KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

AI(人工知能)研修とは

AIをビジネスに活用している
AI人材に求められる能力を具体的に解説すると、プログラミングの知識、データ分析や活用のスキル、AI理論の知識などが挙げられます。プログラミングの知識は、AIに指示を出して必要なデータを取り出すために必要です。データ分析や活用のスキルは、AIが出したデータを解釈し、ビジネスチャンスにつなげるために必須です。

また、AI理論への理解がある人材には、AIに解決できることや向いていることと、できないことや不向きなことがわかります。AIと人間の長所を発揮してパフォーマンスを最大化するためにも、AIそのものへの知識が必要です。

AI研修では、以上のようなスキルの獲得を目指し、講師が研修を行います。研修を導入してAI人材を育成し、ビジネスチャンスの創出につなげましょう。

ハイレベルなIT人材の育成が急務であることは、経済産業省の調査資料でも詳しく解説されています。
IT人材の需給ギャップを表すグラフ

参考:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

企業が抱えるAI推進の課題

AI・IoTの導入にあたっての課題
参考:AI・IoTの導入にあたっての課題
総務省の調査によると、日本企業はAIの導入にあたって以下のような課題を抱えていることがわかります。

・AI導入を先導する組織・人材の不足
・データの精度や正確性の担保
・有用な結果が得られるか不明

以上の課題をAI研修でどのように解決できるのか、解説していきます。

AI導入を先導する組織・人材の不足


これまでにAIを始めとするITの専門人材を雇用してこなかった企業にとっては、AI導入を先導できる人材がいないことが大きなネックになります。しかし、社員がAI研修を受講して知識やノウハウを身につければ、この課題は解消します。

AI活用においてよくある誤解のひとつに、「AIは専門家にしか扱えない」という思い込みです。AIの利用には非常に高度な専門知識が必要で、大学でしっかり勉強した人でなければ活用できない、と多くの人が思い込んでいます。

確かにAIの開発には高度な知識を要しますが、利活用にはそこまでレベルの高い知識を必要としません。最近は誰でも使いやすいようにカスタマイズしたツールもあるので、専門知識がない人でも使いこなせます。AI研修を導入することで、今までAIに触れたことがない社員でも、AI人材として育成することが可能なのです。

データの精度や正確性の担保


データの精度や正確性は多くの企業のAI活用における障壁となります。AIはデータを分析して結果を出力するので、大元のデータが正確でなければ、いくらAIが優秀でも役立つ結果を出せません。

しかし、AIで分析するために理想的なデータが完璧にそろっている企業などほとんど存在しません。理想的なデータを手に入れることよりも、 手元にあるデータから何ができるかを考えましょう。

既存のデータから何ができるかを考えることも、AI人材の重要な役割です。どんなAIやツールでも、結果は使う人間の能力次第です。データの精度に不安があることを言い訳にしてAIを導入しないのは実にもったいないのです。AI研修を導入して人材を育成し、既存のデータを使って分析を始めましょう。

有用な結果が得られるか不明

コストをかけてAIを導入する以上、有用な結果が得られなければ意味がありません。しかし、どんな結果を得られるのかよくわからないため、AIの導入を見送っている企業も多いです。

AIの導入に関して正しい判断を下すためにも、まずはAIの知識が必要です。AIとは何か、どんなことができるのかを理解すれば、導入するべきか見送るべきかの判断が可能になります。

そのためにも、AI研修を導入する価値があります。AI研修を受講すれば、 AIで何ができるようになるかがわかり、自社のどのような業務を改善できるかをイメージできるようになります。また、AIを用いたデータの分析がビジネスチャンスの創出に役立つことも理解できます。

研修の目的

AI研修の目的
AI研修の目的は、大きく分けると2つあります。ひとつはITスキルの獲得で、実際にAIを使った分析ができるようになることです。もうひとつはビジネススキルの向上で、ビジネスにおいてAIをどのように活用したら良いのかを考えられるようになることです。

