PDCA研修 研修プラン

【ゲームカンパニーX】ゲームメソッドを活用した ベーストレーニング研修

● 総合的なビジネスマナーを体得
● PDCAとタイムマネジメントの習得
● ビジネスコミュニケーションの習得

2022年度 ビジネススキル研修~新人営業職編~

社内外のコミュニ ケーションスキルを磨き業務の効率アップ
適切な提案の流れプレゼンスキルを習得し業績アップ
信頼関係構築力が上がり離職率が大幅に改善
他社交流で現実を理解し仕事への甘えがなくなる
PDCFAサイクルの実施により成長意欲のモチベーションを持続

サービス業の現場リーダーの為の現場マネジメント力向上研修

リーダーが、机上の空論ではなくサービス業ならではの現場で生かせるマネジメント手法を実践型で学ぶ研修です

目標を再設定して成長を促進させるフォローアップ研修

● 目標と行動計画を明確にすることで行動量の質を改善
● やるべきことを明確にしモチベーションと行動量を超UP
● 仕事の基本であるPDCAを再履修し成長スピード向上

【 “新”仕事の進め方】オンライン版ビジネスゲーム型研修

● 様々な環境(リモート含む)でも仕事を進めていくスキルの習得
● 自ら積極的に周囲に働きかけ、行動を起こせる「自律性」を高める
● 個人の特性データを参考に、より良い配属や今後の育成を行える

座学よりも体験を重視した実践型の新卒研修

● 実践をメインとし、ビジネスシーンで必要なコミュニケーションのスキルを身につける
● 相手を思いやる心を前提としたマナーを実践形式で身につける
● 自ら考えて行動するモチベーションを習得する

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修

●ビジネススキル、マインドを体感し理解できる
●時間管理、G-PDCAサイクルが理解できる
●それぞれの役割に応じた期待(役割期待)があることを理解できる

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なPDCA研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのPDCA研修対応しています。

コロナ禍でのPDCA研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

本記事では以下の点について解説します。

● PDCA研修の目的
● おすすめPDCA研修プラン
● PDCAサイクルを研修で学ぶべき理由

KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

PDCA研修の目的とは?

PDCAサイクル解説図
PDCA研修で学ぶことの目的は、大きく分けて5つあります。

● PDCAサイクルというフレームワークを正しく理解する
● 具体的なPDCAサイクルの回し方を理解する
● あらゆる場面においてPDCAサイクルを活用して成果につなげる
● PDCAの活用について他の社員に伝播できる
● より実践的にPDCAサイクルの活用方法を学習する

PDCAサイクルは有名なフレームワークであり、ほとんどの人は見聞きしたことがあるはずです。
言葉にすれば簡単なPDCAサイクルですが、業務や仕事において落とし込むのは簡単ではありません。

そもそもその仕組みや狙いを学習すること自体、個人や企業レベルでは難しい部分があります。
特に個人学習でPDCAサイクルを深く理解して実践できる人材はほとんどいません。

しかしPDCA研修では、社員に対して一斉に適切なナレッジを習得させることが可能です。
また独学のような無理はなく、順序を追って丁寧にレクチャーされるので、PDCAサイクルをしっかりとマスターできます。
PDCAサイクルは、正しく習得すれば間違いなく役立つものです。
そのうえでPDCA研修ほど役立つ学びの機会はありません。

PDCA研修のラインナップ

PDCAサイクルは非常に有名なフレームワークであり、それを取り扱う研修の数も相当なものです。
選択肢が多いのはよいことなのですが、これだけ数が多いと選定も困難になります。
選定に迷うのであれば、以下のカリキュラム・研修会社がおすすめです。

ビジネススキル研修~新人営業職編~「株式会社PDCAの学校

株式会社PDCAの学校では、新人営業職を対象としたPDCAサイクル研修を提供しています。
同研修の目的は以下のとおりです。

● 取引先・社内問わず円滑なコミュニケーションを実施する
● 適切なフローのプレゼンテーションで売り上げを向上させる
● 信頼関係を作り出し、離職率を改善する
● 他社とのつながりを作り出し、仕事に対する甘えをなくす
● PDCAサイクルによるモチベーションの維持
● 営業・社会人としての顧客対応を知る
● 営業・業務効率向上におけるPDCAサイクルの活用方法を知る
● 合意形成・折衝などの交渉力向上
● 顧客に「動機付け」を与えてコンバージョンするスキルを身につける
● 説得力や営業テクニックを身につける
● プレゼンテーションやマーケティングのスキルを身につける

