接遇研修 研修プラン

明日から実践できる接客・接遇力向上ホスピタリティ研修

● これからの時代に求められる接客・サービスが理解できる
● 接客における大切にすべきことが順序立てて理解できる
● 接客スキルが身に付く

顧客満足と従業員満足を高める接遇強化研修

● 顧客満足と従業員満足を高める接遇を実践できる
● 部下指導やマニュアル作成を通じておもてなし(ホスピタリティ)のための接遇を組織で実践できる

ホスピタリティ軸の強い社会人を育成する新入社員研修

ホスピタリティを軸とした人財の育成
自社へのロイヤリティ・モチベーションの向上
離職率の低下、やる気や自主性の向上

【飲食業幹部向けホスピタリティマネジメント研修】ホスピタリティを習得し考え方とマインドを広げる人材を育成する

◆ 「ホスピタリティとは何か?」を理解し、社内、顧客のマネジメントにどのように活用するかを学ぶ。
◆ ホスピタリティをマネジメントに活用することで、良好な職場環境をつくり、顧客満足度や生産性の向上に繋げる。
◆ 幹部がホスピタリティを習得し、全社にこの考え方とマインドを広げる体現者・伝導者となる。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な接遇研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの接遇研修対応しています。

コロナ禍での接遇研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

接遇とは

接遇という言葉を聞いたことがあっても、どのようなことを指すのか曖昧という方が多いのではないでしょうか。
接遇は、業務上でお客様に対するサービスのことで、接客マナーや言動、空間作りなど広範囲に渡ります。

接客と混同してしまいがちですが、ただ接するのではなく、お客様が快適に過ごせるように、心地良さを感じてもらえるようにというところまで考え行動するのが接遇です。

接遇研修の対象者

・お客様と最前線で接する社員(窓口・ショールーム・コールセンターなど)
・新卒採用、中途採用などの入社間もない社員
・後輩の指導を担当する先輩社員

接遇研修のカリキュラム例

● 対象者
電話や対面でのお客様対応を主な業務とする社員

● 目指すゴール
1.接遇の意味と基本を理解する
2.電話や来客対応で良い印象を与えるポイントを知る
3.研修で学んだ知識・スキルをもとに、行動変化のきっかけをつかむ

[座学]接遇の基本とは ・接遇とは何か、接遇が求められる理由とは
・身だしなみ、表情、挨拶の基本
・言葉遣い(クッション言葉、依頼の仕方、断り方)
・話の聞き方(傾聴、同意、尊重)
[演習]接遇の所作を学ぶ ・来客応対の基本姿勢(立ち方・座り方などの所作)
・来客応対の流れを実践
(2人1組になり来客と案内係をロールプレイ)
[演習]電話応対の基礎を学ぶ ・ビジネス電話の受け方、かけ方
(2人1組になり受け手とかけ手をロールプレイ)
・クレーム電話を受けたときの対処法
[座学]気持ちの良い応対をするために ・組織の代表として対応している意識を持つ
・接遇はお客様満足度と社員のやりがいにつながる
まとめ ・業務で実践したい接遇内容をまとめる
 →目標設定と達成までの行動計画を策定




接遇研修のラインナップ


「明日から実践できる接客/接遇力向上ホスピタリティ研修」ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティは、接客の現場で使う用語と思われがちです。でも実は、人と人が接するすべての場面において「相手を尊重する」ことを意味しています。たとえば、互いに助け合う・信頼関係を深める・共に何かを創り上げるなど、お客様や取引先・社内の人間関係もこれに含まれます。本研修では新入社員を対象として、ホスピタリティの意味や重要性から、実際の現場で活用する方法まで網羅的に学べます。社内・社外どちらの人間関係でもホスピタリティを発揮できる社員の育成に役立ちます。

