ビジネスマナー研修 研修プラン

テレワーク・ウェブ会議や商談で好印象を与える【Web映えする話し方実践研修】

● オンラインでの印象がバツグンによくなる
● オンラインの会話でリラックスしていつも通り話すことができる
● ウェブ会議やミーティングで自信をもって発言できるようになる
● 言いたいことが簡潔にまとまるようになる
● 説明が上手くなる

社員教育の決定版 ビジネススキル研修

自社の商材理解が深まり顧客満足への意識が高まった
顧客とのコミュニケーション力が上がり成約率アップ
自社への愛着心が高まり定着率アップ
受講レポートの報告により現場で有効な育成ができた
実践トレーニングにより自信がついて社員がイキイキとしている

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修

● これからの時代に求められる接客・サービスが理解できる
● 接客における大切にすべきことが順序立てて理解できる
● 接客スキルが身に付く

営業組織活性化プログラム

● 営業活動の基本を理解するとともに、現場で実践できるスキルを習得する
● お客様の視点で、お客様へソリューション提案ができる
● お客様の視点で、お客様のソリューションができる営業を育成し営業力を強化させる

【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修

● 総合的なビジネスマナーを体得
● PDCAとタイムマネジメントの習得
● ビジネスコミュニケーションの習得

これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修

●他社と差がつく、オンラインマナーのポイントを理解する
●環境設定のポイントを理解する
●オンラインでの“映え”の重要性を理解する
●画面越しのコミュニケーション術を身につける

【新社会人向け基礎講座】ビジネスマナー & ほうれんそう研修

● 自信を持ちイキイキとしている
● 顧客とのコミュニケーション力が上がる
● 作業をするだけという意識がなくなる
● 他社交流で現実を理解し仕事への甘えがなくなる
● 離職率が改善される

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なビジネスマナー研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのビジネスマナー研修対応しています。

コロナ禍でのビジネスマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

ビジネスマナー研修の目的


仕事をするのに必要なのは仕事に対する知識や技術、経験だけではありません。人対人で仕事は成り立っていますので、気持ち良く仕事をするための気遣いは必要です。ビジネスマナーを学び実践することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

お客様、取引先に信頼されるビジネスパーソンになる

どんなに仕事ができる人でも、言葉使いや身だしなみが良くなかったり、相手に不快感を与えるような言動をしていると、まとまる仕事もまとまりません。

マナーが良い人は第一印象も良くなりますし、「また会いたい」という思いを抱かせます。同じ仕事をするのであれば、気持ち良く仕事をしたいと思うものです。マナーは相手のためにあるものですので、マナーの良い人は相手への思いやりや優しさが感じられます。

型を覚えるだけでなく理論がわかる

ビジネスマナーを本や学生時代に習った人も多いかもしれませんが、教科書や本の中だけではわかりにくい本質の部分や理論も研修では学ぶことができます。

マナーの意味を知ることで納得感も出てきますので、理解しやすくなります。

マナーの見直しができる

マナーは普遍的なものではありません。時代と共に変化するものもあります

少し前までは、仕事の連絡をメールだけで済ますのはマナー違反と言われていましたが、今は当たり前になってきています。定期的にマナー研修を受けることで、新しいマナーが学べ知識の見直しができます。

第一印象に関わる身だしなみのマナーを学ぶ

ビジネスマナーにはいくつもの内容がありますが、最初に身につけたいのが身だしなみについてです。

服装や髪形など、第一印象に関わる部分ですので、特に気を使いたいものです。

服装や髪形で好印象を与えられる

ビジネスマンの服装はスーツが多いため、あまり服装は気にしたことがない人もいるのではないでしょうか。

スーツだとしてもスーツ以外の服装だとしても、ビジネスシーンに沿ったものである必要があります。

髪形も同じですね。流行りを取り入れるのもお洒落で良いですが、失礼にならない加減をしることが大切です。
スタイルや色選びなど、自分にあったものを身につける、清潔感を与える服装のポイントなどを知っていると印象アップにつながります。

