管理職向け研修 研修プラン

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱J-グローバル
4時間
㈱PDCAの学校
3時間
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
㈱モチベーション&コミュニケーション
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
2日間
㈱ノビテク
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
1日目 4時間 / 2日目 8時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
3時間
㈱ノビテク
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
2時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
3日間
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
4時間
㈱PDCAの学校
研修の一括お問い合わせ

お問い合わせは無料です

「管理職向け研修を実施する目的って何?」「管理職向け研修を成功させるためにはどうすればいいの?」

このような疑問を抱えている経営者や人事担当者も多いのではないでしょうか。

当記事では、管理職向け研修の目的やカリキュラム例、研修を成功させるポイントについて紹介していきます。管理職向け研修の実施を検討している方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること

  • 管理職研修の目的
  • 管理職研修のカリキュラム例
  • 管理職研修を成功させるポイント

管理職向け研修を成功させるためには、講師の質が非常に重要です。しかし、数ある研修会社の中から、質の高い講師を探すのは大変ではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、キーセッションを利用して、自社に適した研修会社や講師を探す方法です。キーセッションでは、複数の研修会社の中から、貴社のご要望に沿った研修会社や講師をご提案します。相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

目次 [ 非表示 ]

  1. 管理職向け研修とは
  2. 管理職向け研修の目的・効果
    1. 管理職としての役割を理解する
    2. マネジメントスキルを高める
    3. 人材育成のスキルを身につける
    4. 組織全体の士気を高める
  3. 管理職向け研修の種類
    1. 新任管理職向け研修
    2. 中間管理職向け研修
    3. 上級管理職向け研修
  4. 管理職向け研修の内容・カリキュラム例
  5. おすすめの管理職向け研修
    1. 「部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修」株式会社モチベーション&コミュニケーション
    2. 「管理職のためのリーダーシップと部下育成研修」株式会社ノビテク
    3. 「ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修」ザ・ホスピタリティチーム株式会社
    4. 「ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める」株式会社PDCAの学校
  6. 管理職が抱える課題・悩み
    1. 業務量が多い
    2. 責任とプレッシャーがかかる
    3. 人間関係がうまくいかない
    4. 部下が思うように成長しない
    5. プライベートとの両立が難しい
  7. 管理職に求められるスキル
    1. マネジメント力
    2. コミュニケーション力
    3. 業務遂行力
  8. 【対象者別】管理職向け研修の内容
    1. 全管理職向け研修は網羅的な内容
    2. 新任管理職向け研修は基礎知識
    3. 中堅管理職研修は部下の育成
    4. 上級管理職研修は高度なマネジメント
  9. 管理職向け研修を成功させるポイント
    1. 現状と課題を把握して内容を設計する
    2. 研修の対象者に沿った内容か確認する
    3. 内容を詰め込みすぎない
    4. 実践的な内容を含める
  10. 管理職向け研修についてよくある質問
  11. 管理職向け研修を実施して管理職を育成しよう

管理職向け研修とは

管理職向け研修とは、管理職を対象に行われる研修です。組織をけん引するキーパーソンである管理職が、マネジメントや人材育成のスキルに磨きをかけることで、円滑なプロジェクト運営を目指します。

管理職向け研修は、階層別研修の一つです。新入社員・若手社員・中堅社員・管理職・経営層など、組織内での立ち位置にもとづいて階層分けし、それぞれに必要な知識やスキル習得を目指します。

管理職向け研修の目的・効果

管理職向け研修の目的・効果は下記の4つです。

  • 管理職としての役割を理解する
  • マネジメントスキルを高める
  • 人材育成のスキルを身につける
  • 組織全体の士気を高める

それぞれ解説していきます。

管理職としての役割を理解する

管理職向け研修の大きな目的は、管理職としての役割を正確に理解することです。求められる役割がわかっていないと、どのように行動するのが正解か判断できません。

管理職の役割には、主に業務の管理・部下の育成・チームの統率の3つが挙げられます。つまり、社内のリソースを有効活用しつつ組織を運営し、一人ひとりのスキルを引き上げながら、自社の経営方針をチーム内に浸透させることが求められます。

