内定者研修 研修プラン

研修プラン 研修会社
内定者向け 新入社員スタートアップ!ホスピタリティ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
社会人としての基礎が短時間で身につく内定者研修㈱モチベーション&コミュニケーション
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修㈱ノビテク
研修の一括お問い合わせ

お問い合わせは無料です

研修を探す

「内定者研修では、どのような内容を実施すればいい?」「内定者研修を成功させるためには、どのような点に注意すればいいの?」

このような疑問や悩みを抱えている経営者や責任者も多いのではないでしょうか。

当記事では、内定者研修で実施する内容や目的、内定者研修を成功させるポイントについて紹介していきます。内定者研修を検討している担当者の方は、ご一読ください。

この記事でわかること

  • 内定者研修の内容
  • 内定者研修の目的
  • 内定者研修を成功させるポイント

内定者研修は準備することも多く、自社だけで運営すると準備にそれなりの時間と手間をかけなければなりません。そのため研修の運営実績豊富な企業に実際

キーセッションでは、複数の研修会社の中から、貴社のご要望をお伺いしたうえでピッタリな内定者研修をご提案いたします。相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します  2024/2/29更新

内定者研修とは

内定者研修とは、内定者に対して入社前に実施される研修です。研修内容は企業によって異なりますが、主に社会人としての心構えや基礎的なビジネスマナーなどを学びます。

内定者は内定をもらってうれしい反面、さまざまな不安を抱えているものです。「仕事についていけるか」「自分の望む職種や業務に携われるか」などの不安を抱えたまま、入社までの期間を過ごす内定者は少なくありません。

とくに、近年の若者層は失敗を嫌う傾向にあるため、「失敗して学ぶ」というよりは「失敗するリスクを避けたい」という想いが強いようです。「他の企業のほうが自分に合っているのではないか」と、迷いが生じる場合もあります。

また、「入社までにやっておくべき勉強や準備はあるのか」「上司や先輩とうまくやっていけるだろうか」など、内定者の不安は尽きません。内定者研修を行うことで、このような不安や悩みの解消につながります。

内定者研修の目的

内定者研修には、以下5つの目的があります。

  • 企業について理解を深めてもらう
  • 学生から社会人へ意識返還をする
  • 社会人に必要なスキルの習得や資格の勉強をしてもらう
  • 社会人に必要なチームワークを養う
  • 内定者の不安を解消して内定辞退を防止する

それぞれ解説するので、詳しく見ていきましょう。

企業について理解を深めてもらう

内定者研修は企業や業務への理解を促進するのに役立ちます。

入社試験までに企業の情報収集を行っているため、理念や目標など基本的なところは理解できているはずです。しかし、会社のすべてを知り尽くせている学生はそう多くありません。

学生によっては、入社後に「思っていた会社とは違う」とギャップに悩まされることもあります。ギャップを埋められなければ早期離職につながります。企業としては、なるべく早い段階で自社がどのようなところなのかを理解してもらうことが重要です。

内定者研修を実施すれば企業や業務への理解を促進し、社員として知っておくべきことを事前に学んでもらえます。企業への理解を深められるため、入社後はギャップに悩まされることなく業務に集中してもらえるようになります。

学生から社会人へ意識転換をする

内定者研修の最大の目的は、学生から社会人への意識転換です。内定研修で社会人としての心得を学んでおけば、入社後の戸惑いやストレスが少なくなります。

学生の頃はレポートの締め切り遅れや遅刻などのミスは、大目に見てもらえたかもしれません。しかし、社会人になればそうはいかなくなります。会社からお給料をもらって働くとはどういうことなのかをしっかり理解できれば、社会人としての心構えを身につけてもらえます。

学生気分が抜けないと働くことへの意識が低く、周りに迷惑ばかりかける社員になるでしょう。内定者研修では学生から社会人へ意識転換できるよう、しっかりサポートすることが重要です。

