「デジタルマーケティングとはどのようなものなのか?」
「できれば自社で学びたい」
「どのように習得すればよいかわからない」

デジタルマーケティングについて上記の悩みを抱えている担当者は多いです。
デジタルマーケティングは難解な分野なので、”専門者でなければわからない”という問題があります。

本記事では以下の点を解説します。

・デジタルマーケティングの定義や効果
・デジタルマーケティングが学べる研修
・研修後に企業が選択できる戦略

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、インターネットやIT技術などのデジタルテクノロジーを活用したマーケティングのことです。

よく似た用語に「Webマーケティング」がありますが、これはWebサイトを活用したマーケティングのことを指すことが多いです。デジタルマーケティングはWebサイトのみならず、アプリやAI、IoT、ブロックチェーンなどの最先端のテクノロジーを用いたマーケティングも明示的に含みます。よって、Webマーケティングはデジタルマーケティングの中に含まれます。

デジタルマーケティングの例としては、以下のようなものが挙げられます。

・ポイントカードを介した実店舗における顧客の購買動向の分析
・顧客の行動分析を活かした店舗の摂家
・Googleアナリティクスを使用したSEO対策(Webマーケティング)

ただし、業界や業種、個別の企業によって、デジタルマーケティングの意味するところは若干異なります。特に社内用語化している場合、一般的な意味とは異なる意味で使われていることがあります。これからデジタルマーケティングを学ぶ方は、一般的な定義とは別に、社内で用いるときの意味も先輩や上司に確認するなどして理解しておきましょう。

研修の対象者

デジタルマーケティング研修の対象者は、主に以下のような方です。

・会社でマーケティング部門に所属している方
・これからデジタルマーケティングの導入を考えている企業の方
・マーケティングを始めたが成果が出ていない企業の方
・属人的な営業活動を見直したい企業の方
・独学でマーケティングを担当してきたが、知識の習得に限界を感じている方
・マーケティングツールを活用したいが、どのツールが良いのかわからない方

以上のように、マーケティングやデジタルマーケティングにおける悩みがある方が対象となります。研修ではマーケティング部門に所属する方のみならず、営業部門や開発部門の方も、知っておいて損はない知識を身につけることができます。

企業が抱えている悩みや課題

デジタルマーケティング研修の導入を考えている企業は、以下の悩みを抱えています。

・そもそもデジタルマーケティングが何を示すのかわからない
・基本的な知識や用語について理解していない
・業務における活用方法が見えてこない
・デジタルマーケティングを学ぶまで時間がかかりすぎる
・売上につなげるまでのステップを可視化していない

デジタルマーケティングは専門性の高い分野であり、自社が独自に学べるほど簡単なものではありません。
上記に挙げた課題も、一つひとつ専門家による指導が必要な部分です。
デジタルマーケティングの習得では、研修の導入が必須なのです。

