チームの一体感と生産性を向上させる

2024年、組織の活性化と効果的なチームワーク構築を目指す企業にとって、チームビルディング研修の選択は重要な選択となります。

この記事では、チームの一体感と生産性を向上させるための最適な研修会社の選び方を、具体的な事例とともに紹介します。

信頼構築、コミュニケーション力の向上、ダイバーシティの促進など、様々な目的に応じた研修プログラムの種類や特徴、成功の秘訣を解説し、組織のニーズに合わせた研修選びのポイントを解説します。

研修相談のお問い合わせ案内

チームビルディング研修の必要性・実施する目的

チームビルディング研修は、チームの連帯感や協力を強化するために重要です。チームビルディング研修を実施する目的は、主にメンバー間の信頼構築とコミュニケーションの向上にあります。

例えば、研修を通じて、チームメンバーは互いの強みや弱みを理解し、それを活かしたチームワークを構築することが出来るようになります。また、異なる背景を持つメンバーが一堂に会することで、新たなアイデアや解決策が生まれる可能性も高まります。

チームビルディング研修には、具体的な活動やワークショップが含まれることが多く、これによってメンバー間の相互理解が深まります。研修の結果、メンバーはお互いの価値観や思考プロセスを理解し、効果的なコミュニケーションが取れるようになります。これは、プロジェクトの成功に不可欠な要素です。

このように、チームビルディング研修は、チームの結束を強化し、生産性の向上に寄与する重要な手段です。効果的な研修によって、チームはより強固な関係を築き、共通の目標に向かって効率的に進むことが出来るようになります。

チームビルディング研修の種類

チームビルディング研修は、組織の効率と協調性を高めるために多様な内容で提供されています。以下は、その主要な種類です。

コミュニケーション関連研修

【雑談マスター研修】仕事と人間関係の改善に焦点を当てたコミュニケーション能力向上研修です​​。(参照)
【アサーティブコミュニケーション実践研修】意見の異なる人との効果的なコミュニケーションスキルを習得します​​。(参照)

ダイバーシティ関連研修

【アンコンシャスバイアス研修】無意識の偏見に焦点を当て、多様性と包摂を促進する研修です​​。(参照)
【女性リーダー育成研修】女性のリーダーシップを強化することを目的としています​​。(参照)

健康・メンタル関連研修

【ストレスマネジメント研修】職場のストレスを効果的に管理する方法を学びます​​。(参照)
【レジリエンス研修】困難な状況での回復力や適応力を鍛えます​​。(参照)

グローバルビジネス向け研修

【異文化コミュニケーション研修】異なる文化背景を持つ人々とのコミュニケーションスキルを高めます​​。(参照)
【海外赴任前研修】海外勤務に必要な知識とスキルを身につける研修です​​。(参照)

手法別研修

【OJT研修】実務を通じてスキルを習得する研修です​​。(参照)
【ロールプレイング研修】実際の業務シナリオを模擬体験し、スキルを習得します​​。(参照)

業界・業種別研修

【サービス業向け研修】特に接客業に特化したスキルを学ぶ研修です​​。(参照)
【ホテル業界向け研修】ホスピタリティ産業特有のニーズに応じたトレーニングを提供します​​。(参照)

階層別研修

【管理職向け研修】管理職のスキルとリーダーシップを強化します​​。(参照)
【若手社員研修】キャリア初期の社員が必要とする基本的なビジネススキルを学びます​​。(参照)

各研修は、特定の目的やニーズに応じてカスタマイズされ、組織や個々の成長に貢献するよう設計されています。
チームビルディング研修の選択は、組織の具体的な課題や目標に基づいて計画・実施されます。

チームビルディング研修の失敗しない選び方

料金|平均相場を解説

チームビルディングの社内研修費用の1日あたりの研修費用は、約20万円~50万円が相場です。費用には、講師の派遣料、教材費、交通費、食事代、宿泊費、会場費、備品・設備代などが含まれます。