管理職がうまく立ち回ることは組織の業績アップに直結するので、管理職が自分のなすべきことを把握することは、企業の未来を左右する重大事です。しかし管理職本人の担当業務もある中で、実践を通してこの3つの役割を理解し、それぞれのスキルを磨いていくのは非効率です。

そこで、管理職研修が役立ちます。座学や実践的なワークを通して管理職が身につけるべきいろはを学べば、円滑な業務進行が期待できます。

マネジメントスキルを高める

管理職向け研修の受講には、マネジメントスキルを高める目的もあります。先述した通り、管理職には組織を運営するマネジメント能力が求められるため、研修でアップデートしておくのが効率的です。

管理職は、適切なプロセス管理手法によりメンバーに指示を出しながら、現在進行形のプロジェクトをスムーズに運営しなければなりません。そのためには、実現可能な正しい目標設定と、それを実現するために必要なファクターを見極める必要があります。

研修でマネジメントスキルが向上すると、このプロセス管理の精度が上がります。リソースをうまく分配できるようになることで社員の生産性が向上し、組織の業績アップも可能です。

人材育成のスキルを身につける

管理職向け研修を受講すると、人材育成のスキルを身につけられます。管理職にとって部下などの人材育成は重要な課題ですが、日々の業務の中で身につけるのは簡単ではありません。そのため、研修でノウハウを学ぶことが重要です。

部下を伸ばすためには、業務に関するアドバイスを行うとともに、部下の目標設定や評価を適切に行う必要があります。随時フィードバックしていくことも大切です。

人材が育てば社内のリソースにも余裕が生まれ、円滑なプロジェクト進行がかないます。マネジメントがしやすくなる観点からも、管理職研修を通して人材育成スキルを身につけるべきです。

組織全体の士気を高める

管理職向け研修を実施することで、組織全体の士気を高める効果も見込めます。管理職のスキル向上により、個々の能力が発揮できる職場が実現されれば、メンバーにやりがいが生まれるためです。

士気の高まりから一体感が生まれワンチーム精神が芽生えれば、組織がまとまりやすくなり、業務を成功に導けます。自社の評価が上がれば、地域やお客様にとってなくてはならない企業にも成長可能です。

このように、管理職にとってはチーム作りも重要な仕事です。管理職研修で学んだスキルを現場で活かすことで、チームを正しくサポートし、企業の業績アップが図れます。

管理者は組織の後ろ盾であり、健全なビジネス戦略を開発および適用し、会社の日常業務を確実に遂行する責任があります。 《出典》 How to Train Managers in Your Organization and Why It’s Important

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

管理職向け研修の種類

管理職向け研修の種類は、以下の3つです。

  • 新任管理職向け研修
  • 中間管理職向け研修
  • 上級管理職向け研修

それぞれ具体的にどのような役職が対象なのか、どのようなスキルの習得が求められるのかを紹介していきます。

新任管理職向け研修

新任管理職向け研修は、新たに管理職に昇進した人や、これから昇進を目指す人を対象とした管理職研修です。役職に就くのが初めての人が受講するのが一般的で、主に係長補佐・係長・課長補佐・課長代理などを目指す人がこれに該当します。

初めて管理職に就く人が対象となるため、研修では実践的なスキルを身につけるバックボーンとして、まずは管理職としての役割の理解が重視されます。そのうえで、基本的なマネジメントスキルや人材育成スキル、計数管理能力などを学習するのが一般的です。

新任管理職はいわば現場責任者であり、プレイヤー視点とマネージャー視点を兼ね合わせたプレイングマネージャーの立ち位置を求められる傾向にあります。そのため、プレイヤー・マネージャー双方の意識と行動の転換についても学びます。

中間管理職向け研修

中間管理職向け研修は、新任管理職と上級管理職との間に位置する役職を育てる研修です。さらなる昇進を控えた新任管理職が研修の対象となり、課長職を目指す係長や課長補佐が受講するのが一般的です。

中間管理職は、企業の経営にまではタッチしないものの、部署を運営管理する責任があります。そのため、研修ではさらなるマネジメント能力の向上や応用力の獲得を目指します。

よりよい部署づくりのため、強力なリーダーシップスキルの習得も望ましいです。また、初級管理職のフォロースキルや、上級管理職のサポートスキルも必要です。研修によっては、次期上級管理職としての意識向上も促します。

