DX研修

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が持続可能な成長を実現するために不可欠です。

DX研修は、この変革を推進する人材を育成し、組織全体のデジタル化を加速するための重要な手段となります。基礎から応用まで多様なプログラムを通じて、デジタル技術の理解を深め、データ分析、プロジェクトマネジメント能力の向上を図ります。

この記事では、DX研修の目的、種類、対象者、実施方法に焦点を当て、効果的な研修選びのポイントを紹介します。経営層から一般社員まで、組織全体でDXを推進するための研修選びのヒントを提供します。

研修相談のお問い合わせ案内

DX研修の必要性・実施する目的

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修は、企業がデジタル技術を活用して組織やビジネスモデルを変革するために必要な人材を育成するためのプログラムです。

この研修を通じて、参加者はデジタル技術の基礎知識、データ分析、プロジェクトマネジメントなど、DX推進に必要なスキルを身につけることができます。DX研修の種類には、基礎から応用まで幅広く、企業のニーズや目指すDXのレベルに応じて選択できる多様なプログラムが存在します。

DX研修の種類

DXの基礎知識の習得

デジタルトランスフォーメーション(DX)の概念、重要性、及びビジネスへの応用方法を学びます。デジタル技術の基本用語、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの先端技術に関する理解を深めることを目的としています。

デジタル化が企業戦略にどのように組み込まれるべきか、またそれが業務プロセスや顧客体験にどのような影響を与えるかを学びます。この研修は、DX推進の第一歩として、全社員が共通の理解を持つための基盤を築きます。

データ分析スキルの向上

データ分析スキルの向上を目的としたDX研修では、ビッグデータの活用法や分析技術を学びます。この研修を通じて、参加者はデータを収集、処理し、ビジネス上の意思決定に役立つ洞察を導き出す方法を習得します。

具体的には、統計学の基礎、データマイニング、機械学習の入門、データビジュアライゼーションツールの使用方法などが教えられます。このプログラムにより企業はデータドリブンな意思決定を行う文化を構築し、競争力のあるビジネス戦略を策定する能力を高めることができます。

プロジェクトマネジメント能力の強化

プロジェクトマネジメント能力の強化は、デジタルトランスフォーメーションを成功に導くために不可欠です。

この研修では、プロジェクトの計画、実行、監視、制御、そして終結までの一連のプロセスを効率的に管理する方法を学びます。

特に、変化の速いデジタル環境下での柔軟な対応策、リスク管理、ステークホルダーとのコミュニケーション能力が重点的に扱われます。アジャイルやスクラムといった現代的なプロジェクト管理手法を取り入れ、イノベーションを促進するプロジェクトリーダーを育成することが目標です。

先進技術への理解

DX研修の「先進技術への理解」は、AI、IoT、クラウドコンピューティングなど、デジタルトランスフォーメーションを推進する上で欠かせない最新技術に焦点を当てたプログラムです。

この研修を通じて、参加者はこれらの技術がビジネスや社会にどのように革新をもたらすか、その基本概念や応用例について学びます。また、実際にこれらの技術を活用してビジネスモデルを変革する方法や、新たな価値を創出するアプローチについて理解を深めることができます。

DX研修の失敗しない選び方

料金|平均相場を解説

DX研修の1日あたりの研修費用は、約20万円~60万円が相場です。費用には、講師の派遣料、教材費、交通費、食事代、宿泊費、会場費、備品・設備代などが含まれます。

著名な講師に研修を依頼する場合は、費用がさらに上がる可能性があります​​。

受講時間

DX研修の一般的な研修時間の設定例です。

【半日のケース】
半日の研修は、時間的制約がある中で集中して学ぶことを目的とします。
限られた時間内で効果的な学習を行うために、カリキュラムは簡潔かつ具体的な内容に焦点を当てます。

【1日のケース】
1日の研修では、より深い学びと実践的な経験が可能です。
この期間内では、理論と実践の両方をバランスよく組み合わせ、より充実した学びを提供します。