著名な講師に研修を依頼する場合は、費用がさらに上がる可能性があります​​。

受講時間

チームビルディング研修を選ぶ際には、受講時間の設定が重要です。以下は、一般的な研修時間の設定例です。

【半日のケース】
半日の研修は、時間的制約がある中で集中して学ぶことを目的とします。
限られた時間内で効果的な学習を行うために、カリキュラムは簡潔かつ具体的な内容に焦点を当てます。

【1日または2日のケース】
1日または2日の研修では、より深い学びと実践的な経験が可能です。
この期間内では、理論と実践の両方をバランスよく組み合わせ、より充実した学びを提供します。

【半年や1年など定期的に実施するケース】
長期間にわたる研修プログラムでは、段階的な学習と進行状況の確認が可能です。
定期的なセッションを通じて、継続的なスキル向上とチームの成長を促します。

研修の目的や目標に応じて、受講時間を選定することが重要です。短期間での集中的な学びを目指すか、長期間にわたる徐々の成長を目指すかによって、受講時間の設定が異なります​​​​​​​​。

対象階層

対象階層に合わせた研修を選択し、それぞれのニーズに応じたプログラムを設計することで、効果的なチームビルディング研修を実施する事ができます。

階層 研修内容
新入社員 基本的なビジネススキルや企業文化の理解を深める研修
若手社員 自己成長とチーム内でのプロアクティブな役割への移行を促進する研修
中堅社員・リーダー層 実務経験を活かし、より高度な管理技術や戦略的思考を養う研修
管理職・経営幹部 高度なリーダーシップ、経営戦略、意思決定スキルの向上を目指す研修

受講方法

チームビルディング研修の受講方法を選ぶ際、以下の3つのオプションがあります。それぞれの特徴を理解し、組織のニーズや状況に合わせて選択することが重要です。

集合型研修

専門の講師を組織の場所に派遣され研修を実施します。参加者が物理的な場所に集まり、直接的な対面で研修を受けます。

【メリット】組織固有のニーズや文化に合わせたカスタマイズされた研修が可能です。直接的なコミュニケーションにより、参加者間の関係性が深まりやすいです。非言語的なコミュニケーション(身振り手振りなど)も活用できます。
【デメリット】場所の確保、移動の手配、物理的な距離によるアクセスの制限などが課題となります。

オンライン研修

インターネットを介して研修が行われます。参加者は自身のPCやタブレットから参加します。

【メリット】地理的な制約がなく、どこからでも参加可能です。また、研修の録画・再視聴が可能な場合、学習効果の向上につながります。
【デメリット】インターネット接続や技術的な問題が生じる可能性があります。また、対面研修に比べて、人間関係の構築が難しい場合があります。

ハイブリッド研修

対面とオンラインの両方の方法を組み合わせた研修です。

【メリット】柔軟性が高く、参加者のニーズや状況に応じて最適な方法を選択できます。物理的な集合とデジタルの利点を両立させます。
【デメリット】研修の準備と実施が複雑になる可能性があります。また、両方の方法を平等に統合する必要があります。

研修方法の選択は、組織の規模、予算、目的、参加者の地理的位置、技術的な設備などに基づいて行うべきです。各方法のメリットとデメリットを考慮し、組織の具体的な状況に最適なものを選ぶことが成功への鍵となります。

対象地域

多くの研修会社は日本全国での対応が可能です。このため、企業がどこに位置していても、質の高い研修プログラムを利用できます。

研修を実施する地域によっては、講師の交通費や宿泊費が発生する場合があります。これらのコストも研修の全体費用に含まれるため、予算計画において考慮する必要があります。