前者のITスキルは、IT部門の社員やシステムエンジニアを中心に、データの分析に関わる現場の社員が受講すると良いです。マーケティング部門や営業企画部門など、顧客の潜在ニーズを分析する部門の社員も受講対象になります。

後者のビジネススキルは、若手社員からマネジメント層、経営者まで、あらゆる階層の社員が対象になります。AIで何ができるかを全社員が理解していれば、ナンセンスな指示で現場の社員が混乱するといったことが防げます。AIの知識はビジネスにおける一般教養だと考え、幅広い社員が受講すると良いです。

AI研修と一口に言ってもさまざまなプランがあり、目的によって内容は異なります。AI研修を選ぶ際には、AIに関する自社のどのような疑問や課題を解消してくれるのかをイメージしましょう。

研修の対象者


AI研修の対象者には、例えば以下のような階層が挙げられます。

・開発やカスタマイズを行うシステム部門
・データ分析や商品企画を担う部門
・提案力を強化したい営業部門の若手社員
・AIで何ができるのかを把握したい中堅社員や経営層

AIの導入や開発に関するITスキルを学ぶ研修は、主にシステム部門の社員が対象になります。具体的なAIツールの使い方を学ぶ研修も、データ分析や商品企画を担う部門の社員が受講しましょう。

一方で、AIの知識はビジネスパーソンの一般常識でもあります。AIの基礎知識を学ぶ研修は、若手から中堅、経営層まで誰が受講しても有効です。

研修のラインナップ

優秀なAI人材
最後に、どのようなAI研修があるのかを紹介していきます。気になる研修があったら問い合わせてみて、カスタマイズなどの相談をしてみましょう。

ゼロから自走できるAI人材を目指すAI人材育成長期コース「株式会社キカガク」

株式会社キカガクのAI人材育成長期コースは、Python、機械学習、ウェブの基礎を学べるプログラムで、最終的には自らWebアプリケーション開発を行うところまで身につけられる内容です。プログラミングの基本から学べるので、初学者にもおすすめです。

株式会社キカガクは、AI人材になるための動画学習プラットホームを提供する会社です。第18回eラーニングアワードでは「AI人材育成特別部門賞」を受賞しました。

ゼロから自走できるAI人材を目指すAI人材育成長期コース

法人向けAI研修プログラム「スキルアップAI株式会社」

スキルアップAI株式会社のAI研修プログラムは、社内でAI人材を育成したい企業の課題や目的に合わせ、研修プログラムを作成します。ヒアリングを通じ、会社の目的や課題、受講生のレベルに合わせて体系的なカリキュラムを作成してくれるので、自社のニーズに合った研修を導入することができます。

また、知識はeラーニングで予習し、対面講座ではeラーニングの内容の深掘りやグループワーク、ハンズオンなどのアクティブラーニングに時間を割きます。eラーニングと対面講座を組み合わせることにより、効率良く学習の質を最大化させます。

スキルアップAI株式会社は、AI人材を育成するプログラムを多様な受講者に提供する会社です。企業向けの研修のみならず、中高生向けのAI開発も支援しています。

法人向けAI研修プログラム

AI(人工知能)とは何か、ビジネスに活かす基礎知識を習得する研修「インターネット・アカデミー」

インターネット・アカデミーが主催するAI研修では、AIの仕組みや具体的な開発の流れを学び、リテラシーを養うことができます。AIでできることやビジネスへの活用事例を学ぶことで、自社のビジネスにどのようにAIを活用できるかイメージできるようになります。

研修の到達目標は、以下の2点です。

・AIと関連技術について理解し、AI関連の話題ができるようになる
・公共サービスや産業別のAI導入事例を知ることで自社でAIを活用する方法がイメージできるようになる

インターネット・アカデミーは、1995年に開校した日本で初めてのWeb専門の教育機関です。IT教育のみならず、Webコンテンツの制作やIT人材紹介などを行っています。