【半年や1年など定期的に実施するケース】
長期間にわたる研修プログラムでは、段階的な学習と進行状況の確認が可能です。
定期的なセッションを通じて、継続的なスキル向上とチームの成長を促します。

研修の目的や目標に応じて、受講時間を選定することが重要です。短期間での集中的な学びを目指すか、長期間にわたる徐々の成長を目指すかによって、受講時間の設定が異なります​​​​​​​​。

対象階層

一般社員・若手社員

一般社員や若手社員はデジタルの基礎から応用までの知識を身につけ、将来のDX推進者としての役割を果たすための重要な階層です。この研修を通じて、最新のデジタル技術の基本概念、ツールの使用方法、データ分析の基礎などを学び、日々の業務に活かすことができるようになります。

また、イノベーティブな思考を促進し、組織内でのデジタル化推進の意識を高めることが期待されます。

管理職・リーダー層

管理職・リーダー層向けのDX研修は、組織のデジタル変革を主導するための戦略的思考とリーダーシップを養うことに焦点を当てます。

この研修では、最新のデジタル技術トレンドの理解、DXプロジェクトの計画と実行、チーム内でのデジタルマインドセットの醸成方法などが学ばれます。また、データ駆動型意思決定の重要性や、変革におけるリスク管理についても深掘りします。

経営者・役員

経営者・役員層は、デジタルトランスフォーメーションの重要性と戦略的な視点を深く理解することが求められます。経営者や役員は組織のビジョンとDX戦略を設定し、変革をリードする核心的な役割を担います。研修では、最新のデジタル技術トレンド、データ駆動型意思決定、イノベーションを促進する組織文化の構築など、経営層が直面する課題に対応するための知識とスキルが提供されます。これにより、経営者・役員はデジタル化を通じて企業価値を最大化し、持続可能な成長を実現するための戦略を立案・実行できるようになります。

行政担当者

DX研修の対象としての行政担当者は、公共セクターにおけるデジタル変革を推進する鍵となります。

行政担当者は政策立案、サービス提供の効率化、市民とのコミュニケーション方法の革新など、デジタル技術を活用して公共サービスの質を向上させる責務を担います。研修を通じて、最新のデジタルトレンドの理解、データ分析技術、オンラインでのサービス提供方法など、行政サービスのデジタル化に必要な知識とスキルを習得。これにより、市民に対するより迅速かつ効果的なサービス提供が可能となり、行政のデジタルトランスフォーメーションを実現するための基盤が築かれます。

受講方法

DX研修の受講方法を選ぶ際、以下の3つのオプションがあります。それぞれの特徴を理解し、組織のニーズや状況に合わせて選択することが重要です。

集合型研修

専門の講師を組織の場所に派遣され研修を実施します。参加者が物理的な場所に集まり、直接的な対面で研修を受けます。

【メリット】組織固有のニーズや文化に合わせたカスタマイズされた研修が可能です。直接的なコミュニケーションにより、参加者間の関係性が深まりやすいです。非言語的なコミュニケーション(身振り手振りなど)も活用できます。
【デメリット】場所の確保、移動の手配、物理的な距離によるアクセスの制限などが課題となります。

オンライン研修

インターネットを介して研修が行われます。参加者は自身のPCやタブレットから参加します。

【メリット】地理的な制約がなく、どこからでも参加可能です。また、研修の録画・再視聴が可能な場合、学習効果の向上につながります。
【デメリット】インターネット接続や技術的な問題が生じる可能性があります。また、対面研修に比べて、人間関係の構築が難しい場合があります。

ハイブリッド研修

対面とオンラインの両方の方法を組み合わせた研修です。

【メリット】柔軟性が高く、参加者のニーズや状況に応じて最適な方法を選択できます。物理的な集合とデジタルの利点を両立させます。
【デメリット】研修の準備と実施が複雑になる可能性があります。また、両方の方法を平等に統合する必要があります。