チームビルディング研修におすすめの会社10選一覧比較早見表

会社名 会社の特徴 研修の種類 対象階層 詳細
ザ・ホスピタリティチーム株式会社 顧客と従業員の幸せ追求を核としたホスピタリティ経営を採用 ホスピタリティチーム力アップ研修 高度なリーダーシップ、経営戦略、意思決定スキルの向上を目指す研修 詳細
株式会社モチベーション&コミュニケーション 実践的なコミュニケーション能力向上に特化 【一流の雑談をマスター】仕事も人間関係も良くなるコミュ力アップ実践研修 コミュニケーションスキル向上を目指すビジネスパーソン 詳細
株式会社J-グローバル 異文化間のコミュニケーションやマネジメントスキル向上に特化 グローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学ぶ異文化コミュニケーション研修 日本企業で働く日本人社員と外国人社員、特にグローバルビジネス環境で活動する従業員や管理職 詳細
株式会社ノビテク ビジネスシミュレーションを活用して受講者に「気づき」を提供 【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修 リーダーシップ、チームビルディング、コミュニケーション能力を向上させたいビジネスパーソン、特に管理職や若手社員 詳細
株式会社PDCAの学校 現場主義に基づく実践的トレーニングで個々の成長を促進 豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修 自社の成長と個人のキャリア開発を重視するビジネスパーソン全般を対象とする 詳細
Work Life Brand 多様な組織と個人のニーズに対応するフレキシブルな研修プログラム提供 【新入社員,若手社員向け】新しい時代に求められる “自考動型人材(フォロワーシップ)“とは? 自己成長とキャリアアップを目指すビジネスパーソン全般です。特に新入社員や若手社員、リーダーや管理職にも適しています 詳細
亀山温泉リトリート 自然体験を通じたチームビルディングを促進 組織の壁を越える!コラボレーション力強化リトリート研修 セクショナリズムに悩む組織、新入社員、新規事業チームなど、異部署間の協力を強化したい企業向けです 詳細
株式会社MeCoFa アントレプレナーシップ教育とコーチ型リーダー教育の融合による独自のメソッド。 グループコーチングを中心に展開 管理職やリーダー層を主な対象とし、広範なビジネスパーソン 詳細
株式会社ビートオブサクセス リズムと音楽を活用したチームビルディング 音楽とリズムを用いて非言語コミュニケーションを促進し、参加者間の心理的距離を縮めてチームの一体感を高める。 新入社員、中堅社員、新任管理職 詳細
株式会社情熱 「バリューリンキング」メソッドを用いて、社員の情熱を科学的根拠に基づき育成。 科学的根拠に基づいたロジカルな方法で情熱を伝える研修を提供。 新卒者から上場企業の管理職、ベンチャー企業の役員 詳細
キャンドゥー株式会社 実践型リーダーシップとイノベーターの育成 リーダーシップの習得と社会課題イノベーターの育成 リーダーシップの習得を目指すビジネスパーソン全般 詳細
株式会社チームビルディングジャパン 組織内のコミュニケーション活性化と一体感を醸成 メンバーの多様性を受け入れる効果的な手法を取り入れた研修 新入社員、内定者、部署間チームなど幅広い層 詳細

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

ホスピタリティチーム力アップ研修

目標を達成する為には、チーム一丸となって目標に向かう一体感が必要不可欠であり、その上で社内ホスピタリティは大きな役割を果たします。それぞれの想いを共有し、チームの『ありたい姿』を自分達で目標設定をし、それに向かってひとつになる。そんな強いホスピタリティチームを創る研修カリキュラムです。貴社組織における目標設定から達成までを学びながら目指します。

ホスピタリティでビジネスを成功に導く
ザ・ホスピタリティチーム株式会社の強み 顧客と従業員の幸せ追求を核としたホスピタリティ経営を採用。人財活性化に注力し、実務即戦力を育成。企業、ホテル、サービス業など多数の実施実績あり。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 高度なリーダーシップ、経営戦略、意思決定スキルの向上を目指す研修
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