研修におけるカリキュラム一例

デジタルマーケティング研修におけるカリキュラム一例は以下のとおりです。

<対象者のレベル>
初心者〜中級者

<ゴール設定>
・デジタルマーケティングの基礎部分を理解する
・基本的な手法とセオリー、全体像を把握する
・初歩的なデジタルマーケティング戦略を考えて実践する

主要なテーマ 内 容
デジタルマーケティングとは? デジタルマーケティングの歴史と目的

戦略考案からコンバージョンまでの流れ

時代とユーザー心理の変化動向

デジタルマーケティングの手法とセオリー

顧客理解を深めるためのフレームワーク
インバウンドマーケティングによるサイト設計 SEOとMEOとその対策方法

インバウンドマーケティングの定義

コンテンツマーケティングの進め方

SEOコンテンツ作成のフロー
デジタルマーケティングに基づく広告運用 デジタルマーケティングにおける広告運用の基礎

ビジネスごとに適合する広告戦略

出稿におけるプランニングと振り返り
デジタルマーケティングにおけるデータ解析 データベースの基礎

SQLによる分析

データベースの活用方法

データベース解析ツールの運用
ユーザビリティの向上 ユーザービリティ向上の必要性と対応策

人間中心設計によるユーザービリティ

定量的・定性的な効果測定方法
マーケティングオートメーションの導入 マーケティングオートメーションの必要性

オートメーション化における顧客行動

MAツールのレクチャー
ソーシャルメディア活用 SNS上のプロモーション設計

エンゲージメントの向上施策

各ビジネスにおけるSNSの運用方針

デジタルマーケティングは幅が広い分野であり、研修内容も相当なボリュームになります。
また主催者によって範囲が異なる点にも注意が必要です。
自社が求めるナレッジとカリキュラムが一致しているか、事前に確認しなければいけません。

研修のラインナップ

多くのビジネス形式に対応しているデジタルマーケティング研修のラインナップを紹介します。

デジタルマーケティングDayプラン|「株式会社DMU」

株式会社DMUでは、一日でデジタルマーケティングの趣旨と具体的な戦略を学ぶことが可能です。 
具体的なカリキュラムは以下のとおりです。

・デジタルマーケティングの基礎と手法
・現在の顧客動向と理解の需要性
・ペルソナ設計とカスタマージャーニーマップ
・デジタルマーケティング戦略立案
・CRMの基礎
・データーベース管理・分析
・セグメンテーション
・メールマーケティング運用
・メールクリエイション
・クロスチャネル

株式会社DMUは、スクール・法人研修を幅広く手がける企業です。
分野はデジタルマーケティングにほぼ限定して突き詰めており、相当な経験値とナレッジを有しています。
デジタルマーケティング研修を選ぶうえでは、株式会社DMUは最有力の候補です。
株式会社DMU
株式会社DMU

特別研修パッケージとして短期間でデジタルマーケティングの基礎を体系的に習得できるプランをご用意

デジタルマーケティング人材を育成するビジネススクールと法人向け研修事業を展開しています。企業のマーケティング担当者、WEBデザイナー、フリーランス、経営企画、営業など多くの職種の方が、B2Bマーケティングスキルを習得できる研修を紹介します。



Webサイトのパフォーマンスを向上させる研修|「インターネット・アカデミー」

インターネット・アカデミーでは、Webサイトのパフォーマンス向上にフォーカスしたデジタルマーケティング研修が提供されています。
Web上のビジネス展開における拠点となる自社メディアを強化できる貴重な機会です。
大まかなカリキュラムは以下のとおりです。

・Webマーケティングの概論と戦略
・SEO対策とサーチコンソールの使用方法
・SEO対策に基づくサイト構築
・Googleアナリティクス運用
・ディスプレイネットワーク
・SNS運用
・ABテスト

インターネット・アカデミーはデジタル上のマーケティング戦略に特化した主催者です。
Google社が制作に関連したオリジナル教材をベースに講義が実施されるので、信憑性の高いナレッジを収集できます。
インターネット・アカデミー
インターネット・アカデミー

「世界中の人々へ教育を」トップ企業のリーダーが選ぶ インターネット・アカデミー

世界のit都市で得た最先端の情報と、日本で培ってきたit教育事業のノウハウを組み合わせ、人材育成とビジネス課題の解決をトータルサポートする研修を紹介します。


DXを推進するデジタルマーケティング研修|「株式会社シナプス」

株式会社シナプスのデジタルマーケティング研修では、基本知識と実践方法を成功事例とともに学習することが可能です。
講師としてマーケティング分野のオーソリティ山浦直宏氏を招聘、高度かつ再現性高いナレッジに触れられます。
またカリキュラムは、自社が求める内容にある程度カスタマイズすることが可能です。

