怒りのコントロールを可能にするアンガーマネジメント。
2020年6月に『パワハラ防止法』が施行された背景もあり、近年とても注目されています。

  • 部下に対していつも怒鳴っている
  • いつもイライラしていて周りの雰囲気を悪くしている

このような役職者や社員に心当たりがあるなら、アンガーマネジメントアンガーマネジメントの教育が急務です。なぜなら、”怒り”はパワハラの原因となりうる事はもちろん、社内のパフォーマンスを低下させるからです。

下記のデータは、上司に怒られた後の業務状況についてアンケートをとった結果です。約8割以上の社員(部下)が業務状況が変わったと答えています。

怒りについてのアンケート結果
参考:一般社団法人日本アンガーマネジメント協会『6月病対策必見! 新・管理職の方は「怒り方」に要注意!?』より

また、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が民間企業に対して行ったアンガーマネジメント研修の効果に関するアンケート調査も非常に興味深い結果が出ています。


アンガーマネジメント研修が職場にもたらす効果についてのデータ

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会(代表理事 安藤俊介)は研究プロジェクトを組織し、民間企業に対するアンガーマネジメント研修の効果に関するアンケート調査を実施しました。その結果、アンガーマネジメント研修を受けた民間企業の役職者およびその役職者の部下にあたる社員において、複数の項目で一定の効果が見出されました。

参考:コネクシオ株式会社「アンガーマネジメント研修が職場における心理的安全性を高める効果」より


パワハラ対策だけでなく、仕事の効率を上げるためにも、アンガーマネジメントは有効なのです。

⇒パワハラ防止法により明確になったパワハラの定義と企業の義務についてはこちらをチェック。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

アンガーマネジメントとは

部下へ怒りを感じている上司
アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングをいいます。

アメリカでは1970年代から注目されるようになり、日本にもその流れが起こり、今では企業だけではなく、学校教育、子育て、介護の分野など幅広く活用されています。

アンガーマネジメントでは怒らない方法を学ぶのではなく、怒った時の対処や沸点を低くする方法、怒る場面と怒らない場面の区別方法などを学びます

怒りは誰の中にもある感情で、生きていくためには必要です。怒りを持たないようにするのではなく、自分の感情は自分で管理しましょうということです。

アンガーマネジメントの目標は、怒りが引き起こす感情と生理的興奮の両方を軽減することです。
《出典》 怒りにコントロールされる前にコントロールする - American Psychological Association


アンガーマネジメントとは

企業が抱える問題・課題

アンガーマネジメント研修を導入する企業が増えている背景には、企業が以下のような問題や課題を抱えていることが挙げられます。

・社員のストレスによって生産性が低下している
・チームワークが育たず職場がギスギスしている
・職場におけるハラスメントが懸念される

以上のような問題や課題を放置していると、ハラスメントの事案に発展したり、企業の売上や利益が低下したりするリスクがあります。

怒りの感情自体は自然なものですが、職場で爆発してしまうと、矛先を向けられた人だけでなく、本人や会社にも大きな影響が生じます。取返しのつかない事態になる前に、研修を導入して怒りをコントロールするアンガーマネジメントを職場に浸透させましょう。

研修の対象者


・経営幹部層(社長、取締役など)
・中間管理職(部長、課長など)
・現場リーダー層(店長など)
・中堅社員
・新入社員

研修の目的

アンガーマネジメント研修の目的は、受講者が衝動的な怒りという感情を自分でコントロールできるようになることです。社員ひとりひとりが自分の怒りをコントロールできるようになることで、職場におけるハラスメント防止に役立ったり、社員のストレスが低減されたりします。

また、従来は部下を育成するために上司が叱責する、ということがありました。一部には、ストレス発散のために部下を叱りつけていた上司もいました。しかし上司はスッキリしても、部下のほうには多大なストレスがかかってしまいます。アンガーマネジメントを身につければ、こうした指導が誤っていることは理解できます。部下を育成するより良い方法を考えられるようになる、という効果も期待できます。

怒りの問題を抱えている人は、必ずしもそれを自分自身で認識しているとは限りません。
《出典》 When It’s Time For Anger Management - The Society for Human Resource Management


研修ラインナップ

「【管理職・リーダー向け】よりよい人間関係を築くアンガーマネジメント研修」株式会社ノビテク

部下や後輩に怒りを感じることは、誰にでもあることです。しかし、その怒りの表し方について意識したことがある人は、実はあまり多くないのです。本研修では、怒りの感情が発生するメカニズムを理解し、怒りを適切に扱うための具体的な思考・動作を学んでいきます。3時間の中でワークを多数交えながら、誰でも実践的に使えるスキルやテクニックを習得できます。職場の人間関係を円滑にして、効率的に仕事をすることに役立ちます。