ザ・ホスピタリティチーム株式会社の研修は、ハンズオン方式で現場と経営を結びつけ、具体的な成果を生むことに特化している。

従業員の主体性を重視し、ホスピタリティマインドを基軸に、接客・接遇力の向上に焦点を当てる。研修の成果は、離職率の減少や売上増加などの形で明確に表れ、多くの企業で実績を上げている。また、業界を問わず幅広い分野での適用が可能であることが特徴的である。

株式会社モチベーション&コミュニケーション

【一流の雑談をマスター】仕事も人間関係も良くなるコミュ力アップ実践研修

この研修では、株式会社モチベーション&コミュニケーション代表を務める桐生の著書、「雑談の一流、二流、三流」から、選りすぐりの雑談メソッドを抜粋し、実践形式でお届けします。ほんの数分の会話で、会話が自然に盛り上がり、楽しい空間を演出する会話力をマスターします。一流の雑談力を身につけて、コミュニケーション力をアップさせましょう。

一人ひとりのモチベーションアップが組織を活性化し業績を最大にする
株式会社モチベーション&コミュニケーションの強み 実践的なコミュニケーション能力向上に特化。ビジネスでの効果的な対話や雑談技術の向上に役立つ研修を提供。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 コミュニケーションスキル向上を目指すビジネスパーソン
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社モチベーション&コミュニケーションは、コミュニケーション力の向上を目指す研修を提供しています。同社の特徴は、一流の雑談力を身につける研修や、話し方、聴き方の技術に特化している点です。

ビジネススクール運営の経験を活かし、実践的なトレーニングを提供しています。このトレーニングは、雑談のスキルを向上させることで、職場内外での人間関係の改善や業務の効率化に貢献します。

代表取締役の桐生氏は、話し方に関する著書も多数あり、その専門知識を生かした研修プログラムは、多くの企業に導入されています。

株式会社J-グローバル

グローバルビジネスに不可欠な基本ルールを学ぶ異文化コミュニケーション研修

「英語ができればコミュニケーションできる」わけではありません。真に必要なのは、異文化への理解や、コミュニケーションを楽しむ気持ちです。マインドをリセットして、眠っている語学力を活用する研修カリキュラムを紹介します。

日本企業の国際化をお手伝い
株式会社J-グローバルの強み 異文化間のコミュニケーションやマネジメントスキル向上に特化した研修を提供し、日本企業のグローバル化をサポート。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 日本企業で働く日本人社員と外国人社員、特にグローバルビジネス環境で活動する従業員や管理職。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

J-グローバルは、企業がグローバル化で直面する課題に対し、日本人社員と外国人社員の両方に向けた、日本と海外のビジネス文化の違いへの対応や組織の制度・運用の改善などの人材開発プログラムを提供しています。
異文化マネジメントやコミュニケーションスキルに関して、日本とグローバルのビジネススタイルのハイブリッド型アプローチを採用しています。

株式会社ノビテク

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修

架空の会社に入社し、社員になりきって仕事を体感することで、さまざまな気づきが得られるビジネスゲームです。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、演習を繰り返し行うことで、現場で実践できるビジネススキル・マインドの定着を図ります。

仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす
株式会社ノビテクの強み ビジネスシミュレーションを活用して、受講者に「気づき」を提供し、行動の変容を促す研修を特長としています。受講者は体感型の楽しい研修を通じて、実際の業務に活かせるマインドやスキルを身につけます。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 リーダーシップ、チームビルディング、コミュニケーション能力を向上させたいビジネスパーソン、特に管理職や若手社員です。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社ノビテクは、研修プログラムにおいて、楽しみながらスキルやマインドの向上を図る点が特徴です。

バンダイナムコゲームスと共同開発した研修メソッドを用い、ロールプレイやビジネスシミュレーションを通じて、リーダーシップやチームビルディング、コミュニケーション能力の習得を目指します。

生産性向上、講師力の高さ、柔軟なカスタマイズが可能な点も強みです。また、受講者の「やれる気」(成功期待感)を高め、仕事へのやる気を引き出すことに重点を置いています。