社会人に必要なスキルの習得や資格の勉強をしてもらう

内定者研修は、必要なスキルや資格の勉強をする期間として活用できます。

入社後すぐに、社会人としての振る舞いができる学生は多くありません。内定者研修では電話対応や名刺交換などビジネスマナーを覚えられるため、即戦力として活躍できる人材を育成するのに役立ちます。

少子化が進む今、多くの企業では人材不足が深刻化しています。内定者研修は若手社員の早期活躍につながるため、実施するメリットは大きいでしょう。

社会人に必要なチームワークを養う

入社前の内定者にもう一つ理解して欲しいのが、職場におけるチームワークの大切さです。内定者研修はチームワークの必要性を学ぶ機会にもなります。

そもそも会社が複数人で構成されているのは、一人ではできない規模の仕事をしているからです。大きな規模の仕事を分担し、メンバーが連携を取り合って進めていくのが仕事です。ときには、余裕のある人が遅れている人の仕事を手伝うこともあります。

しかし、学生時代にチームワークの大切さを学ばなかった内定者は自分の仕事が終われば、周りの人が終わっていなくても帰ってしまう傾向にあります。周りからは疎まれて、浮いてしまうかもしれません。居心地が悪いと感じれば、早期離職につながります。

内定者研修のなかでチームワークの必要性や重要性を理解できれば、協力しながら仕事ができる人材へと育成できます。

チームの利益のために調和のとれた関係を維持することに専念し続けるため、親しみやすさ・尊重と平等・説明責任を念頭に置くことが重要です。

《出典》 チームワークが夢を実現する方法 - Yale University

内定者の不安を解消して内定辞退を防止する

内定者研修を通して内定者が抱える不安を解消できれば、内定辞退の防止につながります。「職場に馴染めるか」「先輩や同僚とうまく付き合えるか」などの不安も、内定者研修のなかで同期や先輩たちと関係を築ければ解消できるはずです。

また、内定者研修を通して「一緒に働きたい」と思える上司や先輩が見つかれば、入社意欲を高めるきっかけにもなるでしょう。

従業員エンゲージメントを重視する企業は、成功する可能性がはるかに高くなります。熱心なスタッフは、離職率を下げ、顧客満足度を高め、会社の成功の可能性を高めます。

《出典》 従業員エンゲージメントを理解していますか? - Cornerstone University

内定者研修の内容

内定者研修で実施する内容は、たとえば以下です。

  • ビジネスマナー
  • OAソフトの活用方法
  • 電話応対のマナー
  • ビジネス文書の作成方法
  • アイスブレイクのためのレクリエーション

これらは、社会人に向けたスキルの習得や、内定者の不安解消を目的としています。学ぶことでどのようなメリットがあるのか、それぞれ詳しく解説します。

ビジネスマナー

ビジネスマナーでは、社会人としてふさわしい言葉遣いや身だしなみなどを学びます。社会人経験が無い学生にとってビジネスマナーの習得は必須です。入社後は会社の代表として取引先に会うこともあるため、ビジネスマナーはスキルや資格の取得よりも優先されやすいものです。

内定者研修でしっかり学んでおけば、社外の人とも自信をもって接せるようになるでしょう。

OAソフトの活用方法

ExcelやPowerpointなどのOAソフトは、業務において使用することが多くあります。内定者研修でOAソフトの活用方法を学んでおけば、入社後は業務をスムーズにおこなえるようになります。

上司や先輩に質問する機会を減らせるため、相手の時間を奪わずにすむようになるところもメリットです。

電話対応のマナー

電話対応のマナーは、内定者研修では必ず取り入れたい項目の一つです。電話対応がしっかりできていると企業のイメージアップにつながります。

とくに、近年の若者層はコミュニケーションツールを使って情報交換するため、電話に慣れていない傾向にあります。職場での電話対応では、敬称や敬語を正しく使わなければいけません。