上級管理職向け研修

上級管理職向け研修は、担当部署内における経営者を育てる研修です。部長・役員を目指す課長・部長代理などが主な研修対象者です。

上級管理職は経営者的な視点が必要になるため、組織内での戦略立案や、リスクマネジメントスキルの習得が求められます。時流に乗るための嗅覚も重要で、変革に目を向けたマネジメントスキルも必要です。

率先して組織をけん引する、より高次のリーダーシップスキルも欠かせません。

管理職向け研修の内容・カリキュラム例

管理職向け研修のカリキュラム例は、以下の通りです。

上述した通り、管理職は3つの階層に分かれます。ここでは、すべての階層対象のカリキュラム例と、それぞれの階層を対象としたカリキュラム例を紹介します。

研修対象者 ゴール
全管理職 ・チームの目標設定と進捗管理の方法を学ぶ ・部下を適切に導くコミュニケーション方法とは ・チーム全体の生産性向上に必要な要素を知る
新任管理職(管理職に昇進したばかりの方) ・マネジメントに関する基礎的な知識・スキルを身につける ・プレーヤーから管理職への意識・役割の転換を図る ・指示命令ではなく部下の意見を傾聴する姿勢を身につける
中堅管理職(係長・課長クラス) ・マネジメントの応用力を身につける ・予算管理や業務管理など一歩踏み込んだチームマネジメントを学ぶ ・部下が主体的に業務に取り組むコミュニケーション方法とは
上級管理職(部長クラス) ・変化の激しい時代にも適応できるIT技術などの活用事例を学ぶ ・次期経営幹部層としての意識をもつ ・リスクマネジメントを理解し業務改善に取り入れる

おすすめの管理職向け研修

おすすめの管理職向け研修は、以下の4つです。

  • 部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修
  • 管理職のためのリーダーシップと部下育成研修
  • ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修
  • ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める

それぞれの研修の内容や研修期間について紹介していきます。

「部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修」株式会社モチベーション&コミュニケーション

株式会社モチベーション&コミュニケーションでは、管理職のために「部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修」を実施しています。

「部下の声を聴きたいが、なかなか意見が出てこない」悩みをもつ管理職は多いものです。部下が管理職に報告・連絡・相談しづらい雰囲気を感じると、部下との関係性にヒビが入り、チームのモチベーションや生産性が下がります。さらには、現場で起こる些細なトラブルを見逃してしまい、リスクの予防も困難です。

本研修では、部下との円滑なコミュニケーションに必要な「質問力」と「傾聴スキル」が学べます。実践的なグループワークを通して聴く意識を高め、話題を深める質問力を身につけられます。

研修時間は2時間です。「部下が話をしたくなる」上司を目指しましょう。

部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修

株式会社モチベーション&コミュニケーション

相手の言いたいことを話を遮ることなくしっかり聴ける傾聴力を身に着け、話を深める質問力を習得する研修です。

株式会社モチベーション&コミュニケーション

株式会社モチベーション&コミュニケーション

一人ひとりのモチベーションアップが組織を活性化し業績を最大にする


研修プランを詳しく見る

「管理職のためのリーダーシップと部下育成研修」株式会社ノビテク

株式会社ノビテクでは、「管理職のためのリーダーシップと部下育成研修」を実施しています。

多くの管理職には現場の優秀な人材が登用されるため、業務面でのマネジメントは得意な傾向があります。一方で、チームで成果を上げるための人材育成面のマネジメントには、苦手意識や課題を感じる管理職が少なくありません。

そんな部下との関係性づくりに悩む管理職のために、部下育成のポイントを体系的にまとめたのが本研修です。

まず「部下がついていきたくなる管理職」とはどんなものかを学び、その後に実践的なワークを通して、指示を論理的に伝える力のトレーニング、傾聴スキルを用いたコーチング手法などを体得します。

研修期間は2日間です。チームの力を最大限に発揮し、仕事を成功に導く管理職への成長を狙いましょう。

管理職のためのリーダーシップと部下育成研修

株式会社ノビテク

管理職のためのリーダーシップと部下育成研修です。リーダーシップを発揮したマネジメント力と、部下育成力を強化します。

株式会社ノビテク

株式会社ノビテク

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす


研修プランを詳しく見る

「ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修」ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社では、管理職のために「ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修」を実施しています。