本研修を受講した方の声をご紹介します。
・グループワークで話し合う時間や、接遇の場面を想定したトレーニングがあり、実際の接客の現場で活かせる内容だった。
・この研修で学んだことを現場のスタッフ全員が実践できれば、自社のサービス品質を上げることができると確信できる内容だった。
・良いチームを作ることの大切さや、自分の目指す社会人像の整理など、仕事の面だけでなく人間力を向上させることに役立つ研修だった。

お客様に良いサービスを提供するには、まず社内のホスピタリティを磨くことが大切です。ザ・ホスピタリティチーム株式会社はこれまで500社以上、年間250日のコンサルティング・研修実績をもとに、一人一人が仕事にやりがいを持ち、お客様や組織に貢献する喜びを感じながら働く方法について伝えています。それが社員の生産性と定着率を引き上げ、結果として顧客満足や業績の最大化につながります。変化が激しい時代にも生き残り続ける企業の人づくり・組織づくりをサポートします。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社
ホスピタリティ軸の強い社会人を育成する新入社員研修 - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

社会人としての基本的なマナーの習得はもちろんの事、自分はこの会社でどんな事でお役に立ちたいのか、どんな社会人になりたいかを自分や仲間と向き合いながら、ホスピタリティ軸の力強い社会人となる基礎を学びます。


研修プランを表示

「顧客満足と従業員満足を高める 接遇強化研修」株式会社ノビテク

接遇は社員一人一人の心がけからスタートできますが、サービスの質を継続的に高め、企業に付加価値をつけるためには、やはり組織全体で接遇の重要性を理解し、後輩や部下に伝えていく環境が必要です。質の良いサービスを提供してお客様に喜んでいただけると、社員も「また頑張ろう」と力が湧き、さらにおもてなしに磨きをかける良い循環が生まれます。本研修では、おもてなしの必要性や基礎的なマナーを学ぶことに加え、それらを後輩に指導する場合の進め方や、自社のおもてなしマニュアルを作るとしたらどんな内容にするのかなど、実際の現場で役立つ実践的なノウハウをお伝えします。1.5日の研修を通して、おもてなしの本質をじっくりと学び、総合的な接遇力を伸ばします。

株式会社ノビテクは、「仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす」を使命に、個人の内にある能力を引き出す研修を数多く手がけています。仕事を楽しむためには、3つのステップ「仕事を通じて達成感を得る」「日々自分の成長を感じる」「周囲から承認・感謝される」ことが大切です。その大前提として、「個人が行動を起こす」段階がありますが、その一歩がなかなか難しいのです。研修では、成長への一歩を後押しする考え方や具体的な手法をお伝えします。それを自社に持ち帰って実践することにより、目標の達成に向けて進み続ける社員を育成します。

株式会社ノビテク
顧客満足と従業員満足を高める接遇強化研修 - 株式会社ノビテク

CS(顧客満足)向上=ES(従業員満足)の向上となることを理解し、そのための基本となるビジネスマナーおよびホスピタリティ・マインドを確認・強化する研修です。


研修プランを表示

「お客様の期待を超えるための接遇研修」株式会社インソース

接遇やおもてなしの大切さを理解していても、なかなか社員に浸透しない、または実際の現場での活用が難しいと感じていませんか。本研修では、サービスの現場でよくあるトラブルの事例に基づいて「こんな時どうする?」と、受講者自身が考える演習を豊富にご用意しています。すぐに使える具体的なノウハウを学ぶことで、相手の期待を超えるサービスができる社員を育成します。

株式会社インソースは現場で役立つスキルやノウハウの習得を目指して、研修前後の細やかなフォローと、2,800種類以上の研修カリキュラムから最適なものをご提案します。各企業の課題に沿う内容でケーススタディを実施する、研修で重点を置きたい箇所をお伺いしながらプログラムを組み立てるといった対応も可能です。貴社の課題解決に向けて全力でお手伝いをします。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。