表情と話し方をマスターする

どんなに外見が良くても、表情が険しかったり、話し方が悪いと印象は下がってしまいます。
話しやすい雰囲気を作るための表情や話し方をマスターすることは、良いコミュニケーションにつながります。

信頼を抱かせる姿勢やお辞儀の仕方

学ぶ機会がないマナーのひとつに、姿勢があります。
立ち方、座り方にも美しさがあります。品のある姿勢はそれだけで清潔感と好印象を与えます。姿勢の良さには、その人の自信を感じさせる要素もあります。

もうひとつ、お辞儀の仕方もマスターすると安心です。お辞儀といっても会釈程度のものから、謝罪のお辞儀まで様々ですので、社会人のマナーとして違いを知って使い分けられることが大切です。

現場で活きる実践的な言葉使いのマナーを学ぶ

クレームにもなりかねないのが、言葉使いです。

相手や場面に合った言葉使いができることは、ビジネスマンとして当然のことです。

間違って使っていると恥ずかしい、敬語

苦手意識を持っている人が多い敬語ですが、自分に尊敬語を使ってしまったり、相手を立てるところで間違った敬語を使うことほど恥ずかしい事はありません。

尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い分けはできるようにしておくと良いですね。

社内外のコミュニケーションに必須、ビジネス用語

日常会話では使わないけれど、仕事では当たり前のように使う言葉は数多くあります。

新入社員は特にビジネス用語を知らないと、会議や打ち合わせに行っても、何を話しているのか全くわからないということになりますので、しっかりと学んでおきたいものです。

業務や商談を円滑に行うための会話術

社内でも対外的にも、適切な会話をおこなえる必要があります。

仕事だからと言って、仕事の話ばかりでは堅苦しくなり、相手との距離が縮まりにくく、仕事もしにくくなってしまいます。かといって、プライベートな話や自分の話ばかりでは相手は退屈してしまいます。

適度な雑談ができるような会話術や、話を広げるスキルを身につけるのも必要です。

仕事上で欠かせない電話・メールのマナーを学ぶ

連絡手段で多いのは電話ですよね。最近はメールでのやり取りも増えていますが、相手の表情が見えない分、より丁寧に対応する必要があります。

自信を持って対応したい電話対応

電話の取り方、会社名や部署、名前の伝え方はもちろんですが、話すスピードや声のトーンも気をつけなくてはなりません。

思っているよりも相手には聞き取りにくいこともありますので、自分の話し方の特徴を知って、より伝わりやすい対応方法を身につけるのがお勧めです。

早く、適切な対応をしたいメール対応

ビジネスメールでは、文章能力も試されます。

特に話し言葉を使わない文章の書き方ができない人も多くいます。わかりやすく端的に伝える文章を作ることを覚えると、メールでのやり取りもスムーズになります。

今必須のSNSの使い方

近年増えているのが、SNSを使った連絡です。対外的よりも、社内での連絡に活用している企業も多いでしょう。社内だとしてもマナーは必要です。失礼にならないSNSの使い方をマスターすることも、今のビジネスマンには求められる能力です。