数ある競合他社の中から選ばれる企業であるためには、サービスの質向上が重要です。しかし、漠然と「サービス向上に取り組もう」と考えても、一体何から着手すればよいのか戸惑う場合もあるかもしれません。

お客様の記憶に残るサービスを届けるには、まず社内に笑顔と感謝がある状態、つまり「社内ホスピタリティ」を高めることが重要です。

本研修では、サービス業に特化したチームワークの強化ノウハウと、部下の強みを活かすマネジメントを学びます。研修時間は6時間です。

「社内ホスピタリティ」の高いチームを実現するために、心が豊かで社員から信頼を集めるリーダーの育成を目指しましょう。

ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティを軸としたリーダーシップで、スタッフを生かしチーム一丸となって業績を最大化するマネジメントを学びます。また、リーダー同士の想いも共有し、明日からのマネジメントの力となるような研修カリキュラムです。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティでビジネスを成功に導く


研修プランを詳しく見る

「ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める」株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校では、役員や経営幹部、管理職を対象とした「ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める」を提供しています。

2022年4月1日から、中小企業にも改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が義務化されました。そんな背景から、部下をまとめる立場にある管理職にとって、ハラスメントを防止するための正しい知識は必須です。

本研修では、事例の研究やディスカッションを通じ、ハラスメントの基となる言動の洗い出しや、受講者への注意喚起を促します。具体的には、セクシャルハラスメント、妊娠・出産等に関するハラスメント、パワーハラスメントなど、問題になりやすいハラスメントを包括的に学べます。

受講者自身が加害者にならない場合でも、管理職はハラスメントに関する相談を受ける機会があり、ハラスメントが起きたときの対処に当たらなければなりません。本研修では、こうした場面での対応方法についても学べます。

研修時間は4時間です。研修を導入し、社員のハラスメント防止への意識を高めましょう。

ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める

株式会社PDCAの学校

セクシャルハラスメント、妊娠・出産に関するハラスメント、パワーハラスメントの知識を習得し、事例やディスカッションにより理解を深め、職場全体でハラスメントを発生させないための実践型研修です。

株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校

【延べ3,000社の実績】実践トレーニングで御社の生産性を向上させます


研修プランを詳しく見る

管理職が抱える課題・悩み

管理職が抱える課題・悩みは、大きく以下の5つです。

  • 業務量が多い
  • 責任とプレッシャーがかかる
  • 人間関係がうまくいかない
  • 部下が思うように成長しない
  • プライベートとの両立が難しい

それぞれについて紹介します。

業務量が多い

管理職が抱える課題としてまず挙げられるのが、業務量の多さです。

管理職は、自分の担当業務を遂行しつつ、プロジェクトの進捗管理や業績アップのための戦略立案などの短期成果も求められます。同時に、部下の教育や組織変革の推進など、中期成果も期待されます。

これらと並行して、書類作成などのルーティン業務や、ときには部下の相談役を買って出るなど、多岐にわたる業務に対応せざるを得ません。とくに新任の管理職は、これまでの自分中心の生活から、自分以外のことに膨大な時間を割かれる生活へと大きく様変わりします。

働き方改革により残業もままならない状況で、仕事量だけが増えることもあるため、ジレンマに陥り混乱する管理職は少なくないようです。

責任とプレッシャーがかかる

管理職は、責任とプレッシャーがかかることに悩んでいるケースもあるようです。

管理職は、部署内の責任を負います。自らのマネジメント手腕に部署の命運がかかるのはもちろん、部下のミスも自分のミスとして扱われます。これは大きなプレッシャーです。

手本となる優秀なロールモデルや、信頼のおける上司が周囲にいない場合には、自分一人の力量だけで困難を乗り越えなければなりません。

これまでなら同僚と飲みながらストレスを解消していたとしても、管理職になると本音を言える場が減少します。結果、一人で悩みを抱え込みがちです。

このような重圧に耐えかねる管理職は多くいるようです。

人間関係がうまくいかない

職場での人間関係に悩む管理職も、近年増えています。

管理職は、会社からの期待と部下からの要望の板挟みの状態になりがちです。中間管理職の場合はとくに顕著です。会社の立場と部下の気持ちの両方を解決しようと一人であがくことで、大きな深みにはまることもあります。