「企業の価値を高める”おもてなしの心”を学ぶ、接遇&マナー研修」ANAビジネスソリューション株式会社

「おもてなし」とは、出会った人と心が通じ合うサービスのことです。ANAの客室乗務員を数多く育て上げた経験豊富な講師が、貴社が抱えるサービスの課題に合わせて、おもてなしの神髄についてお伝えします。エアライン・スター・ランキング(航空会社のサービスレベル格付け)で、最高評価の星5つを何度も獲得したANAのおもてなしを学べば、企業の価値を高める質の高いサービスを習得できます。

ANAグループでは、「企業にとって人は財産である」との考えから、人材ではなく「人財」と表現しています。新入社員から外国人の社員まで、座学と実践を織り交ぜながら「おもてなし」を総合的に学び、職場で活躍する人財へと育て上げる研修です。ANAグループとして培った知識と経験で、企業の人財育成を力強くバックアップします。
ANAビジネスソリューション株式会社
ANAビジネスソリューション株式会社

小さいことほど丁寧に 当たり前のことほど真剣に

講師は客室乗務員や整備部門経験者。「何故?」を大切にし、動機づけを行うことで、気づきと判断力を養う多種多彩な研修を用意しています。人材を人財と考え、一人ひとりの可能性を引き出すANAグループのノウハウを凝縮した研修プログラムをご紹介します。


「ビジネスで出会うすべての人に好印象を与える接遇研修」株式会社 社員教育研究所

接遇とは、相手のことを大切に思う気持ちを伝える手段です。この場合の「相手」とは、お客様だけでなく、取引先や自社の同僚・部下まで、ビジネスで接するすべての人を指します。接遇研修を通して、お客様からは「この人から買いたい」、取引先からは「この人だから任せられる」、同僚や部下からは「この人と一緒に働きたい」と信頼を寄せられる社員を育成します。

株式会社 社員教育研究所は昭和42年の創業以来、人材育成業を通して多くの企業の成長に貢献してきました。企業で働く人材が育てば、企業の業績が向上し、社員とその家族の幸福・生活の向上につながります。「知っていること」を「できること」に変える社員研修を実施することで、社員の人間力を伸ばし社会の発展に寄与することに努めています。
株式会社社員教育研究所
株式会社社員教育研究所

汗と涙と一生懸命

社員教育研究所の社員研修では、社内・社外活動において仕事ができる人材を教育。社内の人材を育成する為の社員研修・合宿、企業研修、管理職養成を行い、人材を育成することで会社の変革を目指しています。


「【医療機関向け】患者さんとの一期一会に磨きをかける接遇研修」ラ・ポール株式会社

医療機関に来られる患者さんやそのご家族は、様々な不安を抱えています。その気持ちに優しく寄り添い、一人一人のスタッフが主体性を発揮しながら、医師・看護師・事務など多職種が一つのチームで連携した対応をすることが求められます。患者さんに選ばれる病院になるために、医療機関の評価に直結する接遇レベルの向上のお手伝いをします。

ラ・ポール株式会社は全国41都道府県で約200件の医療・介護機関に向けて、研修・コンサルティング事業を展開しています。組織にとって最も大切な人材をお預かりし、一人一人の資質を輝かせ、患者さんから信用・信頼していただけるスタッフへと育てます。それぞれの医療・介護現場が抱える課題にとことん寄り添ったサポートをご提供します。
株式会社ラポール
株式会社ラポール

日本の医療介護現場を元気にする!実践率No.1成果直結のプレミアム対応術

「信用・信頼される病院」を目指すために必要な「心構え」「技術」「環境」の三要素で体系化された、ワンランク上の接遇コンサルティング・研修のメソッド『プレミアム接遇』をご紹介します。


「”相手に印象付ける”一歩踏み込んだ接遇を学ぶ研修」株式会社リカレント

現場で日々行われるサービスは、多くの場合ルーティン化しています。その内容一つ一つについて自社だけで見直すのは、かなり大変な作業ですよね。本研修では、他社のおもてなし事例を交えながら、「お客様の印象に残るサービスとは何か」を総合的に学ぶことができます。対象は新入社員から中堅社員までで、それぞれのレベルに合わせた内容をご用意しています。