お客様や取引先への接客マナーを学ぶ

ビジネスマナーと聞いて、接客を想像する人も多いのではないでしょうか。

やはり直接お客様や取引先とのやり取りは、緊張感があります。思っている以上に相手はこちらを見ています。スマートなビジネスマナーで信頼を勝ち取りましょう。

基本の「キ」名刺交換

初めてお会いした時には、必ず名刺交換をしますね。名刺の出し方、受け取り方、受け取った後の行動など、知らないと恥ずかしい思いをします。

名刺入れにもこだわって、個性を出してみるのも会話のきっかけにもなるので、スマートな名刺交換の仕方を覚えて、印象に残る工夫をしてみるのも良いですよ。

知らないと失態の素、ビジネスシーンでの座席

意外と知らないのが、席順です。

食事会、車の相乗りなどで、上座と下座を理解し自分がどの位置に座るのが良いのかを瞬時に判断することも大切です。

接待にも関わらず、自分が上座に座ってしまうという失態をしないためにも、ぜひ学んでおきましょう。

良い印象を与える訪問マナー

お客様や取引先に訪問することもありますよね。

アポの取り方、訪問時間の決め方、ノックの仕方、挨拶、座り方などなど、知っておくべきポイントは多数あります。

靴の脱ぎ方やコート着脱のタイミングなどもマスターすると、さらに良い印象を与えることができます。

ビジネスマナーは新入社員だけのもの?研修の対象者


ビジネスマナーを学ぶ必要性や内容を見ていると、新入社員が受けるという印象を感じるかもしれませんが、実際はそうではありません。新入社員はもちろんですが、中堅社員、管理職についてもマナー研修は有効です。

新入社員のビジネスマナー研修

新入社員を対象にする場合は、学生時代の当たり前と社会人の当たり前が違うというところから入る必要があります。

基本のビジネスマナーを身につけるには、短時間では難しいものがあります。1日かけてじっくり学んでもらうと想定すると良いですね。
特に言葉使いやSNSでの連絡は、学生時代と同じようにしていては、失礼になります。正しい使い方をマスターすべくカリキュラムを組む必要があります。

何もかもが初めてのことですから、理論だけではなっくロールプレイングやワークを通して、実践につなげやすい内容がお勧めです。

中堅社員のビジネスマナー研修

若手社員は、中堅社員の立ち居振る舞いを見て学びます。ですからきちんとしたビジネスマナーを知っていないと、若手社員にマナーが身につかないということになります。
また、ビジネスマナー研修を受けないまま年齢を重ねると、自己流だったり、時代遅れのマナーを持ち続けている可能性もあります。

マナーを勉強したことのある人でも、使わなければ忘れてしまうものです。知識の振り返りのためにも、中堅社員も研修を受ける必要があります。

管理職のビジネスマナー研修

管理職は社会人としての経験が豊富で、今更ビジネスマナーなんて学ばなくても大丈夫と考えがちです。

管理職は社員の育成を担っていますので、業務の進め方だけではなく、顧客対応なども指導する必要がありますそのため、管理職もビジネスマナー研修を受けて、新しいマナースキルを持たなくてはなりません。

自分のためでもありますが、社員育成のために学ぶという意味合いが大きいですね。

外国人社員向けビジネスマナー研修

外国人の社員がいる場合は、日本のビジネスマナーを学んでもらう必要があります。

母国のマナーが日本でも通用するとは限りません。
文化の違い、価値観の違い、仕事を取り巻く環境の違いなど、日本の特徴を知ってもらうところから始めることが必要ですので、時間をかけてゆっくりと進めていくことがポイントです。

最初から細かく理論だけを提供しても、モチベーションが上がらず、働くことに不安を感じてしまう可能性があります。
グループワークなどで、楽しくみんなで学ぶ雰囲気があると良いですね。

研修だけでマスターするのが難しいと思いますので、上司や同僚との協力体制も整えておくと安心です。

業界独自のビジネスマナー研修

業種が変わればマナーにも違いが出てきます。

中途採用が多い企業や他業種からの転職が多い企業では、中途採用者を対象にした業界独自のビジネスマナー研修が必要です。

「前職ではこうだったのに」「この会社のマナーはおかしい」という戸惑いが起こらないように、独自のマナーを知ってもらうことが大切です。
せっかく良い人材を採用しても、マナーへの考え方の相違で逃してしまうのは残念です。

ビジネスマナー研修のカリキュラム例


● 対象者
・入社半年以内の新入社員

● 目指すゴール
1.社会人として基本となる言葉遣いとマナーを身につける
2.企業を代表する社員としての自覚を持つ
3.円滑に業務を進めるためのコミュニケーション方法を知る