株式会社PDCAの学校

豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修

超実践的PDCAで、社員のスキルアップによる生産性の向上をはかる研修です。人マネージメントにフォーカスしたトレーニングと、豊富なノウハウに裏打ちされた知識学習をバランスよく取り入れたプログラムをご提供します。

【延べ3,000社の実績】実践トレーニングで御社の生産性を向上させます
株式会社PDCAの学校の強み 現場主義に基づく実践的トレーニングで個々の成長を促進。キャリアパス作成や共通言語の確立に注力し、社員の自発的な成長をサポート。

受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 自社の成長と個人のキャリア開発を重視するビジネスパーソン全般を対象とする。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社PDCAの学校は、具体的なキャリアパスの提供、成長を促す教育計画の策定、社内共通言語の確立、現場での成長機会の創出、効果的な採用仕組みの構築を通じて、社員の個人的な成長と組織の生産性向上を目指しています。

これらの取り組みは、社員のモチベーション向上と組織内の効率的なコミュニケーションを促進し、組織全体の活性化に寄与します。

Work Life Brand

【新入社員 ,若手社員向け】新しい時代に求められる “自考動型人材(フォロワーシップ)“とは?

この研修では、新しい時代に適応するために新入社員と若手社員が身につけるべきスキルを育成します。社会や企業環境の変化を踏まえ、「自考動型人材(フォロワーシップ)」の必要性を学び、時代の変化を理解し、主体的行動とフォロワーシップの違いを認識することを目標とします。リーダーシップとフォロワーシップの差異、大人の成長方法、そして自考動型人材に必要なジェネラルスキル(自己認識力、セルフブランディング、コミュニケーションスキル等)について学びます。

新時代の扉を開く "自考動型人材" を育成
Work Life Brandの強み 多様な組織と個人のニーズに対応するフレキシブルな研修プログラム提供にあります。特に、自考動型人材の育成に重点を置き、実践的なスキル向上を目指します。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 自己成長とキャリアアップを目指すビジネスパーソン全般です。特に新入社員や若手社員、リーダーや管理職にも適しています。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

Work Life Brandは、各個人の特性に合わせたカスタマイズ可能な研修を提供することが特徴です。

この研修では、自考動型人材の育成を重視し、自己プロデュースの能力を強化します。また、スポーツコーチ・エデュケーターとしての経験を活かしたユニークな取り組みで、受講者が変化に対応し、自らのキャリアを築く力を身につけることを目的としています。

多様な業界や層に対応したプログラムは、個々の成長に焦点を当て、実践的な学びを提供します。

亀山温泉リトリート

組織の壁を越える!コラボレーション力強化リトリート研修

コラボレーション力強化を目指すリトリート研修。亀山温泉でSDGs活動体験・自然体験を通じてチーム一体感を高め、異部署間コミュニケーション向上を促進。新人研修にも最適です。

都心から約1時間半の好アクセスの体験型研修施設でリトリート研修を実施
亀山温泉リトリートの強み 自然体験を通じたチームビルディングを促進し、SDGs活動体験やリフレッシュを融合させた独自の研修を提供します。
受講方法 ・オンライン
・講師派遣型
・集合型研修
対象階層 セクショナリズムに悩む組織、新入社員、新規事業チームなど、異部署間の協力を強化したい企業向けです。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

亀山温泉リトリートでは、自然の中でのSDGs活動体験、風倒木整備、薪割り、焚き火体験、ヨガ、ネイチャーガイドなど、多彩なアクティビティを通じてチームビルディングを強化します。

