コンプライアンス研修

2024年の組織開発において、コンプライアンス研修は必須のカテゴリーとなっています。この研修は、社員が法令遵守、倫理観の維持、ハラスメント防止など、企業活動の基礎となる重要な規範を理解し、実践するために不可欠です。

本記事では、企業がコンプライアンス研修を選ぶ際に失敗しないためのポイントと、2024年におすすめの研修会社10選を紹介します。適切な研修を選ぶことで、企業は社員の意識向上はもちろんのこと、社会的信頼性の維持やリスクマネジメントの強化を図ることができます。

研修相談のお問い合わせ案内

コンプライアンス研修の必要性・実施する目的

コンプライアンス研修は、法令や倫理観の遵守を目的としています。

企業の信頼を高め、取引先とのトラブルを防ぐことに役立ちます。この研修は、法律だけでなく、社会的な良識や暗黙のルールも含め、社員が適切な行動を取るための基礎を教えます。

目的は、取引先とのトラブルを避けること、企業の信用を高めること、法令遵守の意識を持つことの三つに大別されます。これにより、社員一人ひとりが法令遵守の重要性を理解し、企業全体としてのコンプライアンスのレベルを向上させることが出来るようになります​​。

コンプライアンス研修の種類

コンプライアンス研修では、法令遵守や企業倫理の維持を目的とし、様々な種類があります。具体的な研修例には、ハラスメント防止研修や情報セキュリティ研修が含まれます。

これらは社員が社会的責任と法的義務を理解し、適切な行動を取れるようにするために設計されています。企業におけるコンプライアンスの重要性を強調し、取引先とのトラブル防止、企業信用の向上、法令遵守意識の醸成を目指します。

コンプライアンス研修の失敗しない選び方

料金|平均相場を解説

コンプライアンス研修の1回あたりの研修費用は、約10万円~20万円が相場です。
費用には、講師の派遣料、教材費、交通費、食事代、宿泊費、会場費、備品・設備代などが含まれます。

著名な講師に研修を依頼する場合は、費用がさらに上がる可能性があります​​。

受講時間

コンプライアンス研修の一般的な研修時間の設定例です。

【半日のケース】
半日の研修は、時間的制約がある中で集中して学ぶことを目的とします。
限られた時間内で効果的な学習を行うために、カリキュラムは簡潔かつ具体的な内容に焦点を当てます。

【1日のケース】
1日の研修では、より深い学びと実践的な経験が可能です。
この期間内では、理論と実践の両方をバランスよく組み合わせ、より充実した学びを提供します。

【半年や1年など定期的に実施するケース】
長期間にわたる研修プログラムでは、段階的な学習と進行状況の確認が可能です。
定期的なセッションを通じて、変化する法令や規制、社会的な期待に対応し、常に最新の情報を社員に提供することができます。

研修の目的や目標に応じて、受講時間を選定することが重要です。短期間での集中的な学びを目指すか、長期間にわたる徐々の成長を目指すかによって、受講時間の設定が異なります​​​​​​​​。

対象階層

コンプライアンス研修は、経営層から現場の社員やアルバイトスタッフに至るまで、すべての構成員が受講対象です。ただし、立場によって実施するべきコンプライアンス研修の内容は若干異なります。

ここでは、下記3種類の立場を例に解説します。

  • 経営者・役員
  • 中間管理職
  • 現場スタッフ

経営者・役員

会社経営者や役員は、マネジメントに関するコンプライアンスを重点的に学ぶ必要があります。

たとえば、ハラスメントや情報漏えい、不正や不祥事の発覚などの防止です。万が一社員や部下がコンプライアンスに違反した場合に、会社としてどのように対応すべきかを理解しておく必要があります。

中間管理職

中間管理職は、現場スタッフを監督・教育する立場です。現場スタッフのコンプライアンス意識向上において欠かせない存在ともいえます。そのため、マネジメント向けの研修内容と、現場スタッフ向けの研修内容の双方の理解が欠かせません。

