグローバル人材育成には、以下の4つの特徴があります。
・実践的な学び
・選び抜かれた実務経験豊富な講師
・オンライン対応
・専任コンサルタントによるサポート

グロービスの研修では、企業のグローバル化の段階に応じたプログラムが設けられています。専任コンサルタントのサポートが実施されるため、研修の進捗状況や課題をふまえて、最適な研修プログラムを実施することができます。

研修を提供しているグロービスは、ビジネス研修においてのネームバリューの高い業者です。年間2,000社以上との豊富な付き合いから、実務経験に基づいた研修プログラムを提供しています。

特に、実務での再現性に重きをおいたプログラムを提供しています。
株式会社 グロービス
株式会社 グロービス

人材育成・組織開発の側面から、経営課題解決をサポート

累計受講者数約112万人、取引累計企業数約3,800社の成長をサポートした経験から、各社に最適な研修プログラムを紹介します。研修は日本語・英語・中国語のマルチ言語に対応しています。



グローバル分野ビジネスプログラム|日本能率協会(JMA)

日本能率協会のグローバル分野は、リーダー育成長期コースと短期公開セミナーに分かれています。それぞれに職種・階層・学習内容別にコースが設定されており、中には海外合宿を含むコースも設けられています。アジア圏を題材にした研修も提供されており、ビジネスの現場で必要な知識を習得できる研修コースです。

日本能率協会は、「JMAマネージメントスクール」として研修プログラムを公開しています。人・組織・ビジネスの新しいマネジメントのためにさまざまなコンテンツ・教育活動・啓蒙活動をおこなっており、全国的に知名度の高い団体です。

知名度の高い団体だからこそ、各分野での第一人者や確かな実績を持つ方などの有力な講師陣が揃っています。
日本能率協会(JMA)
日本能率協会(JMA)

日本の経営革新、世界と社会と共に。

先進的テーマから実務課題に基づくものまで、階層別・課題別でまとめ、分野も幅広く取り揃え、バラエティーに富んだ人材育成・教育支援を行っています。



成果にこだわるグローバル人材育成|アルー株式会社

アルー株式会社のグローバル人材育成は、海外派遣社員育成・リーダー育成・グローバル人材プール育成など、あらゆる層の育成をサポートしています。

グローバル人材育成研修の特徴は、以下のとおりです。
・海外派遣型研修の受講者数No.1
・アジア10か国の200名以上の講師陣
・現地の語学に対応
・研修のカスタムに対応

グローバルリーダー研修では、スタッフに求められるスキルやマインドから逆算して長期的(8か月)にプログラムが組まれます。反対に1日研修・2日研修などの短期研修プログラムも充実しています。

アルー株式会社は「成果にこだわる」研修を重視した人材育成企業です。2003年の設立以来、日本3拠点・中国・インド・アジア各国など幅広い箇所に拠点を設けています。国内拠点と現地拠点との連携により、スピーディーに利用者の悩みや課題を解決しています。
アルー株式会社
アルー株式会社

育成の成果にこだわる

企業のグローバル人材育成をはじめ、新入社員から中堅リーダー層、管理職までの人材育成、社員研修、人事組織コンサルティングを通じて、これからのグローバル時代を勝ち抜く組織づくりを支援する研修を紹介します。



研修についてよくある質問


グローバル人材育成研修に対しては、さまざまな質問や問い合わせが寄せられます。
共通する項目が多いため、この章で代表的な質問について解説します。

研修はどのタイミングで実施すべき?

「グローバル人材研修をいつから実施すべきか?」という問題は、実務の目的やグローバル事業の内容によっても異なるため、一概にはいえない面があります。

当然、早期からグローバル人材研修を開始して、段階的に社員の能力を高めていくことはとても効果的なことです。ただし、「海外赴任者研修」のように具体的な研修に関しては、海外での実務が確定する前におこなっても研修者のモチベーションが高まりにくいという問題があります。

マネジメント・リーダーシップ・異文化の受け入れ方・語学力などのベースとなるマインド・ビジネススキルを早期に習得し、個別のビジネススキルについては直前に実施するなど、柔軟な設計をすることが重要です。

研修の価格はどのくらい?

