KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

Webマーケティングとは?研修が必要なほど重要視される3つの理由

Webマーケティングが研修を実施してでも重要視される理由は3つあります。

・Webサイト上でコンバージョンを獲得できる
・効果を数値化して測定しやすい
・確度の高いユーザーへアプローチできる

いずれもWeb集客全盛の時代において重要な理由です。

①Webサイト上でコンバージョンを獲得できる

研修を実施するほど重要視される最大の理由は、コンバージョンを獲得できるからです。
全てのメディアやWebサイトは、明確な目的を持っています。
ECサイトなら売上がコンバージョンです。
そのために施策とリソースが投下されます。

しかしコンバージョンは明確な戦略がなければ獲得できないものです。
たとえば何も考えず商品情報を並べても、利益を発生させるどころかアクセスすら集められません。

コンバージョンを獲得するには、そこに直結するインサイト(検索意図)や導線設計、あるいはSEO対策などの明確な施策が必要です。
それらはすべてWebマーケティングを学ぶことで戦略として組み込めます。
コンバージョンに直結しているから、研修を開くほど重要視されるわけです。

②効果を数値化して測定しやすい

研修を開くほどWebマーケティングが注目される理由として、効果を数値化して測定しやすい点も挙げられます。
コンバージョンを獲得するためには、メディアやWebサイトのパフォーマンスを把握するのが重要です。
つまりPVやUU、CV率などの数字がわからなければ、今後の改善策は検討できません。

Webマーケティングなら、あらゆる数字を可視化でき、施策として何が必要か考案できます。
つまり効果的な施策には予算とリソースを投じ、非効率な手段は取りやめるなど、合理的に判断することが可能です。
たとえばリスティング広告のクリック率が低ければ、出稿するキーワードを変更できます。

数値が根拠の合理的な判断をするうえで、Webマーケティングは研修が求められるほど重要視されています。

③確度の高いユーザーへアプローチできる

研修を開くほどWebマーケティングが重要視される理由として、確度の高いユーザーへアプローチできる点も挙げられます。
レディースのアパレルECサイトを例にして考えてみましょう。

この場合、できれば女性にアクセスして欲しいし、購入して欲しいはずです。
Webマーケティングならそのターゲットに対して以下の施策を実施できます。

・女性が喜ぶSEOコンテンツを発信する
・検索キーワード「アパレル レディース」に対してリスティング広告を出稿する
・Instagramで女性服のコーディネートを投稿する

上記のコンテンツにアクセスするユーザーは、少なくともレディースの服をECサイトで購入するニーズを持っており、つまり顧客としての角度は高いわけです。
たとえばCMやフライヤーなら、上記ほどピンポイントにアプローチできません。
確度の高いユーザーを狙ってアプローチできるから、Webマーケティングは研修が開かれるほど重要視されます。


研修のラインナップ

webマーケティングの全体像の理解とMEO対策研修「一般社団法人全日本SEO協会」


一般社団法人全日本SEO協会が主催する「webマーケティングの全体像の理解とMEO対策研修」は、企業のWeb担当者や経営者、事業主、Web制作会社、コンサルティング会社など、SEOへの理解を深めたい方におすすめの研修です。Webを使った集客を試したもののうまくいっていない方や、SEOを始めたいけれどどこから手を付けたら良いのかわからない方の悩みを解決できるプログラムです。

研修では、Googleの検索結果画面を構成するリスティング広告、地図、自然検索の3つを理解し、上位に表示させるための方法を学ぶことができます。自然検索が決まる仕組みやコアアップデートの影響について、Googleが発表している公式情報だけでなく、実践的な成功事例からSEO対策のノウハウを学ぶことができます。

一般社団法人全日本SEO協会は、webマーケティングのみならず、SEOに関する研修プログラムを多数主催しています。研修を導入する企業のニーズに合ったカリキュラムにフルカスタマイズすることができ、また、研修の様子を動画で撮影してくれるため、当日に受講できなかった人もあとから受講することが可能です。研修資料のPDFダウンロードも可能など、顧客の痒い所に手が届くサービスが特徴です。
一般社団法人全日本SEO協会
webマーケティングの全体像の理解とMEO対策研修 - 一般社団法人全日本SEO協会