株式会社リカレントは、1986年の創業以来、より多くの企業、そしてそこで働く個人が成長し続ける社会の実現を目指して、たくさんの社会人に学びの場を提供してきました。研修をもっと身近なものにして人材育成を後押しするために、300名以上の講師と数百種類の研修カリキュラムの中から、貴社にとって最も効果的な内容をご提案します。
株式会社リカレント
株式会社リカレント

人材育成の便利な道具となり、企業に「もっと研修を」

個々人のできることを増やし、よりよい人生を送っていただくための研修を紹介します。


「お客様に”感動”を与える接遇研修」株式会社アイル

お客様が「あの店は他とは違う」「同じ商品を買うなら絶対あの店がいい」と感じてくれるのは、サービスに感動を覚えたときです。そんな、顧客満足を超えた「顧客感動」を生み出すためのノウハウやスキルについて、大手航空会社で接遇を極めた講師が具体的にお伝えします。ロールプレイングやグループワークを通して、接遇を実践的に学べる研修です。

株式会社アイルは、企業の資本である「人」を育てるためのトータルサポートを通して、結果が出せるチームづくり・社員がイキイキ働く職場づくりを支援します。研修は、新入社員から管理職まで、また総務や営業など様々な階層・職種に対応が可能です。社員の力を最大限に引き出す幅広い研修プログラムの中から、貴社の課題解決にピッタリなものをお選びいただけます。
株式会社アイル
株式会社アイル

未来が広がるスキルアップ応援します。

企業の資本は「人」です。新入社員・ベテラン社員もスキルアップできる研修プランを紹介します。


「【金融機関向け】社員のおもてなしの心を育てる接遇研修」日本ATM株式会社

金融機関を取り巻く市場環境は、年々変化しています。その中で高い専門性を保ちながら、お客様のニーズに合わせて柔軟かつホスピタリティ精神あふれる対応ができる人材への要求が高まっています。本研修はコールセンター・店舗スタッフ・一般社員教育の3つのコースをご用意し、金融機関のサービスレベル向上に貢献します。

金融機関向けの人材派遣などで培ったノウハウをもとに、金融店舗・コールセンターのお客様対応のレベルを向上させる研修をご提供します。社員の問題解決能力を引き出し、自ら考え行動する「自律した人材」の育成に役立ちます。
日本ATM株式会社
日本ATM株式会社

考える 創る 成長する…夢をかたちに

「コールセンタースタッフ教育」「店舗スタッフ教育」「一般社員教育」を展開しております。 接遇・マナー研修サービスを紹介します。


「【ホテル・旅館業向け】明日から即使える!接遇力向上研修<」株式会社トゥルース

インバウンド増加に伴って宿泊事業へのニーズが高まり続ける一方で、一般的なマナー研修だけでは、外国のお客様が求める接客レベルには追いつけない現状があります。本研修は、宿泊サービス業に特化した内容で、高水準のおもてなしについて学びます。現場の社員が明日からすぐに使える接遇スキルが身につきます。

株式会社トゥルースは、企業のニーズに応じた「成果につながる研修プログラム」を個別にご提案します。全国に約350名在籍する講師は、航空会社・宿泊・飲食・観光業などで社員の管理や指導にあたってきた専門家揃いです。新入社員から管理職まで、サービス業に特化した研修内容を豊富にご用意しています。
 株式会社トゥルース
株式会社トゥルース

伝える「技術」と「心」を身に着ける研修

全国300名のプロ講師!シティホテル~簡易宿泊所、旅館まで幅広い支援実績で今すぐ使える実践的なノウハウを現場の状況にあわせてお伝えします。


接遇研修についてよくある質問

なぜ接遇研修が必要なのですか?

