研修を探す

「ダイバーシティ研修で学ぶ内容とは?」

「ダイバーシティ研修を実施する目的がわからない」

上記のようにダイバーシティ研修に対する悩みを抱いている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、ダイバーシティ研修を実施する目的やダイバーシティ研修の選び方、研修により解決できる悩みなどについて紹介します。ダイバーシティ研修の実施を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • ダイバーシティ研修の目的
  • ダイバーシティ研修のラインナップ
  • ダイバーシティ研修で学べる内容

ダイバーシティ研修は、その性質上自社が抱えている課題によって研修内容をカスタマイズするのがおすすめです。キーセッションでは、貴社の課題やご要望に応じて、複数の研修会社から最適な研修をご提案します。相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

ダイバーシティ研修とは?そもそもダイバーシティとはどんな意味?

ダイバーシティ研修とは、企業での多様性への理解を促進し、社員が働きやすい環境を整えるための研修です。

そもそもダイバーシティとは、「多様性」という意味です。ダイバーシティの例としては、雇用形態の違い(フルタイム・パートタイムなど)や、性別、障がいの有無、国籍などの属性の違いが挙げられます。

このような多様性のある社員の個性を活かした経営を、ダイバーシティ経営といいます。

多様な人材が会社に集まることで、多様化するニーズに応える商品やサービスを作り出すことが可能です。

ダイバーシティ経営は、「ダイバーシティ&インクルージョン」の一環です。「ダイバーシティ&インクルージョン」とは、多様な人材を活かしつつ、それぞれの能力を発揮するための取り組みを指します。

ダイバーシティ研修の目的

ダイバーシティ研修は、以下の3つを目的としています。

  • 女性社員が働きやすい環境を整備するため
  • 偏見や先入観による差別がない環境を受け入れられるようにするため
  • 企業のイメージを向上させるため

女性社員が働きやすい環境を整備するため

ダイバーシティ研修の目的の一つに、女性社員が働きやすい環境作りが挙げられます。女性は、結婚や出産などを理由に会社から働き方の選択を迫られ、時にはハラスメントを受けることもあります。

育児や出産などがあっても女性社員が働きやすい環境にするためには、ダイバーシティ研修が効果的です。ダイバーシティ研修の受講により、女性社員の働き方の選択肢を広げることを目指します。

偏見や先入観による差別がない環境を受け入れられるようにするため

ダイバーシティ研修では、偏見や先入観による差別意識をなくすことが目的です。企業を成長させるためには多様化が不可欠であり、そのためには個人の意識から変えていかなければならない場合があります。なぜなら、人によっては無意識に差別や偏見を持ってしまっているからです

ダイバーシティ研修の受講により間違った先入観を改善し、新たな視点を持てるようになります。多様化について正しい知識を身につけましょう。

企業のイメージを向上させるため

ダイバーシティ研修は、企業のイメージアップにもつながります。

近年、企業のグローバル化が進んでおり、外国人を採用するケースが増えています。外国人と一緒に働くためには、多様な価値観や考え方を受け入れることが必要です。

また、少子高齢化で労働人口が減少し、シニアや障害者など幅広い人々が活躍できる環境を用意する企業も増えています。

このように多様な人材を受け入れてダイバーシティを推進している企業は、柔軟な考えを持っているという印象を受けます。結果企業のイメージアップにもつながるのです。

ダイバーシティ研修の選び方

ダイバーシティ研修の選び方を3つご紹介します。

  • 所要時間の違い
  • ケーススタディの有無
  • 自社の目的になった内容かどうか

これからダイバーシティ研修を検討する方は参考にしてください。

所要時間の違い

ダイバーシティ研修は、提供する研修会社によって所要時間が異なります。数時間で終わる研修もあれば、半日または1日必要な研修もあります。

所要時間が異なる理由は、ダイバーシティ研修はカバーする範囲が多岐にわたるためです。全体的な基礎知識だけでなく、女性社員の活躍や障がい者の活躍など、特定の論点を研修で扱う場合があります。

長時間の方が内容が充実していますが、短い方が社員の集中力が持続して費用対効果が高い傾向にあります。会社のダイバーシティの意識が低い場合、短時間の研修から入った方が馴染みやすいかもしれません。

ケーススタディの有無

ケーススタディの有無で研修会社を選ぶのも一つの方法です。ケーススタディがあると、より実践的なシチュエーションを想定してダイバーシティを身に付けられます。

社員には研修を通じてダイバーシティの知識を身につけるだけでなく、ビジネスの現場で活かすことが求められています。そのため、ケーススタディがある研修が望ましいでしょう。

自社の目的にあった内容かどうか

ダイバーシティ研修を選ぶ際は、自社の目的に沿った内容を選びましょう。たとえば、企業をグローバル化したいと考えている場合は、グローバル化における外国人登用などを学べる研修がおすすめです。

この方法で研修を選ぶ場合は、目的を明確にする必要があります。

ダイバーシティ研修の対象者

ダイバーシティ研修の対象者は、以下のような社員です。

  • ダイバーシティ&インクルージョンについて理解していない方
  • 多様な人材との働き方について学びたい方

ダイバーシティ研修は多様性への理解を深める研修です。特定の階層や年齢層の社員というより、ダイバーシティ&インクルージョンの概念や意義が分からない方には、受講してもらうとよいでしょう。

