異文化コミュニケーション研修 研修プラン

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修

● チームワークの障害となる文化の違いを背景とした誤解や軋轢を防ぐことができる
● 異文化スタイルに適応するための基本的な手段を学び、生産性を高める
● 異なる文化を持ったメンバーと円滑に仕事ができるようになる
● グローバルなチームのマネジメントに必要なスキルが身につく

赴任先で速やかに力を発揮しパフォーマンスを最大化できる海外赴任前研修

● ワークスタイルやコミュニケーションの文化のギャップを理解し、起きやすい課題を解決する方法が身につく
● 日本型・グローバル型を融合したハイブリット型のマネジメントスタイルで、チームのモチベーションを高め、海外での生産性を向上
● グローバルなビジネススタイル、働き方、言葉などの学びを効果的かつ迅速に行ううえで必要なポジティブな成長マインドセットが身につく

自信を持って議論に参加できるようになるグローバルミーティング対策研修

● グローバルミーティングに自信を持って参加し、議論に貢献できるようになる
● 問題解決や意思決定のための会議を進行できるようになる
● 効果的なフォローアップを行い、会議で決まった内容を実行に移すための手法を身につけられる
● 多用なメンバーのコミュニケーションの問題を解決できるようになる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な異文化コミュニケーション研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの異文化コミュニケーション研修対応しています。

コロナ禍での異文化コミュニケーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

異文化コミュニケーション研修が解決する課題|こんなお悩みをもつ企業にオススメ

研修を受講することで、異文化コミュニケーション特有の難しさの本質の理解や、スムーズな情報伝達が可能になります。従って、異文化コミュニケーション研修は、以下の企業にオススメです。

・海外拠点・スタッフのマネジメントに課題を感じている
・海外の取引先との交渉・取引においてトラブルや困難を抱えている
・国内の外国人スタッフの管理に苦労している

また、現時点ではこれらの課題に直面していなくとも、事業展開などにより課題に直面しうる企業にも異文化コミュニケーション研修はオススメです。

近年では、世界のビジネスシーン全体がグローバル化しているため、中小企業を含めて大半の企業にとって異文化コミュニケーション研修は重要な意味を持ちます。

異文化コミュニケーション研修の対象者

以下に該当する方は、異文化コミュニケーション研修の対象者に該当します。

・今後、ビジネスをグローバル展開していく企業・チームの社員
・海外ビジネスを積極的に拡大しようとしている企業の社員
・外国人労働者の受け入れを積極的に進めている企業の社員
・海外企業や拠点を活用してオフショア開発(人件費の安い国でシステムや機器を開発して低コストで開発をおこなうこと)を進める予定の企業
・現在、海外の拠点やスタッフとのコミュニケーションに課題を感じている企業

何らかの形で海外の企業・拠点・人と関わる企業にとって、場合異文化コミュニケーション研修は非常に意義のあるものとなります。

グローバル人材育成研修のラインナップ

おすすめのグローバル人材研修を、プログラム別に紹介します。

グローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学ぶ異文化コミュニケーション研修|株式会社J-グローバル


株式会社J-グローバルのグローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学ぶ異文化コミュニケーション研修は、グローバルコミュニケーションに必要な基本スキルとマインドセットを身につけられる研修です。

研修の特徴は、以下のとおりです。

・シンプルな英語と日本とのバイリンガル・対面式研修
・グローバルコミュニケーションを20なルールに落とし込んだ実践しやすいプログラム
・英語のレベルに関係なく、自信をもってコミュニケーションを取れる状態を目指す
・半日(3時間)もしくは1日(7時間)の受講しやすいスタイル

基本の研修プランでは、講師・プロデューサーがそれぞれ1名ずつ付き、100名まで研修を受講できます。さらにオプションを利用することで、人数の追加・学習内容のカスタマイズ・研修コンサルティングなどに対応可能です。