ベースとなる研修内容は以下のとおりです。

・デジタルマーケティングの基礎と概論
・Webマーケティングにおけるデータ活用
・Webマーケティングにおける広告運用
・SNSを利用したマーケティング

株式会社シナプスは企業向けの研修を幅広く扱う企業です。
またカレッジやコンサルティングも提供しており、経験豊富な主催者だと言えます。
株式会社シナプス
株式会社シナプス

全員講師・全員コンサルタントの少数精鋭マーケティングプロ集団

担当コンサルタントが二人三脚で、貴社の営業・マーケティング組織力強化をサポートする企業研修を紹介します。


カスタマイズ可能なデジタルマーケティング研修|「株式会社Too」

株式会社Tooの「デジタル・Webマーケティング企業研修」は、自社にフィットするカリキュラムをカスタマイズできます。
デジタルマーケティングといっても、すべての範囲が自社に必要ではありません。
今求めているナレッジだけを狙って習得できるカリキュラムを構築できます。

ベースで提供している研修内容は以下のとおりです。

・Webプロモーションの基礎知識
・マーケット分析
・SEO対策
・プロモーションにおけるシナリオ作成
・Googleアナリティクスによるパフォーマンス分析
・UX分析と向上

株式会社Tooは、マーケティング研修を多数提供している企業です。
実績として日本最高峰の金融インフラベンダー「キャピタル・アセット・プランニング社」での講習経験があります。
つまり株式会社Tooであれば、東証一部上場企業が求めたデジタルマーケティングを学ぶことが可能です。
株式会社Too
株式会社Too

御社のWebマーケティング戦略にあわせてカスタマイズ

顧客の動線に沿ってデザインされた、初心者向けのわかりやすいデジタルマーケティング講座を紹介します。実践的なワークが実務に役立つと好評です。デジタルマーケティングの中でも、特にWebマーケティングに主眼を置いた講座をラインアップしています。



研修に関するよくある質問

よくある質問についてQandA形式で解説します。

費用感はどの程度か?

研修の費用感は、参加者一人あたり1万円から3万円程度です。
ただし主催者によってばらつきがあるので注意してください。

無料セミナーで学べる?

デジタルマーケティングは、研修以外にも「講座」や「無料セミナー」で教えられることがあります。
結論から言えば両方とも、一般企業レベルではおすすめできません。

講座は複数回に分けて実施されるので、習得まで時間がかかります。
無料セミナーはおおむね1日で学習することが可能ですが、導入部分しか学べないことが多いです。

オンラインで受講することは可能か?

オンラインで受講することは可能です。
集合型研修について、交通費やスケジュールの確保、ウィルス感染など、リスクと感じることがあるなら、オンライン受講を検討してください。集合型にもオンラインでもそれぞれのメリットがあります。

研修を学んだあとで取れる戦略

研修を学んだあとで取れる戦略

デジタルマーケティングはWebビジネスにおいて新しい局面を切り開く手法です。
研修後は以下の戦略を実用的なレベルで運用できます。

・コンテンツマーケティング
・広告運用
・アフィリエイト運用
・メールマガジンの運用
・マーケティングオートメーション

それぞれについて詳しく解説します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、Webサイト上での情報発信を活用する手法です。
たとえば記事や動画などでユーザーを集めてナーチャリング(顧客育成)してコンバージョンします。
オフラインでは当たり前の手法でしたが、近年は広告がユーザーから忌避されていることもあり、オンラインで注目されるようになりました。

コンテンツマーケティングで重要なポイントは、「情報の有益性」と「長期的な運用」です。上記2点については、デジタルマーケティング研修でしっかりと学べます。

広告運用

Web方面では避けて通れない広告運用は、デジタルマーケティングでセオリーと戦略が定められています。
したがって研修を実施すれば、自社での広告展開はより合理的で実利がともなうものとなります。

