第一印象は、3〜5秒で形成される

第一印象は、ビジネスにおいて極めて重要です。

わずか3〜5秒の間に形成される印象は、相手の見た目や態度、話し方などを総合的に評価し、その後の関係に大きな影響を与えます。

この記事では、株式会社NATUREキムラサオリさんの監修のもと「初頭効果」と「ハロー効果」という心理現象や「メラビアンの法則」、良好な第一印象を与えるための方法を解説します。

【この記事の監修者】
株式会社NATURE代表取締役社長 キムラサオリ

元アスリート、男性XL着用⇒自分を変えるためアパレル業界へ⇒1200枚の服を所有するもおしゃれに慣れず自信を無くす⇒整理収納、骨格、カラー資格取得⇒'15年TBSあさチャン出演⇒全国、世界から問い合わせ⇒'19年㈱NATURE設立/年間300案件/お客様満足度98%/口コミ紹介80%/依頼が絶えないスタイリスト。

監修者ページはこちらから

第一印象は何秒で決まる?

出会って3〜5秒で決まる、第一印象の重要性

第一印象は出会ってからわずか3〜5秒で形成されると言われています。この短い時間で、相手は無意識のうちにあなたの外見、表情、態度、話し方などを総合的に評価し、あなたに対する印象を決定します。

この「初頭効果」と呼ばれる現象は、最初の情報がその後の評価に強く影響を与えることを意味します。また、「ハロー効果」という心理現象もあり、最初に形成された好印象がその後の評価や判断を好意的に歪めることがあります。

したがって、第一印象が良ければ、信頼や好意を得やすく、人間関係やビジネスシーンで有利に働く可能性が高まります。

初頭効果とは

「初頭効果」とは、最初に受けた印象がその後の人物評価に強く影響する心理現象です。

例えば、初対面での好印象が、その後の行動や言動を肯定的に捉えさせる傾向があります。逆に、最初の印象が悪ければ、その後の評価も厳しくなることが多いです。

初頭効果は、人は最初の情報を基に迅速に判断を下す傾向があるため生じます。特に、人間関係やビジネスの場では、初対面での印象が重要視されることが多く、初頭効果は大きな影響を与えることになります。

ハロー効果とは

「ハロー効果」とは、ある一つの良い特徴が人物全体の評価を良くする心理現象を指します。この効果により、初対面での印象が特に肯定的な場合、その人の他の特性も良いものとして評価される事があります。

例えば、見た目が魅力的な人は能力も高いと見なされることがあります。この逆もまた真で、一つの悪い特徴が全体の評価を下げる可能性があります。

ハロー効果は、情報を迅速に処理する際の簡略化された思考過程の結果です。第一印象が特に重要とされるビジネスや社会生活において、この心理現象は大きな影響を与えることがあります。

第一印象が良い人は得をしている

これまで説明した「初頭効果」や「ハロー効果」により、第一印象が良い人は、信頼や好意を獲得しやすくなります。

特にビジネスや社会生活において、良い第一印象は重要な役割を果たし、成功につながる可能性を高めます。そのため、初対面で良い印象を与えることの価値は非常に高いのです。

印象管理研修

KeySessionでは貴社の印象管理研修導入をお手伝いをいたします。

人は見た目が9割「メラビアンの法則」

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則は、アルバート・メラビアンによって提唱されたコミュニケーション理論です。

この理論によると、人々がコミュニケーションにおいて伝える情報の効果は、言葉の意味が7%、声のトーンが38%、非言語的要素(例えばボディランゲージ)が55%とされています。

これは特に感情的なコミュニケーションにおいて顕著で、言葉の内容よりも、どのように伝えるかが受け手の印象に大きな影響を与えます。この法則は、コミュニケーションの複雑さと、言葉、声のトーン、身体言語が互いに影響し合うことを示しています。