これらの活動は、参加者が組織の壁を越えて協力し合うことを促進し、コミュニケーションと共存共栄の重要性を学ぶ機会を提供します。

自然の中での体験は、社員のメンタルヘルスとストレスケアにも焦点を当て、生産性とチームの一体感の向上に貢献します。

株式会社MeCoFa

株式会社MeCoFaの強み アントレプレナーシップ教育とコーチ型リーダー教育を融合した独自のメソッドで、人材の成長と企業成長を促進する会社です。
対象階層 ビジネスパーソン、特に企業の管理職やリーダー層を対象としています。また、大学やビジネススクールでのアントレプレナーシップ教育にも注力しており、若手ビジネスパーソンや学生もサポート対象です。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

個人の自己肯定感と成長意識を高めることで、企業の生産性とエンゲージメントを向上させます。

独自のMeCoFaメソッドによって、経験豊かなプロフェッショナルがファシリテートするグループコーチングを中心に展開されています。

スキルだけでなくマインドの強化を重視し、個々の能力開発とチームワークを組み合わせることで、企業の成長を促進します。(詳細)

株式会社ビートオブサクセス

株式会社ビートオブサクセスの強み リズムと音楽を活用してチームビルディングを行うことが特長。日本で唯一の専門企業として、組織力の改善に貢献します​​。
対象階層 新入社員や中堅社員、新任管理職を対象とした研修、また組織全体の活性化や新規プロジェクトチームのキックオフなど、様々な状況や目的に合わせてカスタマイズできます​​。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

音楽とリズムを用いて、組織内の人間関係やチーム力を向上させる独自のプログラム「トレーニングビートⓇ」が特徴です。

この研修プログラムは、非言語コミュニケーションにより、参加者間の心理的距離を縮め、一体感を生み出す効果があります。

研修では、リズム運動によるストレスコントロールや、エンゲージメントの向上など、多角的なアプローチでチームビルディングをサポートしています​​。(詳細)

株式会社情熱

株式会社情熱の強み メソッド「バリューリンキング」を用い、社員の情熱を科学的根拠に基づき育成する点が特長です​​。
対象階層 新卒者から上場企業の管理職、ベンチャー企業の役員クラスまで幅広く​​。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社情熱の強みは、オーダーメイドの研修プログラム、高度な講師力、そして社員の人柄にあります。12年以上にわたり550社以上に対し「バリュー」の浸透を支援しています。

研修は、科学的根拠に基づくロジカルなアプローチを用い、情熱を具体的に伝える方法で展開されます。講師陣は経験豊富で、実践的なアドバイスを提供します。また、社員の人柄が顧客の信頼を築く重要な要素となっており、クライアントとの長期的な関係構築に貢献しています​​。(詳細)

キャンドゥー株式会社

キャンドゥー株式会社の強み 実践型リーダーシップとイノベーターの育成を行う。社会イノベーション人財育成をミッションに、社会的包摂と保全をビジョンに掲げている​​。
対象階層 リーダーシップの習得と実践を目指すビジネスパーソン全般に向けられている。特に、組織の成長や人材育成に関わる役職者や育成担当者に適している​​。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

参加者主体の行動学習プログラムを提供し、実践と経験によるリーダーシップの習得を重視。プログラムは、オンラインと現場のハイブリッド課題解決、社会課題イノベーターの育成など、多様で革新的。

社会全体の俯瞰モデルを用いたリーダーシップ研修を通じ、個人と組織の成長を支援する。そのアプローチは、新型コロナウイルス感染症の対応や遠隔と現場の同時参画型研修など、時代の変化に適応しながら提供されている。(詳細)

株式会社チームビルディングジャパン

株式会社チームビルディングジャパンの強み 組織の現状や目指す状態に合わせたカスタマイズされたチームビルディングプログラムを提供し、組織内のコミュニケーション活性化と一体感を醸成する​​。
対象階層 企業や組織全体を対象としており、特に新入社員、内定者、部署間のチーム、多様な職種の従業員など、幅広い層の従業員に対してサービスを提供しています​​。
対象地域 日本全国対応可能(交通費・宿泊費等が別途かかる場合があります)