部下との意思疎通が困難だったり、部下からの不満や要望への対処法がわからなかったりして悩むケースもあるようです。また、他の管理職と比べられる悩みをもつ管理職もいます。

コミュニケーションに苦手意識をもっている場合にはとくに、部下との関係性や距離感が測れず、また他部署との連携がうまくいかないことも多々あるようです。

このように管理職は、人間関係の悩みから孤独を感じやすい傾向が見られます。

部下が思うように成長しない

管理職は、部下の育成に悩んでいる人も多いようです。

部下が育たないとプロジェクト運営が円滑に進まず、業績を上げることもできません。そのため、部下を教育指導し育てるのは、管理職の大切な役割です。

しかし、部下にはさまざまな個性があるため、テンプレに当てはめた指導はできません。それぞれの成長度合いにも差が生じるものです。

部下一人ひとりの性格や特性を見極め適切に指導することは、非常に困難です。とくに年齢が離れている部下とは、ジェネレーションギャップからその兆候が顕著に見られます。

このように部下の育成がうまくいかないことから、自分の能力に限界を感じ、自信を無くしてしまう管理職も多くいます。

他人を管理できる高いレベルの才能を持ちあわせているのは、管理職に就いている人の約5人に1人(18%)である。 《出典》 Managers Account for 70% of Variance in Employee Engagement

プライベートとの両立が難しい

管理職は、プライベートと仕事の両立に課題を感じていることも多いようです。

先にも触れたように、管理職は業務量の多さに悩んでいる人も多数います。必然的に自分の自由時間が削られ、ストレスにつながりやすい傾向が見られます。

とくに子育て世代の管理職は、その兆候が顕著です。彼らは育児をはじめ家庭内ですべきことも多いため、時間のやりくりや気持ちの切り替えが大きな課題です。

現代では、女性のみならず男性も子育てや家事に積極的に参加する風潮が見られるので、仕事とプライベートの両立は男女の管理職に共通した悩みといえます。

研修プラン 6件
女性リーダー育成研修

女性リーダー育成研修

企業成長に欠かせない女性従業員の力

管理職に求められるスキル

管理職に求められるスキルは、主に以下の3つです。

  • マネジメント力
  • コミュニケーション力
  • 業務遂行力

それぞれのスキルについて解説します。

マネジメント力

管理職にもっとも求められるのは、マネジメント力です。

管理職は、現状把握・課題抽出・業務計画策定と評価・部下の教育・仕事がしやすい環境整備などの業務に携わります。これらの業務を円滑に進めるためには、マネジメント力の強化が必須です。

マネジメント力が向上すれば、周囲に認められるようになり、リーダーシップも発揮しやすいです。

また、管理職のマネジメントには、部下や業務をまとめる能力だけではなく、セルフマネジメントスキルも求められます。自分自身の感情や行動のコントロールができないと、冷静な判断や分析ができないばかりか、孤独を感じやすくなるためです。

このような背景から、管理職は幅広いマネジメントスキルを身につける必要があります。

コミュニケーション力

管理職には、コミュニケーション力も求められます。

コミュニケーション力が身につくと、チーム内の結束が高まり、部下の教育が成功しやすくなるからです。同時に、他部門や外部との交渉ごともスムーズに進みやすくなり、部署や自分自身の評価アップにもつながります。

管理職に求められるコミュニケーション力は、通常の会話能力とは少し異なります。部下のやる気を起こさせるような働きかけや、説得力のある話し方、効果的に話を引き出す能力などが必要です。

身につけるべきコミュニケーションスキルの具体例としては、アサーティブな会話術や、コーチング、質問力などが挙げられます。これらを身につけ、コミュニケーション力を向上させるのが肝要です。

業務遂行力

管理職には、業務遂行力も必要です。

任された仕事を最後までやり遂げる業務遂行力は、社会人全般に必要な能力ですが、チームをけん引すべき管理職にはとくに求められます。実務に近い立場の管理職はとりわけ顕著です。