現場スタッフ

現場のスタッフはお客さまと直接やりとりする立場にあるため、マネジメント層向けの研修とは異なる知識が必要です。

たとえば、接客中に起きうるハラスメントや差別の防止、SNSの不適切な投稿の防止などの知識を身につける必要があります。

受講方法

コンプライアンス研修の受講方法を選ぶ際、以下の3つのオプションがあります。それぞれの特徴を理解し、組織のニーズや状況に合わせて選択することが重要です。

集合型研修

専門の講師を組織の場所に派遣され研修を実施します。参加者が物理的な場所に集まり、直接的な対面で研修を受けます。

【メリット】組織固有のニーズや文化に合わせたカスタマイズされた研修が可能です。直接的なコミュニケーションにより、参加者間の関係性が深まりやすいです。非言語的なコミュニケーション(身振り手振りなど)も活用できます。
【デメリット】場所の確保、移動の手配、物理的な距離によるアクセスの制限などが課題となります。

オンライン研修

インターネットを介して研修が行われます。参加者は自身のPCやタブレットから参加します。

【メリット】地理的な制約がなく、どこからでも参加可能です。また、研修の録画・再視聴が可能な場合、学習効果の向上につながります。
【デメリット】インターネット接続や技術的な問題が生じる可能性があります。また、対面研修に比べて、人間関係の構築が難しい場合があります。

ハイブリッド研修

対面とオンラインの両方の方法を組み合わせた研修です。

【メリット】柔軟性が高く、参加者のニーズや状況に応じて最適な方法を選択できます。物理的な集合とデジタルの利点を両立させます。
【デメリット】研修の準備と実施が複雑になる可能性があります。また、両方の方法を平等に統合する必要があります。

研修方法の選択は、組織の規模、予算、目的、参加者の地理的位置、技術的な設備などに基づいて行うべきです。各方法のメリットとデメリットを考慮し、組織の具体的な状況に最適なものを選ぶことが成功への鍵となります。

対象地域

多くのコンプライアンス研修は日本全国で受講が可能です。企業がどこに位置していても、質の高い研修プログラムを実施できます。

研修を実施する地域によっては、講師の交通費や宿泊費が発生する場合があります。これらのコストも研修の全体費用に含まれるため、予算計画において考慮する必要があります。

コンプライアンス研修におすすめの会社10選

コンプライアンス研修におすすめの会社10選一覧比較早見表
会社名 会社の特徴 研修の種類 対象階層 詳細
株式会社ノビテク 仕事を通じて「達成感」「成長」「承認」を重視し、「やる気」の源泉に着目。研修を通じて基本的なやり方を学び、行動不安を取り除くことで「自己効力感」を高め、「やれる気」に変える。 セクハラ・パワハラ防止研修 階層を問わず全社員が受講対象。特に管理職の役割と使命の認識を深める。 詳細
株式会社PDCAの学校 社員が自身の将来を描けるよう、キャリアパスとビジョンを提供。 ハラスメント防止研修 ハラスメント防止研修は職場全体での意識向上と実践を目指している。 詳細
サミット人材開発株式会社 高品質なノウハウをローコストで提供し、お客様と地域の発展に貢献する人材開発のプロフェッショナルカンパニー。 21世紀におけるコンプライアンス研修 幅広い階層の社員や管理職を対象 詳細
株式会社モチベーション&コミュニケーション 自然型モチベーションアッププログラムを提供し、社員が自発的にモチベーションを高める環境を創出。 実例を交えて学ぶコンプライアンス研修 一般職から経営層まで、幅広い階層の社員を対象にした研修を提供。 詳細
一般社団法人日本コンプライアンス推進協会 企業倫理を中核に、コンプライアンス体制支援、教育、専門資格認定を通じ、真のコンプライアンス経営確立をサポート。 基礎コース、管理職向け企業倫理・コンプライアンスコース、総合コース、若手社員必修コース等 若手社員から管理職まで、組織内の様々な階層を対象にしたコンプライアンス教育を提供。 詳細
公益財団法人日本生産性本部 経営課題解決と人材育成に特化した研修プログラムの開発・実施を行う、実践的な知識と手法を提供 コンプライアンス・リスクマネジメントを中心に、役員から一般社員まで対象とした多様な研修プログラム。 役員、管理職、一般社員を対象に、階層別の役割と責任を理解し、実践に必要な知識を習得。 詳細
株式会社キャリアチアーズ 社会人基礎ルール習得、コンプライアンス違反認識、従業員の言動自覚促進を目指す。 コンプライアンス、個人情報保護、情報セキュリティ、SNSの取り扱い。 全従業員が対象 詳細
株式会社日本経営協会 企業成長の原動力となる「人材育成」を推進し、管理職のコミュニケーション能力向上に注力。 コンプライアンス研修「パワハラ防止法案と働き方改革の進め方」 主に管理職を対象とした研修で、パワハラ防止法案の概要や働き方改革について学ぶ。 詳細
株式会社インプレッション・ラーニング コンプライアンスを核とした研修を提供し、法令遵守だけでなく、原理原則に基づく行動を促す教育を行う。 新入社員対象のコンプライアンス研修、ハラスメント対策研修 新入社員から管理職、次世代リーダーまで、組織内の様々な階層を対象とした研修を実施。 詳細
株式会社アクティブ・コンサルティング 幅広い業種・業界の企業を対象としたコンサルティングと社員研修に豊富な実績を持つ。 基礎から階層別・部門別、業種別・業界別、分野別・法律別、海外法・外国法まで豊富なテーマを提供。 役員・取締役から中間管理職、一般社員、新入社員まで幅広い階層を対象とした研修を実施。 詳細

