研修企業の選び方

研修の導入

 研修プロデュース会社とは、社内研修の企画、アドバイス、サポートをしてくれる専門の企業。研修の内容に合わせて、講師や教材、研修形式を提供してくれる。  大手研修企業は、全国で同じ研修が受けられ、講師の数も充実しているので様々な研修内容に対応できます。規模の小さな研修企業は個別対応が得意で、要望に合わせたカリキュラムを提供してくれるところが多い。

  • 専門性が高くなる
  • 説得力が増す
  • 研修の準備を任せられる
  • 充実の講師陣
  • 実績
  • 講師のプロフィール
  • 企業の信頼性
  • 研修プログラム
  • 打ち合わせの頻度
  • 費用
社員研修を企画・サポートしてくれる研修プロデュース会社は数多く存在するので探すのは簡単ですが、どこにお願いするかを決めるのは大変です。
何を基準に選んだら良いのか、企業情報をどのように整理したら良いのか、間違いない研修企業を選ぶポイントを6つ紹介します。

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

研修プロデュース会社とは

研修プロデュース会社とは、社内研修の企画、アドバイス、サポートをしてくれる専門の企業です。
研修の内容に合わせて、講師やテキスト、研修形式を考え提供してくれますので、思い通りの研修を開催できます。

大手研修企業は、全国で同じ研修が受けられますし、講師の数も充実しているので様々な研修内容に対応できます。
規模の小さな研修企業は個別対応が得意で、要望に合わせたカリキュラムを提供してくれるところも多いのが特徴です。

外部の研修企業に依頼するメリット

外部の研修会社に依頼するメリットは以下の4つです。

  • 専門性が高くなる
  • 説得力が増す
  • 研修の準備を任せられる
  • 充実の講師陣

社内で講師を立てて研修をおこなう場合、どんなに良い内容を伝えたとしても、会社に有利な情報なのではないか?社外でも通用する知識なのかという思いが参加者から出てしまう可能性があります。
経験豊富な専門の講師から話してもらうことで、説得力と信頼性がアップします。

研修企業は数多くの研修を手掛けていますので、カリキュラムの作り方、伝え方、研修の方法など、豊富な知識があります。

研修企画の大変な部分をプロにすべてお任せできるのは、時間と業務の負担を減らすことができますので、研修担当者にとっては大変うれしいメリットです。

良い研修企業と避けたい研修企業


外部の研修企業ならどこでもOK、というわけではありません。良い研修企業とそうでない研修企業があるので、吟味してから依頼する企業を決めましょう。

良い研修企業と避けたい研修企業には、下表のような違いがあります。


良い研修企業 避けたい研修企業
・企業の悩みのヒアリングをしてくれる
・柔軟なカスタマイズができる
・最適なプランを提案してくれる
・専門知識や実績がある人が講師を務める
・アフターフォローがある
・企業の悩みを聞こうとしない
・カスタマイズを受け付けてくれない
・不要なオプションを勧めてくる
・講師の専門領域や実績が不明
・研修後のサポートはなし

良い研修企業では、顧客企業の悩みをヒアリングし、最適なプランを提案します。顧客が導入したい研修と悩みがずれている場合は、そのことを丁寧に伝え、別の研修を導入してはどうかと提案します。こうした対応をせず、顧客に言われた最低限のことしかしない研修企業は、避けたほうが良いです。

研修企業選定の7つのチェック項目

研修企業に依頼するメリット、良い研修の条件を踏まえて、選ぶ時のチェック項目を7つご紹介します。

これらの情報は最低限開示されているか、問い合わせ可能ですので必ずチェックしましょう。

実績

なんといっても実績は大切です。

研修未経験の企業や講師ばかりが所属している企業はやや不安があります。
どのような研修を年間どのくらいおこなっているか、対象者や依頼企業などの情報が得られると、よりわかりやすいです。

すでに社内研修をおこなっている企業が、研修の依頼先を決めた理由のトップは、『過去の実績』です。

経験に勝るものはなし!と言われるように、研修企業も経験豊富なほうが安心感があります。

講師の専門性


研修のテーマを熟知した講師かどうか、専門性と実績を確認しましょう。

講師のプロフィールを確認すれば、資格や実績を調べることができます。講師が資格を取得していたり、上級者向けの研修を受けていたりするほうが、質の高い研修が期待できます。

質の低い研修企業だと、専門知識も実績もない人を講師にしていることがあります。例えば営業研修なのに、講師が営業をした経験がない、という酷いケースがあるのです。これでは講師の実体験を伴った研修は望めません。

講師のプロフィールを見れば、得意分野がわかります。研修を選ぶときは、ウェブページに書いてある講師のプロフィールも見て、テーマに合った講師かどうか見極めることが重要です。