講義(座学) ビジネスマナーの基礎知識を座学で学びます。
・新入社員としての心構え
・正しい敬語の使い方
・職場で求められる報連相とは
トレーニング ビジネスに必要な所作を実際に行うことで体得します。
・正しいお辞儀の仕方
・自然な笑顔の作り方
・聞き取りやすい発音や滑舌の練習
ロールプレイング 現場でのやりとりを模擬的に体感します。
・名刺交換
・電話応対(電話をかける・受ける)
・来客の案内と茶菓の出し方



ビジネスマナー研修についてよくある質問


外部の研修会社はどのように選んだら良いのでしょうか

自社専用の研修を企画するのであれば、実施する目的をしっかりとヒアリングしたうえで適切な提案をしてくれる企業を選びましょう。
既に組まれているカリキュラムに参加する場合についても、研修を行う目的に沿った内容を選ぶという基本的な考え方は同じです。

費用はどのくらいかかるのか?

自社の新入社員に限定した独自のビジネスマナー研修を外部に委託する場合、1日あたり30~50万円(テキスト含む)程度が必要になります。
様々な会社から参加するビジネスマナー研修の場合は、実施日数にもよりますが、ひとりあたり2~5万円程度が相場です。

補助金などの制度はありますか?

中小企業の雇用や能力開発については国の重点政策であり、様々な助成金が存在しており、代表的な助成金としては、人材開発支援助成金やキャリア形成促進助成金などがあります。
それぞれ支給されるための条件がありますので、確認したうえで活用を検討してください。
※参考資料:厚生労働省『人材開発支援助成金』
厚生労働省『雇用・労働』

ビジネスマナー研修は厳しく行うべきか

ビジネスマナー研修というと、厳しいものを想像する社会人の方は多いでしょう。確かに、今まで自己流でやってきた方法から脱却し、正しいマナーを身につけるためには多少のインパクトは必要かもしれません。しかし、厳しすぎることで起こる弊害も同時に理解する必要があります。

厳しさを通して「何を学ばせたいのか」を明確にする

厳しい研修を実施する際に重要なのは、「その研修を通して社員に何を学ばせたいのか」を明らかにすることです。

・社会人になったけじめとして厳しい環境を体験させたいから
・例年やっていて恒例行事になっているから
・厳しさを乗り越えるメンタルの強さを身につけさせたいから

こういった理由で、厳しさを売りにした研修を導入する企業は多くあります。しかし、それらは本当に必要なのか、今一度立ち止まって考える必要があります。
厳しさにも様々な種類がありますが、講師の考え方を必要以上に押し付けたり、理不尽だったりする内容は、社員の自主性を奪う結果を生みます。また、研修を無事に乗り越えたとしても「理不尽なことを言われたら、少し我慢して受け流せばいい」という記憶が残るだけです。あらかじめ研修の目的をしっかりと立て、社員が自ら考え行動する意識が育つような内容を実施しましょう。

厳しすぎる研修は組織への不信感につながる

あまりにも厳しすぎる研修の実施は、社員が会社への不信感を持つきっかけとなります。SNSで個人が情報発信できる今の時代、万が一研修の実態が外に漏れ出た場合、企業イメージの低下は避けられません。社員の仕事への意欲を削がないためにも、以下の3つは最低限避けるべき内容です。

・できなかったことは「事実」にのみ焦点を当てて注意する
・社員の人格を否定するような攻撃は絶対にしない
・怒鳴る、理不尽な要求を押し通すなどの内容は避ける

例えば、来客応対の練習で受講生がミスをした場合には「今の応対は失礼にあたります。その理由は〇〇だからです。この部分に気をつけてもう一度やってみましょう」というように、ミスをした事実とそれがいけない理由を淡々と指導します。このときに「こんなこともできないなんて常識がない、社会人失格だ」などと叱責してしまうのは、人格を批判することにつながり、正しい指導とは言えません。