電話対応のマナーを事前に学んでおけば、苦手意識をもたずに電話でのやり取りが可能になります。

電話応対に関する研修は、こちらのページでもご紹介しています。

研修プラン 5件
電話応対研修

電話応対研修

相手に好印象を与えるコミュニケーション方法を学べる

ビジネス文書の作成方法

ビジネス文書は学生のレポートと書き方が異なるため、一から教える必要があります。そこで研修では、伝えたい内容がひと目でわかる文書作成のノウハウから、社内文書と社外文書の構成の違いなどを学んでもらいます。

ビジネス文書の作成方法を理解してもらうことで、報告書や議事録などの文書も自分なりに作成できるようになるでしょう。入社後に指導担当となる社員の負担が減るうえに、新入社員は自分だけでできたという自信につながります。

ビジネス文書の作成方法に関する研修は、以下のページでより詳細に解説しています。

ビジネス文書研修

ビジネス文書は社会人の基本中の基本

アイスブレイクのためのレクリエーション

内定者研修では、内定者同士の親睦を深めるためにレクリエーションを取り入れましょう。内定者研修に参加する学生は、入社したら同期になる仲間です。一緒に働くこともあるため、お互いのことを知っておくのも大事です。

また、アイスブレイクのためのレクリエーションは、「同僚とうまく付き合えるか」などの不安を解消するのにも役立ちます。入社前にある程度の関係性を築けるため、部署をまたいだコミュニケーションもとりやすくなります。

内定者研修のカリキュラム例

内定者研修のカリキュラム例は、以下の通りです

項目 内容
対象者 自社への入社が決まっている内定者
目指すゴール 1.社会人としてもつべき知識やスキルの習得
2.社会人になることへの不安や悩みを軽減
3.自ら考え行動する新入社員への意識転換
項目 内容
導入 ◆アイスブレイク:サイコロ自己紹介
サイコロで出た目に書かれている質問に答え、他の人はそれに対して質問やコメントをする
◆基調講話:社会人になるとはどういうことか
社会人としてスムーズに仕事をはじめるために ◆基本のビジネスマナー
・社内での挨拶の仕方
・電話応対
・名刺交換
◆自社について理解を深める
・経営理念はなぜ存在するのか
・組織の中の一員として働く責任感をもつ
仕事をするうえで重要な考え方 ◆社会人としてのマインドをもつ
・会社が新入社員に求めることとは
・失敗から学ぶことが大切
・お客様の立場になって考える
◆仕事の進め方の基本
・報告、連絡、相談の重要性
・時間とコストに対する意識
・指示の受け方、メモの取り方
まとめ ◆決意表明:どんな社会人になりたいか
それぞれの内定者が目標を立てて発表する
◆計画を立てる:残りの学生生活で何をすべきか
理想の社会人像に近づくために学生のうちにできることとは

キーセッションおすすめの内定者研修

おすすめの内定者研修は、以下の3つです。

  • 即戦力になる人材を育てるシゴト体験ビジネスゲーム型内定者研修
  • 内定者向け 新入社員スタートアップ!ホスピタリティ研修
  • 社会人としての基礎が短時間で身につく内定者研修

それぞれの研修について紹介していきます。

「即戦力になる人材を育てるシゴト体験ビジネスゲーム型内定者研修」株式会社ノビテク

株式会社ノビテクが主催する内定者研修「【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修」は、ゲームを通じて実際のビジネスをシミュレーションする研修です。架空の会社に入社し、幼児向けのおもちゃをグループで開発していきます。

この研修はゲーム型なので、参加者が自然と能動的になれるのが特徴です。昨今の内定者の傾向として、自分から積極的にチャレンジをしないことが挙げられますが、ゲーム型なら違います。参加者が思わず積極的に行動できるよう、プログラムが組まれています。

また、グループワークで進める研修になっており、個人プレーではうまくできません。学生時代の成績が優秀で個人プレーを好む内定者も、自ずとチームワークの大切さがわかるプログラムになっています。職場に配属される前にチームワークの大切さを学んでおけば、職場で身勝手な行動をして周囲に迷惑がかかるリスクも低くなります。