優れた業務遂行力があれば、事前に練り上げたロードマップを正確になぞることで、最終的なゴールに向かって突き進められます。業績に直結するため、経営陣からはとくに重視されるスキルです。

優れた業務遂行力を発揮するには、自社製品の知識や、市場動向の調査力、分析力なども求められます。長期的な視点での考察やリスク管理も必要です。これらのスキルにより、結果をコントロールしやすくなるからです。

これらは一長一短では身に付きにくいスキルのため、継続した研修での習得が求められます。

管理職の役割は変化している~いま管理職に必要な能力とは~

研修プラン 25件
管理職向け研修

管理職向け研修

管理職が実力を発揮できる管理職向け研修

研修プラン 12件
マネージャー向け研修

マネージャー向け研修

マネジメント能力向上

研修プラン 18件
管理職候補向け研修

管理職候補向け研修

管理職に求められる役割とスキルを理解・習得する

【対象者別】管理職向け研修の内容

管理職向け研修の内容は、対象者によって異なります。ここでは、すべての管理職向けの研修とそれぞれの階層向けの研修に分けて、研修で学べる内容を紹介していきます。

  • 全管理職向け研修は網羅的な知識
  • 講新任管理職向け研修は基礎知識
  • 中間管理職研修は部下の育成
  • 上級管理職研修は高度なマネジメント

全管理職向け研修は網羅的な内容

全管理職向け研修では、網羅的な内容を実施するのが一般的です。

どの階層の管理職にも共通する課題があります。企業全体で共有するべき知識や業界全体の課題、日本経済の動向などについては、管理職全体での把握が必要です。

また、近頃は企業内におけるメンタルヘルス対策の必要性も叫ばれており、ラインケアについても管理職全体での共有が求められます。全管理職向け研修は、このような内容を学ぶのに適しています。

同時に、管理職としての包括的なスキルアップ対策としても有効です。年齢、経験が異なる管理職が一堂に会することで、情報交換や相談がしやすく、コミュニケーションの場になる利点があります。

新任管理職向け研修は基礎知識

新任管理職向け研修の内容は、主に基礎知識の習得です。

管理職になりたての人は、ほんの数日前までチームメンバーとして働いていた人たちです。そのため、「そもそも管理職とは」などの基本的な事項から学んでいく必要があります。

新任管理職向け研修では、管理職業務の基本・組織運営のノウハウ・部下の育成についてなど、管理職としての自覚を促すような内容をメインに学びます。また、現場目線の管理業務のみならず、一歩引いて俯瞰するスキルを研修に盛り込むこともあるようです。

中堅管理職研修は部下の育成

中間管理職研修は、主に部下の育成について学びます。

この階層の管理職は、比較的プレイヤーである現場スタッフに近いポジションにいるため、部下の指導や教育に携わる機会が多い傾向にあります。そのため、部下とのコミュニケーションスキルや、相談を受けた際の対応方法などに重点を置いた研修が必要です。

また中堅管理職は、一般的にはまだまだ新しい知識を理解し吸収する能力があります。そのことから、時代に合った商品・サービスの開発や、新規事業の進め方について学ぶのも有用です。

上級管理職研修は高度なマネジメント

上級管理職研修では、高度なマネジメントについて学びます。

この研修は、より経営的な知識が求められる部長クラスをメインターゲットにしています。そのため、企業の運営や組織全体のマネジメント、課長以下の管理職の育て方などを学ぶのが一般的です。他の管理職と比較し、次期経営陣候補としての内容が盛り込まれます。

上級管理職は、幅広い知識が必要な立場です。これまでの経験で培ったスキルをさらに深く掘り下げる研修内容となるでしょう。

管理職向け研修を成功させるポイント

管理職向け研修を成功させるポイントは、下記の4点です。

  • 現状と課題を把握して内容を設計する
  • 研修の対象者に沿った内容か確認する
  • 内容を詰め込み過ぎない
  • 実践的な内容を含める

それぞれのポイントについて解説していきます。

現状と課題を把握して内容を設計する

管理職向け研修を成功させるためには、企業や受講者の現状と課題を把握した上で、それに則した研修内容を設計するのがポイントです。自社や受講者への親和性が高い研修にすることで、現場で役立つスキルの吸収が期待できます。