アフィリエイト運用

Web方面のビジネスでは欠かせないアフィリエイト運用も、デジタルマーケティング研修で学ぶことが可能です。 
多くの企業はWebサイトにてアフィリエイトを活用しているはずです。
しかし本格的にコンバージョンを確保するには、提携先の選定からレポート解析まで、一貫した戦略が必要です。
もちろんデジタルマーケティング研修では、アフィリエイト運用について余すことなく学ぶ機会があります。

メールマガジンの運用

デジタルマーケティングの研修後は、メールマガジンも正しい理論に基づいて運用できます。
多くの企業にとってメールマガジンは親和性の高い戦略です。
しかしいい加減な運用ではユーザーから忌避感を抱かれやすく、コンバージョンにはつながりません。
デジタルマーケティングに基づいた内容であれば、潜在顧客へと訴えかけ、確度高いメールマーケティングを実施することが可能です。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、あらゆる活動を自動化及び効率化する手法です。
これはデジタルマーケティングの研修において習得できます。
マーケティングはコンバージョンに至るまで、複雑な戦略と顧客情報の管理が必要です。
これをマーケティングオートメーション化し、より負担なく合理的にコンバージョンを目指せます。


担当者が身につけるべきスキル

デジタルマーケティング担当者が身につけるべきスキル

デジタルマーケティング担当者が身につけるべきスキルには、マーケティングの知識はもちろんですが、以下のようなスキルも挙げられます。

・統計やデータ分析のスキル
・コミュニケーションスキル
・企画・クリエイティブスキル

統計やデータ分析のスキルはデジタルマーケティングならではですが、コミュニケーションスキルや企画・クリエイティブスキルは、マーケティングの専門家なら誰にでも必要な本質的なスキルです。

統計やデータ分析のスキル

デジタルツールによって収集した情報を分析し、活用するのがデジタルマーケティング担当者の仕事です。したがって、情報から仮説や結論を導き出すための統計やデータ分析の知識が必要です。

たとえば、AIやIoTなどの技術により、膨大な顧客の詳細な行動ログを入手することができます。途中で離脱してしまう顧客をコンバージョンするためにはどうしたら良いかなど、データから検討しなければなりません。

そこで、統計学の知識を活用して数値データをします。Pythonなどのプログラミング言語を活用することもあります。デジタルマーケティング担当者にとって、こうしたスキルは必要不可欠です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、デジタルマーケティングのみならず、一般的なマーケターに必須の本質的なスキルです。マーケターはデジタル技術に関する専門的な知識を持っているのでは不十分で、他部署と連携したり、他部署にわかりやすく説明したりするスキルが必要です。

特に、専門的なデジタル技術やデジタルマーケティングの手法のことがわからない他部署の担当者や顧客に対して、わかりやすく説明するスキルは大切です。専門用語を使わず、相手のレベルに合わせて説明しなければなりません。

企画・クリエイティブスキル

一般的なマーケティングと同様に、デジタルマーケティングの担当者にも企画を立案するクリエイティブなスキルが求められます。マーケティングを行う理由は、顧客満足度を高めることです。顧客満足度向上のために何ができるか、収集したデータから考えて企画するのもデジタルマーケティング担当者の仕事です。

デジタルマーケティングを正しく活用できれば、従来のマーケティングでは見つけられなかったニーズや改善点を見つけることが可能です。最先端技術の活用に見合った成果を得られるよう、データから仮説を立て、企画につなげるスキルを磨きましょう。

研修が企業にもたらす効果とメリット

デジタルマーケティング研修に参加すれば、企業は以下の効果を得られます。

・難易度の高いデジタルマーケティングをわかりやすく学べる
・短時間でより多くのナレッジを得られる
・スマートフォン時代への順応が早められる
・明確なコンバージョンにつながる