これからSEOを始めて低コストで効果的な集客を実施したい企業様のための研修をご用意しました。本研修で、webマーケティングの全体像を学ぶことで、外注をしないで自社内ですぐに実践できる知識を得ることができます。


研修プランを表示

基礎知識から運用まで学べる研修|「インターネットアカデミー」

インターネットアカデミーの「Web&デジタルマーケティング研修」は、基礎知識から具体的な運用まで学べるカリキュラムです。
あらゆる要素を深掘りして解説しており、相当な量のナレッジが得られます。

ベースとなるカリキュラムは以下のとおりです。

・Webマーケティング概論と戦略
・SEOを考慮したコンテンツ作成
・構造化データ
・サーチコンソールの使用方法
・Web広告の基礎事項
・ディスプレイネット
・SNSマーケティング
・Googleアナリティクス
・ABテスト

インターネットアカデミーは、数々の企業に研修を提供しています。
上記のWebデジタルマーケティング研修は、オリンパス株式会社やカシオ計算機(株)も受講しました。
輝かしいほどの実績を持っており、たいへん信頼できる主催者だと言えます。
インターネット・アカデミー
インターネット・アカデミー

「世界中の人々へ教育を」トップ企業のリーダーが選ぶ インターネット・アカデミー

世界のit都市で得た最先端の情報と、日本で培ってきたit教育事業のノウハウを組み合わせ、人材育成とビジネス課題の解決をトータルサポートする研修を紹介します。


初心者にやさしくレクチャーする研修|「株式会社ラーニングエージェンシー」

株式会社ラーニングエージェンシーでは、初心者を対象とした研修が組まれています。
具体的にはマーケティング部門未経験者がまず触れるべき知見について解説しています。

ベースとなるカリキュラムは以下のとおりです。

・Webマーケティングの基本とメリット
・Webマーケティングにおける基本的な施策
・効果測定の進め方

講義時間は2時間とコンパクトであり、デジタルマーケティングの導入段階においてはフィットするカリキュラムです。

株式会社ラーニングエージェンシーは、ビジネス研修を多数展開している企業です。
特にWebマーケティング研修は内容、講師ともに充実している点がうかがえます。
株式会社ラーニングエージェンシー
株式会社ラーニングエージェンシー

業界初の定額制ビジネス研修をはじめ、人と組織の学びを全方位的にご支援します

13,000社に及ぶ企業研修・人材育成に携わった経験豊富な専門家による手厚いサポートと、業界初の定額制社員研修をはじめ、モバイルラーニングなど様々な育成サービスを紹介します。



研修では何が学べること

研修では、以下3点が学べます。

・売れる仕組みを作るWebマーケティングの基礎
・Web広告運用やSEOの基本的な知識
・知識を業務へ活かす方法

3点ともWebマーケティングからコンバージョンを生み出すうえでたいへん重要です。

売れる仕組みを作るWebマーケティングの基礎を学べる

研修では売れる仕組みの作り方が学べます。
これは特別な話ではなく、手法の基礎となる部分です。

Web上でのビジネスの利点は、少ないリソースで商品を販売できること。
レディースのアパレルECサイトを例に考えてみましょう。

実店舗であれば販売するには、永続的な店舗管理が必要です。
シフト作成や陳列、人材教育など、大量のリソース投下が求められます。

しかしECサイトであれば、一度コンバージョンまでのフローが確立した場合、機械的に売上を確保できます。
もちろん在庫管理やコンテンツの追加などは必要ですが、そこに求められるリソースは実店舗と比較すれば限定的です。

Webマーケティングの研修は上位の仕組み化を達成する足掛かりです。
もちろん「自動でお金を産む」わけではありませんが、安定した販路を築くうえで役立つナレッジを得られます。