グローバル人材研修の価格は、プログラムごとに異なるため個別に問い合わせが必要です。

一般的な傾向としては、短期の研修プログラムやオンライン研修については比較的低価格で展開されています。また、グローバル人材研修に限ったことではありませんが、個別研修よりも一般公開された公開研修の方が安い価格が設定されています。

一部カスタマイズが可能なセミカスタマイズを利用したり、段階に応じて一般研修と個別研修を併用したりするなど、活用方法によって研修プログラムを調整することも可能です。研修会社にヒヤリングをしてもらい、予算を伝えてプランの提案をしてもらうと良いです。

海外の現地でも研修プログラムをセッティングすることは可能?

海外の渡航先で、マネジメントがうまくいかずに研修の必要性を感じた、という場面はしばしば起こりうることです。また、渡航してから異文化の受け入れ方に戸惑うといった状況もしばしば起こります。

研修会社のなかには、海外への講師派遣を実施している業者もあります。また、オンライン受講が可能な研修プログラムであれば、場所に関係なく受講することが可能です。

研修プログラムのスケジュールや日程のために日数・期間を要することもありますが、急に必要性を感じられた場合にも研修を受講するチャンスは十分にあります。対応可能な研修会社をお探ししますので、当サイトにご連絡ください。

>>>>>研修コンシェルジュに無料相談する<<<<<

研修の効果を高める方法はある?

グローバル人材研修の効果を高めるために重要なことは、人事評価と連携をしてPDCAのサイクルを回すことです。

研修受講後の実務やマネジメントの状況をチェックして、成果や課題を確認します。課題に関しては、フォロー研修やサポートを実施することにより、実務能力のより高いスタッフを育成できます。

重要なポイントは、グローバル実務だけでなく仕事の進め方やマインドなど業務全般の成果・課題を確認することです。業務全般を確認することにより、受講者のスキルを幅広く伸ばすことができます。


グローバル人材育成の必要性


グローバル人材を育成するためのポイントになるのは、質のよい研修です。
研修によって人材のスキルやマインドを高め、海外業務で活躍できる状態に整えることができるためです。

より具体的にグローバル育成の必要性を紹介すると、ポイントは4点あります。

経済がグローバル化している

経済のグローバル化により、多くの業界で海外との交流が盛んになっています。

製造・開発拠点を海外に移したり、海外に販売店やサービス拠点のネットワークを広げたり、海外企業との連携を深めたりなどアプローチ方法はさまざまです。

また、日本の企業がグローバル化していると同時に、海外企業も日本国内に簡単に入ってくるようになりました。国内での競争がより激化する状況下で、国内にとどまって仕事を続けていると、遅かれ早かれ先細りしていく可能性が高いでしょう。

これらの時代の流れに対応するためには、グローバル人材の活躍が不可欠です。

日本国内にグローバル人材が少ない

日本全体にグローバル人材がたくさん存在している状況であれば、グローバル人材を採用市場で探すという方法もあります。しかしながら、日本全体としてグローバル人材が不足している状況です。

総務省の「グローバル人材の確保状況等に関する企業の意識調査」において、対象企業980社のうち70.0%が「グローバル人材が不足」「やや不足」していると回答していることからも、グローバル人材が不足していることは明らかです。
総務省「グローバル人材の確保状況等に関する企業の意識調査」グラフ
参考:総務省「グローバル人材の確保状況等に関する企業の意識調査」

したがって、「自社でグローバル人材が不足しているから、採用市場で探せばいい」という考え方はあまり得策とはいえません。自社の人材をグローバル人材に育て上げる方が、確率が高いと考えられます。

