KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

Webライティングとは

Webライティングとは、インターネット上において魅力的な記事を執筆することです。
より価値ある情報をわかりやすく伝えることで、コンバージョンやアクセスアップを狙います。
Webライティングは、他の執筆方法とまったく別の性質を持っているものです。

たとえば、Googleのアルゴリズムとターゲットのユーザー、両方を納得させる文章が求められます。
また「結論から述べる文章法」や「クエスト・フォーミュラ」のような文章形式を理解しなければいけません。

一般的なビジネス文書ではありえない技術や知見が求められ、多くの場合研修によってWebライティングの習得が図られます。 

企業が抱えている悩みや課題

Webライティングについて企業が抱えている悩みや課題としては以下が挙げられます。

・コンテンツや記事を発信しているのに、誰にも読まれない
・アクセスは集まるが、コンバージョンには辿り着かない
・自社やプロダクトの魅力をきちんとアピールできない
・どのような文章を書けばWebライティングとして適切なのかわからない
・Webライティングをどのように社員へ学習させるか見えていない

Webマーケティングというわかりやすいカテゴリならまだしも、Webライティングに絞り込んだナレッジは、さほど多くありません。
またセオリーなども確立されておらず、正しい形がどのようなもの把握しづらいのが実情です。

研修の対象者

Webライティング研修の対象者は以下のとおりです。

・コンテンツマーケティングに携わる方
・広告運用に携わる方
・SEOに携わる方
・社外への情報発信に携わる方
・Webマーケティングに興味のある方
・自社ブログの運営を担当している方

Webライティングは、デジタルなマーケティングのあらゆる分野に深くかかわります。
Web方面に携わる人限りはいずれ学ぶ必要があります。
直接にデジタルなマーケティング業務に触れない場合でも、それらを管理する幹部も、測定や効果判定するうえで、Webライティングの知識があれば役立ちます。

研修カリキュラム例

Webライティング研修におけるカリキュラムの一例は以下のとおりです。




主要なテーマ 学習内容
Webライティングの概論 Webライティングの目的

Webコンテンツの分類

Webライティングにおける形式や手法

ライティングの準備
具体的なWebライティングの種別とその特徴 ロジカル・ライティング

SEOライティング

パラグラフ・ライティング

「総論・各論・結論」

エモーショナル・ライティング
Webライティングにおける注意点 「一文一義」の重要性

客観的なライティング

正しい日本語表現
Webライティングの流れ キーワード選定

構成の作成

本文のライティング

執筆内容の装飾と校正

WBEデザインと最適化
Webライティングの効果分析 SEO順位の変動

PVとUUの追跡

コンバージョン率の変動を調査する
Webライティングで必要となるツール Google analytics

Google Seacrh Console

Uber Sugguest


初心者から上級者まで幅広く対応する場合、研修のカリキュラムはおおむね上記のとおりです。
Webライティングに関する知識の紹介は、ここでほぼ完結します。
ただしコンバージョンを獲得するうえで重要なWebマーケティングに関する情報は不足しています。
つまり売上を立てるためには、Webライティング研修だけでは不足する点について注意しましょう。

研修についてよくある質問

よくある質問について回答します。

自社の業種で即実践可能な内容を学べるか?

結論から言えば、「事前に打ち合わせしていれば可能」です。
一部のWebライティング研修は、顧客側の希望に合わせてカリキュラムをアレンジできます。
ただしカリキュラムを変更するには、事前の打ち合せが必要です。
また内容次第では費用が変動するので研修会社に相談してみましょう。

研修前にやるべきことはあるか?

Webライティングの研修では、できるだけ予習を実施しましょう。

多くのカリキュラムは、昨日まで「タグ」の意味さえわからなかった初心者にも理解できるよう、Webライティングについて詳しく解説します。
しかしそれに頼っていては理解が追いつかず、ナレッジを深く学べないものです。

できるだけ参加者に予習させて、学びの姿勢を持たせるのが、研修前のタスクとなります。

Webライティングの資格を得る必要はあるか?

結論から言えばWebライティングの資格を取得する必要はありません。
なぜなら、あったところで大して集客には役立たないからです。

Webライティングに関する資格は数多く存在します。
しかし、いずれも大して権威がない民間資格であり、顧客に説明しても「それは何だろう?」と思われるだけです。

また資格試験のレベルは、基本的に高いものではありません。
Webライティングというよりも「日本語のテスト」といたレベルで、取得を目指すことでステップアップができるわけではない点について注意しましょう。

研修のラインナップ

Webライティング研修のおすすめを紹介します。
いずれも実績や導入事例が豊富なカリキュラムです。

SEOで集客力を高める文章術を身につける!Webライティング講座「デジタルハリウッド株式会社」

デジタルハリウッド株式会社のWebライティング講座は、Web関連の仕事をする際に最低限しておきたいライティング技術を学べる講座です。魅力的なキャッチコピーや、クリックされる商品説明など、以下のような内容を学べます。