Web広告運用やSEOなどの基本的な知識を理解できる

Webマーケティングの研修では、基本的な知識も理解できます。
これは初心者が多い企業にとっては重要です。

Webマーケティングを実施するうえで必要な知識は多岐にわたります。

・SEO
・アフィリエイト
・広告運用
・ソーシャルメディア対策
・SNS運用
・メールマーケティング
・アドネットワーク広告運用

これらを独学で学ぶのは現実的ではありません。
たとえばSEOライティングで再検索キーワードをどの程度重視すべきか、自力で理解するのは難しい部分があります。
しかしWebマーケティングの研修なら、専門家のレクチャーによって体系立てて学ぶことが可能です。

知識を業務へ活かす方法を学べる

Webマーケティングの研修では、知識を業務へ活かす方法も学べます。
つまりコンバージョンを得るための行動まで落とし込むことが可能です。

研修では座学だけではなく、業務を模したワークが用意されています。
これを経験すれば、知識が実際にどのように活用すべきか理解できるわけです。

たとえば仮想の設定に基づいてカスタマージャーニーマップの作り方を作成したとします。
そうすることで顧客行動のフローがどのように推移するか追体験することが可能です。
そしてカスタマージャーニーマップを作成した経験は、実際の業務にも落とし込めます。

Webマーケティングは理論と実践、その両輪によって初めて意味を成すものです。
したがって研修に参加する場合は、いかにして知識を実際の業務へ落とし込むか考える姿勢を持っておきましょう。


研修のカリキュラム例

具体的なカリキュラムの一例を「Webマーケティング基礎研修」をサンプルとして解説します。




主要なテーマ 学習できる内容 学習方式
マーケティング活動の理念 ・マーケティング活動とは何か? 講義・ワーク
Webマーケティング
の基礎理解
・Webマーケティングとは

・インターネット上の購買行動の変化

・Webマーケティングの必要性
講義・ワーク
よいWebサイトの
定義と役割
・Webサイトの役割

・よいWebサイトに求められる条件

・具体的なWebサイト作成のステップ
講義・ワーク
ユーザー視点とは? ・ユーザー視点の必要性と捉え方

・ユーザー視点による自社分析
講義・ワーク
Webマーケティング戦略
と数字の読み方
・「AIDMA」と「AISAS」の活用

・ペルソナによるWebマーケティング

・カスタマージャーニーマップ
講義・ワーク
Web分析とPDCAサイクル ・事例に基づく施策の位置付けの理解

・各種指標の活用方法

・KGIとKPIの設定
ワーク
代表的な集客施策 ・SEO対策

・リスティング広告

・アフィリエイト広告

・ダイレクトメール

・メールマーケティング

・SNS広告運用

・リターゲティング広告

・アドネットワーク広告
ワーク
まとめ


上記は初学者向けの研修カリキュラムです。
この段階でもマーケティングの全体像から具体的な施策まで、包括的に学習できます。
昨日までPVの意味がわからない社員がついていけるようなカリキュラムです。

このように「分野においてどれほどの抽象度で解説しているか」は、研修による成果を左右します。
参加前にカリキュラムを参照して、自社が求める内容とレベル感なのか確認しておきましょう。

また座学だけではなく全員参加型のワークでは、より実践的な知識を学ぶことが可能です。
Webマーケティングの学習で重要なのは、「知識を現場で活かす」という課題をクリアする部分にあります。
したがってワーク形式での研修は、自社および参加者にとって貴重な機会です。

より進んだ研修ではさらに専門的なWebマーケティングを学べます。
ちなみにカリキュラムは一定ではありません。
自社の希望や業態に応じてある程度カスタマイズすることが可能です。
また他研修で既出の部分は省略し、別な分野について学習するなどの融通も利くので、自社にフィットしたカリキュラムを設定できます。
カリキュラムについては、研修会社に相談しましょう。

Webマーケティングの始め方とステップ

Webマーケティングを始めるステップは以下のとおりです。

STEP1.コンバージョンの目標を明確化する
STEP2.それを達成するためのマーケティングをプランニングする
STEP3.実行に移し集客する
STEP4.コンテンツを閲覧させる
STEP5.コンバージョンする
STEP6.効果を測定して1に戻る(PDCAサイクル)

文面に起こすと簡単そうに見えます。
しかし1.コンバージョンの目標を明確化する段階で、すでにWebマーケティングの知識がなければ実施できません。
たとえば100万円売り上げるためにクリック率は何%必要か、事前知識なく判断するのはむずかしいものです。
それはWebマーケティングによって実施できるようになります。

上記のむずかしいミッションを根拠立てて達成するためにも、本格的な研修で学ぶのは重要です。

デジタル・Webマーケティングの違いとは?

