「PDCA研修を実施するメリットは?」「PDCA研修の目的を知りたい」

上記のように悩んでいる経営者や人事担当者は多いのではないでしょうか。

この記事では、PDCA研修の目的や受講するメリット、研修のカリキュラム内容などをご紹介します。PDCA研修が気になる方や、現在検討中の方はぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • PDCA研修の目的
  • おすすめのPDCA研修ラインナップ
  • PDCAサイクルを研修で学ぶべき理由

PDCAを社内で浸透させるためには、研修を活用して効果的に学ぶのがおすすめです。そのためには、研修の内容や講師の質が重要になります。

キーセッションでは、複数の研修会社から貴社に最適な研修プランをご提案します。相談は無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

PDCA研修の目的とは?

PDCA研修の目的は、PDCAサイクルの活用方法を身につけることで、継続して成果をあげられるようになることです。

この目的を細分化すると、以下の3つになります。

  • PDCAサイクルとは何かを理解する
  • PDCAサイクルの回し方を理解して成果につなげる
  • PDCAサイクルについて他の社員に教えられるようになる

それぞれ説明していきます。

PDCAサイクルとは何かを理解する

PCDA研修の第一の目的は、PDCAサイクルとは何かを理解することです。PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Cheack(評価)」「Action(改善)」の4つのステップからなる継続的な改善プロセスです。

各プロセスで実施することを以下に記載します。

プロセス実施内容
Plan(計画)
  • 目標と目的設定
  • 5W1Hの明確化
Do(実行)
  • Planで実行した計画をもとにアクションを考える
  • 計画実行中の記録をする
Check(評価)
  • 計画通りに実行できているか確認する
  • 実行できなかった要因の振り返り
  • 実行できなかった原因の分析
Action(改善)
  • Checkで洗い出された要因を踏まえて、改善案を出す
  • 計画の取り消し、または延期の検討

PDCAサイクルは繰り返し行うことで、組織やプロジェクトの効率や品質を向上させることができます。研修では、PDCAの概要と重要性についてまず理解しましょう。

PDCAサイクルの回し方を理解して成果につなげる

PDCAサイクルは組織に定着しにくいため、PDCA研修で業務での具体的な活用方法を学びます。PDCAサイクルの正しい回し方を理解するには、基礎から学び、主体性のある業務に落とし込みます。

PDCAサイクルについて他の社員に教えられるようになる

PDCAサイクルを理解した社員は、他の社員にPDCAの重要性や運用方法を教えられるように成長します。さらに、組織に求められるアクションに気づけるようになったり、自発的に起こせる人材を育てたりできます。

PCDA研修を社員に受講させると受講者だけにかぎらず、企業全体に大きな影響を与えるようになるのです。

PDCA研修を実施するメリット

PDCAサイクル研修を実施するメリットは、以下の3つです。

  • PDCAサイクルの重要性を学習できる
  • ユニークなゲームやテーマで演習できる
  • PDCAをわかりやすく解説してもらえる

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

PDCAサイクルの重要性を学習できる

PDCAサイクルは非常に強力なフレームワークであり、その重要性を学習できるのは大きなメリットです。

PDCA研修では事例を通して学べるため、受講者である社員はPDCAの重要性を理解しやすいです。

PDCAサイクルの重要性を理解し活用するようになると、目標達成の確実性や業務の効率性を上げることが期待できます。

ユニークなゲームやテーマで演習できる

PDCA研修では、ユニークなゲームやテーマで演習を進められます。ゲームとはいっても、遊びやレクリエーションの類ではありません。

PDCAは古くから研究されたフレームワークで、あらゆる学習方法が考案されています。PDCA研修を楽しみつつ、マスターできる手法が構築されているのです。

PDCAをわかりやすく解説してもらえる

PDCA研修ではPDCAサイクルがわかりやすく解説されます。PDCA研修は事例で学べるため、PDCAサイクルを知らない新入社員でも理解できるようになっているのです。

また、ほとんどの研修がカリキュラムの冒頭に「PDCAの定義」を盛り込んでいるので、PDCAに関する知識がなくても問題はありません。さらに、PDCA研修は机上だけの教えだけではなく、業務で実施できる具体的な方法まで教えてくれます。

