2021年注目の研修

研修の導入
SDGsやDX、RPA、働き方改革といった新しいキーワードが続々登場し、頭を悩ませている経営者の方が多いです。企業がこれからの時代を生き抜くためには、どれも組織として必要な領域です。

競争力のある会社になるためにも、社員にはビジネスに役立つ最新の知識を身に付けてもらいましょう。この記事では、SDGs研修、DX研修、RPA研修、働き方改革研修といった研修について、内容や導入の効果、いま導入するべき理由を解説していきます。

ビジネスチャンスを創出する「SDGs研修」


SDGsとは、持続可能な社会を実現するために、一人一人が向き合うべき世界の課題です。2015年9月の国連サミットで採択され、2030年までに達成する目標として掲げられました。

SDGsには17の目標があり、貧困や教育、飢餓やジェンダー平等などの課題が掲げられています。これらの課題には発展途上国のみならず、先進国も一丸となって取り組む必要があり、日本の企業も主体的に取り組まなければなりません。

SDGsについて学んだり、ビジネスに活かしたりするためにも、SDGs研修を導入しましょう。研修を導入するとどのような効果があるのか、またなぜ今SDGs研修を導入するべきなのか詳しく解説していきます。

SDGs研修の効果

SDGs研修を受けることで、社員のビジネスチャンスを創出する視点を養うことができます。SDGsは世界の目標であり、ビジネスの機会も数多く転がっているからです。

研修では、講義によってSDGsの意味を学ぶだけでなく、実践的なワークも行います。ワークでは自社の強みを分析し、強みによってSDGsのどのような課題を解決できるかを分析します。これは既存ビジネスの拡大や、新規ビジネスの創出に直結するワークです。

SDGs研修で養えるのは、ボランティア精神だけではありません。世界の課題を正しく認識することで、自社の強みを活かした課題解決ができる人材を育てられます。

いまSDGs研修を導入すべき理由

SDGs研修を導入するべき理由は、ビジネスチャンスをいち早く掴むためです。

SDGsに対するよくある誤解が、CSR等と同様の社会貢献や慈善事業だと思っていることです。しかし、SDGsはボランティア精神だけで達成することはできません。持続可能な社会を作るためには、一過性のボランティアではなく長期にわたって継続できるビジネスで支える必要があるからです。

SDGsには世界のニーズが反映されており、解決できる会社が求められています。ライバル会社にビジネスチャンスを取られてからでは遅いので、SDGs研修を導入して積極的なビジネスを展開しましょう。

SDGs研修

SDGsは1人1人が向き合うべき世界の課題


AIやIoT、ビッグデータを活用してビジネスモデルを変える「DX研修」


「DX」とは「デジタルトランスフォーメーション」のことです。AIやIoT、ビッグデータなどを活用してビジネスを抜本的に変えることを指しています。

従来のIT化は手作業の事務のシステム化という側面がありましたが、DXはビジネスを変革するためにデジタル技術を用いることです。単なるIT化とは異なり、経営の舵取りにも大きく関わります。DX研修ではデータを分析する方法やそのために使うデジタル技術などを学び、ビジネスモデルを再構築できる社員を育てます。

DX研修も、いま多くの企業に注目されている研修です。どのような効果があり、なぜ今DX研修を導入する必要があるのか解説していきます。

DX研修の効果

DX研修はIT部門の社員だけでなく、営業や経理など、ITを専門としていない社員を対象としています。したがって、研修を導入することで会社全体のITスキルを底上げすることができます。

DX研修では、デジタル技術やデータをどのようにビジネスに活用すれば効果が出るのかを考える力を養います。ソフトの使い方だけでなく考え方を身につけることで、自社のビジネスを変革させる人材を育てることができます。

いまDX研修を導入すべき理由

DXが注目されているのは、ビジネスモデルの変革や企業の価値創造にDXが役に立つからです。

従来の企業は、カリスマ社長を中心として経営陣が経験と勘で意思決定を行ってきました。上手く行くとこともあれば、行かないこともあったでしょう。

しかし、デジタル技術が発展して大量のデータを扱えるようになった現代では、AIなどによってデータから意思決定を導くことが可能です。経験と勘ではなく、データから論理的な意思決定ができるようになっているのです。

正しく意思決定を行うためには、正しいデータを集めなければなりません。どのようなデータを分析するかを決めるのは人間なので、DX研修を導入してデータやデジタル技術に強い人材を育てる必要があります。

DX研修

AIやIoT、ビッグデータなどを活用して組織やビジネスモデルを抜本的に変革する取組


事務作業をシステムで効率化する「RPA研修」


RPAとは「ロボテック・プロセス・オートメーション」の略で、業務効率化や生産性向上を実現するテクノロジーのことです。実際に導入が進んでいる企業も多く、ライバルに遅れをとるわけにはいきません。