AI(人工知能)とは何か、ビジネスに活かす基礎知識を習得する研修

AI人材の育成を実現するNECアカデミー for AI オープンコース「NECマネジメントパートナー株式会社」

NECマネジメントパートナー株式会社が主催するAI研修は、入学コースとオープンコースの2つに分かれています。入学コースは4月または10月に入学する1年間のコースで、実践経験を通してAI人材として独り立ちすることを目指します。オープンコースは1日から参加できるコースで、AI人材に必要な知識を学ぶことができます。

オープンコースでは、IT人材に必須のデータサイエンスやデータエンジニアリングの入門から応用までのコースはもちろん、一般的なビジネスパーソンにも必要なAIの知識を学べるビジネスやベーススキルのコースもあります。受講者のレベルや職種に合ったコースを申し込みましょう。

NECマネジメントパートナー株式会社は、NECグループの人事や経理といった共通業務を集約した企業です。社外向けには研修パッケージの提供などを行っています。

AI人材の育成を実現するNECアカデミー for AIオープンコース

教育サービスでカバーする人工知能 AI /ディープラーニング DL 研修「日本ヒューレット・パッカード合同会社」

日本ヒューレット・パッカード合同会社の研修では、人工知能(AI)や機械学習(ML)、ディープラーニング(DL)を学ぶことができます。ひとくちにAI研修といっても、AI Foundation<含認定試験>、ディープラーニング入門、Pythonによる機械学習入門、TensorFlow入門研修などコースが詳細に分かれているので、受講者のニーズとレベルに合ったプログラムを受講しましょう。

たとえばAIの概論を知りたい方には、AI Foundation<含認定試験>の受講から始めるのがおすすめです。仕組みを理解してビジネスに活用したい方は、ディープラーニング入門などより実践的な研修から受講することも可能です。

日本ヒューレット・パッカード合同会社は、コンピューター、コンピューター周辺機器、ソフトウェア製品の開発や製造、輸入、販売、リースなどを行う企業です。ITスキルに関する教育事業も行っています。

教育サービスでカバーする人工知能 AI /ディープラーニング DL 研修コース

ニーズに応じた講座を用意する法人向けAI人材育成研修「株式会社STANDARD」

株式会社STANDARDのAI研修は、AIが分かる人材がいない、AIで何をすれば良いのか分からない、といった悩みを抱えている企業におすすめの研修です。導入企業のニーズに合わせた研修を受講できるので、研修の終了後、すぐに実践に移すことができます。

また、受講期間中は同社のAIエンジニアが質問に回答したり、課題の添削をしたりしてくれます。サポート体制が充実しているのが特徴の研修です。

株式会社STANDARDは、DX推進をアシストし、顧客企業が自立してDXを運用できるよう、DXの内製化まで一貫してサポートするIT企業です。研修などのリテラシー教育に加え、DX戦略コンサルティングや受託開発・技術人材育成も行っています。

ニーズに応じた講座を用意する法人向けAI人材育成研修

法人向けAI研修プログラム「スキルアップAI株式会社」

これからの企業には、AIの導入と活用を成功させ、AIで事業に貢献することが求められます。そのためにも、AI導入によって売上がどのように向上したのか、コストがどれくらい削減できたのかなど、評価の枠組みを整えることも重要です。そのためには、社内でAI人材を育成しなければなりません。

スキルアップAI株式会社は、社内にAI開発の知見を蓄積して成果を出すため、社内のAI人材を育成する研修を行います。研修を導入する企業が抱えている課題に合わせ、独自のプログラムを作っていきます。

知識はeラーニングで予習し、対面講座ではグループワークなどアクティブラーニング時間を割きます。効率の良い人材育成をしたい企業におすすめの研修です。
スキルアップAI株式会社
スキルアップAI株式会社