⇒営業戦略において取り入れるべきフレームワークと活用方法はこちらから

PDCA研修のカリキュラムと演習内容

PDCA研修のカリキュラムと具体的な演習内容例は、下表のとおりです。

主要なテーマ 学習内容
PDCAサイクルの概論 ビジネスにおけるPDCAサイクル
PDCAの重要性
現状把握と原因の分析
スケジューリングとスクリーニング
PDCAサイクルにおける成功例
PDCAサイクルの仕組み PLAN:逆算・仮説検証
DO:行動・素早い着手
CHECK:目標の定量化、KPIマネジメント
ACTION:改善の考え方
PDCAサイクルを活用するヒント 問題点の洗い出し
具体的な手順の明確化
優先順位の判断
PDCAサイクルの習慣化 目標の再設定
アクションプランの提出

基本的にPDCAの全体像を座学で把握し、後半で具体的なアクションを起こすのが基本線です。

もちろん上記は一般的なカリキュラム内容の目安であり、研修団体によって異なる部分があるので注意してください。

PDCA研修のラインナップ

キーセッションで扱っているPCDA研修のおすすめラインナップは以下の通りです。

  • ビジネススキル研修~新人営業職編~「株式会社PDCAの学校」
  • サービス業の現場リーダーのための現場マネジメント力向上研修「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」
  • 【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修|「株式会社ノビテク」

ビジネススキル研修~新人営業職編~「株式会社PDCAの学校」

株式会社PDCAの学校では、新人営業職を対象としたPDCAサイクル研修を提供しています。

同研修の目的は以下のとおりです。

  • 取引先・社内問わず円滑なコミュニケーションを実施する
  • 適切なフローのプレゼンテーションで売り上げを向上させる
  • 信頼関係を作り出し、離職率を改善する
  • 他社とのつながりを作り出し、仕事に対する甘えをなくす
  • PDCAサイクルによるモチベーションの維持
  • 営業・社会人としての顧客対応を知る
  • 営業・業務効率向上におけるPDCAサイクルの活用方法を知る
  • 合意形成・折衝などの交渉力向上
  • 顧客に「動機付け」を与えてコンバージョンするスキルを身につける
  • 説得力や営業テクニックを身につける
  • プレゼンテーションやマーケティングのスキルを身につける

つまりPDCAサイクルを用いつつ、学習し新入営業社員をスピーディーに戦力化するのがポイントです。充実したカリキュラムを、月2回のペースで少しずつ進めていきます。

同研修はカリキュラムとしての完成度が高く、また経験豊富な専属講師が担当することで評価されています。株式会社PDCAの学校自体の評判がよいのも特徴で、同社はセールスマン向けの研修を多数展開しています。

上場企業を相手にも研修を開催した、実力と知名度を兼ね備えた研修会社です。内容の充実度や新人営業を即座に戦力化できる点はとくに魅力的で、受講先として有力な候補となります。

2024年 ビジネススキル研修~新人営業職編~

株式会社PDCAの学校

一般的な「詰め込み型研修」ではなく「すり込み型」の学び取るプログラムで、 ビジネスに不可欠なスキルをしっかりと体得できます。本研修は1社1名様 からご参加できるオー プン合同型です。

株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校

【延べ3,000社の実績】実践トレーニングで御社の生産性を向上させます


研修プランを詳しく見る

サービス業の現場リーダーのための現場マネジメント力向上研修「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」

サービス業で管理職や店長、プレイングマネージャーなどの立場にいる方に特化した研修です。現場をマネジメントする立場にとって必要なホスピタリティを中心に、部下育成の方法や組織力向上、付加価値の高いサービスの作り方などを学べます。研修は3時間コースと6時間コースから選べます。

現場を率いる立場にとって、PDCAを実践して成果を高めるのはとても大切です。売上や利益率などの経営目標に対し、現場のスタッフがどのような対応をすればよいのかは、実践してみないとわからないからです。目標を達成するために現場でできることを洗い出さなければなりません。

