「ダイバーシティ経営」という言葉が使われるようになって久しいですが、日本の企業の多くがまだ途上にある段階です。これは、ダイバーシティ経営のメリットやどのように進めたら良いのかを理解できている企業が少ないからです。ダイバーシティ研修でダイバーシティ経営の必要性の理解を徹底しましょう。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なダイバーシティ研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのダイバーシティ研修対応しています。

コロナ禍でのダイバーシティ研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

ダイバーシティ研修の専門企業 12選

限られた時間で成果を出す個人と組織を育成します - ワ ークシフト研究所

今後、社会の多様化はますます進み、後退することはありません。 わたしたちは、 個人の成長を通じて、組織もまた成長、発展し永続していく仕組みを皆様とともに実現させていくことが使命であ…

日本の経営革新、世界と社会と共に。 - 日本能率協会(JMA)

“人づくり”“組織づくり”“仕組みづくり”こそ、これからの日本産業界に対するJMAの責任だと考えています。 日本産業界から生まれるイノベーションが世界、そして社会を変えると信じています。こ…

実効性の高いマネジメントソリューションの提供により個と組織の健全な発展に貢献する - リクルートマネジメントスクール

個人の持てる能力や可能性を生かし、組織として統合することで、個の足し算以上の大きな成果を生み出していく。私たちは最も重要な経営資産のひとつである「人と組織」をテーマに、マネジメン…

ひとの学びと成長を支援する。ひとの学びと成長を、組織の力へ変えていく。 - 株式会社富士通ラーニングメディア

最高水準の『知』のサービスを提供することにより、お客様の真のパートナーを目指します。 お客様の「成長のスパイラル」をサポートします。

社員研修を通じて、強い組織作りをお約束します - SMBCコンサルティング株式会社

個人の能力アップ・知識・スキルの深堀り、自社特有の人材育成課題を解決いたします。

小さいことほど丁寧に 当たり前のことほど真剣に - ANAビジネスソリューション株式会社

「人材」を組織のパーツとするのではなく「人財=たから」と考え、人材の「材」を財産の「財」と表現し、育てることを目指して参りました。 大切なお客様にご満足いただくため、そして社員一人…

ダイバーシティ&インクルージョンを実現し多様性を組織の力に活かします - 株式会社クオリア

働く人にとって創造性と笑顔があふれる「場」をつくります。 社会のあらゆる場面で、ダイバーシティ&インクルージョンが理解され、違いを乗り越え協働する社会を実現します。

自己流から一流へ、そしてグローバルへ - キャプラン株式会社(CAPLAN Corporation)

人を活かして社会に貢献します - Design your Future with Caplan - “ 働く人々のライフパートナーとして共に輝く未来を創り、企業・社会の発展に貢献すること ” 人の可能性を引き出し人生…

生きた情報を活用したビジネス人材育成 - 日経ビジネススクール

変革と活力をもたらす人をつくる 私たちのミッションは「グローバルにビジネスを推進し、社会に変革と活力をもたらす人材を育成すること」です。 日経グループの総力を挙げて、世界に通用す…

人材育成の便利な道具となり、企業に「もっと研修を」 - リカレント

リカレントは社会人の再教育を提供するリカレント教育機関です。教育を通して、できることを増やし、よりよい人生を送っていただくために会社のリソースをすべてを捧げています。

お客様の人材育成・組織開発分野における課題解決をトータルに支援いたします。 - NTTラーニングシステムズ

輝く、未来の人創り 学びに携わる皆様の課題を解決し、人を育てる心を育て、持続的な成長を支援するパートナーをめざします。 そのために、プロとして自己研鑽し、時代変化を敏感にとらえ、…

ダイバーシティとは「多様性」という意味で、ダイバーシティ経営とは社員一人一人が持つ異なる個性を活かした経営を行うことです。ダイバーシティとしては、例えば雇用形態の違い(フルタイム・パートタイムなど)、性別、障害の有無、国籍といった属性の違いが挙げられます。

これらの属性が異なる多様な人材が会社に集まることで、多様化するニーズに応えるモノやサービスを生み出したり、社員が働きやすい環境を整えたりすることができます。

ダイバーシティ研修の選び方

ダイバーシティ研修は、研修会社によって扱う範囲が異なります。自分の会社に合った研修を選ぶためにも、数社ピックアップして比較しましょう。ここでは、比較する際にポイントになる箇所を解説します。

所要時間の違い

ダイバーシティ研修は会社によって所要時間が異なります。数時間で終わる研修もあれば、半日または1日必要な研修もあります。

なぜ所要時間が異なるのかというと、ダイバーシティ研修はカバーする範囲が多岐にわたるからです。全体的な基礎知識だけでなく、女性の活躍や障害者の活躍などの個別の論点も研修で扱おうとすると、1日でもタイトな行程になってしまいます。

長時間の方が内容が充実している傾向にありますが、短い方が社員の集中力が持続して費用対効果が高い場合もあります。会社のダイバーシティの意識が低い場合、短時間の研修から入った方が馴染みやすいこともあります。

