【係長・主任向け】監督職対象のフォロワーシップ研修

フォロワーシップ研修 管理職向け研修 部下育成研修 アンガーマネジメント研修 心理的安全性研修
現場リーダー 係長 主任 プレイングマネージャー

フォロワーシップ研修に関するよくある悩み

  • 新任の監督職のリーダーシップや指導力に課題を感じている
  • 現場リーダーが自主的に仕事をしてくれないと感じる
  • メンバーとどのようにコミュニケーションをとっていいかわからない
  • リーダーに抜擢されたがどのように振る舞えばよいかわからない

フォロワーシップ研修のゴール

  • 監督職としてのあるべき姿を理解し、自主的に行動できるようになる
  • メンバー同士のコミュニケーションを活性化する
  • 部下の指導でやってはいけないことと理想的な伝え方を理解する

研修内容

初めて部下をもった係長や主任などの監督職・現場リーダー向けの研修です。

管理職の下で、自身も動きながらチーム全体で目標達成を目指していく係長・主任の役割を理解し実際に業務に活かせるようなカリキュラムとなっています。

監督職の役割を理解したうえで、自ら組織全体のために動けるような意識、すなわちフォロワーシップを身につけていただきます。

また理解した役割を実践できるように以下のような具体的なスキルも定着を図る研修です。

・チーム内でコミュニケーションを増やしていくためのコツ
・感情的な指導を避けるためのアンガーマネジメント
・部下やメンバーに共感し相手の立場になって指導する方法

これまで同じ立場にいた部下相手に指示出しやリーダーシップの発揮をいきなりできるようになる人は多くありません。
現場とコミュニケーションすることの多い監督職だからこそ、部下一人ひとりにあったコミュニケーションスキルを身につけることに力を入れた研修です。

設立から3000社以上を支援してきた経験をもとに、現場リーダーの指導力を上げられる実践的なカリキュラムをご用意しました。

この研修が選ばれる理由

①監督職としての自分の能力が理解できるようになる
まずは監督職としてのスキルを測るテストを実施し、自身の現状が理解できるようにします。監督職としての自身の現状を正しく把握することで、危機感をもちモチベーション高く研修に臨めます。
②実践形式の繰り返しでフォロワーシップを定着させる
研修で学んだことを、実際に成果が出るまで実践できる人は4%程度しかいないといわれています。本研修ではワーク形式の研修を多数盛り込むことで、監督職が現場で自然に動けるようなフォロワーシップを身につけられるようなカリキュラムを組んでいます。
③チーム全体の生産性向上に貢献する
現場と管理職をつなぐ監督職が自身の役割を理解することで、チーム全体の生産性が向上します。部下に寄り添ったコミュニケーションを現場リーダーの監督職が身につけることで、チームの人間関係が改善し、チーム内のコミュニケーションが増加するというメリットもあります。

この研修について無料で相談してみる

研修カリキュラム DAY3 4時間(3日間(各回4時間×3回))
テーマ内容
DAY1 (4時間)
監督職実力診断テスト ・コミュニケーションレベルを図るパズルゲーム
監督職としての社会人基礎力・社会人基礎力を構成する3つの力
・前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力
・監督職としての責任・役割・必要な能力は何か
指導者自己チェックと目標設定・チェック表を用いた自己診断⇒研修内での目標設定
前に踏み出す力(洗い出し)・問題解決演習ケーススタディ
・自社問題解決演習をもとにした自身の課題洗い出し
前に踏み出す力(策定)・前に踏み出す力を構成する3つの能力
・主体性、働きかけ力、実行力を備えた目標と行動計画の策定
研修カリキュラム DAY2 4時間(3日間(各回4時間×3回))
テーマ内容
DAY1の復習・前回の復習⇒実践結果のシェア
心理的安全性・心理的安全性と仕事基準の度合いによる職場分析
・心理的安全性を高めるためのディスカッション
承認欲求理解と信頼関係構築・相手の価値観を認める多様性の受容
・深層心理に潜む承認欲求の理解
信頼関係構築を築く傾聴スキル・洞察察知の体質作りと傾聴力を鍛える
・ラポールスキルの体得
アンガーマネジメント ・適切な指導方法(行動にフォーカス・第一感情・How思考)
・部下を叱る時の前提と、やってはいけない声掛けや受け答え
部下指導(叱り方、褒め方)・ついしてしまうが最もやってはいけない部下指導
・フィードバックの褒めるべきポイントと手順
目標設定(学びをどう活かすか)・1ヶ月後の目標設定とその運用方法
研修カリキュラム DAY3 4時間(3日間(各回4時間×3回))
テーマ内容
DAY2の復習・前回の復習⇒実践結果のシェア
EQテスト感性指数と共感指数を測定するためのEQ(Emotional/ Empathy Quotient)検査
EQモチベーション管理・部下指導するためのアプローチ手法(リフレーミング)体得
・視点を切り替え、部下が自発的に行動ができる指導理解体得
・育成時のNGワードを学び、指導の注意すべき点を理解する
EQケーススタディ・感情ベースで「相手の立場になって考える」ケーススタディ
監督職としての人間力 ・自分史の作成から価値観と行動パターンを紐解く
・信念、価値観をもとにした我が志の策定
目標設定(学びをどう活かすか)・1ヶ月後の目標設定とその運用方法