RPA研修では、RPAツールの使い方や、手作業をシステム化するときに必要なプログラミングの考え方などを学びます。RPAに強い人材を育てるためにも、研修を導入して育成していきましょう。

RPA研修にはどのような効果があり、なぜ今研修を導入するべきなのか、詳しく解説していきます。

RPA研修の効果

RPA研修を導入すると、社員が自ら簡単なシステムを開発できるようになります。外注するほどでもない小規模なシステムを社員が自力で作れるようになるので、業務効率化や生産性向上に加え、システムを外注するコストも節約することができます。

特にRPAが得意なのは、繰り返して行われる単純作業です。同じフォーマットの伝票を何十枚と作成する業務や、日次や週次、月次で発生するデータ更新業務などの繰り返し業務です。このような業務にはほとんど創造性が発揮されないので、機械でも人間に代わることができます。人間の社員には創造性が必要な高度な仕事を任せる時間ができます。

また、機械は人間と異なり、プログラムされた仕事はミスなく行える特徴があります。人間が単純作業をやると一定の確率でヒューマンエラーが生じてしまうので、RPA化することでミスを防止することができます。

いまRPA研修を導入すべき理由

RPAは生産性の向上や働き方改革に役立つので、いま導入するべき研修の一つといえます。ソフトの使い方やプログラミングの考え方を身に付けるにはある程度の時間かかるので、出来る限り早く研修を導入して社員にRPAを覚えてもらいましょう。

研修では、入門から上級まで受講者のレベルに応じたコースが用意されています。営業や経理などIT部門ではない社員にも受講してもらい、身近な業務をRPA化できるように育成しましょう。

むしろ、ITが苦手な社員ほどシステムで解決できることに気づかず、単純作業に苦しんでしまいがちです。RPA化すればこんなに簡単なんだ、と分かってもらい、単純作業のRPA化を進めましょう。

多くの会社で、単純な事務作業は社員の時間を拘束するネックになっています。できる限り早く解消し、生産性を向上させる必要があります。RPA化によって時間とヒューマンリソースを創出し、機械にはできない難しい仕事に社員を割り当てましょう。

RPA研修

RPAは主に事務作業を自動化するシステム


組織の生産性を高め従業員のやる気も高める「働き方改革研修」


働き方改革研修とは、業務における課題の洗い出しや効率化、スケジューリングやタイムマネジメントなど、働き方改革のために必要な知識を学べる研修です。

社会人としての基礎が身に付いていない新入社員や内定者はもちろんですが、社会人経験のある社員の方にも受講をおすすめします。働き方改革研修にはどのような効果があって、なぜ導入するべきなのか詳しく解説していきます。

働き方改革研修の効果

働き方改革研修を導入することで、多様な価値観を持つ社員が働きやすい職場になり、企業にも良い影響をもたらします。働き方改革とは、単なる労働時間の短縮だけでは無いのです。

例えば、産休や育休を取得したい社員、仕事と介護を両立しなければならない社員、定年を迎えてからも仕事を続けたい社員など、社員のニーズはそれぞれ異なります。個々の社員が自分の働き方を決められるようにすることが、働き方改革だと言っても過言ではありません。

しかし、自分のライフスタイルと仕事を両立するために、他の人に仕事を押し付けるようなことにならないよう、工夫しなければなりません。また、周りの人が「あの人だけ時短でずるい」といった不満を抱かないようにするための環境づくりも大切です。

このようなトラブルが起こらないようにするためにも、働き方改革を導入して社員の理解を深めましょう。

いま働き方改革研修を導入すべき理由

働き方改革は、社会の価値観の多様化と非常に深く関わっています。企業がこれからの時代を生き抜くためにも重要な考え方なので、研修を導入して学ぶべきと言えます。

旧来の男性が外で働き女性が家を守ると言う価値観から、現代は大きく進歩し、人それぞれがユニークなライフスタイルを望んでいます。このような時代において多様な価値観を求めているのは、会社で働く従業員だけではありません。顧客や株主などのステークホルダーの価値観も多様化してきています。

したがって、企業の商品やサービスに求められるニーズも多様化しています。様々な考え方を持つ顧客に商品やサービスを提供するためには、企業を構成する従業員が価値観の多様化を理解し、尊重していなければなりません。

多様化するニーズに対応できる会社の力を育てるためにも、働き方改革によって職場の価値観から変えていきましょう。

働き方改革研修

働き手が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自ら選択できるようにするための取り組み

(作成日:2021年4月2日 更新日:2021年4月13日)

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もご参照下さい

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンライン研修、対応しています。

コロナ禍での研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。