株式会社ノビテクは、このようなビジネスシミュレーションが得意な研修会社です。実際のビジネスの現場に即したワークが中心なので、座って講師の話を聞いているだけだと集中できない内定者も自然に学べます。シミュレーションで成功体験を積めば自信がつくので、即戦力になる人材を育てるためにも、株式会社ノビテクの研修を活用しましょう。

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修

株式会社ノビテク

架空の会社に入社し、社員になりきって仕事を体感することで、さまざまな気づきが得られるビジネスゲームです。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、演習を繰り返し行うことで、現場で実践できるビジネススキル・マインドの定着を図ります。

株式会社ノビテク

株式会社ノビテク

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす


研修プランを詳しく見る

内定者向け 新入社員スタートアップ!ホスピタリティ研修「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」

ザ・ホスピタリティチーム株式会社の研修は、相手への貢献を自分の喜びとする「ホスピタリティ」を軸としたカリキュラムが特徴です。

  • ホスピタリティを仕事に活かすとは?
  • 個人ワーク:ホスピタリティ度チェック
  • 社会人としてもつべき「思考」と「行動」
  • 相手のして欲しいことに気づけるようになるには
  • 接遇、コミュニケーションの基礎

この研修の導入によって、「社員の早期離職が減少した」という声もあります。職場への貢献意識を高めることは、早期離職を防ぐことはもちろん、内定者を即戦力化するためにも欠かせない要素です。内定者自身が「自分はどうすればお客様や職場に貢献できるのか」を考え、職場での具体的なアクションにつなげる学びを提供します。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、創業以来サービス業の人材育成を専門とした研修を数多く手がけてきました。これまで年間250回を超える教育実績をもち、受講者は一万人以上です。受講者の主体性を引き出すプログラムを得意とし、ホスピタリティを発揮してやりがいを感じながら働く社員の育成、互いに助け合うチーム風土の醸成を支援します。

内定者向け 新入社員スタートアップ!ホスピタリティ研修

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

学生を卒業し、社会人としてスタートする意識を強く持ち、社会人としての基本的なマナーを習得する研修です。相手に貢献することが自分の喜びとなる「ホスピタリティ」を理解し、会社への貢献、より良い職場作り、良好な人間関係の構築方法を学びます。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティでビジネスを成功に導く


研修プランを詳しく見る

社会人としての基礎が短時間で身につく内定者研修「株式会社モチベーション&コミュニケーション」

株式会社モチベーション&コミュニケーションの内定者研修は、明日からすぐに使えるノウハウにこだわった内容です。受講者が実際に体験することを重視し、ビジネスマナーやコミュニケーション、セルフマネジメントなど内定者に必要な知識を網羅しています。

①Day1:ビジネスマナー(挨拶、お辞儀、名刺交換など)
②Day2:ビジネスコミュニケーション(報連相、電話やメールの受け答え)
③Day3:リスクコミュニケーション(コンプライアンスに関する考え方)
④Day4:目標設定(PDCAサイクル)

企業の組織風土や現場で必要な知識にマッチした研修内容へのカスタマイズも可能です。過去約5,000回、のべ2万人にコミュニケーションのトレーニングを実施した講師が、内定者にしっかり社会人の基礎をお伝えします。

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、組織がもつ「コミュニケーションに関する課題」の解決に特化した研修を提供しています。効果的な話し方や傾聴力、論理的思考力など、受講者が実践しながら身につけられるプログラムが好評です。上場企業をはじめとする多くの企業で研修が導入されています。

社会人としての基礎が短時間で身につく内定者研修

株式会社モチベーション&コミュニケーション

まだ社会人になりきれていない受講生に対して、社会人としての基礎をお伝えします。座学中心ではなく、”実際に体験していただく”ことに重きを置き、明日から即使えるものをお伝えすることにこだわったカリキュラムです。

株式会社モチベーション&コミュニケーション

株式会社モチベーション&コミュニケーション

社員一人ひとりのモチベーションアップが組織を活性化し業績を最大にする


研修プランを詳しく見る

内定者研修を実施する頻度・時期

内定者研修の実施頻度は2〜3ヶ月に一回を目安にするのがおすすめです。実施頻度が高いと内定者の負担となり、自社に対して面倒くさいなどのネガティブな印象を抱き兼ねません。また、内定者研修を実施するためには前準備が必須です。担当する社員には大きな負担がかかります。

