KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

優れたプレゼンターの5つの特徴

目標を達成する効果的なプレゼンテーションを行うためには、適切な用意とプレゼンターの力量が重要です。

適切な準備を行う

ジャック・ウェルチ、スティーブ・ジョブズ、孫正義など歴史に名を残す、名経営者には必ずと言っていいほど豊かなプレゼンテーションの逸話が残されています。

その秘訣の殆どは、入念にねられたプレゼンテーションの準備にあります。名ビジネスマンはプレゼンテーションの準備に投資を惜しみません。

プレゼンテーションの質は、準備の質に最も直接的に関係しています。準備しすぎてプレゼンテーションがうまくいかないことはめったにありません。
《出典》 プレゼンテーションのヒント - University of Washingtonproperty


聴き手が理解できる言葉を使う

優れたプレゼンターは、顧客や聴衆が理解しやすい平易な言葉を使ってプレゼンします。専門用語や業界用語を使わず、一般的な言葉を使います。どうしても専門用語や業界用語を使わなければならない場合、平易な言葉で説明してから使います。

プレゼンでありがちなミスとして、プレゼンターが自分を大きく見せようとするあまり、相手に伝わらない専門用語を使ってしまうことがあります。自分がプレゼンを聴く側になったとき、英語をカタカナ読みにした横文字を多用するプレゼンターに辟易したことはありませんか。

優れたプレゼンターは自分を大きく見せるのではなく、等身大かつ堂々とした姿勢でプレゼンに臨みます。相手がプレゼンの内容を理解できるように配慮する姿勢も聴衆に伝わります。そのため、平易な言葉を使っても侮られることがないのです。

情報を詰め込みすぎない

優れたプレゼンターは、情報を厳選して最小限に絞り、資料に掲載します。また、話すことも必要最小限です。聴衆に「情報が多すぎて何がなんだかわからない」「難しすぎて疲れる」といったストレスを与えないように配慮し、絶対に必要な情報に絞って伝えるのです。

プレゼンのよくある失敗として、あれもこれも伝えたいので情報を詰め込みすぎてしまうことがあります。プレゼンターとしては、細かな注意事項や免責事項も含めてすべて伝えないと不安になってしまうものですが、その商品やサービスの話を初めて聴く顧客や聴衆は、そんなに細かいところまで理解できません。結局、「難しいということしかわからなかった」という残念な印象になってしまいます。

もちろん、注意点がまったく無いかのようなアピールをしてはいけません。ですが、優れたプレゼンターはプレゼン中に伝えることと、興味を持ってくれた人とのその後の商談で伝えれば良いことの区別がついています。プレゼンでは、聴衆に余計なストレスを与えないことが大切です。

決められた時間を守る

優れたプレゼンターは、決められた時間を必ず守ります。顧客との約束の時間や、セミナーなどで与えられた時間などです。決められた時間内でプレゼンが終わるよう、練習を重ねているのです。

時間内にプレゼンが終わらず、延長してしまう人もいますが、これは良くありません。顧客の時間を奪ったり、次にプレゼンをする人の時間を奪ったりする行為だからです。時間配分の仕方も含めて、プレゼンテーション研修で学びましょう。

表情や話し方、ジェスチャーに気を配っている


どれほど内容が素晴らしく整理されていてもプレゼンテーションにおいて、そのコンテンツを聴衆に伝えるのはプレゼンテンター本人です。優れたプレゼンテーターは話し方やジェスチャーをコントロールして聴衆にプレゼンテーションの内容を可能な限り伝える努力をします。

特定の考えを強調しようとする場合は、言葉を明確かつ明確に発音する。
《出典》 プレゼンテーションの実施 - Northern Illinois University


企業が抱えている悩みや課題

プレゼンテーションがうまい社員がいない…とお悩みの企業の多くが、以下のような課題を抱えています。

●お客様の心に響くプレゼンができる社員がいない
●原稿を読むだけ、暗記したことを喋るだけになっている
●グラフや図を使うのが苦手で、文字ばかりのプレゼン資料になってしまう
●急な質問に答えられず、「持ち帰って確認します」としか回答できない