研修の効果を高めるためにしていること


研修企業の仕事は、研修を行うことだけではありません。研修を行う前の動機づけ、研修終了後のフォローが重要なのです。研修の効果を高めるためにも、前準備とフォローを実施してくれる研修企業に、研修を依頼しましょう。

研修の主な前準備は、なぜ研修を受ける必要があるのか、研修後にどうなってほしいかを、受講者に理解させることです。研修を受ける理由と受講後の目標を理解することは、受講者のモチベーションアップにつながります。やる気が高まるので、当日の研修での集中力が高まり、多くの学びを得られます。「正直、研修って面倒くさいな…」と感じている社員もいるので、事前に動機づけを行うことは、研修の効果を高めるためにとても重要なプロセスです。

研修後のフォローには、研修内容を現場で実践できる環境づくりや、受講者の上司が研修内容を理解することが挙げられます。受講者だけが研修で学びを得ても、周囲が変わらなければ、実践に移せない場合があるので、環境を整えることは重要です。環境づくりや上司への説明を受講者が負担するのではなく、フォローしてくれる研修企業を選びましょう。

企業の信頼性

課題と感じて相談した内容を、研修企業の担当者や講師がしっかり理解しているかチェックします。

通り一遍の話や内容ではなく、自社の課題や目標を理解した上で研修プログラムを立ててくれると、効果の高い研修になります。

研修プログラムの柔軟性

研修の内容、テキスト、時間、参加人数、費用がそれぞれ決まっていて、研修がパックになっている場合もありますし、大まかな時間と費用だけ決まっていて、内容は要望に合わせたオリジナル研修を作ってくれるところもあります。

研修企業の中には、マナー研修専門、IT関連専門というように、専門性の高い研修を提供してるところもあります。

どのような研修をおこない、どの程度要望に対応してくれるのか、柔軟性をチェックしましょう。

講師や担当者が最後までフォローしてくれるか

研修を発注すると、必ず打ち合わせが必要になります。

内容や開催時期、研修の進め方など、数回の打ち合わせがおこなわれますが、誰がどのくらい対応してくれるのかを確認しましょう。いくら引き継ぎをしてくれても、毎回違う担当者と打合せでは不安です。打合せから実施まですべて1人の担当者がフォローしてくれるのが望ましいです。

また、打合せを重ね自社に合わせてカスタマイズした研修を、打合せに参加していない講師が担当するのも不安です。

初回に研修を問合せた際に、
「打合せは毎回、◯◯さんが担当していただけるのですが?」
「研修をお願いするとしたら、どなたが研修を担当するのですか?」
と聞いて確認してみると良いです。

打合せの頻度については、打ち合わせをほとんどしない場合は、研修企業の都合で進んでしまう可能性がありますし、打ち合わせが多すぎる場合は依頼するメリットが薄れてしまいます。

講師だけとの打ち合わせ、研修企業担当者だけとの打ち合わせなど、偏りがなく、適度な打ち合わせができる会社は安心です。

費用

費用が明確かどうかも大切なチェック項目です。

研修プログラムがパック価格になっている場合はわかりやすいですが、オプションがあったり、カスタマイズした時の料金設定が設定されていると安心できます。

また、同じ内容でも講師のランクで料金が変わることもありますので、要注意です。

要望を伝え、すべて盛り込んでもらえたのは良いが、終わってから高額な請求書が届いたということがないように気をつけましょう。

研修企業選びの前にしておくべきこと


良い研修をおこなうためには、研修企業の選定の前にしておくべきことがあります。

研修はすべて研修会社に任せるのではなく、自社で責任を持ってしなければならないことが3つあります。

研修の目的

どのような研修をおこなうのか、それはどのような目的があるのかを明確にします。
ここがぼんやりしていると、どんなに良い研修会社に依頼しても、効果の高い研修にはなり得ません。

・毎年やっているから
・他の企業もやっているから
・世の中の流れがそうなっているから

という理由で、流されるように研修をするのではなく、現状での課題と展望を把握し、研修をおこなうことでどう変わっていきたいのかを社内で十分話し合いましょう。

研修の形式

研修は社員全員で受ける集団研修、社員が個人で受けるeラーニングがあります。

集団研修は講演、グループワーク、ロールプレイングなどの方法があり、どの形式、方法が良いのかを大まかに決めておきましょう。他にも参加人数や開催時期の候補日もあると良いですね。

研修企業もプロですので、必要な情報を確認してくれますが、あらかじめ考えておくことで打ち合わせ時間が短くて済みますし、話がスムーズに進みます。

予算

研修は内容、時間、人数により変動することがありますので、予算を立てておくことは大切です。
予算を伝えることで、その範囲でできる研修の提案が可能になりますし、交渉もしやすくなります。
KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

(作成日:2021年3月5日 更新日:2022年1月17日)

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もご参照下さい

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。