株式会社チームビルディングジャパンは、組織らしさや目指す姿を共有し、共にプログラムを構築するアプローチを採用しています。設立から15年以上の経験と500社以上の実績を持ち、満足度は93%以上です。

顧客からの肯定的な声も多く、研修後に新入社員間の絆が深まったり、職場でのコミュニケーションが改善されるなどの成果を挙げています。また、彼らのプログラムは、メンバーの多様性を受け入れる土壌作りにも効果的です。(詳細)

チームビルディング研修を成功させるコツ

チームビルディング研修を成功させるコツは、研修の目的と具体的な方法の明確化にあります。以下の要素を押さえることが大切です。

【コミュニケーション研修を実施】
異なる役職の社員間のすれ違いを防ぐため、コミュニケーションスキルを強化します。相手の立場や考え方を理解することで、チーム意識の向上に貢献します​​。

【研修の目的を明確にする】
研修の必要性を明確化し、受講者が内容を「自分ごと」として捉えることで、モチベーションと内容の定着を促進します​​。

【チームの一体感を育てる】メンバー間の強みや性格を理解し、適材適所の仕事振り分けや意見交換を促進することで、チーム力を向上させます​​。

【効果的な研修方法の選定】
OJT(実務を通じた研修)、Off-JT(業務外環境での研修)、eラーニング、グループディスカッションなど、状況に応じた効果的な研修方法を選びます​​。

【研修プログラムの効果を高める】
目的の明確化、集中を維持するための工夫、研修前後の準備とフォローアップを重視します​​。

これらのポイントを踏まえることで、チームビルディング研修の成功率を高め、組織全体の生産性向上に貢献することが可能です。

チームビルディング研修に関するよくある質問

チームビルディング研修についてよくある質問は、以下の3点です。

  • チームビルディング研修を実施する最適なタイミングはいつですか?
  • チームビルディング研修を実施する際の注意点はありますか?
  • チームビルディング研修を実施した後のフォローは必要ですか?
Q. チームビルディング研修を実施する最適なタイミングはいつですか?
チームビルディング研修は、基本的にいつ実施しても効果が期待できます。ただし、以下のタイミングであれば、とくに高い効果が得られます。

チーム立ち上げ時
新たな期がスタートするとき
新たなメンバーが入ったとき
ビジョンや方針が大きく変化したとき
上記のようなタイミングでは、チームメンバーのマインドやスキルをチェックし、最大限に力が発揮できる状態になっているのか確かめましょう。もしも不安定な状態だと推察されるのであれば、チームビルディング研修の実施をおすすめします。

Q. チームビルディング研修を実施する際の注意点はありますか?
チームビルディング研修を業績に活かすには、現実の目標とリンクさせることが重要です。したがって、研修の前後に必ず経営陣からビジョンや方向性をチームに落とし込みましょう。
Q. チームビルディング研修を実施した後のフォローは必要ですか?
定期的なフォローは必要です。チームビルディング研修によってマインドに変化が起きたとしても、期間が経過するごとに元の状態へ戻ってしまうことがあります。

また、小さなほころびから、チーム全体の関係性が変化してしまうことも。チームでの全体ミーティングや個別の面談を定期的に実施して、ベストな状態を維持しましょう。

まとめ

ビジネスの世界ではチームビルディング研修の重要性が高まっています。

効果的なチームビルディング研修は、社員間の信頼とコミュニケーションを強化し、組織全体の生産性を向上させる鍵となります。

この記事では、最適な研修会社を選ぶためのポイントと、失敗しない選び方を詳しく解説しました。また、おすすめのチームビルディング研修を提供する10社の特徴やサービス内容を比較し、それぞれの強みや対象階層を紹介しています。

効果的なチームビルディング研修をお探しでしたら、ぜひKeySessionにお問い合わせください。

おすすめのチームビルディング研修

チームビルディング研修

チームビルディングの必要性とチームビルディング研修での取り入れ方について認識を深め、働きやすい職場と業績向上を達成しましょう。


おすすめの記事