グローバル社会を迎え、サービスが多様化する世の中になりました。
類似した商品やサービスを提供する企業が数多くある中で、お客様に自社を選んでもらうためには、「記憶に残るおもてなし」で差をつける必要があります。
お客様が期待しているおもてなしの、さらに上を行く対応ができれば、商品やサービスに付加価値が生まれます。
そうすることで自社のファンが増え、社会的な信頼度もぐんと上がります。
情報化社会では、企業の評判は良くも悪くも、驚くべきスピードで広まるものです。
その中で自社が注目を集めるために、接遇でサービスのレベルアップを図りましょう。

接遇研修を受講するメリットは何ですか?

接遇を学ぶと、現場の社員がお客様目線で物事を考えるようになります。
接遇研修で「おもてなしとは何か」を知ることで、普段何気なくしているサービスにも疑問を持つようになるからです。
「お客様がもっと気軽に利用できる方法はないか?」「店舗をより快適な環境にできないか?」と工夫を重ねることで、顧客満足度が上がっていきます。
サービスの質が上がると、お客様から喜びや感謝の声をいただく機会が増えます。
その声を受けた社員は自信が芽生え、さらにサービス改善を重ねるという良い循環が生まれるのです。
従業員満足度が上がれば、イキイキと仕事をする社員が増えて、働きやすい職場づくりにつながります。

接遇研修のゴールは何ですか?

多くの企業が、接遇はお客様に向けたものだけだと考えています。
でも本当に大切なのは「接遇を学んで社内のチーム力を高めること」、これが接遇研修のゴールと言っても過言ではありません。
質の高いサービスを提供するには、社員同士のチームワークが何よりも重要です。
お客様が来店された目的をしっかりと現場の社員で共有し、適切な声かけやサービスができれば、お客様との信頼関係を築くことができます。
社員同士が尊重し合い、困ったときは助け合う風土があってこそ、質が高く記憶に残るサービスを提供できます。
現場の社員同士の仲が悪いと、その雰囲気は必ずお客様に伝わります。
接遇研修を通して、社外だけでなく社内にも目を向け、良いチームづくりや社員同士の関係性向上を促進しましょう。

接遇研修を導入する効果

接遇研修が人気の理由には、接遇を身につけることで3つの大きなメリットがあるからです。

競合が増え、様々な業態で自由度が高まってる今だからこそ、お客様に選んでもらえる企業を目指すために、これらのメリットを最大限に生かすことが大切です。

おもてなしの心が学べる

接遇はおもてなしです。

おもてなしという言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような言動がおもてなしになるのか、理解し切れていない人もいるのではないでしょうか。

正しい知識を持って行動をしなければ、自己満足で終わってしまうかもしれません。サービスという言葉だけでは終わらせない、ワンランク上の作法や振る舞い、気遣いを学ぶ、これが接遇研修を受けるメリットです。

研修プラン:8
ホスピタリティ研修
ホスピタリティ研修

ホスピタリティ研修でお客様の満足度を最大化、現場で活躍できる人材を育成いたします。


顧客満足度が上がる

接遇が身につくと、立ち居振る舞いがスマートになり、お客様へのサービスの質も上がります。

お客様の気持ちを先回りして、どうしたら居心地が良いと思ってもらえるか、どうしたら喜んでいただけるかという視点で行動ができるようになります。

そのおもてなしの思いは必ずお客様に伝わり、ファンを増やします。現存の顧客の満足度を上げることは、新しい顧客を生む結果につながります。

今は情報が簡単に手に入る時代です。消費者の目もどんどん肥えてきてます。そのような中でいかに安全で安心のサービスを提供しているかがポイントになりますので、接遇を身につけ、お客様にアピールをしたいものですね。

取引先からの印象が良くなる

接遇研修では基本的なビジネスマナー、身だしなみ、表情トレーニング、挨拶、立ち居振る舞いなど、第一印象で好感を持ってもらうためのトレーニングを行います。こうした振る舞いを身につけることができれば、初対面の取引先にも良い印象を持ってもらうことができ、その後のコミュニケーションがうまく行きやすいです。

