本記事では、以下について解説します。

● 研修が求められる理由や内容
● 研修おすすめ7選
● 受講後に期待できる効果

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

研修の必要性と特徴

マネージャー向け研修について以下の点について解説します。

● 研修の内容・プログラム
●研修が求められる理由
● 求められる役割

研修の内容・プログラム

マネージャー向け研修の内容やプログラムは、基本的にマネジメント能力向上を前提としています。
独力で、プレイングしながらマネジメントを学ぶのはむずかしいものです。
そこで研修でナレッジを一気に仕入れて、業務を進めていくのがマネージャー向け研修の基本となります。

マネジメントには、一般に4つの種類があります。

● ビジョンマネジメント
● 戦略マネジメント
● PDCAマネジメント
● メンバーマネジメント

基本的にどの研修も上記4つのマネジメントについてレクチャーします。
これらを理解することで、過不足ない管理を実施できるマネージャーとしての素養を持つことが可能です。

研修が求められる理由

わざわざマネージャー向け研修が求められる理由として、以下4つが挙げられます。

● 独学我流が通用しづらい
● 教育に避けるリソースが限られている
● 早い段階でマネージャーとして独り立ちできる
● 漏れなく必要なスキルやナレッジを学習できる

最大の理由は、やはり「独学や我流が通用しづらい」という点です。マネージャーとしての教育は、通常の業務と違い、一般的には知られていません。

もちろん企業によってはマニュアルが用意されていることもあります。
それにしても完璧ではないし、時代に沿ってバージョンアップされているケースはまれです。さらに、マネジメントを教える時間もさほど多くはないはずです。

その点を踏まえれば、すみやかに体系だって知識が得られるのはマネージャー向け研修は、かなり有力な教育方法だと言えます。

求められる役割

マネージャーの役割とは

本来、マネージャーには以下のような役割が求められています。

● リーダーシップの発揮
● マネジメント能力
● 適切な指示出しや進捗確認
● 適切な人事考査

これらを高いレベルで実現するのは、当然むずかしいことです。
一つひとつを過不足なくこなすには、やはり体系だった知識が求められます。
たとえば適切な人事考査ひとつとっても、「バイアスに影響されず公平に物事を評価する」といった技術が求められます。 
それらの知識を一つひとつ理解し、マネージャーとして過不足なくこなすのが、本来のマネージャーに求められる役割です。

おすすめの研修ラインナップ

いずれもマネージャーを育成するカリキュラムとして、幅広い業界から必要とされている研修です。

豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修|「株式会社PDCAの学校」

「株式会社PDCAの学校」では、豊富なナレッジに裏打ちされた現場型のマネジメント研修を提供しています。
どう研修が目指しているのは、以下3つのポイントです。

・人材育成への意識向上
・目標と生産性向上による業務効率化
・意味のある会議体つくり

組織全体が効率的に動けるようなマネジメントを学べます。
カリキュラムの内容はおおむね以下のとおりです。

・リーダーシップとマネジメントの概要
・議論におけるルールや社員育成の指針について
・社員の成長をうながす目標管理
・部下のパーソナリティに合わせた指導方法
・チームとしての生産性を高めるフレームワーク
・適切なフィードバックの出し方
・部下のメンタリティに配慮した関わり方

マネージャーには、部下に対してさまざまな配慮や工夫を求められます。
同研修にはそれらを実現するために必要なナレッジが揃っています。

「株式会社PDCAの学校」は、教育・採用・営業に関する研修を数多く実施する企業です。特に教育セミナーには高い評価が集まっています。
株式会社PDCAの学校
豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修 - 株式会社PDCAの学校

超実践的PDCAで、社員のスキルアップによる生産性の向上をはかる研修です。人マネージメントにフォーカスしたトレーニングと、豊富なノウハウに裏打ちされた知識学習をバランスよく取り入れたプログラムをご提供します。


研修プランを表示

ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修|「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」


「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」では、「ホスピタリティをテーマにしたマネジメントを伝授します。
これによりメンバーを一体化させ、業績をより成長させるというのが、本研修のテーマです。
またマネージャー同士での連携も強化し、よりよい形で成長を目指せる状態を整備します。