つまりPDCAサイクルを用いつつ、学習し新入営業社員をスピーディーに戦力化するのがポイントです。
充実したカリキュラムを、月2回のペースで少しずつ進めていきます。

同研修はカリキュラムとしての完成度が高く、また経験豊富な専属講師が担当することで評価されています。
株式会社PDCAの学校自体の評判がよいのも特徴です。
同社はセールスマン向けの研修を多数展開しています。
上場企業を相手にも研修を開催した、実力と知名度を兼ね備えた研修会社です。

内容の充実度や新人営業を即座に戦力化できる点は特に魅力的で、受講先として有力な候補となります。
株式会社PDCAの学校
2022年度 ビジネススキル研修~新人営業職編~ - 株式会社PDCAの学校

一般的な「詰め込み型研修」ではなく「すり込み型」の学び取るプログラムで、 ビジネスに不可欠なスキルをしっかりと体得できます。本研修は1社1名様 からご参加できるオー プン合同型です。


研修プランを表示

【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修|「株式会社ノビテク」

株式会社ノビテクの「シゴト体験ビジネスゲーム型研修」は、「架空のおもちゃ会社”TOY COMPANY”に入社するシミュレーションゲーム」という研修カリキュラムです。
3年間の経営シミュレーションを実施し、グループごとで売り上げを競います。

ゲームは経営の本質に即して設計されており、予算管理や品質改善、コミュニケーションなど、あらゆるスキルのレベルを問われます。
ゲームはバンダイナムコゲームスが設計しているもので、完成度が高く没入することが可能です。

ゲームを攻略するポイントは、PDCAサイクルの理解です。
ゲーム中には順調に進行していたはずの経営が危ぶまれるようなイベントが仕掛けとして起こります。
その仕掛けを乗り越えて対策し、次のステップへ進むことで、PDCAサイクルを自然と活用できるようになります。

またPDCAサイクルのみならず、さまざまなスキルを身につけられるのも魅力です。
ゲーム中は、実際に起こりうるトラブルや葛藤が起こります。
また同じグループ同士で協力することで、連携の重要性や業務フローの全体像を把握することが可能です。

PDCAサイクルとともに「仕事」や「ビジネス」の本質を見極めたい人にとって、たいへんすぐれたカリキュラムです。

主催者である株式会社ノビテクは、上記のようなゲーム感覚で学べる研修から、ソリッドなビジネスパーソン向け研修まで、幅広いカリキュラムを展開する企業です。
のべ100社以上に研修を実施し、カリキュラム数は5,000を超えています。
株式会社ノビテク
【しごとっち】シゴト体験ビジネスゲーム型研修 - 株式会社ノビテク

架空の会社に入社し、社員になりきって仕事を体感することで、さまざまな気づきが得られるビジネスゲームです。ゲームメソッドの「思わず夢中になる仕組み」を活用し、演習を繰り返し行うことで、現場で実践できるビジネススキル・マインドの定着を図ります。


研修プランを表示

サービス業の現場リーダーの為の現場マネジメント力向上研修「ザ・ホスピタリティチーム株式会社」

ザ・ホスピタリティチーム株式会社が主催する現場マネジメント力向上研修は、サービス業で管理職や店長、プレイングマネージャーといった立場にいる方に特化した研修です。現場をマネジメントする立場にとって必要なホスピタリティを中心に、部下育成の方法や組織力向上、付加価値の高いサービスの作り方などを学べます。研修は3時間コースと6時間コースから選ぶことができます。

現場を率いる立場にとって、PDCAを実践して成果を高めることはとても大切です。売上や利益率といった経営目標に対し、現場のスタッフがどのような対応をすれば良いのかは、実践してみないとわからないからです。目標を達成するために現場でできることを洗い出し、現場のスタッフに説明してみんなで実行し、効果を振り返って次の行動につなげなければなりません。この一連の流れこそPDCAであり、現場のマネジメントに重要なスキルです。

ザ・ホスピタリティチーム株式会社は、サービス業を専門に現場教育を行う研修会社です。サービス業の大きな課題をホスピタリティ経営と位置づけ、顧客満足を高めるだけでなく、従業員満足を高めて働きやすく離職率の低い会社づくりに貢献しています。
ザ・ホスピタリティチーム株式会社
サービス業の現場リーダーの為の現場マネジメント力向上研修 - ザ・ホスピタリティチーム株式会社