研修方法の選択は、組織の規模、予算、目的、参加者の地理的位置、技術的な設備などに基づいて行うべきです。各方法のメリットとデメリットを考慮し、組織の具体的な状況に最適なものを選ぶことが成功への鍵となります。

対象地域

多くのDX研修は日本全国で受講が可能です。企業がどこに位置していても、質の高い研修プログラムを実施できます。

研修を実施する地域によっては、講師の交通費や宿泊費が発生する場合があります。これらのコストも研修の全体費用に含まれるため、予算計画において考慮する必要があります。

DX研修におすすめの会社10選

DX研修におすすめの会社10選一覧比較早見表
会社名 会社の特徴 研修の種類 対象階層 詳細
プロセスマイニング・イニシアティブ DXを幅広くカバーし、基礎から全体像を把握できる研修を提供。 DXの共通理解の形成と実行について学ぶDX初級研修 一般社員・経営層 詳細
株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所 日本の競争力向上を目指し、DX教育と組織変革を支援。 DXビジョン策定、推進支援、オンラインスクール、サービスデザイン研修。 経営層から現場社員まで、幅広い層を対象にDX支援。 詳細
トレノケート株式会社 人材育成専門企業。DX研修の設計から導入、効果測定までワンストップでサポート。 DXリテラシー、DX推進人材育成、ビジネスアーキテクト、データサイエンティスト、サイバーセキュリティ研修等。 ビジネスパーソン全般から特定の専門職まで、DX推進に必要な全階層を対象とした研修を提供。 詳細
株式会社キカガク キカガクは、AIやデータサイエンスに特化した教育サービスを提供する企業です。 データサイエンス、AI技術、ソフトウェア開発など、デジタルスキル向上に特化した研修を提供。 新入社員から経営層まで、幅広い階層を対象とした研修プログラムを展開。 詳細
株式会社スキルアップNeXt AI人材育成に特化し、新入社員向けにカスタマイズ可能なDX研修を低価格で提供。 デジタルリテラシー、DXチームリーダー、データサイエンティスト研修の3種類を展開。 新入社員から全社員まで、職種や階層を問わずデジタルリテラシー向上を目指す。 詳細
カナン株式会社 専門家講師によるオーダーメイドDX研修を提供。 基礎から推進人材育成、戦略まで多岐にわたるDX研修。 全社員から役員まで、階層別カスタマイズ可能。 詳細
株式会社アイ・ラーニング デジタル人材育成をリード。 DX推進、デザイン思考、ビジネス実践力研修。 全ビジネスパーソンを対象とした研修。 詳細
株式会社ガイアシステム 株式会社ガイアシステムは、DX研修を通じて企業のデジタル変革を支援する専門企業です。 DX基礎から応用まで、企業のニーズに合わせた多様な研修プログラムを提供しています。 新入社員から管理職まで、組織全体のDX推進に貢献する人材を育成する研修を実施。 詳細
株式会社シナプス 事業変革の視点強化をコンセプトにしたDX・事業変革プログラム、DX・基礎プログラム、DX・IT活用理解プログラムを展開。 事業変革の視点強化をコンセプトにしたDX・事業変革プログラム、DX・基礎プログラム、DX・IT活用理解プログラムを展開。 事業人材とIT人材を対象に、事業変革とIT活用の両方の視点を併せ持つ人材の育成を目指します。 詳細
株式会社日立アカデミー 日立グループの豊富な実績とノウハウを活用し、DX推進に必要な人財育成を行う教育サービスを提供。 DXリテラシー研修を含む、デジタル技術活用による企業変革を支援する多様な研修プログラムを展開。 全従業員を対象にしたDXリテラシー研修から、専門スキル向上を目指すプロフェッショナル研修まで提供。 詳細

プロセスマイニング・イニシアティブ

【一般社員対象】DXの共通理解の形成と実行について学ぶDX初級研修

DX全般を幅広くカバーするために基礎的な内容を学び、DXの全体像が把握できることを重点に置いた入門編カリキュラムです。取り上げるテクノロジーについてはテクニカルな内容に踏み込み過ぎることなく、いかに自社に活用するか、というビジネス視点での解説を行う研修です。