株式会社ノビテク

セクハラ・パワハラ防止研修

セクハラ(セクシャルハラスメント=性的嫌がらせ)、パワハラ(パワーハラスメント=権力や立場を利用した嫌がらせ)の防止を目的とした研修です。管理職としての使命及び役割について認識を深めさせ、業務遂行上の知識及び技能の付与を図ります。

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす
株式会社ノビテクの強み 生産性向上に貢献するスキルと姿勢の提供、豊富なビジネス経験を持つ講師陣、担当者の時間創出、柔軟なカスタマイズが可能。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 階層を問わずすべての社員が受講すべきとされており、特に管理職の役割と使命に焦点を当てた内容が提供される。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

ノビテクは、仕事の「達成感」「成長」「承認」を重要視し、研修を通じて「やる気」を引き出すことに着目。

バンダイナムコゲームスと共同開発したゲームメソッドを用いた研修は、ビジネスマナーからリーダーシップ、チームビルディング、コミュニケーション能力の向上まで、実践的なスキルを楽しく学べる点が特徴。

事例や実績は1100社に及び、カリキュラム数は5000、講師数は220名と豊富。生産性の向上、講師力、担当者の時間創出、柔軟なカスタマイズを強みとしている。

株式会社PDCAの学校

ハラスメント防止研修【実践型】働きがいのある職場環境作りで社員のモチベーションを高める

セクシャルハラスメント、妊娠・出産に関するハラスメント、パワーハラスメントの知識を習得し、事例やディスカッションにより理解を深め、職場全体でハラスメントを発生させないための実践型研修です。

【のべ3万社の実績】実践トレーニングで御社の生産性を向上させます
株式会社PDCAの学校の強み 事例やディスカッションを通じて、ハラスメントを発生させない職場作りをサポート。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ハラスメント防止研修は職場全体での意識向上と実践を目指している
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社PDCAの学校は、社員の成長を促す独自の教育戦略を持つ企業です。

明確なキャリアパスの提供、成長を促す教育計画の策定、社内の共通言語の創造、現場での成長機会の提供、そして採用の仕組みの構築により、社員一人ひとりが自己実現を図りながら、組織全体としても成長を遂げることを目指しています。

特に、ハラスメント防止研修では、知識の習得から実践までをカバーし、働きがいのある職場作りを通じて社員のモチベーション向上を図っています。

サミット人材開発株式会社

組織における「人の問題の解決」をサポートします
サミット人材開発株式会社の強み 不祥事対応やコンプライアンス違反の予防に強みを持ち、心理学や脳科学を交えた理解しやすい研修を提供します。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 幅広い階層の社員や管理職を対象
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