このような悩みが生まれる理由は、社員のプレゼンテーション準備が不十分だからです。プレゼン当日までに何を準備すれば良いのか、どのような練習をすれば良いのか、プレゼンテーション研修を受講してしっかりと理解してもらいましょう。

研修の特徴

プレゼンテーション研修が企業にもたらす効果を見ていきましょう。

プロの技術を学べる

プレゼンのプロである講師から、プレゼンテーションの基礎から学ぶことができます。これまで自己流で行っていた場合、その社員のクセや、企業全体のクセを発見することができます。

例えば、目線です。プレゼンテーションは適切なアイコンタクトを行いながら、相手の心を掴むように行わないといけませんが、効果的な場面で目線を合わせていなかったり、ずっと資料を見てしまっている事があります。また、声も非常に大事です。声は、イントネーションや、大きさ、発音などの工夫次第で、相手の心を掴むことのできる非常に大事なポイントとなります。
その他にも技術的なポイントはたくさんありますが、企業全体のクセを発見し改善するのに、プレゼンテーション研修は非常に大きな力になります。

プレゼンテーションスキルを効率的に習得できる

プレゼンテーションスキル習得の効率化を図る事ができます。企業内でのプレゼンテーションの練習は、第三者の目が無い分、実戦で試しながら行うことが多くなってしまいます。実践で、試しながら行うことは大事なことですが、確かな技術を身につけるには、非効率的ですし、個人の能力差も顕著に出る結果になってしまいます。プレゼンテーション研修では、専門家からの技術的な指導があるため、早く能力を身に付け実践に備えることができます。

研修のカリキュラム例

プレゼンテーション研修の1日の例
対象者新人営業職社員全営業社員
目的プレゼンテーション技術、営業職で力を発揮する為の販売知識を学び、早く企業の力になる。お客様視点で提案ができる組織にするのはもちろん、チーム全体の底上げを行う。
1時限目営業の基礎基本研修の目的確認
2時限目営業テクニックについて営業の基礎基本
3時限目ロールプレイング①商談のプロセス
4時限目ロールプレイング②実戦確認
5時限目フィードバック研修のまとめ

プレゼンテーション研修は、目的によって効果的なカリキュラムが組まれています。例えば、新人営業職員向けの研修ではプレゼンテーション技術はもちろん、営業職で力を発揮する為の販売知識を学ぶことができます。ロールプレイングを中心に行い、実践的に経験、知識を付けていきます。一般的に二週間ほどの研修を組まれることが多く、OJT前にしっかりとした基礎を作り上げることができます。

全営業社員向けの研修では、お客様視点で提案ができる組織にするのはもちろん、チーム全体の底上げを行うために、若手社員から、中堅社員、そして営業マネージャーまで幅広く対象としています。日常の業務の中ではついつい忘れてしまう、営業の基本基本を振り返っていくほか、実戦確認も行なっていきます。様々な立場の人が、チーム全体で混ざりながら行なっていき、チーム全体の結束力の向上はもちろん、OJTの組織風土を育てていきます。

研修のラインナップ

ここからは、現在提供されているプレゼンテーション研修を紹介していきます。気になる研修があったら、研修会社に問い合わせてみましょう。

1分でプレゼンする!相手に伝わる話し方テンプレート実践研修「株式会社モチベーション&コミュニケーション」


株式会社モチベーション&コミュニケーションが提供する、相手に伝わる話し方テンプレート実践研修は、プレゼン力を身につけたい方や、自分の考えをまとめることが苦手な方などを対象とした研修です。プレゼンテーション本番だけでなく、職場における日々のコミュニケーションにも活かせる内容となっています。

研修では、「1分」にこだわってプレゼン能力を高めていきます。短い時間で相手に伝えなければならないため、話の内容を削ぎ落し、重要な部分だけを論理的に伝える力を身につけられます。「CRS」というテンプレートを基に話し方を改善するので、コミュニケーションに自信がない方でも気軽に取り組めます。