株式会社J-グローバルは、日本の企業がグローバルビジネスで最大限の力を発揮できるようにするための研修・サポートを提供している企業です。日本と海外とのビジネス習慣との違いを理解して、そのギャップをうめることで日本流のチームを意識したビジネスと海外流のやり方をマッチングさせる仕組みを取っています。

大半の研修はリモート対応しているので、グローバルビジネスに関する研修を効率的に学ぶことができます。
株式会社J-グローバル
株式会社J-グローバル

日本企業の国際化をお手伝い

世界で活躍する、文化的に多様な日本企業がビジネスで「勝てる」方法を作り上げています。異文化マネージメントサービス会社として、ただ一つのミッションに目を据えて突き進む。そのゴールは日本が世界のビジネスで成長し繁栄する事。日本企業の国際化をお手伝いする研修カリキュラムを提供します。


研修プランを表示


グローバルリーダーを育成する異文化コミュニケーション研修|株式会社ノビテク

株式会社ノビテクの異文化コミュニケーション研修は、1日間で研修対象者が異文化間のコミュニケーションで自信をもって話せるようにするために必要な知識を学びます。

すでにリーダーとして活躍中のマネージャー層から若手社員まで幅広い層をターゲットにしています。異文化コミュニケーションの中でも特に論理的思考・論理的表現を重視した研修プログラムです。

1日の研修の中で、講義とワークがセットになっているため、実践的な学びを目指している方にオススメです。株式会社ノビテクの研修はオンラインで受講することもできます。

研修会社の株式会社ノビテクは「あなたのやる気をやれる気に」をモットーにしています。「やれる気」は「成功期待感」を指しており、モチベーションを行動に移すための原動力となる感情です。

ノビテクは、研修や項目別に研修をシリーズ化・パッケージ化しており、個別研修や講師派遣にも対応しています。豊富なコンテンツの中から研修を企画・構成することも可能であるため、プログラムの設定の仕方や研修のスケジューリングについて相談したい方にオススメです。

時代のトレンドや最新のビジネスにマッチした研修プログラムを多数提供しています。
株式会社ノビテク
グローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化する異文化コミュニケーション研修 - 株式会社ノビテク

異なる価値観、異なる見解の人々とのグローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化します。


研修プランを表示


海外赴任・出張者のための異文化コミュニケーション研修|株式会社日本能率協会マネジメントセンター

株式会社日本能率協会マネジメントセンターの「海外赴任・出張者のための異文化コミュニケーション研修」は、アジア各国とのビジネスを予定している方や現在おこなっている方向けの研修です。zoomを使ったオンライン研修(ライブ型)で、アジア諸国との考え方の違いを、ワークショップを通じて学習できます。

実績十分な講師による講義であることから、豊富な実例に基づいた学習が期待できます。

株式会社日本能率協会マネジメントセンターは、会員制の研修・教育業者(非会員も研修に申し込み可能)です。階層・業種・職種・年代などさまざまなニーズに対して、多様な研修コンテンツを提供しています。オンラインでの研修にも対応しています。
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
株式会社日本能率協会マネジメントセンター

一人ひとりが立場や役割に応じた「基本」を身につけることで組織としての力は最大化します

学びに終わりはありません。学習の大切さに気づくことで、人はいつからでも変わることができ、限りなく成長することができます。新入社員から管理職・経営層にいたるまで、それぞれの階層で求められる基本を重点的に習得する研修を紹介します。



ファシリテーションを通じた異文化コミュニケーション研修|日本生産性本部

公益社団法人日本生産性本部の「異文化コミュニケーション研修」の特徴は、以下のとおりです。

異文化コミュニケーション時のマインドセットを学べる
外国人講師によるファシリテーションにより、能動的・実践的な学習の機会が得られる
交渉やファシリテーションなど、受講企業が必要とするスキルを段階に応じて学べる