つまり「よくわからないデジタルマーケティングの性質を理解し、売上が立つ」ところまで進歩します。

難易度の高いデジタルマーケティングをわかりやすく学べる

研修に参加する最大のメリットは、「難易度の高いデジタルマーケティングをわかりやすく学べる」ことです。
これは多くの企業にとって魅力的なポイントです。

デジタルマーケティングは専門性が高いうえ、学ぶべきことが数多くあります。
これを自力で学習して業務に落とし込むのは簡単ではありません。

研修ではデジタルマーケティングについて、専門家が新入社員にもわかりやすくレクチャーします。
もちろん初歩的な部分ではなく売り上げが立つまでのフローについても根拠立てて解説されます。

短時間でより多くのナレッジを得られる

研修では短期間でより多くのナレッジを得られます。
スピーディーに業務を改善したい企業には重要なポイントです。

デジタルマーケティングを自力で学ぶ場合は、難易度の関係で相当な時間がかかります。
しかし研修であれば1日から数日単位で集中的に学習し、早い段階でナレッジを習得することが可能です。
デジタルマーケティングを速やかに導入するうえで、研修はもっとも適切な手段です。

スマートフォン時代への順応が早められる

研修を受ければ、スマートフォン時代への順応を早められます。
少なくとも、前時代に置き去りにはされません。

近年Webはスマートフォンで利用されるケースが増えています。
LINEの調査ではユーザーの94%が「iPhoneやAndroidでインターネットに接続する」というデータも出ています。

LINEのネット利用者調査結果

参考:LINE〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2021年上期)

つまりWebビジネスは、スマートフォンを使うユーザーに合わせて進化しなければいけません。
もちろん、これはデジタルマーケティングの研修を受けることで学ぶことが可能です。
逆にスマートフォン全盛においてその影響を考えずにWebビジネスを展開するのは大きなリスクとなります。

明確なコンバージョンにつながる

デジタルマーケティングを研修で学べば、明確なコンバージョンへつながります。
企業の売上向上に大きく寄与するはずです。

なぜならデジタルマーケティングは「Webを通して売り上げを作り出すための手法」だからです。
インターネットやAI技術、IoT、あらゆる技術を用いてコンバージョンを導きます。
さらに来店データやアプリの使用歴などの顧客情報を追跡し、新しい戦略を作り出すことが可能です。

デジタルマーケティングの中には、Webマーケティングという分野が含まれています。
これが「Webでのコンバージョンを増やす方法論」にあたり、研修ではもっとも深く学ぶべきポイントとなります。
つまりデジタルマーケティングを研修で学べば、コンバージョンへとつなげることが可能です。

Webマーケティング研修も並行して検討する必要がある

デジタルマーケティング研修を学ぶことは、企業にとって多くのメリットがあります。
これ単体でもビジネスにはよい影響が与えられますが、利益を追求するならWebマーケティング研修も並行して検討する必要があります。
なぜなら、こちらは、より「Webビジネスのコンバージョン」を意識しており、一言で言えば売上が立てやすく実利的だからです。

もちろん長期ビジョンで考えればデジタルマーケティングの研修には深い意義があります。
ただしおそらく全企業にとってもっとも重要なコンバージョン向上を目指すなら、Webマーケティングも並行して検討しましょう。


御社の目的や課題をヒアリングして、最適なデジタルマーケティング研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのデジタルマーケティング研修対応しています。

コロナ禍でのデジタルマーケティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

デジタルマーケティング研修 研修プラン

即実践できるアクセス数を増やすコンテンツマーケティング研修

● Google検索で上位表示するための良質なコンテンツの作り方を学ぶ
● 外注せずに自社内でコンテンツを増やしていけるようになる

すぐに実践できる改善策で検索順位アップSEO研修

● 理論だけではなく、自社サイトのどこを改善すれば検索順位が上がるのかという具体的な施策を学ぶ

webマーケティングの全体像の理解とMEO対策研修

● Googleが発表している公式情報だけでなく実践的な成功事例を学べる
● 外注をしないで自社内ですぐに実践できる知識を得ることができる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なデジタルマーケティング研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのデジタルマーケティング研修対応しています。

コロナ禍でのデジタルマーケティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。