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、組織におけるコミュニケーション課題の解決に特化した研修会社です。実践に移しやすいプログラムが特徴なので、研修が終わったあとすぐに実行し、学んだことを活かせます。
株式会社モチベーション&コミュニケーション
1分でプレゼンする!相手に伝わる「話し方テンプレート」実践研修 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

累計3万人の受講実績を持つモチベーション&コミュニケーションスクールが、これまでのノウハウを集約し、プレゼンはもちろん、会議での発言で”報告”・”連絡”・”相談”を1分でまとめる技術をお伝えいたします。


研修プランを表示

営業組織活性化プログラム「株式会社ノビテク」


株式会社ノビテクでは、提案力を高められる「営業組織活性化プログラム」という研修を提供しています。顧客の立場に立って考え、顧客にとって有効なソリューションを提案できるようになるための研修です。

プレゼンテーションが顧客に響かず、苦手意識を持っている社員にありがちなのが、商品やサービスの優れた点ばかりを紹介していることです。そのようなプレゼンをされた顧客は、商品やサービスの良さはわかっても、自分にとってどのように役立つのかわからないため、成約には至らないのです。このようなプレゼンを脱却するためにも、研修を受講して顧客視点でものごとを考える力を養いましょう。

株式会社ノビテクは、基本的なやり方を学び、上手くできる方法を受講者自身が考えられるよう、導いていく研修プログラムを提供しています。参加型のプログラムなので、眠くならず、記憶に定着しやすい研修となっています。
株式会社ノビテク
営業組織活性化プログラム - 株式会社ノビテク

営業担当者だけでなく、マネジャーや周囲のメンバーと一体となって、OJTの組織風土を醸成、育つ営業組織へ変改させる研修です。


研修プランを表示

オンラインツールの画面共有機能をつかった戦略的対話術研修「株式会社かんき出版」


株式会社かんき出版では、オンラインに特化した戦略的対話術研修を提供しています。画面越しでも、相手を動かし、相手に響くメッセージを届ける方法を学ぶことができます。

リモートワークの普及により、画面越しにコミュニケーションを取る機会が増えましたが、プレゼンテーションや商談の場面で、難しさを感じている人は大勢います。空間を共有していない相手に訴求するためには、オンラインツールをどんどん活用しましょう。

株式会社かんき出版の研修では、画面共有機能を使い、画面越しの相手を巻き込む方法を学びます。相手が食いつく資料を効果的なタイミングで見せることで、オンラインでのプレゼンテーションを成功に導きます


株式会社かんき出版の研修は、講師の質が高いという特徴があります。出版社のネットワークを活かし、書籍の著者に講師を依頼しているからです。著書を執筆できるほど専門知識が豊富な人が講師を務めるので、受講者は質の高いプログラムを受講できます。
株式会社かんき出版
オンラインツールの画面共有機能をつかった戦略的対話術研修 - 株式会社かんき出版

リモートワークの普及により、画面越しのコミュニケーションが増加しています。オンライン会議や商談では、何を見せるかで勝敗が決まります。当研修では、オンラインツールの画面共有機能を使い、戦略的に対話をすすめるテクニックを学びます。


研修プランを表示

プレゼンスキル向上 新人営業職研修「株式会社PDCAの学校」

株式会社PDCAの学校が提供する新人営業職研修は、営業に必要なスキルを総合的に習得することができます。もちろん営業に欠かせないプレゼンスキルの強化もカリキュラムに組み込まれています。
プレゼン力は得意・不得意が表れやすい部分です。この能力を属人化させないためには、プレゼンの適切な提案の流れ等のノウハウを学び、「スキル」としてすべての新人に習得してもらうことが重要です。
プレゼンができる新人を育て、業績アップにつなげましょう。