これらの研修は、グローバル展開を予定している全ての企業に必要とされています。

日本生産性本部は、厚生労働省などの指示・要請に基づいて日本企業の生産性に関する研修や調査をおこなっている団体です。国際的なシンポジウムやセミナーの実績を多数持っており、信頼性のあるエビデンスに基づいた研修プログラムをおこなっています。
日本生産性本部
日本生産性本部

ビジネス・パーソンの職種を広く網羅

経営者層から若手まで役割・役職に応じた人材育成、能力開発のための体系的な階層別研修のほか、テーマ別研修・セミナーでは人事労務関連、経営全般、ビジネススキルなど分野別に多彩なセミナーをご紹介します。



異文化理解研修|株式会社インソース

株式会社インソースの「異文化理解研修」は、価値観や言語が異なる状況下で相手方についての理解を深めることを目的とした研修プログラムです。対象としているのは、これから海外への赴任を予定している会社員や、海外のスタッフとビジネスで関わる機会の多い会社員等です。

異文化間でのコミュニケーションの難しさや注意点を座学で学習した後に、実践的な犬種により実際にどのように対処すればよいのかを学べます。

異文化理解研修を提供している株式会社インソースは、年間受講者数59万人以上の大手研修業者です。コミュニケーション研修やチームビルディング研修など多様な研修プログラムを設けているため、ビジネススキル全般を伸ばしたい方にオススメの研修業者です。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。



異文化コミュニケーション・プログラム|株式会社リンクアンドモチベーション

株式会社リンクアンドモチベーションの「異文化コミュニケーション・プログラム」は異文化コミュニケーションを円滑に進めるためのマインドセットを学べる研修プログラムです。

研修受講前の状態・課題について確認した後に、1日の研修で自信をもってコミュニケーションが取れる状態になるまでの知識・技術を習得することを目標としています。

研修の対象となるのは、海外赴任予定者や海外との取引・交渉をこれから予定している方です。

異文化との向き合い方・トラブル発生時の向き合い方などの項目別にポイントを設定して、研修時間の中で効率良く成果の得られる学習を目指します。

株式会社リンクアンドモチベーションは、東証一部上場の研修企業です。異文化コミュニケーションについては、グループのリンクグローバルソリューションを中心に専門チームを組んで、研修プログラムを設定しています。

専門性の高い学びを重視している企業様にオススメの研修事業者です。
株式会社リンクアンドモチベーション
株式会社リンクアンドモチベーション

真の組織変革をワンストップでサポート

「モチベーションエンジニアリング」を基幹技術として、経営学・社会システム論・行動経済学・心理学などの学術的成果を取り入れ、実行性と再現性が強みの研修をご紹介します。


グローバルビジネスで日本企業がぶちあたる問題

グローバルビジネスを展開する場合、多くの日本企業はさまざまな問題に直面します。
その典型的な例を4点紹介します。

・海外のスタッフが交渉や指示を聞かない
・コミュニケーションのズレにより、意図が間違って伝わる
・交渉や指示が意図したとおりに進まない
・コミュニケーションがうまくいかず、従業員のモチベーションが低下する

根本の原因は、文化の違いによって外国人スタッフが日本のビジネスの考え方を理解できないケース、やり方の違いに反発を覚えるケースなどさまざまです。

したがって、例え外国語を流ちょうに話すことができたとしても、日本企業が相手方の考え方を理解して尊重しないかぎりはコミュニケーションの問題は起こります。

このようなケースで、現地法人や現地法人側のみに問題があると考えると、どの拠点・取引先でも同様の問題が起こると考えられます。結果的に、企業はグローバルビジネスで成果を上げることができず、競合他社との厳しい競争に勝てなくなってしまいます。そうなると、グローバル事業がうまく進まなくなるだけでなく、元々順調に推移していた既存の事業にも悪影響が生じる可能性があります。