サミット人材開発株式会社は、組織の人材育成を通じて企業の成長と地域社会の発展に貢献することを企業理念としています。

特にクレーム対応、リスクマネジメント、倫理・ハラスメント、働き方改革、マネジメント指導など、現代のビジネス環境において必要とされる多様な研修プログラムを提供。これらの研修は、実際の事例を基にした内容で、受講者が直面するかもしれない様々な状況に対応できるよう設計されています。

また、コンプライアンス研修では、21世紀の変化するビジネス環境における法令遵守の重要性と、それを実現するための具体的な方法論を学ぶことができます。

株式会社モチベーション&コミュニケーション

実例を交えて学ぶコンプライアンス研修

コンプライアンス=法令遵守ですが、近年はCSR=企業の社会的責任まで考えなければならなくなりました。コンプライアンスは多様化しているのです。本研修では、身近に起こった実例を交え、コンプライアンスについてわかりやすくお伝えいたします。

社員一人ひとりのモチベーションアップが組織を活性化し業績を最大にする
株式会社モチベーション&コミュニケーションの強み 即実践可能なワンストップカリキュラムと自立促進型ワークショップで、実効性の高い研修を実施。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 一般職から経営層まで、幅広い階層の社員を対象にした研修を提供。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、社員一人ひとりが心の底からワクワクして働ける環境を創出することを目指しています。

そのために、人間の認知・行動・心理をベースにした自然型モチベーションアッププログラムを提供しています。

研修は、即実践可能なワンストップカリキュラムと自立促進型ワークショップを通じて、受講者が自らのモチベーションを高め、継続していく方法を学びます。これにより、企業は持続可能な成長と社員の満足度向上を実現できます。

研修相談のお問い合わせ案内

一般社団法人日本コンプライアンス推進協会

一般社団法人日本コンプライアンス推進協会の強み ワンストップでのコンプライアンス体制構築支援と実践的な研修企画・サポートを強みとする。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​若手社員から管理職まで、組織内の様々な階層を対象にしたコンプライアンス教育を提供。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

一般社団法人日本コンプライアンス推進協会は、企業倫理を核としたコンプライアンス体制の支援、教育、資格認定を提供し、組織の真のコンプライアンス経営の確立をサポートします。

実践的な研修企画・サポートにより、お客様の規模や業務特性に応じたカスタマイズが可能であり、若手社員から管理職まで幅広い対象に対応しています。資格認定制度を通じて、コンプライアンス専門家の育成にも貢献しており、業界内でのコンプライアンス意識の向上に努めています。(詳細)

公益財団法人日本生産性本部

公益財団法人日本生産性本部の強み コンプライアンスへの深い理解と実践的なアプローチで、企業の経営課題解決と人材育成を支援。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​役員、管理職、一般社員を対象に、階層別の役割と責任を理解し、実践に必要な知識を習得。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

公益財団法人日本生産性本部は、企業の経営課題解決と人材育成を目的とした研修プログラムを提供しています。特にコンプライアンス・リスクマネジメントに焦点を当て、役員から一般社員まで幅広い対象に対し、基本事項や意義・必要性の理解から実践に必要な知識と手法の習得までをサポートします。

講義、ケーススタディ、グループ討議を通じて、実践的な学びを提供し、企業のコンプライアンス体制強化と人材の質的向上を図ります。(詳細)

株式会社キャリアチアーズ

株式会社キャリアチアーズの強み 法令遵守だけでなく、社会信頼応答、不祥事防止にコンプライアンス意識向上を図る。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​全従業員が対象
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社キャリアチアーズは、「ワクワク!おもろく働く社会へ」を創ることを目指しています。企業が直面する「人」の課題に対し、全てカスタマイズで解決サポートを提供。

研修では、社会人としての基本ルールやコンプライアンス違反の認識、従業員の自覚促進を目的とし、企業価値向上に貢献します。また、個人情報保護や情報セキュリティ、SNSの適切な取り扱いについても教育し、企業と従業員が社会からの信頼に応えるための知識と意識を高めています。(詳細)

