外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修

清水 麻琴
この研修の監修者
清水 麻琴 - 株式会社J-グローバル ソリューションコンサルタント

弊社は日本企業のグローバル化をお手伝いするためのさまざまな提案をさせていただいています。私自身は外国公館で海外の企業による日本への輸出を促進し、日本企業との仲介をする仕事を長年行ってきました。日本企業が海外企業とどのように信頼関係を構築すると良いのかを間近で見てきました。その経験を活かしお客様にさまざまなご提案ができれば幸いです。


  • 外国人スタッフを持つマネージャー ,海外の赴任先で外国人スタッフを束ねる予定の方 ,業績や働き方の評価をしフィードバックを行うマネージャー
外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修

よくあるお悩み・ニーズ

  • 外国人スタッフへの仕事の指示がうまく伝わらない。言語の問題ではなさそうだが、原因がよくわからない
  • 外国人スタッフのモチベーションの高め方がわからない
  • 外国人と日本人のチームワークがうまく構築できない
  • 外国人スタッフの定着率を上げたい
  • 「上から目線」「指示型」のコミュニケーションスタイルを変え、チームのモチベーションを上げたい

研修のゴール

  • 日本と海外のビジネス文化や働き方の文化の違いを理解できる。外国人スタッフのマネジメントに役立つ、コミュニケーションスキルやコーチングスキルが習得できる
  • 外国人、日本人すべてのスタッフの意欲を高めるためのスキルを学ぶことができる
  • 効果的な指示の出し方、フィードバックの方法を学び、スタッフのスキルや自主性を高める方法を身に付けられる
  • 日常行っている1 on 1ミーティングを、より効果的に行うための具体的なコツを学ぶことができる
  • ハラスメントを避け、トラブルや突然の離職を未然に防げる

研修内容

ダイバーシティ化が進む中での効果的なフィードバックを学ぶ

ダイバーシティ推進や働き方改革が進められる中、それぞれのスタッフに合うモチベーションの向上方法も異なるはずです。
国籍、ジェンダー、価値観の異なるスタッフへの効果的な評価ができないと良い人材を失うことにもつながります。

本研修では、外国人スタッフに、日本型のチームワーク重視の働き方を理解してもらいながら、彼らをサポートし、モチベーションを高めてもらうための「コーチング型マネジメントスキル」を学びます。
経験豊富なバイリンガル外国人講師がファシリテートします。

研修の特徴

効果的なフィードバックができるようになります。本研修カリキュラムは、外国人インストラクターがバイリンガルで行います。
国籍や文化、価値観の異なる方々に日本人特有の”あうんの雰囲気”は伝わりません。
バイリンガルで行うため英語でのニュアンスも学べます。

また、インストラクターが話すばかりではなく、参加者同士でディスカッションをしたりプレゼン等も盛り込む参加型の研修で楽しく学べます。

研修のカリキュラム

重点をおいて学ぶ内容は各社様、参加者様によって異なります。
お客様のご希望に合わせて組み合わせいたします。

カリキュラムの例:
「キャリアコーチング研修 基本編」対象:外国人社員マネジメントに携わるマネージャー、所要時間:4時間

時間 項目 内容
13:00 目標の共有
グローバルコミュニケーションのスタイル
イントロダクション&目的の共有、ピアツーピア学習とポジティブマインドセット、パフォーマンス管理(傾聴と成功要因)、オープンコミュニケーション、ニーズと目標
13:15 異文化リーダーシップ ●西洋・アジアVS日本の管理スタイルの違い、起こりやすい問題/ギャップのブレインストーミング

●1.ケーススタディ:日本で勤務する外国人スタッフのマネジメント
2.「10の異文化フレームワーク」
3.調査

●日本とは異なる「低コンテクストでソクラテス型のコミュニケーション」とは。
日本の「チームベース(アメーバ型)」VS海外の「個人ベース(マトリックス型)」のワークスタイルで、「責任」の所在はどう異なるか。
ビジネス文化の違いを超えた、共通のコミュニケーションスタイルを作るためにどうすれば良いか。

●成長マインドセット:クイズ、リサーチ、ディスカッション、実務への応用
14:00 多様な従業員のマネジメント 1.仕事と私生活のバランス、ストレス管理
2.相手を敬うコミュニケーション
3.コーチングスタイルのマネジメント
4.私のマネジメントスタイルの説明
5.新人への研修
<10分休憩>
14:30 方向性を共有し、目標を合わせる 1.自社の企業理念・哲学(ウェイ)、ミッション、価値、働き方
2.会社・部署の戦略と目標
3.チーム構築&プロジェクト管理
4.スタッフのニーズを想像する
15:00 グローバル会議の進行 1.「Whyから始める」
2.会議の進行:「外国人スタッフのマネジメント方法」
3.ミーティング&同意
15:30 コーチングスタイルの利点 ケーススタディ「一方通行のマネジメント」
状況別リーダーシップ、コーチングの利点、質問で導く、尊重を示したマネジメント:プロフェッショナリズムを重視、対話式のミーティングで結果を出す
<10分休憩>
16:10 フィードバックの与え方 ●三段階の聞き方:アクティブリスニング、感謝を込めた聞き方、努力に感謝する、「当たり前のこと」ができていたら褒める、G.R.O.Wモデル(目標、現状、選択肢、前進する)、リーダー対リーダーのコミュニケーション(「私は…するつもりだ。」考えを超えに出して共有する、認証VS報告)
●A)目標設定型の人事評価ロールプレイ・フィードバックチェックリストとバートナー/トレイナーによるフィードバック
●B)自分の部下へのフィードバックインタビューを計画する。
ペアでコーチングロールプレイ
16:55 まとめ 私の次のステップ/考察
17:00 終了

研修についてよくある質問

バイリンガルでの研修ということですが、英語のみ、日本語のみでも可能ですか?

 
研修の内容や参加する方々の状況に応じて、英語のみ、日本語のみの研修も、もちろん実施可能です。

外国人スタッフはいないのですが、受講は可能ですか?

 
将来に向けて外国人スタッフを受け入れるときの準備や海外に派遣される日本人スタッフ向けなど、現在外国人スタッフがいなくても可能です。

将来マネージャーとなったときのため、また数年後に海外赴任を予定しているものへの受講は可能ですか?

 
もちろん実施可能です。
将来のキャリアアップを見込んで、人材育成を行う企業様が増えています。
優秀な人材が、いざ海外でマネージャー等のポジションに就いた時に、現場で困らないように準備しておくことは、とても大切なことです。

KeySession研修コンシェルジュからのコメント

ロールプレイなどで実際に行ったフィードバックをそのまま実践で使えます。またマインドセットから学べるため、研修終了後には見る視点が変わったとおっしゃる方も多く、高い評価を得ています。特定の国に赴任することが決まっている方にその国の文化の特徴も説明しながらの研修や、特定の国籍の部下へのフィードバック、そして将来のグローバル化を見越した内容など、詳細はご相談下さい。



問い合わせ

研修の導入・研修のカスタム・お見積りなど、
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

株式会社ノビテク
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
株式会社J-グローバル
プロセスマイニング・イニシアティブ
株式会社PDCAの学校
株式会社モチベーション&コミュニケーション
目的や課題をヒアリングして、最適なオンライン