株式会社PDCAの学校は、研修前の動機づけと、研修で学んだ事を現場で活かせる環境作りの支援を重視しています。研修の特徴としては、実践トレーニングを重視し、生産性を向上させる研修プログラムを提供しています。座学だけでなく、ワークなどを通して、研修の内容を受講者の記憶に定着させます。
株式会社PDCAの学校
2022年度 ビジネススキル研修~新人営業職編~ - 株式会社PDCAの学校

一般的な「詰め込み型研修」ではなく「すり込み型」の学び取るプログラムで、 ビジネスに不可欠なスキルをしっかりと体得できます。本研修は1社1名様 からご参加できるオー プン合同型です。


研修プランを表示

プレゼンテーション研修(オンラインコミュニケーション)|「ダイヤモンド社」

ダイヤモンド社のプレゼンテーション研修は、日本マイクロソフト社の執行役員である西脇氏が講師を務めます。西脇氏のプレゼンテーションテクニックにおける目的は、「相手を動かす」こと。4時間かけて、「スライド」「シナリオ」「トーク」「オンラインコミュニケーション」のテクニックを身につけられます。

研修を主催しているダイヤモンド社は、ビジネス関連書籍の出版社として有名です。グループ全体の知見や有識者とのコネクションを活かして、適性検査や社員教育などのHR関連分野においても存在感を発揮しています。一部上場企業などの大手企業をはじめ、多くの企業やビジネスパーソンに研修を提供しています。

プレゼンテーション研修(オンラインコミュニケーション)

即実践型プレゼンテーション研修「プロジェクトソリューションズ」

プロジェクトソリューションズが提供する「即実践型プレゼンテーション研修」は、名前のとおりビジネスの現場ですぐに使えること目標とした研修です。難しい理論は用いずに、20の基本的なルールを覚えることにより、プレゼンテーションのスキルを身につけます。半日・1日・体感型の3つのプログラムがあります。

研修を提供している日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、2013年2月に設立された研修会社です。比較的後発の研修会社ですが、すでに大手企業を含む多くの企業に研修を実施しています。ITソリューションやCRMソリューションなどの技術やツールを用いた問題解決を目指すスタンスの企業です。

即実践型プレゼンテーション研修

プレゼンテーション能力研究「話し方教育センター」

話し方研究所の「プレゼンテーション能力研究セミナー」は、30名以下の集団形式でプレゼンテーションの基本技術を学べるセミナーです。具体的には、以下の内容がプログラムとして組まれています。
・発生方法
・話の構成
・聞かせるテクニック

要望によっては、パワーポイント資料の作り方などの内容をプログラムに組み込むことも可能です。

話し方教育センターは、「話す能力」に特化した研修会社です。話し方を通じて、人/社会を育てることを理念としており、30年以上の実績を誇ります。創業以来、一貫してコミュニケーションの重要性を説いており、時代の変化や顧客の要望に応じてスタイルを柔軟に変化させてきました。カリキュラム開発を全て社内で作成している研修会社です。

プレゼンテーション能力研究研修

話し方の個人レッスン「株式会社スマイルボイス」

株式会社スマイルボイスでは、「話し方の個人レッスン」として、オンライン研修・企業研修などのコースを設けています。Zoomを用いたオンラインの講義では、作り笑顔ではない本物の笑顔や相手に好印象を与えられるコミュニケーションについて学びます。ビジネスマナーだけにとどまらず、滑舌の改善やスピーチの方法まで学べます。

株式会社スマイルボイスは、自治体・金融機関・一般企業など多くの団体や企業に対してセミナー・レッスンを実施した実績をもちます。多くの実績を支えているのは、講師が話しのプロフェッショナルであることと個人レッスンにも対応していることです。オンラインレッスンにも対応しているので、効率的かつ密度の濃いレッスンを受けられます。