接遇研修で学べる内容は、サービス業の現場で働く社員だけでなく、企業営業などBtoBの職種の方にも役立ちます。

従業員満足度が上がる

接遇を学ぶと、お客様だけではなく、社員がお互いに気持ち良く仕事をすることにも意識を向けるようになります。
社員間の人間関係が良くなり、会社全体の雰囲気が良いと、働いていても心地よいですよね。

さらに、お客様に選んでもらえる企業となった時、業績も伸びますし、個人の努力も報われます。顧客満足度が上がるとクレームや接客トラブルも減りますので、社員のストレスや負担が減るのもうれしい効果です。

接遇研修の特徴


接遇研修ではどのようなカリキュラムがあり、どのようなスキルが得られるのでしょうか。

個人が本を読んでも学ぶことも可能なのかもしれませんが、研修でしか得られない情報や知識が多数あります。幅の広い接遇の範囲ですが、特にどのようなことが学べるのかまとめてみました。

接客スキル

直接お客様と接するときのマナーやスキルを学ぶことができます。

敬語の使い方や印象の良い話し方はもちろんですが、笑顔の練習をすることもあります。笑顔は接客の基本です。作りすぎず自然な笑顔になるように鏡を見たり、写真を撮ったりして確認します。

ワークやロールプレイングを通して、与えらえた課題をクリアすべく、接客の仕方を考えるなどの、即実践できる内容が盛り込まれています。

さりげない言動でお客様の心を穏やかにする、そんなスキルが身につきます。どのような業種でも、直接お客様と接する機会がある人は、受けて損はありません。

ビジネスマナー

ビジネスで必要な知識やマナーも学ぶことができます。

身だしなみ、名刺交換の仕方や挨拶、お辞儀についてなどの基本動作から、電話やメールの基礎知識もマスターできます。

日常生活でおこなっているマナーがビジネスシーンでも通用するとは限りません。仕事ならではのマナーも多々ありますので、改めて知るきっかけになります。

研修によっては新聞の読み方や、情報の整理の仕方など、情報過多な時代背景を加味した内容をおこなっている企業もあります。

コミュニケーションスキル

働く上で避けて通れないのが、人間関係です。コミュニケーションが苦手で、人間関係を築くのが苦手という声をよく聞きます。

人間関係に対してどのような特徴を持っているのか、どのような話し方、聞き方の癖があるのかなど、自分を分析する内容がありますので、自分を振り返る機会になります。

傾聴や質問の仕方など、会話術が身につきますので、コミュニケーションが苦手だった人ほど新たな能力を開花させるキッカケになります。

特にコミュニケーションでは話題を広げるためにも『訊く力』が必要です。質問力とも言いますが、どんな訊き方をしたら、相手は心地良く答えてくれるか、思いを引き出せるかということも学べます。

ダイバーシティ対応

ダイバーシティとは、「多様性」を意味します。
年齢や性別・国籍といった目に見える要素のほかに、個人の価値観やライフスタイルの違いなど目に見えないものも含みます。

お客様はもちろん、同じ会社で働く社員同士も、様々な人が存在していると理解することが大事です。
そのうえでそれぞれの多様性を認め、相手のニーズを汲み取りながら接客をしたり、人間関係を構築したりする能力が今求められているのです。

障害のある方やご高齢の方、外国籍の方などお手伝いが必要な人に快く手を差し伸べられる対応は、接遇の基本です。
また「自分自身の当たり前が、相手にとっても当たり前であるとは限らない」というマインドがあれば、社内での経歴や立場の違いによる様々な相違点も、前向きにとらえることができます。

相手の目線になって物事を考え、すべての人が心地よく過ごせる空間を作る力を養います。

マネジメント能力

安心安全、心地良さを与える対応は、自分の心の状態が整っていないとできないですよね。

落ち着いた状態で仕事に臨むには、業務の整理や管理の方法、自分自身の仕事の仕方、心身のケアの方法を理解し、確立している必要があります。

マネジメント力は管理職だけのスキルではなく、社会人であれば誰にでも必要な能力です。社員全員がマネジメント能力を伸ばすことで、組織全体の仕事の仕方やスピード感が良くなります。