ケーススタディの有無

研修会社によって、座学のみの場合とケーススタディを行ってグループで議論するワークなどを導入している場合とがあります。

社員には研修を通じて知識を身につけるだけでなく、多様性を活かしてビジネスを創出することが求められているはずです。したがって、より実践に即した内容の研修が望ましいでしょう。

他社の事例を参考にディスカッションできるプログラムを用意している研修会社も数多くあります。実際に頭と手を動かすワークがあるかも、研修を選ぶ際の大事なポイントです。

ダイバーシティ研修が組織にもたらすパフォーマンス

ダイバーシティ研修を行い、多様性を重視する価値観を養うことは、経営にもメリットをもたらします。

勘違いとしてよくあるのが、「多様な人材を雇うことが求められている」という社会貢献の範囲に留まった考えです。CSRやコンプライアンスの観点に留まるのではなく、職場におけるダイバーシティを活かしてビジネスチャンスにつなげるのが「ダイバーシティ経営」です。

研修を通じて本当の意味でのダイバーシティ経営を学ぶことで得られるメリットについて解説します。

多様なニーズに応える商品・サービスづくり

職場の人材の個性が多様化することで、多様なニーズに応える商品やサービスを作り、顧客満足度を高めることができます。

そもそも、多様化しているのは職場だけではありません。私たちの社会では急速に価値観の多様化が進んでいるため、顧客にもさまざまな人がいるのです。よって、顧客のニーズや悩みも多様化しています。

顧客のニーズが多様化しているのに、商品やサービスを提供する企業の人材がある属性に固まっていては、ニーズに応えることができません。顧客に求められる商品やサービスを生み出すことができず、結果的に企業の衰退につながってしまう可能性があります。

価値観が多様化する社会を生き抜くためにも、会社の中のダイバーシティが必要です。経営層のみならず現場の社員にもこのことに気づいてもらうことで、現場からも良いアイディアが生まれやすくなります。

働きやすい職場環境の整備

多様化する価値観に対応している企業は、社員が働きやすいというメリットがあります。

男女や障害の有無、日本人か外国人かといった属性での格差がある職場よりも、無い職場の方が皆が円満に働けるのは当然です。また、働きやすい環境を整えることで、優秀な社員が長く会社に貢献してくれるようになり、会社にとって大きなメリットになります。

環境を整備するためには、ダイバーシティ経営の意識を現場にも持ってもらうことが重要です。

残念ながら、日本の企業はまだ現場レベルでの多様性の尊重が浸透しきっていません。例えば、障害のある人へのサポートを「〇〇さんだけ優遇されている」と受け止め、差別やいじめにつながってしまうことがあるのです。

個性を尊重できる職場を作るためにも、ダイバーシティ研修を導入してダイバーシティへの理解を深める必要があります。

ダイバーシティ研修のカリキュラム例

ダイバーシティ研修ではどのようなことを学ぶことができるのか、カリキュラムの例を紹介していきます。

ダイバーシティへの理解

なぜ会社にダイバーシティが必要なのかを理解する講義を行います。

社会全体として価値観が多様化し、正解が一つではなく複数存在する環境になっています。不確実性の高い社会を生き抜くためにの、ダイバーシティ経営が必要であることを学びます。

当事者意識を育てる

ダイバーシティ研修の中で重要なのが、当事者意識を育てることです。社員一人一人に、自分も唯一無二の個性を持つ、多様な人材の一人であることを自覚してもらいます。

なぜこれまでダイバーシティ経営が浸透してこなかったのかというと、実は社員の当事者意識の欠如が大きな原因となっています。少し前まで、日本の会社は年功序列のシステムで、男性が引っ張るものでした。社内で影響力を持つ人材の属性が偏っていたため、ダイバーシティ経営の重要さに気づくことができなかったのです。

また、現在でも企業で重要なポストについているのは健常者の男性であることが多いため、ダイバーシティ経営の重要性を学んでも当事者意識を持てず、他人事のように感じてしまう社員の方が多いです。

ダイバーシティとセットで女性の活躍やLGBTQなどが語られることは多いので、当てはまらない人は「自分とは関係ない」と思ってしまいがちです。そうではなく、ダイバーシティは全ての人にとって自分の問題であることを学び、当事者意識を育てます。

ダイバーシティ研修を成功させるために

ダイバーシティ研修の効果を最大にするために、研修会社にリクエストすると良い点を解説していきます。

能動的なグループワークの導入

ダイバーシティ研修にグループワークを取り入れるよう、研修会社にリクエストしましょう。

グループワークを通じて意見を交わすことで、社員が普段感じている違和感や差別されている感覚などを共有することができます。ワークを通じてダイバーシティの理解を深めるだけでなく、職場の問題を発見できる可能性があるので、グループワークを取り入れることをおすすめします。

職場で起こる問題の解決事例

職場の人材が多様化すると、いじめや差別などの問題が起こることがあります。このような問題が起きたときの対処事例についても学べるよう、研修会社にリクエストしましょう。

特に管理職は職場のトラブルの仲裁も仕事に含まれます。管理職が受講する研修では、社員間でのトラブルや解決事例の紹介を依頼しましょう。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なダイバーシティ研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのダイバーシティ研修対応しています。

コロナ禍でのダイバーシティ研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。