AI人材は社内で育成する時代へ

AI人材育成のパートナーとして企業の課題/目的に合わせた独自プログラムを共に作り上げ、社内でAI人材を育成をサポートします。



AIビジネスコース「株式会社AVILEN」

株式会社AVILENのAI研修「AIビジネスコース」は、DX推進を掲げる企業向けの研修です。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の第一歩となるAIへの理解と活用について、研修で学ぶことができます。

研修は2つのレベルに分かれており、全てのビジネスパーソン向けの「AIビジネス企画コース」と、DXやIT推進チーム向けの「AIビジネス推進コース」があります。受講者のレベルや業務内容に応じた内容を選択しましょう。

株式会社AVILENは自社でもAI開発事業を行っている実績があります。経験がある会社だからこそ、信用できるAI導入ノウハウを学ぶことができます。
株式会社AVILEN(アヴィレン)
株式会社AVILEN(アヴィレン)

最新のテクノロジーを、多くの人へ

AI開発とAI人材育成でビジネスを総合支援します。AIエンジニアを育成するE資格認定講座では最安値で合格率94%を達成。AIビジネス研修も充実。AI開発の技術力の高さを活かしAI内製化まで実現します。



AI人材育成トレーニング「トレノケート株式会社」

トレノケート株式会社でも、内容やレベルによって複数のAI研修を行っています。AIビジネスプランナーとAIエンジニアの両方を育成できる研修があるので、自社のニーズを伝えてプランを立ててもらいましょう。

AI活用に関する知識を持っている社員がいない組織であれば、AIの基礎知識を押さえるため、初歩的な内容の研修を受講しましょう。AIで何ができて何ができないのかをしっかり学べるので、実務においてAIをどのように活用すれば良いのかイメージが湧くようになります。1日で学べる研修なので、あまり長い期間を研修に割けない企業にもおすすめです。
トレノケート株式会社
トレノケート株式会社

多様化する人材育成のニーズにお応えします。

人材育成を通じてお客様のビジネスの成長を支援しています。世界有数のITベンダーの正式な認定研修機関、アワード受賞60回以上、世界11の国と地域に展開、提供コース数1,500 以上の各種研修を紹介します。



組織に合った研修が見つかるAI講座「株式会社富士通ラーニングメディア」

株式会社富士通ラーニングメディアでは、複数のAI研修を提供しています。大きく入門・基礎、応用・実践の2つに分かれ、さらに業務内容などに応じて細かく研修が分かれています。

例えば、一般的なビジネス知識としてAIの理論を習得したいなら、「速習!AI入門」や「AIリテラシー講座」がおすすめです。開発者を育成したいなら、Pythonで機械学習やディープラーニングの演習を行う研修が良いでしょう。

多数の研修があるので、ご自身の組織に合った研修が見つかるはずです。研修によってどのような人材を育成したいのかをイメージしながら、研修を探してみましょう。
株式会社富士通ラーニングメディア
株式会社富士通ラーニングメディア

ひとの学びと成長を支援する。ひとの学びと成長を、組織の力へ変えていく。

組織レベルの人材育成施策の実施を支援し、学習者中心の学びを提供します。お客様の事業戦略に合致した研修を提案します。



NECアカデミー for AI オープンコース「NECマネジメントパートナー株式会社」

NECアカデミー for AI オープンコースでは、さまざまな内容・難易度の研修を組み合わせられるようになっています。ビジネス、データサイエンス、データエンジニアリング、ベーススキルという切り口で、それぞれに入門・基礎・応用とレベルの異なる研修が設けられています。

一般的なビジネススキルとしてAIのノウハウを習得したいなら、ビジネスの研修がおすすめです。入門や基礎から受講し、社員の能力や会社が求める人材育成のゴールによっては、応用コースを受講したり、データサイエンスやデータエンジニアリングのコースも受講すると良いでしょう。

なお、オープンコースは1日から申し込める企業研修です。1年間通ってAI人材を育成する入学コースもあるので、人材育成のゴールを明確にして、目的に合ったコースを選択しましょう。
NECマネジメントパートナー株式会社
NECマネジメントパートナー株式会社

人材育成対象者の事情や状況に合わせた研修が提供できます。また、短期間で効率的な大人数の人材育成も可能です。

企業経営を担うビジネスリーダーやプロの技術者の育成を支援する幅広い研修をご紹介します。



研修についてのよくある質問

AI研修を導入するにあたり、疑問があれば研修会社に問い合わせましょう。

なかでもよくある質問に、研修の選び方、カリキュラムの変更、製品の導入があります。これらの疑問については、この章を読んで解決してしまいましょう。

Q.研修はどのように選んだら良いですか?