しかし、頻度が低すぎると、内定者が抱える不安を解消できないまま入社することになります。期待していたほどの効果が得られなくなるため、内定者研修は適度な頻度で実施することが重要です。

実施する時期に関しては、目的に合わせて決めます。たとえば、企業のことを理解してもらうことを目的とする場合は8~10月、学生から社会人への意識転換を目的とする場合は11~1月、社会人に必要なスキルを学んでもらうことを目的とする場合が2~3月に実施するのが適しています。

内定者研修の実施方法

内定者研修の実施方法は、主に以下の3種類です。

  • グループワーク研修
  • 座学
  • ロールプレイング

それぞれの研修方法の詳細やメリット・デメリットを紹介します。

グループワーク研修

グループワーク研修とは、グループで一つの課題に取り組む研修のことです。内定者同士の親睦を深められるうえ、同期の横のつながりを強化するのに役立ちます。

企業では、チームを立ち上げて業務をおこなうことが多くあります。内定者研修で仲間と協力し合う必要性や重要性を学んでおけば、仕事のフォローや他部署との連携強化が期待できるでしょう。

また、グループワーク研修を通して仲間意識が芽生えやすくなるため、人間関係の不安解消につながります。その結果、内定辞退防止としての効果も期待できます。

グループワーク研修の目的や効果については、以下の記事で詳細に紹介しています。

グループワーク研修

グループワーク研修は、個人のスキルや知識を集め、共同作業によって目標を達成する能力を高めることができるため注目されています。特に、多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まり、意見や知識を共有することで、問題解決や創造性の向上につながります。また、コミュニケーション能力やリーダーシップスキルを養うことができ、人間関係の改善や協調性の向上にもつながります。さらに、チームメンバーのモチベーション向上や協力関係の強化にも貢献することができます。

座学

座学では企業・事業理解を深める研修や、OAソフトの活用方法を学ぶ研修などをおこないます。「自分が思い描く姿と本来の姿にミスマッチは無いか」「社会人としてやっていけるのか」などの不安を解消できます。

他にもビジネスマナーやビジネス文書の作成方法など、入社後に必要とされるスキルを学ぶのが一般的です。

ロールプレイング

ロールプレイングとは、実際の現場を想定し、そのなかで自分の役割を演じる研修のことです。より実践に近い研修といえます。

たとえば、電話対応のマナーは座学だけで習得するのは難しいものです。頭ではわかっていても実践になると緊張し、思っているほどうまくできないこともあります。ロールプレイングをおこなうことで実践力を身につけられます。何度も繰り返し慣れておけば、クライアントやお客様からの電話にも適切に対応できるでしょう。

ロールプレイングでは名刺交換や接客、営業など、さまざまなパターンを想定し実践力を身につけられます。

内定者研修を成功させるポイント

内定者研修を成功させるポイントは、以下の3点です。

  • 内定者のことを深く知る
  • 研修の目的を設定する
  • 自社に適した研修会社を選ぶ

これらを踏まえたうえで、具体的にどのようにすればよいのか詳しく解説します。

内定者の不安を解消できる内容にする

内定者研修を実施する主な目的は、内定者が抱える不安を払しょくすることです。そのため、内定者研修では内定者の不安を解消できる内容でなければいけません。

まずは、内定者がどのような不安を抱えているのか深く知ることが大切です。「希望する職種・業務に携われるのか」「入社までに習得しておくべきスキルはあるのか」「上司や先輩とうまく付き合えるのか」など、内定者が抱えやすい不安はさまざまあります。内定者研修ではこのような不安を少しでも軽減できるよう努めることで、入社意欲の維持・向上につなげられます。