プロセスマイニング・イニシアティブの強み 同業種の具体事例を用いた実践的な解説で理解を深める。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 一般社員・経営層
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

プロセスマイニング・イニシアティブは、DX研修の専門機関として、一般社員から経営層まで幅広い対象に対応した研修プログラムを提供しています。

特に、DXに関する共通理解の形成と、DX取り組みに着手するための基本的な知識やノウハウを学ぶことに重点を置いています。

研修では、テクニカルな内容に踏み込み過ぎず、ビジネス視点での解説を行い、自社ビジネスへのDX活用方法や導入による効果を理解できるように設計されています。また、経営層向け研修では、DXに対する共通理解を形成し、企画立案の舵取りができるようになることを目指しています。

同業種の具体事例を用いた解説により、参加者は自社におけるDXのメリットや変化のイメージを具体的に把握できるようになります。

株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所

株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所の強み 実践的知見に基づく具体的なDX推進支援。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 経営層から現場社員まで、幅広い層を対象にDX支援。​​
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所は、日本の競争力を飛躍的に高めることを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の教育と組織変革を支援しています。

DXビジョン策定支援からDX推進支援、オンラインスクール、価値創造型サービスデザイン研修まで、実践的な知見と経験に基づいた多岐にわたるサービスを提供。

経営層から現場社員まで、DXを推進するすべての組織や個人に対して、わかりやすく、実践的な支援を行っています。(詳細)

トレノケート株式会社

トレノケート株式会社の強み DX推進に必要な多様な人材育成プログラムを提供し、企業のDX化を全面的にサポート。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​ビジネスパーソン全般から特定の専門職まで、DX推進に必要な全階層を対象とした研修を提供。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

トレノケートは、DXを進める上での人材育成をワンストップでサポートする人材育成専門企業です。

DXリテラシーの向上から、ビジネスアーキテクト、データサイエンティストなどの専門職育成まで、幅広いニーズに応える研修プログラムを提供。経済産業省のDXリテラシー標準に準拠したカリキュラムで、企業のDX推進を強力にバックアップします。

また、DX研修計画の策定支援サービスを通じて、企業のDX戦略に基づいた人材育成計画の立案から実施、効果測定までをサポートしています。(詳細)

株式会社キカガク

株式会社キカガクの強み 最新技術を取り入れた実践的なカリキュラムで、即戦力となる人材を育成。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​新入社員から経営層まで、幅広い階層を対象とした研修プログラムを展開。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社キカガクは、AIやデータサイエンスの専門知識を持つプロフェッショナルによる質の高い研修を提供しています。

実践的なスキルを身につけることを重視し、企業が直面する実際の課題解決を目指すカリキュラムを展開。データサイエンスやAI技術の基礎から応用まで、幅広いニーズに応える研修プログラムを用意しており、各業界で即戦力となる人材育成をサポートしています。

また、企業のDX推進を強力にバックアップすることを目指し、最新の技術トレンドに基づいた教育サービスを提供しています。(詳細)

株式会社スキルアップNeXt

株式会社スキルアップNeXtの強み 500社以上の導入実績と高リピート率。高品質な研修を1.5万円/人から提供。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​新入社員から全社員まで、職種や階層を問わずデジタルリテラシー向上を目指す。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社スキルアップNeXtは、AI人材育成に特化したプロフェッショナルファームです。

新入社員から全社員を対象に、デジタルリテラシー向上を目的としたカスタマイズ可能なDX研修を提供しています。

経験豊富な講師陣による直接指導と、実務家が作成したeラーニング教材により、高品質な学習体験を低価格で実現。500社以上の導入実績と高いリピート率を誇り、各企業のDX推進を加速させる新入社員育成を可能にしています。(詳細)