同研修のカリキュラムは以下のとおりです。

・ホスピタリティの基本と時代に求められているマネジメント
・リーダーシップの定義と果たすべきふたつのミッション
・リーダーシップの実現に求められる3つの素養
・スタッフが持つべきホスピタリティとその重要性について
・マネージャーが取るべきアクションと戦略性
・求めるマネージャー像とアクションプランの提出

最大のポイントは、まず「ホスピタリティ」について学習することです。
わかりやすく言えば、「社員と、どのような理念を持って接するのか」を学びます。
これにより私情や個別性を廃して、よりフェアな視点で社員とのコミュニケーションを開拓することが可能です。

「ザ・ホスピタリティチーム」は、ホスピタリティ経営を軸としてセミナーを開催する企業です。
21世紀における最強のストラテジーであるとして胸を張っています。
同じようにホスピタリティというキーワードを重視する場合、たいへんフィットするカリキュラムに仕上がっています。
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修 - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティを軸としたリーダーシップで、スタッフを生かしチーム一丸となって業績を最大化するマネジメントを学びます。また、リーダー同士の想いも共有し、明日からのマネジメントの力となるような研修カリキュラムです。


研修プランを表示

管理職のためのリーダーシップと部下育成研修|「株式会社ノビテク」

「株式会社ノビテク」の本プランでは、比較的ベーシックなマネージャー向け研修を提案しています。
カリキュラムが目指しているのは、以下のポイントです。

・会社から求められる役割と、具体的な行動を知る
・組織で成果を残すために、リーダーシップを身につける
・マネジメントの基本を理解する
・部下育成、社員教育に関するスキルを理解する

コンテンツとしては、以下が用意されています。

・オリエンテーション
・会社から求められる役割
・具体的な行動を知る
・マネジメントの基本について
・チームをマネジメントする方法とPDCA
・チームリーダーとして求められる行動について
・部下を育成する方法
・具体的なアクションプランの提出

株式会社ノビテクは、ビジネスに関する研修全般を幅広く展開している企業です。
これまで1,100社以上にセミナーを実施していて、十分な実績があります。
さらに柔軟なカスタマイズや研修業務の工数削減などにも対応しており、速やかにスキルアップできるのが特徴です。
株式会社ノビテク
管理職のためのリーダーシップと部下育成研修 - 株式会社ノビテク

管理職のためのリーダーシップと部下育成研修です。リーダーシップを発揮したマネジメント力と、部下育成力を強化します。


研修プランを表示

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修|「株式会社J-グローバル」

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するために欠かせないスキルを習得するための研修です。

日本とグローバルの、プロジェクトマネジメントスタイルの違いを明らかにし、外国人スタッフへの対応を実践的に学べます

3時間、あるいは7時間(よりしっかり学びたい人向け)のコースを通して、異なる文化を持つチームメンバーと協力して仕事を進めるために不可欠な力が身につきます。

研修の対象はグローバルチームやグローバルチームのマネージャー 、グローバル環境で働く人でカリキュラムのカスタマイズも相談可能です。

研修のカリキュラムには創業当初から改善が加えられ、磨き上げられた「J-Globalウェイ」が存分に生かされています。

これまで10年以上にわたり、多数の日本企業をJ-Globalウェイに基づきそれぞれに合ったハイブリッドな仕組みを作る支援をしてきた実績があります。

株式会社J-グローバルは1980年代から日本で働き、多くの日本企業とビジネスを行ってきた創業者が設立した会社です。異なるビジネス文化をつなぎ、発展させてきた現場経験やノウハウを持っている強みがありますので、実践的なスキルアップに力を入れたい企業様におススメの研修事業者です。
株式会社J-グローバル
グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修 - 株式会社J-グローバル

グローバルな組織で、チームのパフォーマンスを最大化するために欠かせないスキルを学びます。異なる文化を持つチームメンバーと、協力して仕事を進めるために不可欠な力を身につけることができます。


研修プランを表示

1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修|「株式会社モチベーション&コミュニケーション」

部下のやる気がなかったり、指示に従わなかったりと困った部下はいないでしょうか?
もしかすると本人の気持ち以外にも原因があり、十分に能力が発揮できていない可能性があります。