サービス業のマネジメントに重要なのは、如何にスタッフがこの仕事にやりがいを持ち、主体性を持ち、高いモチベーションでお客様に良いサービスを提供する環境をつくることです。それが売上、定着率、生産性の最大化に繋がります。この現場リーダーマネジメント向上研修は、プレイングマネージャーとして負担の多い現場リーダーが現場で生かせるマネジメント手法を実践型で学ぶ研修です。


研修プランを表示

あらゆる研修内容をラインナップ|「株式会社インソース」

株式会社インソースは、PDCAサイクルについて学べる研修を多数ラインナップしています。
いずれもPDCAサイクルの理解にはじまり、具体的なアクションへつなげる局面までをサポートしています。
そしてカリキュラムによってPDCAサイクルの活用方法を、さまざま提供しているのが特徴です。

たとえば以下のようなカリキュラムが用意されています。

● 【若手向け】仕事の進め方研修〜PDCAを強化する
● 新人フォロー研修〜PDCAで仕事の効率アップ編
● 経営層研修 PDCAと稼ぐ力
● 店長向け研修 PDCA力強化プログラム編
● リーダーシップ研修 〜PDCAサイクル徹底活用編

各カリキュラムの違いを把握し、適切なものをチョイスしましょう。
より自社の状況に合った研修を受けられるのが、同社の特徴です。

株式会社インソースは、研修業界においてもっとも有名な団体です。
これまでの研修実績は非常に豊富で、多くの企業から求められています。
受講人数は年間60万人近いことから、その人気ぶりがうかがえます。
PDCA研修を検討している場合、受講先として有力な候補です。
他にもさまざまな研修カリキュラムを用意しているので、自社にフィットするものがないか確認するのがおすすめです。
株式会社インソース
株式会社インソース

企業における課題を「研修」と「IT」の力でサポートし、生産性向上に貢献いたします。

全国3万2千組織以上との取引がある、東証一部上場の社会人教育企業です。お客さまの「組織」と「個」の人事課題を解決するためにおこなっている、新入社員から中堅・管理職までの社員研修、教育管理システム・LMS、DX人材育成、オンライン研修を紹介します。


新入社員PDCA研修【効率的な仕事の進め方】|「株式会社リカレント」

株式会社リカレントでは、新卒ないし第二新卒向けのPDCA研修を提供しています。
ある程度仕事に慣れてきたフレッシュな人材に、より効率的な業務遂行スキルを学習させるのが目的です。
またPDCAサイクルを高いレベルで習得し、継続的に活躍できる存在であることも目指します。

カリキュラムの内容はおおむね以下のとおりです。

● 目標を達成できる人と、できない人の違い
● PDCAサイクルへの理解
● 成果へつなげるための「PD」
● 成果をつなげるための「CA」
● PDCAサイクルの実践
● PDCAサイクルを習慣にする

PDCAサイクルの基本をおさえつつ、若手でも効率的に業務を遂行できるようなカリキュラムになっています。
難易度はさほど高くなく、新卒社員でも問題なくついていけるように配慮されています。

株式会社リカレントは、研修業界において大手と言える存在です。
とにかく研修における実績が豊富なのが特徴で、あらゆる大企業を相手に研修を提供しています。
たとえばYahoo!やマイナビ、あるいはSoftBankなどが、株式会社リカレントの研修を受けています。
株式会社リカレント
株式会社リカレント

人材育成の便利な道具となり、企業に「もっと研修を」

個々人のできることを増やし、よりよい人生を送っていただくための研修を紹介します。


ベーシックな内容を学習できるPDCA研修|「SMBCコンサルティング株式会社」

SMBCコンサルティング株式会社では、比較的ベーシックなPDCA研修を提供しています。
同研修が目指すポイントは3つです。

● PDCAサイクルの大切さを理解する
● 具体的に実践し、業務を効率的に進める
● PDCAサイクルを用いた目標達成を図る

無駄な主観や思想が入っておらず、あらゆる企業にフィットするのがポイントです。
またあらゆるポジションは職歴、職位を持つ人が参加できるように配慮されています。

具体的なカリキュラムは以下のとおりです。

● 職場で求められるPDCAサイクル
● Planのポイント:スケジューリングとプランニング
● Doのポイント:段取りと優先順位
● Checkのポイント:チェックの重要性と着眼点
● Actionのポイント:改善につなげる方法
● PDCAの習慣化するためのアクションプラン作成

SMBCコンサルティング株式会社は、SMBCグループ傘下にある研修会社で、そのブランド力や実績にはかなり信頼感が感じられます。
また上記以外にもキャリアやポジションに応じた幅広い研修プランを用意しています。
SMBCコンサルティング株式会社
SMBCコンサルティング株式会社