そして、現場のスタッフに説明してみんなで実行し、効果を振り返って次の行動につなげていきます。この一連の流れこそPDCAであり、現場のマネジメントに重要なスキルです。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、サービス業を専門に現場教育を行う研修会社です。サービス業の大きな課題をホスピタリティ経営と位置づけ、顧客満足を高めるだけではありません。従業員満足を高めて働きやすく離職率の低い会社づくりに貢献しています。

現場リーダーの為の現場マネジメント力向上研修

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

サービス業のマネジメントに重要なのは、如何にスタッフがこの仕事にやりがいを持ち、主体性を持ち、高いモチベーションでお客様に良いサービスを提供する環境をつくることです。それが売上、定着率、生産性の最大化に繋がります。この現場リーダーマネジメント向上研修は、プレイングマネージャーとして負担の多い現場リーダーが現場で生かせるマネジメント手法を実践型で学ぶ研修です。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティでビジネスを成功に導く


研修プランを詳しく見る

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修|「株式会社ノビテク」

株式会社ノビテクで行う研修は「架空のおもちゃ会社”TOY COMPANY”に入社するシミュレーションゲーム」です。3年間の経営シミュレーションを実施し、グループごとで売り上げを競います。

ゲームは経営の本質に即して設計されており、予算管理や品質改善、コミュニケーションなど、あらゆるスキルのレベルを問われます。ゲームはバンダイナムコゲームスが設計しているもので、完成度が高く没入できるのが特徴です。

ゲームを攻略するポイントは、PDCAサイクルへの理解です。ゲーム中には順調に進行していたはずの経営が危ぶまれるようなイベントが仕掛けとして起こります。その仕掛けを乗り越えて対策し、次のステップへ進むと、PDCAサイクルを自然と活用できるようになるのです。

またPDCAサイクルのみならず、さまざまなスキルを身につけられるのも魅力でしょう。ゲーム中は、実際に起こりうるトラブルや葛藤が起こります。

また同じグループ同士で協力して、連携の重要性や、業務フローの全体像の把握が可能です。

PDCAサイクルとともに「仕事」や「ビジネス」の本質を見極めたい人にとって、たいへん優れたカリキュラムです。

主催者である株式会社ノビテクは、上記のようなゲーム感覚で学べる研修から、ソリッドなビジネスパーソン向け研修まで、幅広いカリキュラムを展開する企業です。

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修

株式会社ノビテク

架空の会社に入社し、社員になりきって仕事を体感することで、さまざまな気づきが得られるビジネスゲームです。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、演習を繰り返し行うことで、現場で実践できるビジネススキル・マインドの定着を図ります。

株式会社ノビテク

株式会社ノビテク

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす


研修プランを詳しく見る

PDCA研修を実施するポイント

PDCA研修を実施する際に押さえるべきポイントは以下の3点です。

  • PDCAのフレームワークと実務を結びつけて考える
  • 行動計画を具体的に作成して実践するようにする
  • 場面別のPDCA活用方法を理解する

それぞれを解説します。

PDCAのフレームワークと実務を結びつけて考える

PDCAのフレームワークを、自社の仕事と結びつけられるようにしましょう。PDCAプロセスを実務に結びつけるためには、実際の業務の中でPDCAサイクルを回すコツを理解しなければなりません。

PDCA研修では、フレームワークを実際に運用する方法と、それらを自社の業務に結びつける方法を学んでいきます。

行動計画を具体的に作成して実践するようにする

PDCA研修では自社で実践するために、具体的な行動計画を作成していきます。研修で教えてもらったPDCAのコツを活かし、達成できる目標や期日を設定します。達成したい目標や期間は、具体的な数値で出しましょう。