取引実績1,100社、5,000の研修カリキュラムと220名の講師を備え、アンガーマネジメント研修をはじめ幅広い分野の学びの場を提供しています。それぞれの組織のお困りごとにじっくりと耳を傾け、現場の実情に即したカリキュラムをご提供します。

「”気づき”と”学び”と”やれる気”で、人や組織を成長させる」を理念に、「体験」を大切にした研修カリキュラムを提案しています。”やれる気”とは、社員自身が持つ”やる気”にすべて委ねるのではなく、研修を通じて社員の自己効力感を高め「自分も行動が起こせるんだ」というマインドを育てる方法です。現場で実際に使えるスキルを伝えることで、目標に向かって前向きに進む社員を育て、組織の成長を後押しします。

株式会社ノビテク
アンガーマネジメント研修 - 株式会社ノビテク

アンガーマネジメント研修では、怒りの感情をコントロールすることにより、社内外でよりスムーズなコミュニケーションを図れるようにします。よりよい生活や仕事、人間関係を手に入れ、職場でイライラせずに効率的に仕事をするためのスキルを習得します。


研修プランを表示

「怒りに正しく対処して、成果が出る組織をつくる」一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

人間の感情の中でも、特に強いものの一つが「怒り」です。怒りの感情があるとき、人は普段とは違う行動や意思決定をしてしまいがちです。しかし、怒りに任せた言動を繰り返すと、組織内で不要な衝突を引き起こし、結果として社員の生産性は大きく下がります。それを防ぐために、怒りに正しく対処することが重要です。本研修では、組織の様々な階層の社員を対象とした学習に、アンガーマネジメントの要素を掛け合わせた内容をご提供しています。たとえば管理職向けのリーダーシップ研修と組み合わせれば、「怒りの感情」に惑わされることなく、ぶれない軸を持ったリーダー育成に役立ちます。他にも、パワハラ防止、社員同士のコミュニケーション向上、社員のメンタルヘルス問題の解決につながります。

怒りの感情は人から人へ連鎖するものです。職場で誰かの怒りを受けた夫が家庭で妻に当たり、妻は子どもにその怒りを当て、子どもは学校で友達に…と、終わりのない負の連鎖を引き起こします。その理由は、多くの人が怒りの感情と上手に付き合う方法を知らないからです。「怒りの連鎖を断ち切る」ために、怒りへの正しい対処法を身につけ、すべての人が生きやすい社会の実現を目指して、アンガーマネジメントに特化した研修を提供しています。
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

怒りの連鎖を断ち切ろう

企業として成果を出すために、そして、リーダーもメンバーも健康的な業務パフォーマンスを発揮し続けるためのアンガーマネジメント研修を紹介します。


「アンガーマネジメントで【社員の心と体の健康】を維持する」一般社団法人 アンガーマネジメントジャパン

2日間の体験型のカリキュラムを通して、アンガーマネジメントの4つの領域を学びます。1つ目のストレスマネジメント領域では、自分自身がストレスを感じやすい場面や原因について理解を深めます。その後、2つ目・3つ目の領域である認知変容と傾聴で、自分の感情と相手の感情の両方を尊重する術を学びます。最後にアサーティブコミュニケーション(相手に配慮しながら自分の意見をしっかり伝えること)ができるよう、ロールプレイを通して実践に役立つ知識を身につけます。

アンガーマネジメント専門家の講師が、臨床心理学の観点から「怒りの感情を理解し適切な行動をとる」ための研修を実施しています。一人一人が自分の怒りの感情に気づき、他者の気持ちに理解を示しながら、互いにとって良い解決策を導き出す技法を学ぶことで、より良い人間関係を築く方法をお伝えします。
一般社団法人 アンガーマネジメントジャパン
一般社団法人 アンガーマネジメントジャパン

怒りの感情はあなたに大切なメッセージを送っています

机上の空論ではなく、教育、医療・福祉、企業、地域・家庭などの様々な分野で実践できるアンガーマネジメント研修を紹介します。


「職場の具体的な事例で学ぶ!アンガーマネジメント研修」株式会社日本能率協会マネジメントセンター

アンガーマネジメントと聞くと「怒りを持つのは悪いことだ」と考えがちですが、それは間違いです。重要なのは、怒りをどう抑えるかではなく、どう表現するかということです。本研修では、ビジネスの身近な場面を題材にしながら、怒りの感情に対して冷静に対応する方法について説明します。怒りの原因を分析して、怒らずに自分の意見を伝えることで、対人関係の改善が望めます。新入社員から管理職まで、幅広い人に学んでいただける内容です。