社員一人ひとりの個性やペースを大事にする

ビジネスマナー研修を実施する際には、社員一人ひとりに合わせて指導してくれる講師を選ぶべきです。そもそも、研修は社員それぞれが知識やスキルを得て、現場で立派に活躍して欲しいという目的があって実施されているはずです。
個人の理解度や性格、職務上求められるスキルなどを事前に整理し、講師と綿密に打ち合わせを行いましょう。これは社員を甘やかすためではなく、研修を受講する全員のレベルを引き上げるために必要な作業です。それが結果として現場レベルの底上げにつながり、一緒に働く社員にも良い影響を及ぼします。

ビジネスマナー研修ラインナップ

ビジネスマナー研修は、良い人間関係を作り、良い仕事をするために大切な知識です。
新入社員だけではなく、どの年代の社員にも必要で定期的に知識の見直しを必要とします。

ビジネスマナーの範囲は広く、社内ですべてをおこなうのは難しいです。講師を育てるだけでも大変な時間がかかるからです。
研修を企画運営してくれる会社に任せることで、プロの講師が効果の高いビジネスマナー研修を実施してくれます。是非ご相談下さい。


「【新社会人向け基礎講座】ビジネスマナー & ほうれんそう研修」株式会社PDCAの学校

株式会社セールスの学校が実施している【新社会人向け基礎講座】ビジネスマナー & ほうれんそう研修は、実践トレーニングに重点を置いて、ビジネスマナーの基礎を2日間で習得する新社会人向けの基礎研修です。
毎年約2000名に対して行われています。

1日目はビジネスマナーが習慣化するまで繰り返し実践を行います。
最初に、なぜマナーが大切なのか、についてしっかりと理解したうえで進行していき、来客対応や企業訪問ができるようになるまでが講義範囲です。

2日目は報連相(ほうれんそう)についてです。
こちらも、なぜ報連相(ほうれんそう)がビジネスにおいて重要なのか、についてしっかりと理解するところから始まります。ケーススタディやロープレ、ヒアリングトレーニングなど、体験することで学ぶことに重点が置かれています。

受講を決めた企業に理由を聞いてみると、株式会社PDCAの学校の営業担当者が新卒とは思えない立ち振る舞いやプレゼンテーション能力を持っていたためという声が聞かれます。
自社の社員も同じようなスキルを身に着けてほしいとの思いで受講した結果、期待通りの成果がでたとの評価を得ています。

株式会社PDCAの学校の一番の特徴は、研修運営会社の生命線ともいうべきノウハウや情報について、かなり詳しい内容まで無料で公開していることです。
受講を検討している企業にとって、発注を決めるための情報が多く、納得した上で依頼することが可能です。
例えば、企業HPにはコラム掲載ページがあり、掲載記事は数百にのぼります。
内容は「新人教育のコツ教えます!ポイントはチェックシートを作成すること」や「新卒教育で一番に行いたい報連相について」など今すぐ参考になるものばかりです。
また、オンラインでの無料セミナーを随時開催しており、過去のセミナー動画を無料で視聴することもできます。
株式会社PDCAの学校
【新社会人向け基礎講座】ビジネスマナー & ほうれんそう研修 - 株式会社PDCAの学校

毎年 2000 名に対して研修を行うセールスの学校の新研修「新社会人向けビジネス基礎講座:ビジネスマナー & ほうれんそう研修」です。知識学習ではない実践トレーニングでビジネスの基礎を2日間で習得します。


研修プランを表示

「これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修」株式会社かんき出版

リモートワークの普及により、画面越しのコミュニケーションが激増しました。
現状は明確なトレーニングはなく、オンラインツールの使い方を覚えるだけの状態でオンライン商談や打合せ、会議をさせている企業が多いですが、オンラインにも対面でのコミュニケーションと同様に「ビジネスマナー=ルール」が存在します。

この研修では、これからの時代に活躍するために必須のオンラインマナーのポイントをお伝えします。オンラインマナーで他社をリードしていきましょう。

株式会社かんき出版は、ビジネス書・自己啓発書に特化した出版社ならではの著者ネットワークを活かし、クオリティの高い研修カリキュラムを提供します。充分なヒアリングで企業様のニーズを見極め、最適な講師・研修をコーディネートします。
株式会社かんき出版
これからの時代に活躍するために必要なオンラインマナー研修 - 株式会社かんき出版

