グローバルマインドセット& 海外赴任者候補育成研修

ジョン・ジェームス・リンチ
この研修の監修者

ジョン・ジェームス・リンチ - 株式会社J-グローバルCEO

3企業にてCEO及びカントリーマネージャーのポジションを持つ。異文化リーダーシップ、チェンジマネジメント、営業そしてマーケティングと多岐に渡り研修を行い、イノベーションとリーダー開発に情熱を注ぐ。

日本のビジネスの強み「改善・高品質・チームワーク」とグローバルの「ストラテジー主導・ブランディング」のベストミックスである「J-グローバル型ビジネス」を広めるために、2010年にグローバルビジネスのコンサルティング会社(株)J-グローバルを設立。現在は一橋大学でも教鞭を執る。

英国ブリストル大卒。英国出身。日本在住28年。(流暢な日本語でのスピーチが可能)

キーセッションでは、企業組織のグローバル化を支援する、さまざまな研修プランを監修・提供している。
グローバルマインドセット& 海外赴任者候補育成研修
グローバルな組織でチームのパフォーマンスを最大化するマネジメント研修
株式会社J-グローバルの研修プランを見る

■経歴
-1990年 ブリストル大学卒業(英文学と哲学専攻)。
-1992-1997年 テンプル大学(人材資源および戦略的マネジメントコース)、異文化研修セミナー(クロスカルチャーコース&シンポジウム、 SIETARなど)で学ぶ。
-1990年 来日。
-1991年 株式会社インテック・ジャパン社(現社名:株式会社 リンクグローバルソリューション)に入社。
-1994年 マネージャーとして国際ビジネス・コミュニケーション・スキルの指導に当たる。
-1996年 音楽雑誌やTV番組の制作、メディアキャンペーンを企画する会社経営を行う。
-1997-2002年 東京理科大学で教鞭を執る。
-2010年にグローバルビジネスのコンサルティング会社(株)J-グローバルを設立。
-2022年-現在 一橋大学で教鞭を執る。

■保有資格
-TEFL (外国語としての英語指導)
-日本語能力検定試験: 1級

■研修の実績
・500社を超える講師としての実績
・延べ2万人を超える受講者

■出版・監修の実績
-100社以上の大手日系・外資系企業にて、異文化ビジネス研修・コンサルティングを行なう。
- HRビジネスパートナー コンサルティング&トレーニング、NKC(グローバル人事部、生産部)、協和キリン、日立製作所(研究開発部)、日産自動車(営業部)
研修分野はグローバルミーティングの仕方、海外でのプレゼンテーション&営業、マーケティング、ウェブサイトのストラテジーなど

  • 海外駐在員 ,バーチャル駐在員 ,将来的に海外赴任する可能性がある社員 ,グローバルチームに所属する全ての社員
グローバルマインドセット& 海外赴任者候補育成研修

よくあるお悩み・ニーズ

  • コロナで海外赴任が止まっていたが、そろそろ再開に向けて海外赴任者の育成をしていきたい
  • これまでは内製で研修を行っていたが、より専門的な研修を外部から導入したい
  • 必要な時にスムーズに赴任させられるよう常に何名か適任者を育てておきたい

研修のゴール

  • 英語のレベルに関係なく、自信を持ってコミュニケーションをとることができるようになる
  • ポジティブな考え方とより深い文化の理解を身につけられるようになる
  • グローバル環境で通用する、説得力を身につける

研修内容

グローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学び、自信を持ってコミュニケーションするためのスキルとマインドセットを身につけます。

  • 「グローバルコミュニケーションの20のルール」を学ぶプログラムです。
  • 7モジュールに分かれ55のマイクロレッスンが、初めは日本語でその後英語で行われます。
  • すべてバイリンガルの対話形式の研修プログラムです。様々な英語レベルの方が楽しんで参加頂けます。教材もすべて日本語と英語で提供します。

研修の特徴

グローバルコミュニケーションへの抵抗感やアレルギーを払拭するカリキュラムです。

「英語ができればコミュニケーションできる」わけではありません。 真に必要なのは、異文化への理解や、コミュニケーションを楽しむ気持ちなのです。グローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学び、自信を持ってコミュニケーションするためのスキルとマインドセットを身につける研修です。

研修プログラムの構成

6 つのレッスンで構成されており大きくわけて3つのモジュールに分かれています。

それぞれのレッスンは、クイズ、アドバイス、事例紹介等を交えて指導します。

  • グローバル環境で身につけるべき考え方
  • 多様性(ダイバーシティ)
  • 異文化環境でおきやすいこと
  • 異文化組織のスタイル
  • 異文化環境でのディスカッションスタイル
  • 異文化環境の相乗効果

KeySession研修コンシェルジュからのコメント

背景となるビジネス文化が異なれば、考え方や行動の違いとして表れます。こうした違いは、誤解や摩擦につながり、グローバルチームワークの大きな障害になる可能性があります。本研修は、スピーディーにかつ効率的に成果をあげられるグローバルチームづくりを目的としています。文化の違いによって生まれる誤解や摩擦の原因を正しく認識し、適切な対応策をとるためのスキルを身につける事ができます。



問い合わせ

研修の導入・研修のカスタム・お見積りなど、
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社
株式会社モチベーション&コミュニケーション
株式会社PDCAの学校
株式会社ノビテク
株式会社かんき出版
一般社団法人全日本SEO協会
株式会社J-グローバル
プロセスマイニング・イニシアティブ
亀山温泉リトリート
ホリスティックサポート
合同会社WaReKaRa
株式会社NATURE
サミット人材開発株式会社
クロスメディアグループ株式会社
Work Life Brand
目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します  2024/2/29更新