・Webライティング概論
・論理的な構成(ロジカルライティング)
・ライティングテクニック
・SEOライティング
・エモーショナルライティング
・キャッチコピー
・メールマガジン

デジタルハリウッド株式会社は、デジタルハリウッド大学などデジタルクリエイティブ関連の教育事業を行う会社です。Webライティング講座などを主催するデジハリオンラインスクールは、「いつでも」「どこでも」「何度でも」学習できるオンライン学習で、実践的なスキルを身につけられる講座を開催しています。
WebSEOで集客力を高める文章術を身につける!Webライティング研修

Webライティングの基本的な考え方、原稿の作り方について学べるWebライティング講座「株式会社ソフトキャンパス」

株式会社ソフトキャンパスのWebライティング講座では、Web上のメディアやコンテンツ・ブログなどで使える文章作成のスキルを学べる講座です。10時間でWebライティングの書き方を学び、Webコンテンツの仕組みとそれに合わせたライティングスキルを習得することができます。最短3日で学習できるため、短期集中で学習したい方におすすめです。

講座は以下のようなカリキュラムとなっています。

・Webライティングとは
・Webライティングが必要な場面
・使えるツールと文章構成
・SEOの理解

株式会社ソフトキャンパスは、社会人向けIT教育「キャリアスクールソフトキャンパス」の運営や、企業向け新人研修やIT教育を行う企業です。Webライティング講座のほか、Webデザインの講座やWord、Excelの資格取得のスクールなどを開催しています。

Webライティングの基本的な考え方、原稿の作り方について学べる研修

認定WEBライティングインストラクター資格の取得が可能なWEBライティング学院「一般社団法人日本WEBライティング協会」

一般社団法人日本WEBライティング協会が主催するWEBライティング学院は、ネット集客で効果を得られていない方や、ライターとして単価を上げたい方、文章力を高めて収入に結び付けたい方などにおすすめのコースです。

文章の上達と同時に、人間力・ブランド力など生きていくうえで必要なスキルも身につけられるのが、このコースの特徴です。

一般社団法人日本WEBライティング協会が運営するWEBライティング学院は、Webライティングに特化した専門学校です。

認定WEBライティングインストラクター資格の取得が可能なWEBライティング研修

基本的知識にフォーカスしたライティング実践講座|「株式会社宣伝会議」

株式会社宣伝会議では、より基本的な知識にフォーカスした研修を受けられます。
社員に未経験者がいる場合、最有力候補となる研修です。
学びのポイントとして「離脱されないこと」と「コンバージョンの獲得」が挙げられます。
つまり、「より多くの人に見てもらい、売り上げが立つコンテンツの作成を目指す研修です。

ベースとなるカリキュラムは以下のとおりです。

・最新のWeb集客とSEO対策の基本
・現在のWEBコンテンツに求められるもの
・ライティングに必要な準備とリサーチ、情報整理
・構成と見出しの作成方法
・読者が読みたくなる記事を作る
・実際の業務で活かされるノウハウを身につける

宣伝会議は、企業向けにあらゆる研修を提供する一大企業です。 
オンデマンドやライブ配信による講義を開催し、ある程度はカリキュラムもカスタマイズできます。
ぜひ宣伝会議にて、自社へ完全にフィットする状態でライティング研修を受講しましょう。
株式会社宣伝会議
株式会社宣伝会議

実務にすぐ生かせるスキルとノウハウを習得

社会のなかのあらゆる組織で必要とされている「マーケティング&クリエイティブ」のインテリジェンスを提供します。


より高い成果を求めるWebライティング研修「インターネット・アカデミー」

株式会社インターネット・アカデミーでは、具体的な成果を得るためのステップについて学習する「Webライティング研修」を開催しています。

ベースとなるカリキュラムは以下のとおりです。

・ワークフローとコンテンツの考案
・フレームワークとフォーマットの確認
・具体的な記事執筆
・記事の校正や校閲
・ソーシャルメディアとの連携
・SEO対策
・オウンドメディアとしての運用方法
・Webライティング記事の分析と指標

Webライティングそのもの理解ではなく、どのように成果を得るかが主題となっています。
よって、やや難易度が高い点について注意してください。

インターネット・アカデミーは、WEBとマーケティングの分野についてさまざまなナレッジを提供しています。
また「株式会社オリンパス」や「HISグループ」などの大手企業にも研修を実施しており、その信頼度は抜群です。
インターネット・アカデミー
インターネット・アカデミー