受講者一人一人が研修を通じて新たな知識や気づきを得て、職場でそれを実践し、成長を実感できる環境づくりのお手伝いをします。研修事業に50年以上携わってきた実績をもとに、新入社員から経営幹部層まで、職場での立場に応じたプログラムをご用意しています。
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
株式会社日本能率協会マネジメントセンター

一人ひとりが立場や役割に応じた「基本」を身につけることで組織としての力は最大化します

学びに終わりはありません。学習の大切さに気づくことで、人はいつからでも変わることができ、限りなく成長することができます。新入社員から管理職・経営層にいたるまで、それぞれの階層で求められる基本を重点的に習得する研修を紹介します。


「より深く学べるアンガーマネジメント研修」戸田久実

研修講師・作家として活動する戸田久実氏によるアンガーマネジメント研修。適切な叱り方や怒りのコントロールの基礎を学べるカリキュラムです。
仮に強い怒りを感じても自分自身を見失わない方法論について解説されます。
研修内容はおおむね以下のとおり。

・アンガーマネジメントの定義
・自分の怒りの認知
・アンガーマネジメントの実践
・適切な怒りの表し方

戸田久実氏はこれまで4,000回以上登壇し、20万人以上を指導してきた女性講師。特にアンガーマネジメントの領域では権威とされ、多くの企業から必要とされています。

より深く学べるアンガーマネジメント研修

「ワークショップ主体で進めるアンガーマネジメント研修」株式会社きらめきオフィス

きらめき労働オフィスでは、ワークショップ主体で学べるアンガーマネジメント研修を実施。心理学に基づいた科学的根拠や、統計データを用いて裏付けあるマネジメント手法について学ぶことが可能です。

カリキュラムでは、アンガーマネジメントの定義を理解したうえで、怒りの感情やコントロール手法についてワークショップ形式で学びます。最後にはアンガーコントロールプランを作り、今後の実務に活かせるように配慮。

株式会社きらめてきオフィスは、要望や課題を事前に聞いたうえで、オーダーメイドのコンテンツを提供します。同社に依頼する場合はかならず事前に相談しておきましょう。

ワークショップ主体で進めるアンガーマネジメント研修

「課題研修と共に学ぶアンガーマネジメント研修」アビリート株式会社

アビリート株式会社では、課題研修とセットでアンガーマネジメント研修を実施。まず新入社員研修やコミュニケーション研修を受講し、そこに追加する形で当該研修を追加することが可能です。
このアンガーマネジメント研修では、以下がカリキュラムとして盛り込まれています。

・アンガーマネジメントの基本
・怒りの感情に対する理解
・マネジメントトレーニング
・効果的な怒りの表現
・アンガーマネジメントの行動計画

アビリート株式会社はビジネス支援と教育・研修を主業としていますが、中でもアンガーマネジメントは看板とも言えるカリキュラムです。専門性や信憑性が高く、進んで受講したい研修です。

課題研修と共に学ぶアンガーマネジメント研修

「アンガーマネジメント入門講座」株式会社エスイープラン

株式会社エスイープランの研修コンテンツは、Zoomミーティングを利用したウェビナー形式。実地型と異なり、自宅もしくは会社内から参加できます。

同研修は、衝動・思考・行動のコントロールを学ぶのが目的。怒りのメカニズムを理解し、また一瞬で怒りをセーブするテクニックについても解説。

受講時間は90分と短めで、素早くアンガーマネジメントをラーニングできます。
同社はキャリア開発・人材育成を主業とする企業。社内コンプライアンスが厳しくなる時代、そこにフィットするコンテンツを多数提供しています。

アンガーマネジメント入門講座

研修についてよくある質問

アンガーマネジメント研修の導入を考えている企業から多く寄せられる質問について回答していきます。詳細は研修会社によって異なるので、問い合わせ時に確認してください。

どんな社員が受講すると良いか

アンガーマネジメント研修は、部下の育成や指導を行う方におすすめします。管理職やOJT担当者などが主な対象者です。

ただし、自主参加ではなく企業や人事部門が受講者を選ぶ場合、参加目的には配慮が必要です。アンガーマネジメント研修を受講するようにと指示された社員が、怒りっぽいと言われたと感じてしまうかもしれないからです。