視覚情報
第一印象において、視覚情報は最も影響力が強い要素の一つです。
人々は出会った瞬間に、相手の外見や身だしなみ、表情、ボディランゲージなど視覚的な情報を即座に処理します。視覚情報は、相手に対する評価や感情的反応を大きく左右するため、適切な身だしなみや自信のある姿勢、親しみやすい表情は良い第一印象を与えるのに効果的です。
聴覚情報
第一印象形成における聴覚情報の重要性も見逃せません。
声のトーンは感情や意図を伝える上で重要で、明瞭で落ち着いた話し方は信頼感を生み出します。また、言葉の選択や言い回しは教養や性格を反映し、相手に深い印象を残すことがあります。
言語情報
言語情報は、話される言葉の内容や、その言葉がどのように伝えられるかによって決まります。
具体的な情報や具体的な言い回しは、知性や信頼性を伝えるのに役立ち、コミュニケーションに適切に応じることは、共感や理解を示し、良好な人間関係の基盤を築く事に繋がります。

第一印象を良くするためにやっておくべき3つのポイント

身だしなみと清潔感

第一印象を良くするために重要なのが「身だしなみと清潔感」です。人との出会いにおいて、見た目はその人の全てを語るわけではありませんが、非常に大きな影響を与えます。服装はその人の性格や社会的地位を表す要素の一つです。きちんとした服装は相手に敬意を表し、信頼感を与えます。特にビジネスシーンでは、適切な服装選びが重要になります。

清潔感のある身だしなみは、見た目だけでなく、気遣いや自己管理能力の高さを示します。髪型や爪の手入れ、歯の清潔さは、健康や衛生状態の良さを印象付ける要素です。明るく清潔感のある笑顔は、相手に安心感や親近感を与えます。

体臭や香りにも注意が必要です。不快な体臭や強すぎる香水は、印象を悪化させる可能性があります。自然で心地よい香りは、相手に良い印象を与えるだけでなく、コミュニケーションをスムーズにする効果もあります。

身だしなみと清潔感を整えることは、相手に対する敬意と自分自身への尊重を示す行動です。この基本を押さえることで、第一印象は格段に向上し、人間関係の構築において有利な立場を得ることができるでしょう。

表情と所作

第一印象を良くするために、「表情と所作」にも意識を配りましょう。

笑顔は最も強力なコミュニケーションツールの一つであり、自然な笑顔は相手に好印象を与えます。また、日常の所作にも気を配りましょう。立ち姿や歩き方、手の動き一つ一つが、相手に与える印象を大きく左右します。

美しい姿勢を保ち、落ち着いた動作を心がけることで、信頼感や親しみやすさを伝えることができます。これらの細かなポイントに注意を払うことで、良い第一印象を形成する手助けとなります。

言葉遣いと態度

第一印象を高めるために、「言葉遣いと態度」は重要です。

相手に敬意を示すために、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。心を込めた挨拶や、相手の目を見て話すことは、相手に良い印象を与えます。話し方にも注意が必要です。明瞭で聞き取りやすいトーンを意識することが大切です。

また、相手の名前を呼んで親密さを演出し、適切に相槌を打つことで、コミュニケーションがスムーズになります。これらの点を実践することで、第一印象を効果的に良くすることができます。

まとめ

本稿では、第一印象の形成において重要な視覚、聴覚、言語情報の役割と、見た目の印象、身だしなみ、表情、所作、言葉遣いなど、相手に良い印象を与えるための具体的なポイントを詳しく解説しました。

これらの知識を活用し、人間関係やビジネスシーンでの成功を目指しましょう。

株式会社NATUREが提供する「見た目の差が人生を変える服装戦略研修」を通して、印象管理のスキルをより深く学び、実践に移すことができます。お気軽にお問い合わせください。

見た目の差が人生を変える服装戦略研修

NATURE株式会社の服装戦略研修で人生を変えるチャンス。シンプルでベーシックな装いが、あなたのプロフェッショナルイメージとコミュニケーションスキルを向上させます。専門家キムラサオリの監修のもと、一般的な服装の悩みに対応し、どの場面にも適した独自のスタイルを見つける方法を教えます。自信に満ちた印象的な存在感を実現し、内面の魅力、健康、生活習慣を改善しましょう。

一人ひとりが課題点に気づくことが出来ると意識も気持ちも行動もかわる
おすすめの記事