ダイバーシティ研修の導入で解決できる悩み

ダイバーシティ研修の導入で、企業が解決できる悩みは以下の通りです。

  • ダイバーシティ経営の意味がわからない
  • 多様なバックグラウンドの社員を採用し、争いが生まれた
  • 価値観が異なる社員たちのコミュニケーションがうまくいかない
  • 部下が上司の指示に聞く耳を持たない
  • 時短勤務や在宅勤務の社員とのコミュニケーションがうまくいかない

上記の悩みを解決するには、専門知識をもつ講師に教えてもらうのが効果的です。研修を実施して多様性を理解し、よい経営とよい現場に改善していきましょう。

ダイバーシティ研修のラインナップ

現在開催されているダイバーシティ研修を紹介していきます。

  • グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修「株式会社J-グローバル」
  • グローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化する異文化コミュニケーション研修「株式会社ノビテク」

ご紹介する研修プログラムの他、企業のニーズに応じたカスタマイズも可能です。気になる研修や研修会社を見つけたら気軽に問い合わせをしてみましょう。

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修「株式会社J-グローバル」

株式会社J-グローバルのマネジメント研修はグローバルチームのリーダーやメンバーなどグローバル環境で働く人を対象とした研修です。外国人スタッフの活躍を念頭に置いています。日本らしい価値観とは異なる異文化がチームワークの障壁となっている組織におすすめです。

多様な価値観を取り入れることは商品やサービスの品質向上のためにとても重要です。しかし、スタッフ個々が考える働き方や仕事への姿勢などの価値観が異なると、チームでの仕事で軋轢が生じます。外国人スタッフを採用した場合はとくに、日本の価値観を理解してもらえず、本人も周囲もストレスを感じるケースがあります。違いを矯正するのではなく、違いを活かしてパフォーマンスを最大化したほうがよいでしょう。当研修では、そのためのコミュニケーションやマネジメントの方法を学べます。

株式会社J-グローバルは、日本企業がグローバル化するための提案を行う企業です。ダイバーシティやコミュニケーションの課題の研修だけではありません。日本人社員のグローバル化や外国人社員の登用、組織の制度へのアドバイスなど、顧客に合わせたコンサルティングを行っています。

グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修

株式会社J-グローバル

グローバルな組織で、チームのパフォーマンスを最大化するために欠かせないスキルを学びます。異なる文化を持つチームメンバーと、協力して仕事を進めるために不可欠な力を身につけることができます。

株式会社J-グローバル

株式会社J-グローバル

日本企業の国際化をお手伝い


研修プランを詳しく見る

グローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化する異文化コミュニケーション研修「株式会社ノビテク」

株式会社ノビテクの研修は、役員や経営陣、管理職、中堅社員、若手社員など、幅広い階層の社員を対象とした研修です。この研修は、ダイバーシティの中でも、外国人スタッフの活躍を念頭に置いています。グローバル環境で異文化をもつ人をまとめる立場の社員に必要なコミュニケーション能力を高められる内容です。

研修では、グローバル・リーダーに求められる資質や能力を学び、ロジカル・コミュニケーションを身につけます。文化的な背景が異なる社員たちをまとめる立場だからこそ、論理的・合理的な考え方と話し方が大切です。文化が異なっても説得力をもつコミュニケーション方法を身に着け、グローバル・リーダーとして成長できる内容の研修となっています。

株式会社ノビテクは、基本的なやり方を学び、うまくやり遂げられる方法を自ら考えられるように導く研修を行う研修会社です。ビジネスシミュレーションをはじめとしたワーク中心の研修プログラムを行っています。そのため、受講者が眠くならず能動的に参加でき、学んだことが定着しやすいのも特徴です。

グローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化する異文化コミュニケーション研修

株式会社ノビテク

異なる価値観、異なる見解の人々とのグローバル・コミュニケーションで重視される論理的思考および論理的表現力を強化します。

株式会社ノビテク

株式会社ノビテク

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす


研修プランを詳しく見る

ダイバーシティ研修で学べる内容

ダイバーシティ研修で学べる内容の例は、以下の通りです。

  • 多様性を活かしたマネジメント方法
  • 価値観の異なるメンバー同士のコミュニケーション方法
  • 企業として必要な配慮や制度
  • ダイバーシティへの理解
  • ダイバーシティに対する当事者意識

詳しい内容は研修会社によって異なりますが、共通する主な内容についてそれぞれ解説していきます。

多様性を活かしたマネジメント方法

ダイバーシティ研修では、多様性を活かしたマネジメント方法を学べます。適切なマネジメント方法を身につけると、メンバーの個性を活かしたチーム運営ができます。

多様性を活かした採用を行うと、チームのメンバーの価値観やスキルにばらつきが生じやすいです。そのため、リーダーは各自の個性を理解したうえで仕事の割り振りやフォローを行う必要があります。しかし、さまざまな人材に対するフォローは簡単ではないため、ダイバーシティ研修でマネジメント力を鍛えています。