原因を突き止めて一緒に解決していくのが最近注目を浴びている「1on1ミーティング」です。部下との対話のキッカケをつくるだけで、驚くほど部下のやる気は変わります。

「1on1ミーティング」実践研修では90分の凝縮されたカリキュラムで集中的に部下の成長をサポートするスキルを身につけることができます。

研修対象者は部下を抱えるリーダーやあまり成長を感じない部下がいる人、チーム内のコミュニケーションを円滑にしたい、業績をアップしたい、コーチングを学びたい人など幅広く対応しています。

他にも50種類のコミュニケーション研修があり、年間2,000回行っている一般向けのコミュニケーションセミナーをオンラインでそのまま実施することができます。

株式会社モチベーション&コミュニケーションはテレビ出演や書籍出版などたくさんのメディアで注目されている桐生稔氏が代表取締役を務める研修事業者です。豊富な経験と多様な資格を有する講師が多数揃っていますので、短い時間でしっかり成果に繋げたい企業様にピッタリです。
株式会社モチベーション&コミュニケーション
1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

ほんの少し部下とのコミュニケーションを増やすだけで、驚くほど部下のやる気は変わります。この研修では1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す1on1ミーティングの具体的なやり方を解説いたします。


研修プランを表示

管理職向けマネジメント基礎力強化研修「株式会社ワークハピネス」

「株式会社ワークハピネス」の研修は、マネージャーが悩みがちな部下とのコミュニケーションやフィードバックについて総合的に学べる内容です。マネージャーとして重要なスキルの基礎をしっかり把握し、改めて自分自身の役割は何なのか、部下をどのように育成してくべきかを考え実践に移すきっかけが得られます。

「株式会社ワークハピネス」は、組織に変化をもたらすことにこだわった研修が特徴の会社です。それぞれの組織が抱える悩みに寄り添い、同志としてともに解決していくことを重要な価値観としています。使命感を持ってイキイキと働く社員を増やし、組織がますます活性化する未来づくりのお手伝いをいたします。
管理職向けマネジメント基礎力強化研修

マネージャー向けアジャイル開発研修「株式会社アトラクタ」

小単位で実装とテストを繰り返しながら工程を進めていくアジャイル開発。この手法が多くの組織で主流となりつつある現在、マネジメントもアジャイル(俊敏さ)が求められています。ビジネス環境の変化に対応しながら、状況に応じた部下への指導・指示をする具体的な方法を学び、アジャイル開発現場にふさわしいマネージャーを育成します。

「株式会社アトラクタ」は、IT・情報システム関連企業へのコンサルティングと各種トレーニングを専門とする会社です。様々なIT技術に精通し、エンジニアやプロジェクトマネージャーとしての経験豊富な講師が、実体験と様々な経営理論にもとづいてソフトウェア開発現場で求められる人材育成やチームづくりのノウハウをお伝えします。
マネージャー向けアジャイル開発研修

プレイングマネージャー向けチームビルディング研修「株式会社アイル・キャリア」

「株式会社アイル・キャリア」は、プレイングマネージャーに求められる人を動かすために必要な論理的思考力・プレゼン力・交渉力を学べる研修を提供しています。「自分でやった方が早い」という思考パターンから脱却し、周囲を巻き込みながらチームで成果を出せる状態へと導きます。

「株式会社アイル・キャリア」は、自らの意志でキャリアを切り拓く人材を育成することを理念に掲げ、社員のモチベーションとパフォーマンスを引き出す研修を行っています。研修リピート率9割、15年間で8万人を超える実績から得た知見をもとに、自律型人材へと成長するためのはじめの一歩をご提供します。
プレイングマネージャー向けチームビルディング研修

新任マネージャー向け マネジメント基礎研修「株式会社パーソル総合研究所」

「株式会社パーソル総合研究所」のマネジメント基礎研修は、新任マネージャーやその候補者がプレイヤーからマネージャーへ移行する際に身につけるべきスキルが体系的に学べます。新任期に直面する3つの課題について、それぞれの解決策と基礎となる考え方を知り、マネージャーとして早期に活躍できるよう支援します。

「株式会社パーソル総合研究所」は、これまで人と組織に関する様々な調査や研究を通して得た知見を活かし、多くの組織の人材開発・教育支援を行ってきました。自ら考え行動し、変化することを楽しめる人材を育てることで、組織のさらなる躍進を実現します。
新任マネージャー向け マネジメント基礎研修