デジタルとWebマーケティングは、親と子の関係にあります。
前者はインターネットで取得できる情報とデータを活用するマーケティング手法です。
たとえばアプリの利用頻度を参照して施策を考えるのはデジタルマーケティングと呼べます。
PV数やコンバージョンを確認して改善策を考案するのはWebマーケティングです。
ただしこれはデジタルマーケティングの一種として解釈できます。
それを特にコンバージョンへつなげるなら、Webマーケティングと定義されます。

研修の種類

Webマーケティングの研修を受けるなら、以下3つがおすすめです。

・Webマーケティング基礎研修
・Webマーケティング研修〜顧客視点で行うWeb作成・改善編
・マーケティング研修〜効果的なWeb広告編

1:Webマーケティング基礎研修


<解決できる悩み>
・マーケティングの基本中の基本を知りたい
・ある程度知識はあるが、業務での活用方法がわからない
・マーケティング戦略の組み方を知りたい

<研修後の到達目標>
・Webマーケティングの概要と基礎を理解する
・戦略考案に必要なフレームワークの習得
・コンバージョンを獲得するために必要なWebの活用についてTIPSを知る

<受講対象者>
・マーケティング担当者
・新入社員
・管理職

Webマーケティング基礎研修は、基本中の基本を学ぶカリキュラムです。
昨日までPV数が何か知らなかった社員でも受講できる、ビギナー向けの研修です。
Webマーケティングの中核となるユーザー目線で考えることの重要性について理解できます。
また最低限必要となる具体的な手法や仕組みについても学ぶことが可能です。
まずはWebマーケティング基礎研修で第一歩を踏み出しましょう。

2:Webマーケティング研修〜顧客視点で行うWeb作成・改善編

<解決できる悩み>
・Webビジネスをマーケティングの目線からブラッシュアップしたい
・顧客視点でのコンテンツ作成を学びたい
・SEOライティングを実施したい

<研修後の到達目標>
・Webディレクターとしての責務を理解する
・ペルソナやカスタマージャーニーマップを用いてユーザーの行動について把握する
・KGIやKPI設定および各種指標による分析を実施する

<受講対象者>
・マーケティング担当者
・管理職
・商品企画担当者

Webマーケティング研修〜顧客視点で行うWeb作成・改善編」では一歩進んだ内容を学習します。
自社メディアのデザインや運用におけるディレクション技術を学ぶことが可能です。
また具体的にユーザーの行動と自社メディアのパフォーマンスを把握し、より明確な戦略が考案できる段階を目指します。
本格的にWebマーケティングに向き合う場合は、ぜひとも経験したい研修内容です。

3:マーケティング研修〜効果的なWeb広告編

<解決できる悩み>
・売れる仕組みの作り方を知りたい
・他社事例を知りたい
・マーケティング理論に基づいたWeb構築をマスターしたい

<研修後の到達目標>
・売れる仕組み作りの基本理解する
・普遍的マーケティング理論「AIDMA」に沿ったWeb構築をマスターする

<受講対象者>
・Webマーケティング担当者
・管理委嘱
・データベース管理者

マーケティング研修〜効果的なWeb広告では、成功事例に基づく売れる仕組みの理解を深めます。
また基本的な理論に基づいたホームページ作成やリストマーケティングも学ぶことが可能です。
これらを実践形式で学習し、現場でも通用するスキルを醸成します。

研修についてよくある質問

よくある質問についてQandA形式で解説します。
疑問を解消したうえで研修に臨み、Webマーケティングをより深く学べるようにしましょう。

研修前に必要な準備は?

