公開講座参加の流れ

研修の導入

公開講座に参加する流れ


社外での公開講座に参加するのも社員研修のひとつです。参加人数は限られますが、自社で準備することがほとんどないのが特徴です。

①研修の目的・内容を決める

公開講座の種類はかなりの数です。
同じようなテーマでも内容や対象者が違うことも多く、誰にどのような研修を受けてもらいたいのかを明確にしておく必要があります。

この段階で、参加対象者に研修参加の告知をしておくのも良いかもしれません。

②公開講座の選定

公開講座は個別に検索をするのでも見つかりますし、研修企画会社から定期的に案内が来ることも多いですから、その中から選ぶのもお勧めです。

不明な点があれば、選定の段階で問い合わせをしておきましょう。

公開講座は人数や対象者、時期、カリキュラムがすでに決まっているので、条件に合った講座を見つけやすくなっています。

⇒失敗しない社員研修テーマの決め方はこちらから

③参加者の選定と告知

参加する講座が決まったら、参加者の選定をします。あらかじめ対象者を絞っている場合は、その人たちに知らせるだけでも良いですね。
日程によっては仕事を抜けたり、休む必要がありますので、参加者がいる部署全体に告知すると良いでしょう。

④公開講座の申し込み

参加者が確定したら正式に申し込みをします。

電話やメールでの申し込み後に受講料の振り込み案内が来ますので、それに沿って支払いを済ませます。

受講票が発行される場合は、必ず確認し参加者に渡します。

⑤参加者からの報告

申し込みが完了したら、あとは研修に参加してもらうだけです。

公開講座は限られた人しか参加できないことが多いですので、終了後は参加者からの報告を必ず受けるようにしましょう。

必要であれば社内で報告研修などをおこなうと、研修の効果がさらに上がります。

2021年注目の研修
2021年注目の研修

SDGsやDX、RPA、働き方改革といった新しいキーワードが続々登場し、頭を悩ませている経営者が多い。競争力のある会社になるためにも、社員にはビジネスに役立つ最新の知識を身に付けてもらいましょう。この記事では導入の効果、いま導入するべき理由を解説していきます。

記事を読む
(作成日:2021年3月8日 更新日:2021年10月22日)

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もご参照下さい

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。