中級管理職(課長・マネージャー)向け研修|「株式会社JBMコンサルタント」

「株式会社JBMコンサルタント」では、課長とマネージャーを対象とした中級管理職向け研修を展開しています。
該当するポジションに就任する場合には、かなりフィットしたカリキュラムだと言えます。
またカリキュラムが細かく細分化され、さまざまなテーマにおいて集中的に学べるのがポイントです。

「株式会社JBMコンサルタント」は、ビジネスにおけるさまざまなナレッジを総合して発信する企業です。
eラーニングや動画教材販売も実施しており、多くの企業から頼りにされています。
株式会社JBMコンサルタント
株式会社JBMコンサルタント

心が伝わるビジネスのサポートをいたします

階層別、スキル別、部門別の他、スペシャルプログラム研修の紹介をします。


レジリエント・マネージャー研修|「株式会社日本能率協会マネジメントセンター」

「株式会社日本能率協会マネジメントセンター」では、失敗や困難があってもタフな組織を作るため、マネージャー研修を展開しています。
個人の成長はもちろんのこと、より強固な組織づくりを見据えているのが特徴です。
レジリエント・マネージャー研修は、以下のような点を目指しています。

・「レジリエンス」(すぐに立ち直る能力)への理解を深めて実践する
・マネージャー本人のレジリエンスを高める
・部下のレジリエンスを高め、チーム自体を打たれ強くする

レジリエンスを中心に据えてマネージャー向け研修は、さほど多くありません。
同研修だからこそ得られるナレッジが多数あり、また組織自体のタフネスを求める場合にはフィットすると言えます。

「株式会社日本能率協会マネジメントセンター」は、ビジネスを中心にさまざまな研修や人材育成支援を実施する企業です。
特に講師陣が充実しており、多くの企業が同社の研修を受講しています。
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
株式会社日本能率協会マネジメントセンター

一人ひとりが立場や役割に応じた「基本」を身につけることで組織としての力は最大化します

学びに終わりはありません。学習の大切さに気づくことで、人はいつからでも変わることができ、限りなく成長することができます。新入社員から管理職・経営層にいたるまで、それぞれの階層で求められる基本を重点的に習得する研修を紹介します。



研修カリキュラムの一例

マネージャー向け研修における基本的なカリキュラムとしては、以下が挙げられます。

<対象者>
主任級・課長・チームリーダーなど

<受講後の水準>
● マネージャーとして過不足ない技能と知識を身につけている
● 受講直後から、ある程度実戦でマネジメントを実施できる
● 得られたナレッジを社内で正確に共有できる 


主要なテーマ 学習内容
マネージャーに求められるもの ・部下から求められるマネージャーの条件
・上司から求められるマネージャーの条件
マネージャーとは? ・マネージャーが果たすべき役割
・行動理念と基本的な考え方
マネージャーの担当するタスク ・リーダーシップの発揮
・分野ごとのマネジメント
・適切な指示出しや進捗確認
・適切な人事考査
・社員教育
目標設定のスキル ・目標設定の基本と立て方
・フレームワーク「SMART」の活用方法
・目標設定のグループワーク
マネージャーに求められるコミュニケーション ・コミュニケーションの基礎
・傾聴と共感のスキル
・部下に対する支援
・部下の叱り方や指導方法
・部下を成長させる関わり方や原則
自分自身のマネジメント ・アンガー・マネジメント
・モチベーションを維持する方法
・上司・部下双方からの期待に応える
・自己成長ぎ
分野ごとの具体的なマネジメント ・組織としての戦略や方向性
・業務フローの構築や指示だし
・人材育成とトレーニング

研修受講後に期待できる効果

マネージャー向け研修を受講したあとでは、以下の効果が期待できます。

● 管理職としての自覚を醸成する
● マネジメントの基礎と必要性を理解できる
● 特性にあったマネジメント方針を見つけ出す
● 個別性や不公平性を排除できる
● 新しいマネジメントプランの考案

いずれも人の上に立つ人材として重要なポイントばかりです。
それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

管理職としての自覚を醸成する

プレーヤーとマネージャーとの違い

マネージャー向け研修により、管理職としての自覚が醸成されます。
これまではプレイヤーとして自分の業績だけに注目すれば問題ありませんでした。

しかし、マネージャーともなれば自分を含めて組織全体をリードしなければいけません。
そして的確な指示によって、部下が業績を残せるように導く必要があります。

プレイヤー時代にはさほど必要でもなかった統率力や管理能力が必要となるわけです。マネージャーに関する知識を基本的かつ精神的な部分から学べる研修においては、その自覚をじっくりと育てられます。
研修が終わることには、組織やグループに対する向き合い方が大きく変化します。