Webマーケティング研修前には、以下の準備が必要です。

・社員に研修の必要性を解説する
・何についてステップアップしたいのか言語化させる
・基本的な知識は予習する

もっとも大切なのは社員に研修の必要性を解説することです。
なぜ学ぶ必要があるのか、きちんと論理立てて伝えておきましょう。
Webマーケティングが重要であると理解していれば、研修に対しても積極的な姿勢で臨みやすくなります。

また、社員には何についてステップアップしたいのか言語化させましょう。
Webマーケティングの研修を受ける以上、自社には明確な目標があるはずです。
それを踏まえたうえで、分野においてどの部分を学ぶべきなのか把握させましょう。
研修で該当する部分の講義やワークがあったとき、より意欲的に学習しようとするはずです。

もちろん研修前にはWebマーケティングについて予習する必要があります。
さすがに何一つ知らない状態で参加すると、講義を聞き流すだけで得られるものはありません。

といってもあまり専門的な部分まで先取りすることはありません。
最低限、講義についていけるだけの予備知識があれば、話についていくことは可能です。
ただし初歩者向けの研修では「Webマーケティングとは?」といった部分から解説することもあります。
その場合はむしろ余計な知識は入れず、素直に講師の述べる内容を聞き入れるほうが理解しやすくなります。
研修会社へ相談・確認して、適切な準備を実施して、より多くの知識が吸収できるような姿勢を整えることが重要です。

研修後に必要なフォローアップは?

研修後には以下のようなフォローアップが必要です。

・参加者で振り返りを実施する
・社内で得られたナレッジを共有する
・自社での活用方法を検討して実行する

まず参加者が複数いるなら振り返りを実施しましょう。
互いに所感や感想を述べることで新しい知見が得られ、また認識の齟齬などを是正することも可能です。

得られたナレッジは、できるだけ社内で共有しましょう。
より多くの社員が知見に触れることで、今後もWebマーケティングを理論的に進められます。

何よりも重要なのは学んだことを自社で活用する方法を検討することです。
現在の業務に研修内容から落とし込めるナレッジがないか、じっくりと検討しましょう。

研修の費用感

Webマーケティング研修の費用感としては、1回あたり40万円から80万円を見込んでおきましょう。
また参加人数が極端に多い場合はさらに料金がかかるケースもあります。
カリキュラムをカスタマイズする場合は別途費用が発生するケースもあるので、研修会社に相談しましょう。

Webマーケティングでは何を売る?

Webマーケティングの理論と実践、そして市場にニーズがあればあらゆるものを売ることが可能です。
したがって何を売るか回答するのであれば「利益になりうるもの」だと言えます。

ただしWebマーケティングおよびインターネットという環境下との相性の良し悪しはあります。
たとえば、鮮魚は賞味期限や保存の観点から、マーケティングしてもWeb上で販売するのはやや難しくなります。
それでも戦略を組み上げて売ることは可能ですが、そのプロセスはやや険しいものとなります。

一方でサブスクリプション方式のビジネスツールなどはWebマーケティングとインターネット双方と高い融和性を示すものです。
展開においてWebマーケティングを学ぶことは理に適っています。

「何でも売れる可能性はあるが、Webマーケティング自体の難易度は商品によって左右される」ことを覚えておきましょう。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なwebマーケティング研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのwebマーケティング研修対応しています。

コロナ禍でのwebマーケティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

webマーケティング研修 研修プラン

即実践できるアクセス数を増やすコンテンツマーケティング研修

● Google検索で上位表示するための良質なコンテンツの作り方を学ぶ
● 外注せずに自社内でコンテンツを増やしていけるようになる

すぐに実践できる改善策で検索順位アップSEO研修

● 理論だけではなく、自社サイトのどこを改善すれば検索順位が上がるのかという具体的な施策を学ぶ

webマーケティングの全体像の理解とMEO対策研修

● Googleが発表している公式情報だけでなく実践的な成功事例を学べる
● 外注をしないで自社内ですぐに実践できる知識を得ることができる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なwebマーケティング研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのwebマーケティング研修対応しています。

コロナ禍でのwebマーケティング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。