「世界中の人々へ教育を」トップ企業のリーダーが選ぶ インターネット・アカデミー

世界のit都市で得た最先端の情報と、日本で培ってきたit教育事業のノウハウを組み合わせ、人材育成とビジネス課題の解決をトータルサポートする研修を紹介します。


研修が企業にもたらす効果

Webライティング研修が企業にもたらす効果は、大きく分けて3つあります。

・コンバージョンしやすくなる
・SEO効果が高まる
・コンテンツマーケティングにおけるコストをおさえられる

Webライティングは、文章を書くことにしか過ぎない、と感じるかもしれません。
しかしマーケティングの観点から見れば、あらゆる面で絶大な効果を発揮します。

コンバージョンしやすくなる

研修を受ければ、コンバージョン率は向上するはずです。
つまり売り上げが立ちやすくなります。

Webライティングの中には、読者をコンバージョンへ導くためのセールスコピーライティングという技法があります。
これはダイレクトに「商品を売るため」の文章を書くものであり、WebサイトやLP(ランディング・ページ)では幅広く活用されているものです。
またSEOライティングなども、PVを向上されるため、コンバージョン率を高めます。
これらの技法をとおして顧客感情をうまく刺激して、具体的なアクションへ導けるようになるはずです。

SEO効果が高まる

研修においては、SEOに合わせた文章技術も習得可能です。
これにより自社サイトにはSEO効果がもたらさます。
たとえば、

・優良なコンテンツがSNSなどで評価されて知名度が向上する
・自社サイトでの滞在時間が長くなる
・他社から被リンクされ、ページが権威性を得る
・コンスタントに上位表示されることでブランディングになる
・検索順位で優遇され、より多くのユーザーを集められる

といった変化が期待されます。
わかりやすく言えば、「Webライティングによって自社の商品あるいはメディアは、より多くの人々から高く評価される」というわけです。
これはコンバージョンはもちろん、企業のイメージアップやブランディングにもつながります。

コンテンツマーケティングにおけるコストをおさえられる

Webライティングを研修で学習すれば、コンテンツマーケティングにかかる費用もおさえられます。
本来、良質な文章で構成されるコンテンツは、外注化が必要です。
しかし自社でWebライティング作業を内製化すれば、以後コンテンツマーケティングにかかる費用は大きく圧縮されます。
Webビジネスでのコスト肥大化に悩むケースは非常に多いものですが、この点を解消できるのは大きなポイントです。

Webマーケティング研修でWebライティングを学ぶメリット


Webライティングを学ぶのであれば、Webマーケティング講座の受講を検討するのがおすすめです。
なぜなら、以下の理由があるからです。

・ライティングだけでなく広範囲で活用できるWebマーケティングを学べる
・研修の選択肢が多い
・売れる仕組みを理解できる

状況にもよりますが、Webマーケティング研修のほうが自社にフィットするケースも多々あります。
それぞれの理由について詳しく解説するので、参考にしてください。

ライティングだけでなく広範囲で活用できるWebマーケティングを学べる

Webマーケティング講座では、ライティングだけでなくさまざまな戦略と手法が学べます。
本来Webライティングは、数あるWebマーケティング手法における一つでしかありません。
つまりWebマーケティング、というテーマで学ぶなら、自ずと目的達成に必要なナレッジを得ることが可能です。
たとえば以下の知識を研修において習得できます。

・リスティング広告運用
・データベース解析
・SNSマーケティング
・コンテンツマーケティング
・SEOライティング
・メールマーケティング
・KPIとKGIの設定方法
・ユーザー動向の分析

多くの場合、Webライティングの学習目的はコンバージョンです。
そのうえでWebマーケティングを包括的に学べば、あらゆる方向からの戦略を見出せます。
だからWebライティングだけに絞らず学んだほうが、結果的に自社の利益はつながるケースもあるわけです。

研修の選択肢が多い

Webマーケティング研修を選ぶメリットとして、選択肢が多い点も挙げられます。
Webライティングだけを教えている研修主催者は多くありません。
さらに企業向けとなると、その数はさらに限定されます。

一方でWebマーケティングを主体として研修は数多くします。
したがって選択肢が多く、自社にフィットした研修を選ぶことが可能です。

売れる仕組みを理解できる

Webマーケティング講座を学ぶメリットとして、「売れる仕組みが理解できる」点が挙げられます。
Webライティングのみを学習する場合には得られないナレッジです。

Webマーケティングはインターネット上でコンバージョンを得るために必要な施策ですが、最終的な目的として「売れる仕組み作り」が掲げられます。
Web上での集客のメリットは、一度コンバージョンまでの流れが確立されれば、「あとはある程度自動的に売り上げが立つ」という点にあります。
その理想的な状態を保つためには、あらゆるWebマーケティングの知識が必要です。
つまりWebライティングだけでなくマーケティング全体を学べば、永続的に利益を生み出す売れる仕組み作りが理解できます。

研修プラン:4
webマーケティング研修
webマーケティング研修

本格的なWebマーケティングを習得するには、研修を開いて会社全体で学ぶのが重要です。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なwebライティング研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのwebライティング研修対応しています。

コロナ禍でのwebライティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なwebライティング研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのwebライティング研修対応しています。

コロナ禍でのwebライティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。