リモートワークの普及により、画面越しのコミュニケーションが増加しています。対面でのコミュニケーションと同様、画面越しの場面においても「ビジネスマナー=ルール」が存在します。オンライン環境で相手とのスムーズなコミュニケーションを取るための入り口である”オンラインマナー”を学びます。


研修プランを表示

「明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修」ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ザ・ホスピタリティチーム株式会社が実施している、明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修は、すべての階層を対象に、接客・サービス品質を上げることで企業価値やブランド力を向上させて、競合他社との差別化を図りたいと考えている企業向けの研修です。

マニュアルやマナー、立ち居振る舞いを覚えるのではなく、ホスピタリティについて本当の意味を理解し、実際にホスピタリティを接客・接遇に生かすことができるようになることを目的としています。

そのために、一方的に知識を詰め込むような講義ではなく、ロールプレイングやワークショップを通じて、自らの気づきを与えることで、主体的に考えて行動できる社員の育成を実現しています。

受講した企業からは、下記のような感想があがっています。

「みんなで話し合う時間もあったので、研修終了後も話し合いをする習慣が生まれ、良いチームワークをつくることに役立つ研修だった。」
「お客様がしてほしいことを考えたり、相手に伝えるためのトレーニングを実際に行うことで、主体性が身につけることができる研修だった。」

ザ・ホスピタリティチーム株式会社の一番の特徴は、ホスピタリティをただ単に「お客様に対してのおもてなし」と捉えるのではなく「相手へのことを考え、思い、行動すること」として意識し、サービス業を中心に経営支援を行っている点です。

研修の提供だけではなく、サービス改善支援のコンサルティングやマネジメント向上セミナーなどを手がけており、そういった事業で培ったノウハウがビジネスマナー研修にも最大限活かされています。
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修 - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

本研修ではホスピタリティを深く理解し、ホスピタリティを接客・接遇に生かす具体的な方法を、一方的な講義ではなく、ロールプレイングやワークショップを通じて気づきを得ながら楽しく学びます。


研修プランを表示

「ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修」株式会社ノビテク

株式会社ノビテクが実施している、ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修は、ボードゲームなど、慣れ親しんだゲームの要素を取り入れた、ワーク中心の、いつまでも記憶に残り、様々な場面で応用できる研修プログラムです。

架空のゲームメーカー”株式会社ゲームカンパニー”に入社するところから研修はスタートします。
受講者は開発・営業・技術の現場に仮配属され、人事部長からの業務指示を受けます。
トレーナー(講師)の指導の基、業務を遂行していき、ゲーム制作販売のサポート業務を行います。

受講者のレベルに合わせ、すこしづつ業務の難易度があげながら、同時に成功体験を積ませていく中で、自然と自発的に研修に参加できるようになる仕組みです。
そして、最終的にはPDCAなどの業務遂行を体験しながら、ビジネスマインドやマナースキルを身に着けることができます。

受講した企業からは、下記のような感想があがっています。

・「研修を検討する段階から、営業担当だけでなく講師の方とのコミュニケーションがしっかりと取れるので、安心しておかませすることができた。」

・「何度も同じ研修をお願いしているのですが、実施するたびにカリキュラムを見直しを提案いただけるので、とても助かっています。」

株式会社ノビテクの一番の特徴は、ホスピタリティをただ単に「お客様に対してのおもてなし」と捉えるのではなく「相手へのことを考え、思い、行動すること」として意識し、サービス業を中心に経営支援を行っているという点です。

研修の提供だけではなく、サービス改善支援のコンサルティングやマネジメント向上セミナーなどを手がけており、そういった事業で培ったノウハウがビジネスマナー研修にも最大限活かされています。
株式会社ノビテク
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修 - 株式会社ノビテク