AI研修と一口に言っても、一般教養としてAIの知識を身につけられる内容から、プログラミングを行う開発者向けの内容までさまざまです。AI研修のホームページで対象者と内容を確認し、自社に合ったレベルの研修を選びましょう。

自力で選ぶのが難しい場合は、研修会社に問い合わせをします。受講者の階層や知識レベル、業務内容、研修の目的などを研修会社がヒアリングした上で、適した研修プログラムを提案してくれます。カスタマイズの相談にも乗ってくれるので、気軽に相談してみましょう。

Q.自社に合わせたカリキュラムの変更は可能か?

会社のニーズに合わせ、カリキュラムを柔軟に変更することが可能です。

例えば、受講者の業務によってAI研修の内容を変更することが可能です。営業部門や企画部門の受講者向けにはAI活用事例の紹介を充実させたり、IT部門の受講者向けにはAI理論や開発の内容を充実させたりといったカスタマイズが可能です。研修会社に依頼するときは、受講者の業務内容や知識レベルについても伝えると良いでしょう。

また、自社の業務に近いAI活用事例を紹介するなど、会社に合った研修内容にカスタマイズすることができます。カリキュラムの変更は柔軟に対応してくれる研修会社が多いので、気軽に相談してみましょう。

Q.研修で使用した製品を導入できるか?

多くの研修会社では、AIツールなどの製品の導入支援も行っています。研修で使用した製品を導入し、実務で使っていくことが可能です。

せっかく研修でAIツールの使い方を教わったのに、ほかのツールを導入するのでは、ゼロから使い方を覚えなければならず、非効率な人材育成になってしまいます。研修で使ったAIツールを導入したほうが、実務でもスムーズに使えるメリットがあります。

研修中はAIについて学ぶだけでなく、ツールの使用感も確かめて、自社に導入するかどうかの判断材料にできます。

研修導入における助成金の活用について

研修を導入したくても、費用がかかるから簡単には導入できない、と悩む企業も多いです。そこで活用したいのが、研修の費用を補助してくれる助成金です。

AI研修の導入には、例えば人材開発支援助成金が利用できます。人材開発支援助成金には複数のコースがありますが、一般的には、特定訓練コースか一般訓練コースが当てはまるでしょう。特定訓練コースを含む場合は年間最大1000万円、一般訓練コースのみの場合は年間最大500万円の助成金を受給できます。

OFF-JTであるAI研修の費用は、人材開発支援助成金から賃金助成と経費助成が受けられます。特定訓練コースの場合、賃金助成は1人1時間あたり最大960円、経費助成は対象経費の最大60%です。一般訓練コースの場合、賃金助成は1人1時間あたり最大480円、経費助成は対象経費の最大45%となります。

特定訓練コースと一般訓練コースの違いは、研修の内容や実施目的です。労働生産性向上訓練、若手人材育成訓練、熟練技能育成・継承訓練、グローバル人材育成訓練は特定訓練コースに含まれ、そのほかの訓練は一般訓練コースとなります。AI研修がどちらに当てはまるかは研修の内容によるので、助成金の利用を考えていることを研修会社に伝え、どちらのコースに含めて申請するか意見を聞くと良いでしょう。
参考:厚生労働省『人材開発支援助成金』

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なAI研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのAI研修対応しています。

コロナ禍でのAI研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なAI研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのAI研修対応しています。

コロナ禍でのAI研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。