話し方の個人レッスン

プレゼンテーション研修「株式会社パンネーションズ・コンサルティグ・グループ」

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループのプレゼンテーション研修は、外国人相手のプレゼンテーションに特化しています。そのために、国や文化によるコミュニケーションの違いを学んだうえで、実践的な内容の研修プログラムが組まれています。特定のフォーマットに沿ったプレゼンテーションの進め方について学べるため、苦手意識を持っている方にもおすすめです。
株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループには30年以上の実績があります。その間、大手企業を含む1,700社・55万人に対する研修を実施してきました。すべての研修は、日本の文化や商習慣にマッチするように、独自で開発したり欧米での手法を調整したりして企画されたものです。

プレゼンテーション研修

オンライン・プレゼンテーション研修「日本能率協会(JMA)」

日本能率協会(JMA)が主催するJMAマネジメントスクールでは、Zoomを使ったオンラインのプレゼンテーション研修を提供しています。オンライン上でのプレゼンテーションに悩みを感じている方に、おすすめのプログラムです。

JMAのオンライン・プレゼンテーション研修は、印象管理編と実践!ファシリテーション編の2つのパートに分かれています。画面上で印象を良くする方法や、オンラインでのファシリテーションやグループディスカッションのコツを学ぶことができます。

JMAマネジメントスクールは、多岐にわたる公開セミナーを提供しています。プレゼンテーション研修のみならず、マナー・接遇、問題解決力、部下育成、マネジメント、リーダーシップなど、ビジネスパーソンが身につけておきたい研修プログラムが充実しています。
日本能率協会(JMA)
日本能率協会(JMA)

日本の経営革新、世界と社会と共に。

先進的テーマから実務課題に基づくものまで、階層別・課題別でまとめ、分野も幅広く取り揃え、バラエティーに富んだ人材育成・教育支援を行っています。


プレゼンテーション入門<シナリオ作成編>「株式会社ラーニングエージェンシー」

株式会社ラーニングエージェンシーのプレゼンテーション研修では、シナリオ作成について学ぶことができます。

プレゼンテーションを成功さえるために重要なのが、プレゼンの流れですが、流れについて考えたことがない社員も多いです。資料の見せ方だけでなく、コンセプトやストーリーを設計することが重要です。この研修では、コンセプト設計、ストーリー設計を理解し、相手を動かすプレゼンテーションの方法を学べます。

株式会社ラーニングエージェンシーは、300以上の研修テーマで企業の人材育成・社員研修を支援する研修会社です。累計受講者は320万人以上おり、研修満足度は97.6%と高い実績を持っています。
株式会社ラーニングエージェンシー
株式会社ラーニングエージェンシー

業界初の定額制ビジネス研修をはじめ、人と組織の学びを全方位的にご支援します

13,000社に及ぶ企業研修・人材育成に携わった経験豊富な専門家による手厚いサポートと、業界初の定額制社員研修をはじめ、モバイルラーニングなど様々な育成サービスを紹介します。


相手を動かすには、まず相手を知るプレゼンテーション研修「株式会社チェンジ」

株式会社チェンジのプレゼンテーション研修では、聞き手を動かすプレゼンができるようになれるよう、必要な準備や立ち居振る舞いなどを学びます。構成の立て方や資料の作成方法、想定問答集の作成まで、プレゼンテーションに必要なスキルを学ぶことができます。スピーチにおける間の取り方、立ち位置、視線など、実践に即した内容となっています。

株式会社チェンジでは、人材育成のサービスとして、多岐にわたる研修を行っています。テクノロジーに強い会社なので、プレゼンテーション研修だけでなく、DXやシステムに関する研修も豊富です。
株式会社チェンジ
株式会社チェンジ

貴社の生産性を一変させませんか?