カナン株式会社

カナン株式会社の強み 業界・部門別に最適化された研修プログラム。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 全社員から役員まで、階層別カスタマイズ可能。​​
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

カナン株式会社は、業界のDXと人材育成に精通した専門家講師を擁し、依頼企業の業種や部門に応じた研修内容をカスタマイズして提供することが特長です。

経験豊富な講師による実践型オーダーメイドDX研修は、受講企業に好評を博しています。企業のDX推進に向けて、受講者のスキルとマインドの両面から向上を図り、企業の業種・部門に最適化した研修プログラムを提供します。(詳細)

株式会社アイ・ラーニング

株式会社アイ・ラーニングの強み ビジネス視点とユーザー視点を重視。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​全ビジネスパーソンを対象とした研修。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

アイ・ラーニングは、デジタルスキルだけでなくイノベーション要素や組織・チーム力を高める研修を提供しています。30年以上の研修ノウハウと経験豊かな講師陣により、ビジネス変革を推進する人材と組織を育成します。

デジタル時代を迎え、AI、IoT、ビッグデータなどの新しい情報技術の発展に対応し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の基礎から応用まで幅広い研修カリキュラムを提供。DX推進を新しいビジネス価値の創造に結びつけるための人材育成に注力しています。(詳細)

株式会社ガイアシステム

株式会社ガイアシステムの強み 最新のDXトレンドに基づいたカリキュラムで、実践的なスキル習得を可能にします。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​新入社員から管理職まで、組織全体のDX推進に貢献する人材を育成する研修を実施。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社ガイアシステムは、DX研修の専門企業として、企業のデジタル変革を全面的に支援します。最新の技術トレンドに基づいた研修プログラムを提供し、企業が直面するDXの課題解決に貢献。

研修は、理論だけでなく実践的な学びを重視し、受講者が即戦力として活躍できるように設計されています。また、組織の階層やニーズに応じたカスタマイズが可能で、企業のDX推進を加速させるための強力なパートナーとなります。(詳細)

株式会社シナプス

株式会社シナプスの強み カスタマイズ設計とコンサルティングノウハウを活かした研修プログラム提供。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​事業人材とIT人材を対象に、事業変革とIT活用の両方の視点を併せ持つ人材の育成を目指します。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社シナプスは、事業変革の視点を強化することを目的としたDX人材育成プログラムを提供しています。

事前のヒアリングと意見交換を通じて、企業ごとにカスタマイズされた研修設計を行い、現状と目指すゴールのギャップを埋めるための知識・スキル獲得を支援します。また、マーケティングコンサルティングで培ったノウハウを研修に活かし、ビジネス分析や戦略構築の作法を学ぶことができます。(詳細)

株式会社日立アカデミー

株式会社日立アカデミーの強み 日立グループの実践的なDX推進経験を基にした、実効性の高いカリキュラムと教育プログラム。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 全従業員を対象にしたDXリテラシー研修から、専門スキル向上を目指すプロフェッショナル研修まで提供。​​
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社日立アカデミーは、デジタルトランスフォーメーションを推進するための人材育成に特化した教育サービスを提供しています。

日立グループの豊富な実績と先進的なデジタル技術を活用した教育プログラムにより、企業のDX推進に必要なリテラシー向上から専門スキルの習得まで、幅広いニーズに応える研修を展開。

全従業員がDXを自分事として捉え、実業務に適用できる人材を育成することを目指しています。(詳細)

DX研修を成功させるコツ

DX研修を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • 明確な目的と計画の設定
  • 受講者のニーズに合わせたカリキュラム
  • 実践的な学習の提供
  • 継続的な学習とフォローアップ
  • 組織全体でのDX推進