少子・高齢化により国内のリソースだけでは限界が見られる

国内に需要が十分にあり、当面は海外でビジネスをする可能性が低いと考えられる企業であっても、将来を見越してグローバル化を迫られる可能性はあります。

なぜなら、少子・高齢化により以下の状況が考えられるためです。

・国内マーケットの縮小
・若手人材の減少による採用の難化

したがって、売上の先細りや後継者問題が表面化する前に、多くの企業がグローバル化に舵を切るよう求められています。例えば、外国の企業・拠点と折衝をしたり、国内の外国人人材を適切にマネジメントできるスタッフの必要性は、今以上に高まります。

社員のネガティブなイメージを払拭する

社員個人のメンタルの面から考えてもグローバル人材研修をおこなうことは重要です。

というのも、海外勤務に関してネガティブなイメージをもっていたり、不安を抱えていたりする会社員は少なくないためです。したがって、海外勤務や海外の企業・拠点とのビジネスを通じて得られるメリットを社員に対して伝えることが非常に効果的です。

メリット・具体的な職務内容・海外での仕事に関するマインドセットを伝え、前向きに海外での事業に取り組むことにより社員が前向きに業務に取り組むことができます。

研修のポイント


グローバル人材育成研修を成功させるためには、押さえるべきポイントがいくつかあります。この章では、企業がグローバル研修をおこなうためのポイントを解説します。

候補者の選定

グローバル人材育成のための最初のポイントは、適切な人材を選定することです。グローバル人材となり得るためには、異文化理解への柔軟性・積極性・リーダーシップなどが求められます。

資質を満たしたスタッフを採用するためには、以下の点を押さえる必要があります。

・国内の業務にて成果をあげている
・マネジメント力がある
・ものごとに柔軟かつ前向きに挑戦できる
・本人がグローバルの事業に前向きである

候補者のスタッフに対しては、できるだけ早めに連絡を取って意思の確認などをおこないましょう。

綿密な育成計画と継続的なフォロー

グローバル人材育成は、スケジュールを組んで継続的に実施する必要があります。

もちろん、マインドセット・異文化理解のきっかけとして半日・1日単位の研修を受講することは十分に意義のあることです。ただし、単発の研修ですべてを理解してもらうのは不可能です。

また、海外赴任やグローバル事業の実務の最中や事後にも的確なフォローをおこない、課題や悩みについてフォローすることで、計画的・確実に人材を育成できます。

また、社内にグローバル人材が育ってくると、社内にノウハウが蓄積されます。このノウハウが、後のグローバル人材育成にも役立ちます。

渡航先・業種・業界などに応じたカスタマイズ

「グローバル人材」とひとくくりにされますが、具体的に求められるスキルや対応方法は業界・業種・渡航先や取引先の国・状況などにより異なります。したがって、状況に応じて研修の内容をカスタマイズすることが非常に重要です。

もちろん、異文化の受け入れ方やマネージメントスキルなどの前提となるスキル・マインドのなかには共通する項目も少なくありません。これらの土台を構築した後に、個別に研修やスキルアップを図っていく必要があります。

研修のカスタマイズをどのようにおこなえばよいのか、イメージがわかないと思われる方も多いことでしょう。外部の研修会者がおこなっているグローバル人材研修のなかには、渡航先や状況に応じてカスタマイズされたパッケージもあるため、外部研修を検討するのが効果的な手段です。

実践的な研修

研修は、座学だけでなく実践的な研修を実施することが理想的です。
実践的な研修とは、ロールプレイやケーススタディなど、研修対象者がグローバル事業を担う際に起こりうる状況や過去に実際に起こったことなどを体験できるプログラムを指します。

実践的な研修は、研修者が状況をイメージしやすく、記憶に残りやすいため実務に大いに役立ちます。

実際に同じ状況が起こったときに、研修対象者はスムーズに適切な対応を取ることができます。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なグローバル人材育成研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのグローバル人材育成研修対応しています。

コロナ禍でのグローバル人材育成研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。