実績

理念が浸透し組織目標も125%増加

研修規模60名
業界・業種オール電化、蓄電池
研修時の課題
・理念が形骸化していた
・管理職がプレーヤーの仕事しかしていなかった
・営業方法が属人化していた
研修内容
組織としてではなく個人個人が売上をつくるようなチーム体制であったことに課題を感じていた。
研修によってPDCAサイクルを用いた行動管理が定着。また、フィードバック力を管理職が身につけることで、チーム内で相互にリスペクトしあう文化が定着し、最終的には組織理念も浸透するように。

チームの結束力が向上し売上昨対比128%達成

研修規模
77名
業界・業種
太陽光発電
研修時の課題
・エースが抜けて業績が低迷した
・管理職がプレーヤーの仕事しかしない
・目標未達でも危機感が感じられない
研修内容
複数の事業を展開しており、部署間の意思が統一できていなかった。他部署の問題には関心がなく、チームとしてバラバラになっていた。
研修によって、フィードバックしあう習慣が定着。結果として他部署の課題も自分事として捉えられるようになり、組織として目標を達成する文化が定着。成績下位の営業が粗利を3倍にするなど、個人プレーではなく組織として売上を作れるように変化した。

社内でナレッジを共有する文化が定着しコロナ禍でも組織目標を達成

研修規模
70名
業界・業種
注文住宅・リフォーム
研修時の課題
・若手社員の離職が多い
・管理職の年齢が高く次期リーダーがいない
研修内容
新卒採用を進めるも、採用してもすぐ新卒が辞めることに課題を感じて研修を導入。
新卒が辞める一因として、新卒を教育する側の上司や管理職の教育ができていないことを研修内容で痛感。
上司や管理職も含めてフィードバック・育成力を高める研修を実施したことで、全社で目標を達成しようという雰囲気が醸成された。
浅井 隆志
この研修の監修者

浅井 隆志 - 株式会社PDCAの学校 代表取締役社長

高卒建具職人から現場監督で下積みをする。法人営業、不動産営業、注文住宅営業で経験を積み、営業統括ポジションにて、自社の採用、定着施策、教育、評価制度などを整備。営業戦略にも従事し会社をスケールさせる。

実績を元に営業戦略のコンサルタントとして33歳で起業。全国商工会議所で講演やセミナーを従事する傍ら、中小企業の経営者から社員教育の相談を数多くいただくことをきっかけに社員教育事業を発足させる。

開発した新入社員研修では2.2%の離職率を実現。コンサルティングではコロナ禍でも粗利を昨対比128%など目標達成指導のエキスパートとして一部上場大手から中小企業まで幅広く戦力化に貢献。現在では4法人を経営。

2010年3月に営業・マーケティングのコンサルタントとして創業。出版を期に講演、企業研修依頼が増え法人化。新卒を中心にした企業つくりで現在11期目。現在5社の法人経営。経営者ながらあくまでも現場主義にこだわり、企業研修や営業コンサルティングに従事。

導入費用

研修時間:3日間(各回4時間×3回)※企業によって調整可能
費用:40万円~

お気に入りに追加

お問い合わせ

目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します
【 助成金活用実績多数あり 】

PDCAの学校は研修の助成金申請に関するご相談もできます

お問い合わせ


問い合わせ

研修の導入・研修のカスタム・お見積りなど、
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

表示している研修プラン

株式会社PDCAの学校の研修プラン

豊富なノウハウに裏打ちされた現場マネジメント研修
チームビルディング研修
【新入社員向け】ロジカルシンキング研修
ロジカルシンキング研修
【係長・主任向け】監督職対象のフォロワーシップ研修
フォロワーシップ研修
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
株式会社モチベーション&コミュニケーション
株式会社PDCAの学校
株式会社ノビテク
株式会社ビジネスプラスサポート
株式会社かんき出版
一般社団法人全日本SEO協会
株式会社J-グローバル
プロセスマイニング・イニシアティブ
亀山温泉リトリート
ホリスティックサポート
合同会社WaReKaRa
株式会社NATURE
サミット人材開発株式会社
クロスメディアグループ株式会社
Work Life Brand
旭コンサルティング
有限会社ケー・ウィッシュ
株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所
株式会社グッドワークス
合同会社MAREMI
マーケティングアイズ株式会社
合同会社Symbi​
目的や課題をヒアリングして、最適な研修を紹介します