また、マネジメント力が高くなると、問題の早期発見と解決力もアップしていきます。課題を見つけ出し、対処することは顧客満足度にもつながりますので、ぜひ取得したい能力です。

クレーム対応力

どんなに人気の企業でも、必ず一定数のクレームやお客様からの要望はあるものです。誰がどのタイミングで対応するかわかりませんので、社員全員で対応方法を習得する必要があります。

クレーム対応が上手くいかないと、自分のせいだと責めてしまったり、心が折れてしまい仕事が続けられなくなってしまいます。

せっかくの優秀な人材を手放す結果にならないような、クレームからファンになってもらえるような、正しいクレーム対応を知るきっかけになります。

失敗しない接遇研修の選び方


研修を開催したけれど、実践されない、期待した効果が得られないという結果は避けたいですよね。

せっかく受けてもらう研修ですから、すぐにでも活用して良い方向に進めるように、研修の企画段階で気をつけるポイントがあります。

ここを押さえておくと、失敗は少なくなりますので必ずチェックしてくださいね。

専門性の高い講師を選ぶ

研修をおこなう時に困るのは講師選びです。

社内の人材を使うこともあるかもしれませんが、外部委託の場合は講師に対してある程度要望を伝えることができます。
研修で得たい結果を明確にし伝えることで、その分野に精通した講師を派遣してもらいやすくなります。

講師の中には、得意な業界がある人も多くいます
医療系が得意な講師、営業系が得意な講師、販売系が得意な講師など、自分の業界を得意としている講師を見つけるとさらに深く具体的な内容の研修がおこなえます。

内容を絞り込む

接遇はどの業界にも必要なスキルですが、業界により習得したい内容に差があります

飲食業界なのにビジネスマナーを中心に研修をおこなっても、活用されにくいですよね。自分の業界にあった内容を考え開催するようにしましょう。

接遇の範囲はかなり広いですから、いっぺんにすべてを学ぼうとするのは難しいかもしれません。

できれば数回にわけて、内容を絞り込むほうがお勧めです。せっかく学んでもどこから何を実践してよいかわからないとなったら、もったいないですよね。社員の負担防止にも内容は絞ることを意識してください。

実践につながりやすい内容

理論を聞いただけで実践できる人もいるかもしれませんが、体験して覚える人もいます。

講義形式の内容だけではなく、個人ワークやグループワーク、ロールプレイング、事例検討など、様々な方向から考えられる内容ですと、受講者全員がわかりやすく実践につながりやすくなります。

研修が絵に描いた餅にならないように、いかに実践につなげるかが課題となります。

接遇リーダーの養成が可能

接遇はすぐに身につくものではありません。時間をかけてゆっくりと浸透するものです。

社員全員の接遇スキルを上げるためには、現場での実践に勝るものはありません。それは研修では得られにくいものですから、社内で指導をする役目が必要になります。

社員全員が研修を受けると同時に、指導役となる接遇リーダーの養成もおこなうことが大切です。

リーダー育成の内容も入っている研修ですとより良いものになります。最終的に得たことを活用するのは社員の力にかかっています。

継続しやすさ

何度も繰り返しになりますが、接遇の範囲は広くすぐに身につくものではありません。そのため、継続して学び続ける必要があります。長時間の研修を年に1回や数年に1回おこなっても、効果は薄くなる可能性が高くなります。1回の時間が短くても、内容がひとつひとつだとしても、継続できる方法で開催するのがお勧めです。

出来ればひと通りの内容が終わるまでは、同じ講師にお願いをするのが良いです。なぜなら、講師により小さな違いがあるためです。前回言われた内容と違うことを言われたら混乱しますよね。

講師選び、開催時期の検討、プログラムの決定、開催場所などは、継続することを念頭に決定していきましょう。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な接遇研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの接遇研修対応しています。

コロナ禍での接遇研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

接遇研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な接遇研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでの接遇研修対応しています。

コロナ禍での接遇研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。