マネジメントの基礎と必要性を理解できる

マネジメントの基礎を学習することは、何よりも重要です。
独学や社内マニュアルだけでは得られない知識を、順序よく吸収できます。
すでにマネジメントのプロフェッショナルとしている講師が登壇するので、これは当然のメリットです。

そして、「なぜマネジメントが必要なのか」を理解できるのも大切です。
マネージャーに求められる素養の中には、必要性がいまいち感じられないこともあります。
「アンガー・マネジメント」が何の役に立つかわからない人も多いはずです。
しかし「感情的に部下を非難した事例」などを踏まえてレクチャーされれば、どうでしょうか?
アンガー・マネジメントを習得することの重要性が身に染みてわかるはずです。
このように一つひとつのナレッジについて必要性を理解できるので、自然とマネジメントが身に付きやすくなります。
アンガーマネジメント研修

アンガーマネジメント研修で社員が働きやすい会社を作る。


特性にあったマネジメント方針を見つけ出す

マネジメントのあり方はさまざまです。
一つの正解があるわけではなく、一人ひとりの特性に合ったマネジメントの方針があるわけです。
マネージャーをリーダーとして考えてみましょう。
リーダーシップのあり方はそれぞれで、テキパキと指示を出してチームを動かすスタイルがあれば、社員の自主性に任せて見守る方向性もあります。

マネージャー向け研修では、自身がどのようなリーダーシップを発揮できるのか理解することが可能です。
つまり自分自身と矛盾した方針を避けて、より齟齬のないマネジメントが実施できるようになります。
自己分析することは、マネージャーとしてではなく、本人の今後の成長にも大きく役立ちます。

個別性や不公平性を排除できる

マネジメントにおいては部下との関係性はたいへん重要です。
個別性や不公平性があれば、部下とマネージャーの間で軋轢が生まれるのは避けられません。
しかしマネージャー向け研修では、適切な人事考査や社員教育について、体系だった再現性ある手法を学べます。
そうすることで部下に対してフェアな態度で接するようになり、個別性や不公平性を排除することができます。

新しいマネジメントプランの考案

マネージャーにとって、新しいマネジメントプランを考案することは大切な仕事の一つです。
組織を動かしている中、マネージャーには常にクリエイティブな判断が求められます。
どのように問題を解決するか、いかにして数字を達成するか、何度も試されます。

マネージャー向け研修では、マネジメントプランの考案をサポートするノウハウやフレームワークを学べます。
たとえば「SMART」や「PDCA」はその典型です。
マーケティング理論に裏打ちされた再現性の高い手法で、より高度なマネジメントプランを考案できるようになります。

研修についてよくある質問QandA

本記事ではマネージャー向け研修について詳しく解説しました。
紹介したカリキュラムを参考に、自社にフィットするものを選びましょう。
最後にマネージャー向け研修に対する疑問を、QandA形式で解説します。

Q.マネージャー・管理職向け研修は内容が厳しいのか?
Q.オンラインで受講することは可能か
Q.プレイングマネージャー研修の受講はどうか?

マネージャー・管理職向け研修は厳しいのか?

マネージャー・管理職向けの研修における”厳しさ”はさまざまです。
比較的おだやかな様子で進行することもあれば、ややシビアに進められるケースもあります。
これは社風や求めるマネージャー像に合わせて検討するのがおすすめです。

自社が温和な社風であれば、シビアな研修よりもフレンドリーな雰囲気で進められるカリキュラムが適切です。
厳格な社風とマネージャー像が必要なら、シビアにスキルを追求する研修のほうが向いています。

オンラインで受講することは可能か

マネージャー向け研修は、オンラインで受講することが可能です。
マネージャー向け研修のカリキュラムには、ディスカッションやグループワークに依存する部分があります。
オンラインだとワークに取り組みづらくなる部分はあるので、集合型の方がより効果が高まる場合があります。
オンラインでも取り組めるカリキュラム構成になっているのか、事前に研修会社へ確認・相談してください。

プレイングマネージャー研修の受講はどうか?