PDCA研修で学んだ内容をただインプットするのではなく、行動計画を具体的に作成して実践していきます。

場面別のPDCA活用方法を理解する

PDCA研修によって、場面別でのPDCA活用方法を理解していきましょう。PDCAを活用できる場面は幅広く、以下のような立場、または業務において運用可能です。

  • 管理職
  • 新入社員
  • チームリーダー
  • 時間管理
  • 業務改善活動
  • 人事評価など

研修で学んだ内容をあらゆるシーンで有効活用できるようにしましょう。

PDCA研修に関するよくある質問

最後に、PDCA研修でよくある質問についてQ&Aの形式で回答します。
PDCA研修に関する不安を解消したうえで受講しましょう。

KeySession研修コーディネーター
この記事の監修者

KeySession研修コーディネーター - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

研修を探す

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

ビジネス基本スキル

ビジネスマナー研修 研修プラン

新入社員からベテラン社員向けまで『知っていて当然』のビジネスマナーを習得するビジネスマナー研修を紹介します。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱PDCAの学校
2日間
㈱PDCAの学校
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
2時間
㈱NATURE
90分~4時間
㈱かんき出版
㈱ノビテク
1日
㈱ノビテク

ビジネス文書研修 研修プラン

ビジネス文書は社会人の基本中の基本

研修プラン 研修時間 研修会社
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

プレゼンテーション研修 研修プラン

プレゼンテーションスキルはビジネスパーソン必須のスキル

研修プラン 研修時間 研修会社
1日
㈱ノビテク
90分~4時間
㈱かんき出版
90分~4時間
㈱かんき出版
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱PDCAの学校

タイムマネジメント研修 研修プラン

タイムマネジメントの重要性を理解し社員へ浸透させ、企業単位で取り組みを強化しましょう。

研修プラン 研修時間 研修会社
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク
㈱ノビテク

マナー研修 研修プラン

マナー研修は社会人の基礎を作る!信頼される人材が企業を支える

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

ディベート研修 研修プラン

効果的な議論の技術を磨くディベート研修。論理的思考、意見の構築、相手の意見への反論など、ディベートを通じてコミュニケーション能力を高めます。実践的なディベートセッションを経て、自信を持って意見を表現する力を身につけることができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 / 7時間
㈱J-グローバル
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション

報連相研修 研修プラン

効果的な報連相を実践するための研修プログラム。コミュニケーションの基本から、情報の正確な伝達方法、迅速なフィードバックの取り方までを学びます。研修を通じて、チーム内の円滑なコミュニケーションを実現し、業務効率を向上させることができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
2日間
㈱PDCAの学校

PDCA研修 研修プラン

PDCAサイクルは有名なフレームワークですが仕事に落とし込むのは簡単ではありません

研修プラン 研修時間 研修会社
3時間 または 6時間
ザ・ホスピタリティチーム㈱
㈱PDCAの学校
㈱PDCAの学校
㈱ノビテク
㈱ノビテク
1日8時間×5日
㈱モチベーション&コミュニケーション
1日
㈱ノビテク

仕事の進め方研修 研修プラン

自分の能力を最大限発揮するために正しい仕事の進め方を知る

研修プラン 研修時間 研修会社
1日
㈱ノビテク
㈱モチベーション&コミュニケーション

ファシリテーション研修 研修プラン

ファシリテーションを活用すればメンバーの意見が活性化され、目標達成に向けて具体的な行動を促すことができます。

研修プラン 研修時間 研修会社
90分
㈱モチベーション&コミュニケーション
㈱ノビテク
3日間コース / 6日間コース
㈱PDCAの学校

ロジカルライティング研修 研修プラン

ビジネスシーンで必須のスキルを磨くためのプログラムです。論理的に整理された文書を作成する能力を高め、主張やアイデアを明確に伝える技術を習得します。

研修プラン 研修時間 研修会社
1日
㈱ノビテク

生産性向上研修 研修プラン

効率的に業務を行い、成果を最大限に引き出すためのスキルを学ぶ。

研修プラン 研修時間 研修会社
6時間
㈱ビジネスプラスサポート

導入実績から研修を探す

日本全国の研修会社を検索
北海道・東北北海道 | 青森 | 岩手 | 秋田 | 宮城 | 山形 | 福島
関東東京 | 神奈川 | 千葉 |茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉
中部新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野 | 岐阜 | 静岡 | 愛知
近畿大阪 | 三重 | 滋賀 | 京都 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

【無料】研修のお問い合わせ

PDCAに関する記事

PDCA研修 お問い合わせ紹介

KeySessionに頂いたご相談をご紹介いたします