研修の目的を設定する

内定者研修をおこなううえで目的の設定は必須です。何のために研修をおこなうのかがわからないと、研修内容自体があやふやとなり、意味の無いものになってしまいます。「ビジネスマナーを覚えるためなのか」「社会人への意識転換のためなのか」「仲間意識を高めるためなのか」など、目的を設定したうえで研修内容を決めることが重要です。

また、目的と一緒にゴールも明確にしておきましょう。ゴールがあることで、内定者研修ではどのくらいの成果が得られたのか把握しやすくなります。達成できなかった部分は課題として次の研修に取り入れたり、研修内容自体を見直したりするなど、さまざまな工夫が可能となります。

研修のプロへの外注を検討する

内定者研修を自社で実施するのは時間と手間がかかるため、大きな負担となります。そこでおすすめなのが、内定者研修の実績があるプロへの外注です。

プロに外注することで、目的に合わせて適切なタイミングでの内定者研修の実施が可能になります。内定者が抱える不安もよく理解しているため、自社で実施するよりも高い効果が期待できます。自社の負担を減らしながら効果的な内定者研修を実施したい場合は、プロへの外注を検討しましょう。

数ある研修会社のなかから自社に適した一社を探すのは大変なので、ぜひキーセッションをご利用ください。キーセッションでは、数ある研修会社のなかから、貴社のご要望やご予算をお伺いして最適な研修会社を提案いたします。相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します  2024/2/29更新

内定者研修についてよくある質問

内定者研修についてよくある質問は、以下の3点です。

  • 内定者研修は違法では無いですか?
  • 会社独自のルールを研修に組み込んでもらうことは可能ですか?
  • 内定者研修はオンラインでも実施可能ですか?

それぞれ詳しく解説します。

内定者研修を実施して内定者の不安を解消しよう

内定者は嬉しい気持ちだけでなく、さまざまな不安を抱えながら入社日を待ち望んでいます。「うまくやれるだろうか」「希望する業務に携われるだろうか」など、時間が経つにつれて不安が大きくなることもあるでしょう。企業には内定者が抱える不安を解消する努力が求められます。

内定者研修は内定者が抱える不安を解消し、内定辞退を防ぐ効果が期待できます。とはいえ、目的の無い研修や不安に寄り添えていない研修は実施しても意味が無いため注意が必要です。より効果的な内定者研修をおこなえるよう、研修会社を利用するのがおすすめです。

キーセッションでは自社が抱える目的や課題から、研修コンシェルジュが最適な研修会社を紹介します。「たくさんあり過ぎて選べない」「予算内で選べるおすすめの研修会社を知りたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します  2024/2/29更新
KeySession研修コーディネーター
この記事の監修者

KeySession研修コーディネーター - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

研修を探す
目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します  2024/2/29更新

階層別研修

若手社員研修 研修プラン

新入社員の成長をサポートする若手社員研修。ビジネス基礎からコミュニケーションスキル、チームワークの重要性まで、実践的なカリキュラムで未来のリーダーを育成します。研修を通じて、社会人としての基盤をしっかりと築くことができます。

研修プラン 研修会社
【リーダー、管理職、役員・経営者対象】 新しい時代に求められる自考動型人材とその育成法とは?Work Life Brand

店長研修 研修プラン

店舗運営のエキスパートを目指す「店長研修」。経営戦略の立案、スタッフマネジメント、顧客対応の技術など、店長としての役割を総合的に学びます。研修を通じて、売上向上とチームのモチベーション維持のための実践的なノウハウを習得します。

研修プラン 研修会社
ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
サービス業の現場リーダーの為の現場マネジメント力向上研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
【飲食業幹部向けホスピタリティマネジメント研修】ホスピタリティを習得し考え方とマインドを広げる人材を育成するザ・ホスピタリティチーム㈱
【店長向け】部下育成ティーチング・コーチング研修㈱NATURE

3年目研修 研修プラン

ビジネススキルの深化、キャリアプランの構築、リーダーシップの基礎など、中堅社員としての役割を果たすための総合的なカリキュラムを提供します。研修を通じて、次のステージへのステップアップを実現するための知識とスキルを習得します。