社員研修を通じて、強い組織作りをお約束します

実績豊富で実力ある講師ネットワークにより、東京・大阪地区を中心にあらゆる企業様のご要望にお応えする効果的な研修を紹介します。


上司に依存せず能動的に働く|「アチーブメントHRソリューションズ株式会社」

アチーブメントHRソリューションズ株式会社のPDCA研修は、以下を目的としたカリキュラムです。

● 上司に依存せず、能動的に働くマインドを獲得する
● ワークを通じてPDCAサイクルが回らない問題を解消する
● ワークフォローアップを活用してPDCAサイクルを習慣にする

企業にとって、社員が能動的かそうでないかは重要なポイントです。
特に「指示待ち」や「受け身」では、作業効率が上がらず、また本人の成長も望めません。
しかしPDCAサイクルを学ぶことで、自ら動き出すメンタリティとPDCAサイクルによる高い生産性を確保できます。

具体的なカリキュラムは以下のとおりです。

● 研修の意義と目的、現状の再確認
● 「ブラインドワーク」の体験
● 自主自立のマインドとその特徴
● 目的目標の明確化
● 会社の期待と自らの願望を観察する
● PDCAサイクルの基本
● PDCAサイクルの重要性と役割
● 各パートの重要性とポイント
● PDCAの習慣化
● ワークブックの活用方法

PDCAサイクルはもちろん、「自主自立」という点に重きを置いているのが特徴です。
社員の自主性に課題を感じている場合は、有力な選択肢となります。

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、ビジネスに関連した研修やセミナーを多数リリースする企業です。これまで「株式会社ブリヂストン」や「富士通JAPAN株式会社」など、名だたる大企業に対して研修を実施した実績があります。
アチーブメントHRソリューションズ株式会社
アチーブメントHRソリューションズ株式会社

参加者が学びを体得し、現場で成果を出すこと

やりっぱなしの社員研修ではなく、学びの体得と現場での実践にこだわった研修を紹介します。 「参加者が学びを体得し、現場で成果を出すこと」を目的に、成果の出る社員研修です。


【管理職向け】PDCAの廻し方|「株式会社ラーニングエージェンシー」

株式会社ラーニングエージェンシーでは、管理職向けのPDCA研修を提供しています。
本研修の目的は以下3つです。

● PDCAが廻らない理由を理解する
● 管理職としての心構えや業務の進め方を見直す
● 管理職になる前に、PDCAサイクルを学んでおく

管理職を対象としたカリキュラムは数が少なく、貴重な研修機会です。
マネジメント能力が求められるポジションでは、自身だけでなく組織全体をPDCAサイクルで制御し、成果を残す必要があります。
そのために必要な知識を、本研修で学ぶことが可能です。

カリキュラムはおおむね以下のとおりです。

● 現状におけるPDCAサイクルの状態
● PDCAの各要素分析
● PDCAサイクルを廻す仕組み作り
● PDCAサイクルを廻す技術の習得
● PDCAサイクルを廻すためのアクションプラン提示

知識としてのPDCAではなく、実際にサイクルを回して、自身と担当分野の生産性を高めるところまでフォローしています。

株式会社ラーニングエージェンシーは研修や人材育成、学習アプリなどを取り扱うビジネス教育会社です。
これまで「東急住宅リース」や「東京メトロ都市開発」など大企業に研修を提供しています。
株式会社ラーニングエージェンシー
株式会社ラーニングエージェンシー

業界初の定額制ビジネス研修をはじめ、人と組織の学びを全方位的にご支援します

13,000社に及ぶ企業研修・人材育成に携わった経験豊富な専門家による手厚いサポートと、業界初の定額制社員研修をはじめ、モバイルラーニングなど様々な育成サービスを紹介します。


PDCA研修のカリキュラムと演習内容

続いて、PDCA研修のカリキュラムと具体的な演習内容について解説します。




主要なテーマ 学習内容
PDCAサイクルの概論 ビジネスにおけるPDCAサイクル

PDCAの重要性

現状把握と原因の分析

スケジューリングとスクリーニング

PDCAサイクルにおける成功例
PDCAサイクルの仕組み PLAN:逆算・仮説検証

DO:行動・素早い着手

CHECK:目標の定量化、KPIマネジメント

ACTION:改善の考え方
PDCAサイクルを活用するヒント 問題点の洗い出し

具体的な手順の明確化

優先順位の判断
PDCAサイクルの習慣化 目標の再設定

アクションプランの提出

基本的にPDCAの全体像を座学で把握し、後半で具体的なアクションを起こすというのが基本線となります。
もちろんこれは一般的なカリキュラム内容の目安であり、研修団体によって異なる部分があります。

PDCAサイクルは重要なポイント!研修で学ぶべきメリットは?