架空の会社に入社し、社員になりきって仕事を体感することで、さまざまな気づきが得られるビジネスゲームです。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、演習を繰り返し行うことで、現場で実践できるビジネススキル・マインドの定着を図ります。


研修プランを表示

テレワーク・ウェブ会議や商談で好印象を与えるWeb映えする話し方実践研修「株式会社モチベーション&コミュニケーション」

近年、テレワークやウェブ会議が急速に広がりましたが、「オンラインでの会話に苦手意識がある」「きちんと自分の意見が伝わっているのか不安だ」と感じる人が増えています。株式会社モチベーション&コミュニケーションの研修では、そんなオンラインの場での効果的な話し方について学べます。
・画面越しの印象はどうやって決まるか
・姿勢や表情で良い印象を与える方法
・わかりやすい、伝わりやすい話し方のポイント
・説明上手な人が実践している話の「型」とは
・好印象かつ伝わる話し方の実践練習
このような内容を通して、オンライン会議・商談などで大事にすべきポイントをつかみ、相手も自分も快適なコミュニケーションができる状態を目指します。

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、多くの企業が抱える「社員のモチベーションに関する課題」に根本からアプローチするカリキュラムが特徴です。難しい理論を伝えるのではなく、社員自らが現場で実践できることを重視したプログラムは、多くの上場企業も取り入れています。仕事への前向きな姿勢を引き出し、社員一人ひとりの行動変容を促すことはもちろん、職種・勤務年数・役職に応じた幅広い研修内容から最適なものをご提案します。
株式会社モチベーション&コミュニケーション
テレワーク・ウェブ会議や商談で好印象を与える【Web映えする話し方実践研修】 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

オンラインの会話で印象がバツグンによくなる「伝わる話し方」を学びます。オンラインでの会話力をアップさせて、上司との打ち合わせ 、社内の会議、お客様との商談を快適に実施できるようになります。


研修プランを表示

「繰り返し実践することで基礎を学ぶビジネスマナー研修」株式会社インソース

株式会社インソースが実施している本プランは、ビジネスマナーの意味や考え方の基礎についても習得した上で、挨拶や身だしなみ、敬語、来客応対、電話応対などについて、繰り返し実践を繰り返しながら習得していくスタイルです。
年間を通じてかなりの回数が開催されており、オンラインでも受講可能です。

また、同社は2002年に設立されて、2017年には東証一部に上場したコンサルティング企業です。
新入社員・中堅社員・管理職までを対象とした社員研修、教育管理システムの提供、LMS/DX分野の人材育成など、幅広いサービスを提供しています。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。


「金融系のノウハウを活かしたビジネスマナー研修」SMBCコンサルティング株式会社

SMBCコンサルティング株式会社が実施している本プランは、金融系企業が持つノウハウを駆使し、ワンランク上の対応力を身に付け、社内外から信頼を得られるようなビジネスマナーを習得することと目的としています。
内容は、目的や要望に応じてカスタマイズすることが可能です。

また、同社はSMBCグループに属しており、非金融分野に対して、会員企業さま向けサービス提供・コンサルティング事業・教育事業を行っています。
SMBCコンサルティング株式会社
SMBCコンサルティング株式会社

社員研修を通じて、強い組織作りをお約束します

実績豊富で実力ある講師ネットワークにより、東京・大阪地区を中心にあらゆる企業様のご要望にお応えする効果的な研修を紹介します。


「2日間の研修プログラムを6時間に凝縮した新社会人向けビジネスマナー研修」ANAビジネスソリューション株式会社

ANAビジネスソリューション株式会社が実施している本プランは、2日間の研修プログラムを6時間に凝縮したプログラムです。
新社会人としての心構えを再確認し、会社の一員としての自覚を醸成することに力点を置いた内容となっています。

また、同社は教育・研修、人材サービス、調査・コンサルティングなどを行う、総合サービス企業です。
客室乗務員や空港係員を育ててきた、経験豊富な講師が多く在籍しています。
ANAビジネスソリューション株式会社
ANAビジネスソリューション株式会社