研修プラン 研修会社
活躍人材の育成を担うメンター研修㈱PDCAの学校
若手社員(入社1年目~3年目)のための 仕事の進め方研修㈱ノビテク
【リーダー、管理職、役員・経営者対象】 新しい時代に求められる自考動型人材とその育成法とは?Work Life Brand
目的と目標研修㈱NATURE
目標を再設定して成長を促進させるフォローアップ研修㈱PDCAの学校

新人フォローアップ研修 研修プラン

新入社員研修で立てた目標を達成できたか振り返り、成長を確かめたり、仕事へのモチベーションを高める研修です。

研修プラン 研修会社
新入社員の自主性・自発性を引き出す新入社員フォローアップ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
自ら成長する力が身につく新人フォローアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
【リーダー、管理職、役員・経営者対象】 新しい時代に求められる自考動型人材とその育成法とは?Work Life Brand
主体的に取り組む意欲を喚起させ自己成長に繋げる新人フォローアップ研修㈱ノビテク
目標を再設定して成長を促進させるフォローアップ研修㈱PDCAの学校

管理職候補向け研修 研修プラン

管理職に求められる役割とスキルを理解・習得する

研修プラン 研修会社
【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップザ・ホスピタリティチーム㈱
【エグゼクティブ対象】海外駐在任務に必要なスキルを網羅したパッケージ研修㈱J-グローバル
初めて管理職につく海外駐在員向けグローバルリーダーシップ研修㈱J-グローバル
経営者マインドを養う「10の能力」習得研修㈱モチベーション&コミュニケーション
ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める㈱PDCAの学校
管理職に求められる視野と視座が体系的に身につく管理職候補向け研修㈱モチベーション&コミュニケーション
オンラインの会議を成功させる【ファシリテーターがおさえるべき4つのポイント実践研修】㈱モチベーション&コミュニケーション
研修後のフォロー付き管理職候補向け研修㈱PDCAの学校
1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修 ㈱モチベーション&コミュニケーション
経営理念浸透プログラム研修㈱ノビテク
【マインドマネジメント研修】業界初!応用スポーツ心理学をビジネスに展開㈱ノビテク
管理職のためのリーダーシップと部下育成研修㈱ノビテク
実用可能なスキルの習得を目指すロジカルシンキング研修㈱ノビテク

新入社員研修 研修プラン

仕事が円滑におこなえるように、現場の知識を身につけてもらう事が新入社員研修の目的です。

研修プラン 研修会社
ホスピタリティ軸の強い社会人を育成する新入社員研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
【新入社員向け】ロジカルシンキング研修㈱PDCAの学校
社員教育の決定版 ビジネススキル研修㈱PDCAの学校
【新社会人向け基礎講座】ビジネスマナー & ほうれんそう研修㈱PDCAの学校
自分も相手も大切にするアサーティブコミュニケーション研修㈱ノビテク
2024年 ビジネススキル研修~新人営業職編~㈱PDCAの学校
実用可能なスキルの習得を目指すロジカルシンキング研修㈱ノビテク
【リーダー、管理職、役員・経営者対象】 新しい時代に求められる自考動型人材とその育成法とは?Work Life Brand
営業組織活性化プログラム㈱ノビテク
座学よりも体験を重視した実践型の新卒研修㈱モチベーション&コミュニケーション
これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修㈱かんき出版
【 “新”仕事の進め方】オンライン版ビジネスゲーム型研修㈱ノビテク
やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
目標を再設定して成長を促進させるフォローアップ研修㈱PDCAの学校
新入社員がボジティブにグローバルビジネスでキャリアを積めるグローバルマインドセット研修㈱J-グローバル
【Zaim】財務基礎知識体感 ビジネスゲーム研修㈱ノビテク
自己改革・能力開発を促進するモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
経営理念浸透プログラム研修㈱ノビテク
効率的なオンライン会議の手法を身につけるオンライン会議術研修㈱かんき出版
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修㈱ノビテク
【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修㈱ノビテク
問題解決能力が向上するモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション

内定者研修 研修プラン

研修を通して内定者の不安を解消し、内定辞退の防止をします。

研修プラン 研修会社
内定者向け 新入社員スタートアップ!ホスピタリティ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修㈱ノビテク
社会人としての基礎が短時間で身につく内定者研修㈱モチベーション&コミュニケーション

管理職向け研修 研修プラン

管理職が実力を発揮できる管理職向け研修

研修プラン 研修会社
ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップザ・ホスピタリティチーム㈱
【エグゼクティブ対象】海外駐在任務に必要なスキルを網羅したパッケージ研修㈱J-グローバル
経営者マインドを養う「10の能力」習得研修㈱モチベーション&コミュニケーション
部下との関係性を築く質問力と傾聴スキル研修㈱モチベーション&コミュニケーション
セクハラ・パワハラ防止研修㈱ノビテク
部下の成長を促進させるコーチング研修㈱ノビテク
問題解決能力が向上するモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
研修後のフォロー付き管理職候補向け研修㈱PDCAの学校
経営理念浸透プログラム研修㈱ノビテク
管理職のためのリーダーシップと部下育成研修㈱ノビテク
自己改革・能力開発を促進するモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
アンガーマネジメント研修㈱ノビテク
やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
あらゆる課題を解決できる人材を育成するアダプティブリーダーシップ研修㈱ノビテク
自分も相手も大切にするアサーティブコミュニケーション研修㈱ノビテク
ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める㈱PDCAの学校
実用可能なスキルの習得を目指すロジカルシンキング研修㈱ノビテク
【マインドマネジメント研修】業界初!応用スポーツ心理学をビジネスに展開㈱ノビテク

中堅社員向け研修 研修プラン

中堅社員の育成が、組織の成長につながります。

研修プラン 研修会社
明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修ザ・ホスピタリティチーム㈱
【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップザ・ホスピタリティチーム㈱
【中堅層向け】組織活性化セルフリーダーシップ研修㈱PDCAの学校
効率的なオンライン会議の手法を身につけるオンライン会議術研修㈱かんき出版
やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修㈱モチベーション&コミュニケーション
【リーダー、管理職、役員・経営者対象】 新しい時代に求められる自考動型人材とその育成法とは?Work Life Brand
セクハラ・パワハラ防止研修㈱ノビテク
提案力が3倍アップする「聴く力」研修㈱モチベーション&コミュニケーション
実用可能なスキルの習得を目指すロジカルシンキング研修㈱ノビテク
豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修㈱PDCAの学校
営業組織活性化プログラム㈱ノビテク
1分でプレゼンする!相手に伝わる「話し方テンプレート」実践研修㈱モチベーション&コミュニケーション
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修㈱ノビテク
ファシリテーション研修㈱ノビテク
【マインドマネジメント研修】業界初!応用スポーツ心理学をビジネスに展開㈱ノビテク
1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修 ㈱モチベーション&コミュニケーション
自信をもって意見が言える【ディベートトレーニング実践研修】㈱モチベーション&コミュニケーション
オンラインの会議を成功させる【ファシリテーターがおさえるべき4つのポイント実践研修】㈱モチベーション&コミュニケーション
意見が違う人とも上手く会話ができる【アサーティブコミュニケーション実践研修】㈱モチベーション&コミュニケーション
自分も相手も大切にするアサーティブコミュニケーション研修㈱ノビテク
あらゆる課題を解決できる人材を育成するアダプティブリーダーシップ研修㈱ノビテク
経営理念浸透プログラム研修㈱ノビテク

経営者向け研修 研修プラン

会社のトップとしての責任感を醸成し、組織経営に必要な知識やスキルを学ぶ。

研修プラン 研修会社
【新入社員 ,若手社員向け】新しい時代に求められる “自考動型人材(フォロワーシップ)“とは?Work Life Brand

導入実績から研修を探す


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tohomp/keysession.jp/public_html/include/function_get.php on line 1549