研修は、ともすれば受け身で聞き流してしまう可能性も否定できません。しかし、身近なテーマや業務に直結した受講内容にすることで、参加者自身の問題として捉えられるようになり、積極的に研修に参加可能です。

研修の成果が出やすく、管理職のやる気にもつながるため、受講者に適合した研修内容の設計を意識しましょう。

研修の対象者に沿った内容か確認する

管理職向け研修を成功させるためには、研修の対象者に沿った内容か確認することが大切です。

受講者の階層にそぐわない知識は役に立ちにくいものです。たとえば、新任の管理職に対し経営に深く関わる話をしても理解しにくく、実践で使う機会もなかなか来ません。一方、上級管理職に対し管理職としての心得を伝えても、今更感が漂います。

ターゲットを絞り込むことで、研修テーマも決めやすくなり、より深い内容の研修が可能です。本当に役立つスキルを身につけるためにも、それぞれの階層に適した研修を企画しましょう。

内容を詰め込みすぎない

管理職向け研修では、内容を詰め込みすぎないように注意する必要があります。

研修の実施頻度が年に1~2回のペースだと、つい欲張って盛りだくさんの内容にしがちです。しかし、どんなに優秀な管理職でも、短時間でいくつもの内容を深く理解するのは困難です。

内容を詰め込みすぎれば、受講者に負担がかかります。下手をすると研修自体に対して苦手意識をもってしまい、研修と聞いただけで嫌気が差す可能性も否定できません。

目安としては、2時間で一つのテーマを学ぶ程度のボリューム設定にすると、無理なく学習を進められます。

実践的な内容を含める

管理職向け研修は、実践的な内容を含めることで成功に導きやすい特徴があります。

理論ももちろん大切ですが、研修の場で実践の機会が無いと、知識の定着は進みにくいものです。いざ現場に戻ったとき、どのように行動すべきか迷う可能性も否定できません。

講義とワークを組み合わせ、ロールプレイング形式で模擬演習を体験すれば、より実践的なスキルが吸収できます。受講者が積極的に参加できる研修スタイルに設定するのが、研修を成功させるポイントです。

管理職向け研修についてよくある質問

管理職向け研修についてよくある質問は、以下の3つです。

  • 管理職向け研修ではどのようなスキルが学べますか?
  • 管理職向け研修を実施するメリットは何ですか?
  • 管理職向け研修で学んだスキルは、現場でも活かせますか?

それぞれの質問に回答していきます。

管理職向け研修を実施して管理職を育成しよう

管理職は、企業の命運を左右する重要なポジションです。管理職研修で自らの役割についての理解を進め、マネジメント力や人材育成スキルが身につけば、組織全体の士気を高めて業績アップにつながります。

管理職研修を成功させるポイントは、受講者の階層や抱えている課題に則した研修内容に設定することです。過不足無いボリュームの実践的な研修を用意すれば、現場で役立つスキルが身につきやすいです。

管理職向け研修の成功のためには、講師の質もポイントといえます。しかし、数ある研修会社の中から質の高い講師を探し出し、本当に身につく研修を実施するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、キーセッションの利用です。貴社のケースに適した研修会社や講師を探せるので、より効率的な研修が実施できます。相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します
KeySession研修コーディネーター
この記事の監修者

KeySession研修コーディネーター - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

研修を探す

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

階層別研修

若手社員研修 研修プラン

新入社員の成長をサポートする若手社員研修。ビジネス基礎からコミュニケーションスキル、チームワークの重要性まで、実践的なカリキュラムで未来のリーダーを育成します。研修を通じて、社会人としての基盤をしっかりと築くことができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
Work Life Brand

店長研修 研修プラン

店舗運営のエキスパートを目指す「店長研修」。経営戦略の立案、スタッフマネジメント、顧客対応の技術など、店長としての役割を総合的に学びます。研修を通じて、売上向上とチームのモチベーション維持のための実践的なノウハウを習得します。

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
4時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱NATURE
3時間 x 4回
ザ・ホスピタリティチーム㈱