価値観の異なるメンバー同士のコミュニケーション方法

ダイバーシティ研修では、価値観の異なるメンバーたちのコミュニケーションを円滑にします。

ダイバーシティ経営を推進する過程で起こりがちなのが、価値観の違いによる現場の軋轢です。自分と異なる考え方や性格を受け入れるのは難しいため、多様な人材が集まる現場ではトラブルに発展する可能性も否定できません。

ダイバーシティ研修では、価値観の異なる人とも円滑なコミュニケーションを取るための方法を学べます。自分の価値観を相手に押し付けない話し方や、自分の考えを威圧的にならずに伝える方法を身につけることが可能です。さらに、価値観の異なる相手のことを理解する話の聞き方などを習得して、良好な人間関係を築くことを目指します。

企業として必要な配慮や制度

ダイバーシティ研修では、企業として必要な配慮や制度について学べます。

たとえば、具体的には、育児・介護休暇制度や、フレックスタイム制度などです。多様な人々が働く上では、これらの基本的な制度を理解して、場合によっては取得を促すように配慮することが大切です。

ダイバーシティへの理解

ダイバーシティ研修を受けることで、ダイバーシティへの理解が深められます。なぜなら、研修では多様性を理解して尊重することの重要性について学ぶからです。

ダイバーシティについて理解すると、多様なメンバーと協力して目標を成し遂げたり、チームを引っ張るスキルを身につけることができます。

ダイバーシティに対する当事者意識

ダイバーシティ研修では、当事者意識が育成されます。研修を受けることで、自分自身がダイバーシティに関わる立場で考え、行動する意識を養えるからです。

当事者意識の育成によって、企業内での協力や共感が生まれ、ダイバーシティを活かしたイノベーションや問題解決が促進されることが期待されます。

ダイバーシティ研修を成功させるためのポイント

ダイバーシティ研修を成功させるポイントは以下の通りです。

  • マネジメント層対象の研修から実施する
  • 能動的なグループワークを導入する
  • 問題の解決事例を踏まえた研修を依頼する

研修の効果を最大化させるために、研修会社にリクエストするとよい点も解説していきます。

マネジメント層対象の研修から実施する

ダイバーシティ研修を成功させるためには、マネジメント層を対象とした研修から実施するのがポイントです。

ダイバーシティ推進の取り組みにおいて、管理職が大きな役割を担います。まずは中心になる人材からダイバーシティ研修を受けて、スムーズにダイバーシティを推進していきましょう。

社内でダイバーシティを円滑に推進するには、コミュニケーションスキルアップ関連の内容が入っている講座がおすすめです。

能動的なグループワークを導入する

ダイバーシティ研修では、グループワークを取り入れるようにしましょう。

グループワークを通じて意見を交わし、社員が普段感じている違和感や差別されている感覚などを共有できます。ワークを通じてダイバーシティの理解を深めるだけでなく、職場の問題を発見できる可能性もあります。

問題の解決事例を踏まえた研修を依頼する

問題が起きたときの対処事例について学べるよう、研修会社に依頼することもポイントです。現在は表面化していなくても、職場の人材が多様化することで、いじめや差別などの問題が起こるケースがあります。研修でこのような問題の対処方法について学んでおくと、役に立つことがあるかもしれません

とくに管理職は職場のトラブルの仲裁も仕事に含まれます。管理職が受講する研修では、社員間でのトラブルや解決事例の紹介を依頼しましょう。

ダイバーシティ研修についてよくある質問

ダイバーシティ研修についてよくある質問に答えていきます。

KeySession研修コーディネーター
この記事の監修者

KeySession研修コーディネーター - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します
【無料】研修のお問い合わせ

研修を探す
目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します

ダイバーシティ関連

女性活躍推進研修 研修プラン

女性が能力を発揮しながら長期間にわたり会社に貢献できる職場づくり

研修プラン 研修会社
女性が活き活きと業務に取り組むための女性活躍推進研修㈱モチベーション&コミュニケーション
女性リーダー育成研修㈱モチベーション&コミュニケーション
会社でより一層輝ける女性向けキャリア研修㈱ノビテク
自ら活き活きと働き組織の成果も高める女性リーダー育成研修㈱ノビテク

女性向けキャリア研修 研修プラン

理想的なライフプランを実現する

研修プラン 研修会社
会社でより一層輝ける女性向けキャリア研修㈱ノビテク
自ら活き活きと働き組織の成果も高める女性リーダー育成研修㈱ノビテク
女性が働きやすい職場環境を築く女性向けキャリア研修㈱モチベーション&コミュニケーション

女性リーダー育成研修 研修プラン

企業成長に欠かせない女性従業員の力

研修プラン 研修会社
【OJTを体系化する部下育成研修】サービス業の現場で生かせる部下指導5つのステップザ・ホスピタリティチーム㈱
会社でより一層輝ける女性向けキャリア研修㈱ノビテク
自ら活き活きと働き組織の成果も高める女性リーダー育成研修㈱ノビテク
女性リーダー育成研修㈱モチベーション&コミュニケーション

導入実績から研修を探す

ダイバーシティに関する記事