それぞれのポイントを抑える事で、研修を通じて、社員一人ひとりがデジタル技術を活用した問題解決能力を身につけ、組織全体のデジタル化を加速させることが期待されます。

それぞれ詳しく解説します。

明確な目的と計画の設定

DX研修の目的を明確にし、それに基づいた計画を立てることが重要です。目的が具体的であればあるほど、研修の内容を絞り込み、効果的なプログラムを設計できます。

受講者のニーズに合わせたカリキュラム

受講者の現在のスキルレベルやニーズを把握し、それに合わせたカリキュラムを提供することが成功の鍵です。

一律のプログラムではなく、受講者一人ひとりに合わせた内容を提供することで、学習のモチベーションを高めることができます。

実践的な学習の提供

理論だけでなく、実践的な学習を取り入れることが大切です。

実際の業務に即したケーススタディやプロジェクトを通じて、学んだ知識を実際の業務に適用する経験を提供することで、学習効果を高めることができます。

継続的な学習とフォローアップ

研修が終了した後も、受講者が学んだ知識やスキルを継続的に活用し、さらに深めていくためのフォローアップが必要です。

研修後のサポート体制を整え、受講者が自ら学び続けるための環境を提供することが重要です。

組織全体でのDX推進

DX研修を成功させるためには、組織全体でDXを推進する文化を醸成することが必要です。経営層から現場の社員まで、DXの重要性を共有し、組織全体で学習と実践のサイクルを回すことが、持続可能なDX推進につながります。

DX研修に関するよくある質問

DX研修の導入を検討する企業から、多数寄せられる以下の質問について回答します。

  • 受講にあたり、特別な機材を用意する必要があるか
  • 受講の前にITやPCの知識を予習しておく必要があるか
  • DX推進のためにコンサルティングなどのサービスもしてもらえるか

詳細は、研修会社やプログラムによって異なるため、研修前に確認しましょう。

Q. 受講にあたり、特別な機材を用意する必要があるか

受講者側で機材を用意する必要があるかどうかは、研修プログラムや受講形態によって異なります。受講者が会場まで来て研修をする場合、基本的には機材を用意する必要はありません。主催者側が用意した器材機材を借り、演習を行います。

オンライン形式の場合、主催者からPCを借りるケースと企業側や受講者がPCを用意するケースがあります。研修を受けるために必要なシステムや環境は、あらかじめ研修会社に確認しておきましょう。

Q. 受講の前にITやPCの知識を予習しておく必要があるか

DX研修はレベル別に内容が異なるため、受講者に適したレベルの研修を受ける分には、多大な予習をしておく必要はありません。入門編や基礎編のコースであれば、予習をしなくても問題なく研修を進められます。

中級編以上の難易度や、プログラミング言語を学ぶコースであれば、初級コースの内容を理解した前提で進められます。これらのコースを受講する場合は、入門編や基礎編を受講しておくか、予習をしてから臨みましょう。

Q. DX推進のためにコンサルティングなどのサービスもしてもらえるか

研修会社によって異なるものの、基本的にはDX研修以外のサポートも受けられます。現場でDX推進を実践できるよう、アフターフォローやアドバイス、コンサルティングを行う企業もあります。

また、DX研修だけではなく、マネジメント研修や役員研修など、その他研修をセットで実施することもおすすめです。経営層の理解や、コミュニケーションの活性化など、DX推進における課題や問題を解決できます。

まとめ

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、企業が直面する変化への対応と革新の鍵です。

KeySessionが紹介するDX研修プログラムでは、デジタル技術の基礎から応用までを網羅し、データ分析、プロジェクトマネジメント、最新技術への理解を深めることができます。

各階層のニーズに応じた多様な研修オプションを通じて、組織全体のデジタルリテラシーを向上させ、DX推進の実行力を養います。

DX研修をお探しのお客様はKeySessioにお気軽にお問合わせください。

おすすめのDX研修

DX研修

ビジネスにおけるDX(デジタルトランスフォーメーション)とは、企業がAIやIoT、ビッグデータなどを活用して組織やビジネスモデルを抜本的に変革する取組のことを指しています。なぜビジネスにおいてDXが必要なのかを学ぶために、DX研修を導入しましょう。


おすすめの記事