3年目研修 研修プラン

ビジネススキルの深化、キャリアプランの構築、リーダーシップの基礎など、中堅社員としての役割を果たすための総合的なカリキュラムを提供します。研修を通じて、次のステージへのステップアップを実現するための知識とスキルを習得します。

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱NATURE
1日
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
6時間
㈱PDCAの学校
Work Life Brand

役員研修 研修プラン

企業の理念やビジョンを理解し実行に移せる役員を育成するためには、専門の研修が必要です。

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱J-グローバル
1日目 4時間 / 2日目 8時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
Work Life Brand
㈱モチベーション&コミュニケーション
4時間
㈱PDCAの学校
4時間
㈱PDCAの学校
㈱ノビテク

新人フォローアップ研修 研修プラン

新入社員研修で立てた目標を達成できたか振り返り、成長を確かめたり、仕事へのモチベーションを高める研修です。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱PDCAの学校
Work Life Brand
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク

管理職候補向け研修 研修プラン

管理職に求められる役割とスキルを理解・習得する

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
7時間 もしくは 3時間
㈱J-グローバル
㈱J-グローバル
㈱PDCAの学校
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
4時間
㈱PDCAの学校
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
1日目 4時間 / 2日目 8時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
2日間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校

新入社員研修 研修プラン

仕事が円滑におこなえるように、現場の知識を身につけてもらう事が新入社員研修の目的です。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱PDCAの学校
6時間x2日間
㈱PDCAの学校
2日間
㈱PDCAの学校
3時間 または 7時間
㈱J-グローバル
90分~4時間
㈱かんき出版
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
90分~4時間
㈱かんき出版
㈱ノビテク
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱モチベーション&コミュニケーション
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
㈱PDCAの学校
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
㈱ノビテク
㈱ノビテク
Work Life Brand
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション

内定者研修 研修プラン

研修を通して内定者の不安を解消し、内定辞退の防止をします。

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

管理職向け研修 研修プラン

管理職が実力を発揮できる管理職向け研修

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱J-グローバル
1日
㈱ノビテク
3日間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
㈱ノビテク
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
4時間
㈱PDCAの学校
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
3時間
㈱ノビテク
㈱PDCAの学校
2時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日目 4時間 / 2日目 8時間
㈱モチベーション&コミュニケーション
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
4時間
㈱PDCAの学校
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱モチベーション&コミュニケーション
2日間
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
3時間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校
㈱ノビテク
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校

マネージャー向け研修 研修プラン

マネジメント能力向上

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3日間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
3日間コース / 6日間コース
㈱PDCAの学校
3時間
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
3時間 または 7時間
㈱J-グローバル
4時間
㈱J-グローバル
3時間 x 4回
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク

経営幹部向け研修 研修プラン

経営陣を強化するうえで強力な手法

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱J-グローバル
㈱ノビテク
3時間
㈱ノビテク
㈱モチベーション&コミュニケーション
4時間×6日間
㈱デジタルトランスフォーメーション研究所
4時間×3回 3日間
㈱PDCAの学校

中堅社員向け研修 研修プラン

中堅社員の育成が、組織の成長につながります。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
半日×3回
㈱PDCAの学校
Work Life Brand
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
6時間
㈱ビジネスプラスサポート
4時間
㈱PDCAの学校
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク
1時間半~2時間半
旭コンサルティング
3日間
㈱ノビテク
3時間
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク
㈱ノビテク
㈱ノビテク
90分~4時間
㈱かんき出版
3日間コース / 6日間コース
㈱PDCAの学校

経営者向け研修 研修プラン

会社のトップとしての責任感を醸成し、組織経営に必要な知識やスキルを学ぶ。

研修プラン 研修時間 研修会社
Work Life Brand
4時間×6日間
㈱デジタルトランスフォーメーション研究所

導入実績から研修を探す

日本全国の研修会社を検索
北海道・東北北海道 | 青森 | 岩手 | 秋田 | 宮城 | 山形 | 福島
関東東京 | 神奈川 | 千葉 |茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉
中部新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野 | 岐阜 | 静岡 | 愛知
近畿大阪 | 三重 | 滋賀 | 京都 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

管理職に関する記事

管理職向け研修 お問い合わせ紹介

KeySessionに頂いたご相談をご紹介いたします