本人のストレス軽減やより効果的な育成・指導方法を見つけることが、アンガーマネジメント研修を受講する目的です。対象の社員にも理解してもらえるよう、配慮しましょう。

法人向けと個人向けの研修の違いは何か

研修には、企業単位で申し込みする企業向けの研修と、所属や年齢、役職を問わず1名で参加できる個人向けの研修があります。いずれも怒りをコントロールするアンガーマネジメントを学ぶことができますが、企業でお申込みされる場合、企業向けの研修をおすすめします。

企業向けの研修では、導入企業の課題やニーズに合わせてカリキュラムをカスタマイズすることができます。企業や受講者に合った研修プログラムにできるので、受講者は学んだことをすぐに実務に活かすことができます。

個人向けの研修では、個別の受講者向けにカスタマイズすることはできません。アンガーマネジメントの方法論などを、一般的な事例をもとに解説する内容です。

アンガーアンガーマネジメント研修の効果を高め研修の組み合わせ

アンガーマネジメント研修を単体で導入するよりも、関連するほかのテーマの研修とセットで導入すると、より高い効果が期待できます。アンガーマネジメントは、コミュニケーション問題や労働問題から派生する項目のひとつであり、より大きなテーマから学んだほうが理解しやすい場合があるからです。

例えば、以下のような研修とセットにするのがおすすめです。

  • コミュニケーション研修
  • チームビルディング研修
  • ハラスメント防止研修
  • ダイバーシティ研修
  • 労働問題に関する研修
  • メンタルヘルス研修

怒りを感じやすい人の特徴

部下からの電話にイライラする女性社員
仕事で怒りを感じている人は9割に上り、怒りを覚える対象は上司を始めとした人間関係です。

怒りへの耐性は幅があり、少しのことでも怒りを感じてしまう人、よほどのことがないと怒らない人がいます。怒りを感じやすい人には次のような特徴があります。

参考:一般社団法人日本アンガーマネジメント協会”社会人の『怒り』に関するアンケート調査発表

思い込みが強い

相手のリアクションや感情を先読みしすぎてしまい、「こうなるだろう」「こういう反応がかえってくるはず」「こうに違いない」と思い込みが強い人は怒りを感じやすくなります。

想像と現実のギャップを生みやすく、少しのギャップでも思い通りにならなかった時の落胆が大きくなります。この落胆が怒りとなって表に出ます。

承認欲求が強い

がんばりを認めてもらいたいと思うのは当たり前のことですが、この気持ちが強すぎる人は怒りを感じやすくなります。

褒められること、認めてもらうことが仕事へのモチベーションに直結する傾向にあり、正当な評価が得られないことで自分を否定された悲しみを怒りとして表現します。

自分なりの正義を持っている

まじめな人ほど怒りを感じやすくなります。

努力をしない人、ルールを守らない人、やる気が感じられない人に対して特に怒りを持ちます。自分の常識や自分が考える正義と合わない人は敵となってしまうのです。

完璧主義

自分に厳しい人は怒りやすい傾向にあります。自分に対して理想が高く、自分の期待に応えられないことに対して不甲斐なさを感じ怒りとなります。このタイプは人にも完璧を求めることが多く、優柔不断な人や目標を持たない人を見るとイライラを隠せません。

研修で学べること・効果

アンガーマネジメントが注目される理由は、怒りをコントロールできるようになると、仕事にもプライベートにもたくさんのメリットがあるからです

怒りについての知識が深まる

怒りのメカニズムについて詳しく知っている人は多くありません。なぜ怒りの感情が湧くのか、どうしたら収まるのかを知ることで、怒りの感情を否定せずに付き合っていくことを考えられるようになります。

具体的な行動がわかる

自分が怒った時だけではなく、相手が怒った時の対処方法を知ることができます。自分のイライラを鎮められずに余計にイライラすることを回避できますし、相手が怒っている時は冷静に対応できるようになります。

間違った対応をすると火に油を注ぐ結果になり兼ねません。適切な対応は今後の人間関係や仕事に影響を与えますので、知っていて損はありません。

自分の思考の癖に気づける

怒りにはタイプがあります。自分がどのタイプに当てはまるかを知ることで言動の癖が明確になります。癖がわかるとイライラする環境を避けることができますし、これまでの思考や行動のパターンを変えることも容易になります。何より自分がなぜ怒っているのかの理由がわかるようになりますので、気持ちがスッキリします。