小さいことほど丁寧に 当たり前のことほど真剣に

講師は客室乗務員や整備部門経験者。「何故?」を大切にし、動機づけを行うことで、気づきと判断力を養う多種多彩な研修を用意しています。人材を人財と考え、一人ひとりの可能性を引き出すANAグループのノウハウを凝縮した研修プログラムをご紹介します。


「一人でもオンラインでも参加できるビジネスマナー研修」日本サービスマナー協会

日本サービスマナー協会が実施している本プランは、一人でも参加できて、オンラインでも実施している3時間のコースです。社員数の少ない企業や研修を短時間で終わらせたい企業にとって利用しやすい研修内容となっています。

また、同協会は接客サービスが求められる業界だけでなく、一般企業の社員や大学生でもしっかりとしたサービスが提供できるような教育をすることを目的として作られた特定非営利活動法人です。
特定非営利活動法人 日本サービスマナー協会
特定非営利活動法人 日本サービスマナー協会

不況の中重要視されている「人」を育成する多様な研修プログラム

新入社員教育から管理者研修まで幅広いニーズに応えるための様々な社員研修を紹介します。


「判断するだけでなく発言を変えていくことを意識したビジネスマナー研修」株式会社リンクアンドモチベーション

株式会社リンクアンドモチベーションが実施している本プランは、マナーを実践することの意味や意義を理解し、ビジネスフィールドにおいて「判断する」ことや「口から発する言動を選択する」ことができるようになることを目的としています。

また、同社は、企業変革や人材育成・人事制度・風土変革支援、採用支援、投資・組織人事支援を行う、世界初の「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社です。
株式会社リンクアンドモチベーション
株式会社リンクアンドモチベーション

真の組織変革をワンストップでサポート

「モチベーションエンジニアリング」を基幹技術として、経営学・社会システム論・行動経済学・心理学などの学術的成果を取り入れ、実行性と再現性が強みの研修をご紹介します。


「信頼関係を築き仕事をスムーズに進めるためのビジネスマナー実践研修」リクルートマネジメントスクール

リクルートマネジメントスクールが実施している本プランは、一日でビジネスマナーの基礎が学べる研修です。
例えば、動画を活用し、言葉使いや来客対応、名刺交換、電話応対の場面を視聴することにより、実際のビジネスシーンのイメージを膨らませながら研修を進めています。

また、同サービスは50年間にわたり、社員教育・社員研修を提供してきた株式会社リクルートマネジメントソリューションズが行っている異業種交流型の研修サービスです。
リクルートマネジメントスクール
リクルートマネジメントスクール

実効性の高いマネジメントソリューションの提供により個と組織の健全な発展に貢献する

人材育成、人事制度、組織開発から営業力強化まで、「アセスメント」「トレーニング」「コンサルティング」「カウンセリング・コーチング」などの手法を用いて人事課題を解決に導く研修を紹介します。


「個々のレベルに合わせカスタマイズできるビジネスマナー研修」株式会社Schoo

株式会社Schoo(スクー)が実施している本プランは、全10時間でビジネスマナーや報連相を学ぶことを目的としています。
スクービジネスプランを活用すると、受講者一人ひとりに合わせて研修動画を変えることができるため、個々人のレベルに合わせた内容にカスタマイズすることが可能です。

また、同社はインターネットでの学びを起点として、ヒトと人類を変え続けていくエンジンになることを目指している教育系企業です。
株式会社Schoo
株式会社Schoo

「学び続ける」にこだわるオンライン学習サービス

導入企業数1,600社の実績。5,800本以上の学習動画と学習分析機能を搭載した次世代型eラーニング。ビジネススキルからITスキルまで、幅広い人材育成・社員研修向けコンテンツをご紹介します。


御社の目的や課題をヒアリングして、最適なビジネスマナー研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのビジネスマナー研修対応しています。

コロナ禍でのビジネスマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

ビジネスマナー研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なビジネスマナー研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのビジネスマナー研修対応しています。

コロナ禍でのビジネスマナー研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。