異文化コミュニケーションに失敗するということは、直近のトラブル・リスクと中長期的なものとの両方の問題が生じうるということです。

異文化コミュニケーション研修を導入する効果

異文化コミュニケーション研修を導入することには、さまざまなメリットがあります。この章では、異文化コミュニケーション研修を導入することの4つの効果を解説します。

異文化コミュニケーションのマインドセットを身につけられる

異文化間のコミュニケーションを成立させるために押さえておきたいのは、マインドセットです。

異文化間では、言語・文化・宗教・価値基準などあらゆるものが異なります。したがって、以下の点が求められます。

・相手の考え方や表現方法を受け入れること
・相手方が理解できるように言葉などを伝達すること
・相手方が気持ちよく仕事できるような態度を示すこと
・トラブルが生じた際に、臨機応変に対応をすること

異文化コミュニケーションにてマインドセットを学ぶことで、外国の企業・スタッフと仕事をする際に理想的な立ち振る舞いをできるようになります。

異文化コミュニケーションの重要性を理解できる

異文化コミュニケーションを成功させるためには、その重要性を理解することも重要です。異文化コミュニケーションの重要性を理解することは、グローバルビジネスの重要性を理解することにもつながります。

異文化コミュニケーションが理解されていない場合には、以下の問題が生じることがあります。

・流ちょうに現地の言葉を話せるにもかかわらず、現地スタッフとのコミュニケーションに失敗する
・取引先・現地拠点から不平・クレームが頻発する
・ビジネス展開が一向に進まない

研修によって、異文化コミュニケーションの重要性を学ぶことが、企業のグローバル展開・存続・発展につながります。

実践的な対応力が身につく

多くの異文化コミュニケーション研修では、実践的なプログラムを用意しています。

異文化コミュニケーション研修に限ったことではありませんが、理解することとビジネスの現場で実践できることとには隔たりがあります。知識のみを習得しても、ビジネスの現場で利用できなければ意味はありません。

実践的なプログラムとは、ワークショップや事例に基づいた研修を指します。
特に、海外赴任や海外事業などの経験を豊富にもつ講師が担当する場合、ビジネスの現場でそのまま利用できる知識・技術がプログラムに反映されるでしょう。

チーム全体のスキルアップにつなげられる

グローバル事業の担当者が異文化コミュニケーション研修を受講した際のメリットは、外国人社員や海外拠点のスタッフにももたらされます。

コミュニケーションが円滑になることにより、企業の方針・伝達事項・指示や命令などが伝わるようになるためです。

それまで、活かされていなかった外国人人材のスキルをビジネスに活かすことにもつながります。

異文化コミュニケーション研修のポイント

異文化コミュニケーション研修を成功させるためには、研修プログラムの選び方を理解することも重要です。
この章では、異文化コミュニケーション研修の選び方のポイントを解説します。

自社の状況・段階にあったプログラムを組む

異文化コミュニケーションは、さまざまな状況・段階が考えられます。

自社スタッフが海外赴任するのか、日本で外国人スタッフを雇用するのか?
企業間交渉をするのかスタッフをマネージメントするのか?
どの国の人・地域と深く関わるのか?

これらの状況によって、異文化コミュニケーションで習得すべきマインドセット・スキルなどは大きく異なります。また、研修プログラムに関しても個別の状況にマッチしたものや、依頼時にカスタマイズ可能なものがあります。

状況に応じて最適な研修を選ぶことが重要です。

講師の経験・スキルを意識する

異文化コミュニケーション研修は、具体的で実践的であることが重要です。
これらを支えるために大切なことが、講師の経験やスキルです。

講師自身にグローバル事業をおこなった経験があるのか?
講師はどのような会社でどんな役割を果たすためにどこの国で仕事をしたのか?
外国語を使用するワークショップ・ディベートはあるのか?