株式会社日本経営協会

株式会社日本経営協会の強み パワハラ防止と働き方改革を核とした研修で、実践的な管理職のスキルアップを支援。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​主に管理職を対象とした研修で、パワハラ防止法案の概要や働き方改革について学ぶ。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社日本経営協会は、パワハラ防止法案の概要、具体的なハラスメント事例による解説、人材育成推進のための具体的手法習得に重点を置いたコンプライアンス研修を提供。管理職が直面するリスク管理と人材のモチベーション向上に必要なコミュニケーションスキルの向上を目指し、企業の成長を支える人材を育成することに注力しています。

研修は、パワハラ問題への対応だけでなく、働き方改革の進め方にも焦点を当て、管理職が実践的な知識とスキルを身につけることを目的としています。(詳細)

株式会社インプレッション・ラーニング

株式会社インプレッション・ラーニングの強み 経営理念と行動規範に基づくコンプライアンス教育を通じて、実践的な問題解決能力を育成。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 新入社員から管理職、次世代リーダーまで、組織内の様々な階層を対象とした研修を実施。​​
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社インプレッション・ラーニングは、単に法令遵守を教えるだけでなく、組織や社会で求められる「コンプライアンス意識」の本質を理解し、それを日々の業務に活かせるような研修を提供しています。

特に新入社員に対しては、仕事のリスクを先読みし、ミスを防ぐコミュニケーション力を含めた、総合的な能力向上を目指すプログラムを展開。これにより、組織全体のコンプライアンスレベルの向上と、個々の社員の自律的な行動力の養成を図っています。(詳細)

株式会社アクティブ・コンサルティング

株式会社アクティブ・コンサルティングの強み 総合的なサポート体制と実践的な研修内容、グローバル対応のコンプライアンス研修を強みとする。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 ​​役員・取締役から中間管理職、一般社員、新入社員まで幅広い階層を対象とした研修を実施。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社アクティブ・コンサルティングは、1999年設立の東京都中央区日本橋にあるコンサルティング会社です。

東証一部上場企業から中堅企業まで、幅広い業種・業界のクライアントに対し、コンプライアンス、経営戦略、マーケティング、営業、ビジネススキル、人材育成、業務改善、人事・労務などの社員研修に豊富な実績を有しています。企画から実施、フォローまで総合的にサポートし、実践的な研修テーマを提供。また、国内法だけでなく海外法にも対応したコンプライアンス体制構築の支援を行っています。(詳細)

研修相談のお問い合わせ案内

コンプライアンス研修を成功させるコツ

コンプライアンス研修を成功させるためには、社員が研修の内容を実際の業務に活かせるよう、実践的な学習を提供することが重要です。研修では、法規制遵守の基本原則を超え、社会的な責任や倫理的な判断が求められるシナリオを取り上げるべきです。これにより、社員は日々の業務において直面するかもしれない実際の問題や疑問に対して、適切な対応策を考え、行動に移せるようになります。

重要なのは、研修が一方通行の情報提供に終わらないことです。対話型のセッションやワークショップを通じて、社員同士の議論を促し、実際の事例を基にしたグループ活動を行うことで、より深い理解と実践的な知識の習得を目指すべきです。また、定期的な情報の更新を通じて、変化する法令や規制、社会的な期待に対応し、常に最新の情報を社員に提供することが必要です。

コンプライアンス研修の成功は、単に情報を伝えることではなく、社員がその知識を実際の業務に応用し、企業文化の一部としてコンプライアンスを内面化することにあります。

まとめ

このページでは、コンプライアンス研修の重要性と目的、種類、失敗しない選び方、おすすめの研修会社10選について詳しく解説しました。

研修は、法令遵守や企業倫理の維持を目的とし、ハラスメント防止や情報セキュリティ等、多様な種類があります。選び方には、料金、受講時間、対象階層、受講方法、対象地域を考慮することが重要です。

各会社は独自の特徴を持ち、幅広いニーズに対応可能な研修を提供しています。

KeySessionではおすすめのコンプライアンス研修を紹介しています。コンプライアンス研修の導入相談はお気軽にお問い合わせください。

おすすめのコンプライアンス研修

コンプライアンス研修

コンプライアンスに違反すると会社の信用を失い、最悪の場合、倒産という最悪の事態を招きます。そのような事態を避けるためにも、社員全員がコンプライアンス研修を通してコンプライアンスの重要性を理解し、ルールを遵守しなければなりません。


おすすめの記事