AI 、音声インターネット、モビリティ、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修を提供します。


研修が企業にもたらす効果

プレゼンテーション研修が企業にもたらす効果

プレゼンテーション研修を導入すると、企業にどのような良い影響があるのでしょうか。プレゼンテーション研修が企業にもたらす効果について、解説していきます。

社員の提案力が向上する

プレゼンテーション研修を受講することで、社員の提案力を向上させることができます。何のためにプレゼンテーションを行うのかを理解することが、提案力につながります。

顧客への訴求力のないプレゼンテーションを行っている人には、商品やサービスの良いところを紹介しているだけ、という共通点があります。商品やサービスが顧客のどのような悩みをどのように解決するのか、なぜ顧客にとって商品やサービスが役立つのかを、アピールできていないのです。

プレゼンテーションを成功させるためには、相手のニーズを理解し、相手の悩みを解決する提案を行うことが重要です。研修では、プレゼンの目的を押さえ、相手の立場に立った考え方を学ぶので、社員の提案力の向上という効果が期待できます。

社員の伝える力が向上する

プレゼンテーション研修では、ロジカルなコミュニケーションを学びます。そのため、自分の意見を論理的に相手に伝える能力が向上します。これは、社外のみならず社内のコミュニケーションにも良い影響をもたらします。

職場でよくある問題に、社員どうしのコミュニケーションがうまくいかないことが挙げられます。「意見が一貫していない」「話が非論理的で理解しにくい」といった理由で、孤立してしまっている社員もいるのではないでしょうか。このような社員でも、論理的な考え方や伝え方を学べば、コミュニケーション能力が向上します。

プレゼンテーション研修を受講すれば、論理的に相手に伝える方法を学べます。社内・社外の意志疎通をスムーズにするためにも、研修を導入する価値があります。

資料づくりが得意になる

プレゼンテーション研修では、グラフや図を用いた、わかりやすい資料の作成方法も学びます。社員が上手に資料を作れるようになれば、無駄な時間を削減し、生産性を高めることができます。

ビジネス文書は文字ばかりになりがちで、しかも簡単なことが難しく書かれていることも多いです。決裁権限を持つ経営層や管理職は、読解にかける時間がもったいないです。資料を作成した部下も、説明してほしいと何度も呼び出され、労力を割かれてしまいます。

グラフや図がうまく使えるようになれば、このような無駄な時間や労力をカットすることができます。プレゼンテーション研修で学ぶことは、日々の資料作りにも役立ちます。

採用にいかせる

現在、日本全体では少子高齢化が進み、魅力的な社員候補を見つけることが非常に困難となっています。プレゼンテーション能力の向上により、自社の魅力を伝えることが得意な企業になればおのずと知名度も向上していきます。知名度がアップすることにより、入社希望者を新卒、中途問わず多く集めることができるため能力の高い社員を採用するチャンスがアップします。

研修の選び方

プレゼンテーション研修には、それぞれ特徴があります。そのため、目的を明確にして適切に選ぶことが、プレゼンテーション研修を行う上で非常に重要となります。

講師の得意分野に注目する

例えば、ある企業ではホスピタリティを非常に重要視してプレゼンテーションを行なっています。ホスピタリティとは、サービス精神のことを指します。プレゼンテーションは、説明の仕方や、話し方も大事ですがホスピタリティも非常に重要です。ホスピタリティは、某大型テーマパークが例に出されることが多いです。某大型テーマパークでは、コンセプトのもと、来場者の夢を壊さないよう従業員が様々なサポートを行なっています。そのサービスは、ホスピタリティに溢れ、非常に高い評価を受けています。今では本も多数出版され、他業界でも注目をされています。プレゼンテーション時のホスピタリティを向上させ、印象もアップさせたい企業におすすめです。

受講対象者に注目する

プレゼンテーション研修を実施する際には、受講対象者に合わせて内容を構成することも重要です。例えば、新人営業スタッフに特化したプレゼンテーション研修の場合は、基礎からプレゼンテーションの技術を学ぶほか、営業に必要な販売知識を教育する必要があります。また、営業職では相手と距離を縮めることは非常に重要なスキルです。社内だけでは培われない営業会話力を身につけられる講座であれば、なお効果が高まります。
職種や入社年次、個別のキャリアに応じて、求められるプレゼンテーションは異なります。研修実施前に、受講対象者の身につけたいスキルについてきちんと整理しましょう。