プレイングマネージャー研修も、状況次第で大いに受講する価値があるカリキュラムです。
営業などのプレイヤーでありながら、マネジメントも実施する人材には、高い技能が求められます。
ふたつの業務それぞれに割り振るリソース配分を間違えて、両方がうまく行かないケースも少なくありません。プレイングマネージャー研修を受ければ、プレイヤーとして活躍しつつ、部下や組織の管理を効率的に実施するスキルを得られます。


目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマネージャー向け研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマネージャー向け研修対応しています。

コロナ禍でのマネージャー向け研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

マネージャー向け研修 研修プラン

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修

● これからの時代に求められる接客・サービスが理解できる
● 接客における大切にすべきことが順序立てて理解できる
● 接客スキルが身に付く

部下の成長を促進させるコーチング研修

● コーチングの心構えを理解できる
●「傾聴・質問・承認」などのコーチングの基本スキルを習得できる
● 自立型職員、組織の育成ができるようになる

あらゆる課題を解決できる人材を育成するアダプティブリーダーシップ研修

● 既成の手段では解決できない問題を解決するために発揮するリーダーシップを習得する
● 技術的な問題に対しても活用できるリーダーシップを習得する
● あらゆる課題を解決できる人材”アダプティブリーダー”を育成する

【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップ

● 離職率低下に繋がる
● スタッフの成長速度が上がり生産性が向上する
● サービス品質が向上する

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修

● チームワークの障害となる文化の違いを背景とした誤解や軋轢を防ぐことができる
● 異文化スタイルに適応するための基本的な手段を学び、生産性を高める
● 異なる文化を持ったメンバーと円滑に仕事ができるようになる
● グローバルなチームのマネジメントに必要なスキルが身につく

問題解決能力が向上するモチベーションアップ研修

コーチングスキルを身につけ自身やチームの目標達成を支援することができる
提供しているサービスの本質的な価値に気づき営業力が上がる
環境にとらわれることなく任務を遂行できる問題解決能力がつく

1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修

● やる気を引き出す具体的な手法を手に入れる
● 部下が自発的に動くようになる
● チーム内のコミュニケーションが円滑になる
● ミスが減り仕事の生産性が上がる
● チームの業績がアップする

豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修

人を育てる意識が強くなり、社員が育つ環境が整備される
目標管理と生産性の上がる業務の進め方を体得できる
質の良い会議体づくりにより、社員の働く意欲が活性化する

セクハラ・パワハラ防止研修

● セクハラ・パワハラ防止の基礎知識を再確認できる
● 被害者の気持ち・立場を理解することで部下指導の際の何気ない言動にも注意を払うことができる
● ケーススタディや事例を通じてセクハラ防止についての視点を養うことができる

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修

●ビジネススキル、マインドを体感し理解できる
●時間管理、G-PDCAサイクルが理解できる
●それぞれの役割に応じた期待(役割期待)があることを理解できる

ホスピタリティマネジメント・リーダーシップ研修

ホスピタリティを軸とした人を生かすマネジメントが身につく
リーダーの目的と役割が明確化できる
メンバーのやる気や自主性が上がる

アンガーマネジメント研修

● 他人との価値観の違いを認識し、自分自身の感情をコントロールできる。
● 怒りの感情をコントロールすることにより、社内外でよりスムーズなコミュニケーションを図ることができる。
● 職場でイライラせずに効率的に仕事ができる
● 適切な手段で怒りを表現するスキルやテクニックを学ぶ

外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修

● 日本と海外のビジネス文化や働き方の文化の違いを理解できる。外国人スタッフのマネジメントに役立つ、コミュニケーションスキルやコーチングスキルが習得できる
● 外国人、日本人すべてのスタッフの意欲を高めるためのスキルを学ぶことができる
● 効果的な指示の出し方、フィードバックの方法を学び、スタッフのスキルや自主性を高める方法を身に付けられる
● 日常行っている1 on 1ミーティングを、より効果的に行うための具体的なコツを学ぶことができる
● ハラスメントを避け、トラブルや突然の離職を未然に防げる。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマネージャー向け研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマネージャー向け研修対応しています。

コロナ禍でのマネージャー向け研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

マネージャー向け研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なマネージャー向け研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのマネージャー向け研修対応しています。

コロナ禍でのマネージャー向け研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。