人間関係が良くなる

怒りをコントロールできるようになると、人前で怒ることが減ります。穏やかで明るい人には人が寄ってきます。

怒りと同じように笑顔も伝播しますので、周囲と良い関係性を築けるようになります。仕事はひとりではできませんので、協力体制が作れる関係性が必要です。

生きるのが楽になる

怒りへの沸点が低いと、小さな怒りの種も見逃すことなく拾い上げてしまいます。イライラはストレスとなりやすく心身の疲れを増長します。怒りのコントロールができるようになると、気分転換が上手になり、穏やかな時間が増え、心身ともに軽くなります。

パワハラ防止になる

怒りを感じて思わず口にしてしまった言葉には、「バカ」「いい加減にしろ」「ムカつく」「辞めてしまえ」「あり得ない」などがあります。

「死ね」と言ってしまう人も多く、感情が抑えられないと仕事に多大なる影響を与えてしまうことになります。

そしてこれらの言葉はパワハラと捉えられる言葉でもありますので、社内のパワハラ予防としてもアンガーマネジメントは役立ちます。

パワハラに受け取られない部下の上手な叱り方
パワハラに受け取られない部下の上手な叱り方

現場からは指導方法に関する悩みが挙げられ、経営者や人事担当者もどうアドバイスをすべきか戸惑いを持っています。ここではパワハラと受け取られない叱り方のポイント、ケース別の叱り方について解説しています。

記事を読む

アンガーマネジメント3つの実践

コーヒーを飲んでリフレッシュする男性社員
アンガーマネジメントのポイントは3つ。これらを実践することで怒りをコントロールすることが可能になります。

6秒耐える

怒りはそれほど長くは続かず6秒がピークです。この時間をやり過ごすことができれば、後は怒りの感情が下降していきます。

深呼吸をしたり、可能であればその場を立ち去る、6秒をカウントダウンするなど、ピークまでの過ごし方を考えましょう。

『~べき』と決めつけすぎない

『こうあるべき』という自分ルールが誰にでもあります。自分なりのスケールを持っているのは良いことですが、閾値(いきち)が狭いと現実とのギャップを感じやすくなり怒りの原因になります。

自分と違う考え方、行動様式もあることを受け止めることが大切です。理解しなくても「こういう考えや行動をする人がいる」と思えるだけでも良いのです。

自分ができることに注目する

自分ではどうにもできないことに対して怒り続けていても解決されません。怒っている原因が自分で対処可能なものかを判断します。

自分ではどうにもならないことの場合は、割り切ることが必要です。そして今置かれている状況で自分がどんな行動ができるかを考えるようにします。

例えば、気分転換に公園に行こうと思った時に土砂降りになったとします。天気は自分ではどうにもできないことですので、他の気分転換方法を考えて行動するということです。

目的を達成するほかの方法を考えるとも言い換えられます。

怒りは自分でコントロールできる

怒りを持つことがいけないのではなく、感情に振り回されることがいけないのです。怒りはトレーニングをすると自分でコントロールでき、上手に付き合うことができます。

怒りを正しく知り自分の特性にあった行動をすることで、パワハラとなりうる言動を防ぐことができます。また、職場のパフォーマンスの低下を防ぐこともできるのです。

相手に対する思いやりだけではなく、自分自身のためにもアンガーマネジメントは有効であり、ストレス社会を生き抜く社会人の必須スキルです。

自分を激怒させるものや人を取り除くことも避けることも、変えることもできませんが、自分の"反応をコントロールする方法"を学ぶことはできます。
《出典》 怒りにコントロールされる前にコントロールする - American Psychological Association

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なアンガーマネジメント研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのアンガーマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのアンガーマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

アンガーマネジメント研修 研修プラン

アンガーマネジメント研修

● 他人との価値観の違いを認識し、自分自身の感情をコントロールできる。
● 怒りの感情をコントロールすることにより、社内外でよりスムーズなコミュニケーションを図ることができる。
● 職場でイライラせずに効率的に仕事ができる
● 適切な手段で怒りを表現するスキルやテクニックを学ぶ

職場活性化のきっかけになるアンガーマネジメント研修

●実例を交えることで、アンガーマネジメントへの理解が深まる
●アンガーログをつけることで、明日からどう行動すればいいかがわかる
●職場活性化のきっかけになる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なアンガーマネジメント研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのアンガーマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのアンガーマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

アンガーマネジメント研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なアンガーマネジメント研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのアンガーマネジメント研修対応しています。

コロナ禍でのアンガーマネジメント研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。