ゴール設定に注目する

プレゼンテーション研修の内容は非常に幅が広く、たどり着きたいゴールによってカリキュラムは異なります。プレゼン資料やスライド作成に課題を感じているなら、より見やすくわかりやすい資料作成のコツを教えてくれる研修がおすすめです。また、もっと伝わる話し方を身につけたいなら、プレゼンの構成を効果的に組み立て、人を惹きつけるポイントを学ぶ必要があります。
資料作成と話し方の両方を網羅した研修もありますが、時間に限りがあることから、どうしても学ぶ知識は表面的になりがちです。プレゼンテーションにおいて強化したいポイントが決まっている場合は、よりゴールを絞った研修を選択するのも一つの手です。

プレゼンテーション研修2

研修に関するよくある質問

プレゼンテーション研修を導入する前に、心配なことや気になることがあれば、当サイトへお問い合わせください。ここではよく寄せられる質問について回答していくので、ご参考ください。

研修の受講は何人まで可能ですか?

研修によって異なりますが、10名~20名程度が最適としている研修が多いです。受講者が実際にプレゼンを行い、その様子をビデオで撮影し、講師と受講者がビデオを見ながらフィードバックするため、比較的少人数で研修を行うことが多いです。

一度に大人数で受講したい場合、ビデオ撮影なしの研修がおすすめです。

カリキュラムの変更は可能ですか?

可能です。研修を導入する企業の現状や、業種・業界の特徴を踏まえ、カリキュラムを柔軟に変更できるので、当サイトへお問い合わせください。

また、プレゼンテーションに関する受講者の悩みアプローチできるよう、研修の内容をカスタマイズすることも可能です。事前に受講対象者にアンケートを行うなどして、課題を洗い出しておくことをおすすめします。

プレゼンテーション研修の対象者はどんな社員ですか?

プレゼンテーションスキルは全社員にとって必要なので、基本的には、階層や職種を問わず受講できます。

研修会社によっては、新入社員向け、若手社員向け、営業担当者向け、管理職向けなど、立場ごとに別の研修を用意している場合があります。自社の規模や社員構成を踏まえ、プレゼンテーション研修を選びましょう。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なプレゼンテーション研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのプレゼンテーション研修対応しています。

コロナ禍でのプレゼンテーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

プレゼンテーション研修 研修プラン

オンライン商談での相手のニーズの聞き出し方、伝え方を学ぶ営業研修

●他社と差がつく、オンライン商談のコツを理解する
●環境設定のポイントを理解する
●資料投影のテクニックを身に着ける
●画面越しのコミュニケーション術を身につける

営業組織活性化プログラム

● 営業活動の基本を理解するとともに、現場で実践できるスキルを習得する
● お客様の視点で、お客様へソリューション提案ができる
● お客様の視点で、お客様のソリューションができる営業を育成し営業力を強化させる

オンラインツールの画面共有機能をつかった戦略的対話術研修

●オンラインと対面での資料の違いについて理解する
●画面共有機能を使ってスムーズに対話をすすめるためのポイントを理解する
●相手を動かす、相手に響くメッセージの作り方を学ぶ

1分でプレゼンする!相手に伝わる「話し方テンプレート」実践研修

● 提案がしっかり伝わるようになる
● 自信を持ってプレゼンできるようになる
● 発表することが楽しくなる
● わかりやすい報告、連絡、相談ができるようになる
● 仕事の生産性が劇的に上がる

2022年度 ビジネススキル研修~新人営業職編~

社内外のコミュニ ケーションスキルを磨き業務の効率アップ
適切な提案の流れプレゼンスキルを習得し業績アップ
信頼関係構築力が上がり離職率が大幅に改善
他社交流で現実を理解し仕事への甘えがなくなる
PDCFAサイクルの実施により成長意欲のモチベーションを持続

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なプレゼンテーション研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのプレゼンテーション研修対応しています。

コロナ禍でのプレゼンテーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

プレゼンテーション研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なプレゼンテーション研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのプレゼンテーション研修対応しています。

コロナ禍でのプレゼンテーション研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。