これらを確認することで良質な研修プログラムを選定できます。
さらに、講師の経験やスキルを活かした実践的な研修に活用されていることも意識しましょう。

段階的な学習を重視する

異文化コミュニケーション研修は、段階的かつ最適なタイミングで実施することが重要です。

最初に意識すべき点はマネージャー層から先に研修を受講した後に、現場担当者が受講することです。先にマネージャー層が異文化コミュニケーション研修の重要性を認識していないと、社内に異文化を受け入れる風土は根づきません。

また、各階層の研修において、マインドセットを先に学習してから個別のスキルについて学ぶという順序も重要です。なぜなら、異文化コミュニケーションにおいては、語学力や伝達スキルよりも積極性や柔軟性などのマインド面がネックになりがちだからです。

タイミングや順序を意識することで、異文化コミュニケーション研修の習熟度が高まります。

オンライン対応している研修を選ぶ

オンライン対応している異文化コミュニケーション研修を利用することも重要です。
オンライン対応の主なメリットは3点あります。

・場所の制約なく研修を受けられる(海外赴任スタッフが現地で受講することも可能)
・スケジュールの調整をしやすい
・低価格の研修もある

近年では、研修のオンライン化が進んでおり、対面での研修の大半が受講できるようになっています。
対面研修だけでなくオンライン化に対応している研修を選ぶとよいです。

異文化コミュニケーション研修についてよくある質問

異文化コミュニケーション研修のプログラムを実施する際に、企業の担当者は分からないことがたくさんあるのではないでしょうか?
この章では、企業担当者の方がよくされる質問を4点解説します。

自社の業種に合った研修内容にカスタマイズはできるの?

研修プログラムによっては、カスタマイズ可能な研修プログラムが用意されています。

異文化コミュニケーション研修で重要なことは、自社のレベルや目的に応じた研修をすることです。しかし、社員の異文化への理解度・コミュニケーションを取る相手方の国や地域・ビジネスの状況などは企業によって異なります。

研修可能なプログラムを受講することにより、自社が必要とするポイントの業務をピンポイントで受けられます。より実践的な異文化コミュニケーション研修を希望する方は、申込時にカスタマイズの有無について確認しましょう。

土日・夜間・遠隔地でも研修を受講できる?

研修プログラムのなかには、土日・夜間・遠隔地でも研修を受講できるものがあります。したがって、時間・場所の問題で研修を受講できないという心配をする必要はありません。

土日や夜間に関しては、業務時間を割けてあえて夜間に開催されているタイプの研修と、いつでも受講できるオンライン形式の研修との2種類があります。また、年各地での受講についても、講師派遣に対応した研修とオンラインで場所を問わない研修との2通りあります。

受講日程については、融通が効くことが多いので、研修会社に相談しましょう。

少人数でも受講できる?

研修プログラムは、一定の人数が集まらないと開催されない研修と、少人数でも開催される研修との2種類があります。
例えば、他社スタッフと合同開催のものを選べば、少人数の研修であっても実践的な研修を多数組むことが可能です。

どのような研修・学習をセットで実施すると効果を高められる?

異文化コミュニケーションは、さまざまな学習・研修と組み合わせることで、より効果を発揮します。

・語学学習
・コミュニケーション研修(日本語での傾聴トレーニングや話し方講座など)
・チームビルディング研修
・ファシリテーション・会議の進め方研修

コミュニケーションは、ビジネスにおいて核となる部分であるため、さまざまな研修と相互に関連性があります。研修を実施する際に、対象者の強み・課題を確認してどのスキルを伸ばすべきかを見極めることも重要です。

逆に言えば、異文化コミュニケーションスキルは、ビジネススキル全般として伸ばしていく必要があります。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な異文化コミュニケーション研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの異文化コミュニケーション研修対応しています。

コロナ禍での異文化コミュニケーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

異文化コミュニケーション研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な異文化コミュニケーション研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの異文化コミュニケーション研修対応しています。

コロナ禍での異文化コミュニケーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。