PDCAサイクルを研修で学ぶべきメリットは、大きく分けて3つあります。

● PDCAサイクル自体が非常に強力なフレームワークである
● ユニークなゲームやテーマで演習を勧められる
● 研修の場合PDCAは非常にわかりやすく解説される

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

PDCAサイクル自体が非常に強力なフレームワークである

大前提として、PDCAサイクルは非常に強力なフレームワークであり、これを学習できるのは大きなメリットです。
特に「サイクル」の形をなしているのが重要で、一度確立してしまえば継続的に業務や品質を改善できます。
正しく理解しておけば、他社と比較した際、大きな差別化のポイントとなります。

ユニークなゲームやテーマで演習を勧められる

PDCA研修では、ユニークなゲームやテーマで演習を進められます。
といっても、これは遊びやレクリエーションの類ではありません。
PDCAは古くから研究されたフレームワークで、あらゆる学習方法が考案されています。
楽しみながら、それでいて確実にマスターできる手法が構築されているのです。
研修は、その方法においてより効率的かつ前向きにPDCAを理解できるチャンスだと言えます。

PDCAが非常にわかりやすく解説される

研修ではPDCAサイクルがわかりやすく解説されます。
ほとんどの研修がカリキュラムの冒頭に「PDCAの定義」を盛り込んでいるので、問題はありません。
さらにその後も実践と演習をとおして理解を深められます。

PDCAはシンプルでありながら奥が深いフレームワークです。
PDCA研修はそれをもっともわかりやすく正確に理解できる貴重な機会です。

⇒営業戦略において取り入れるべきフレームワークと活用方法はこちらから

PDCA研修終了後に得られる変化とスキルアップについて

PDCA研修終了後、以下のような変化とスキルアップが期待できます。

● PDCAサイクルを正確に理解できる
● 各フレーズにおける目的や意味、具体的なアクションを実行できる
● PDCAサイクルを業務に落とし込める
● PDCAサイクルの理解により、作業分解や優先順位づけなどを適切に実施できる
● 本人がプロジェクトリーダーなどを務めている場合は、プロジェクト自体がPDCAによって進行する
● PDCAサイクルの重要性や活用方法を他の社員に伝えられる 

上記のとおり、PDCAサイクルの活用と習得についてじゅうぶん期待できます。
また、参加者のモチベーションの向上や異なるフレームワークへの興味が引き出され、より能動的に成長しようとする意識が醸成されます。

PDCA研修に関するよくある質問QandA

ここまでPDCA研修について詳しく解説しました。
最後によくある質問についてQandAの形式で回答します。

PDCAの需要性をより強く認識させるには?
費用感はどれくらい?
e-ラーニングで受講できるか?

PDCA研修に関する不安を解消したうえで受講しましょう。

PDCAサイクルの重要性をより強く認識させるには?

PDCAサイクルは非常に重要なフレームワークです。
それを実践したことがある人は、「研修で学ばせる価値がある」と判断します。
そしてまだPDCAサイクルを知らない社員にも、それが重要であるか認識させなければいけません。

できれば研修前の段階で、PDCAサイクルがどのようなフレームワークか理解させておきましょう。
合わせて簡単なケーススタディを用いて解説しておけば、重要性について意識するはずです。

その後もPDCA研修について何を学んだか振り返りをさせるなどして、意識させましょう。
PDCAが単なる知識や情報ではなく、重要なフレームワークであることを理解させることが大切です。

費用感はどれくらい?

PDCA研修にかかる費用は1人あたり20,000円程度と考えましょう。
もちろんカリキュラムによって多少変動する部分はありますが、相場から大きく外れる小tは、あまりありません。
ただしカリキュラムをカスタマイズした場合、追加費用がかかることもあります。
コスト面で懸念があれば、事前に設定しているカリキュラムを受講しましょう。
無理にカスタマイズしなくとも、優秀な研修会社であれば、ベーシックな内容でも十分な学びを得ることが可能です。

e-ラーニングで受講できるか?

PDCA研修の中には、e-ラーニングで受講できるものもあります。
またオンライン講義などに対応しているケースもあります。
どのような形での研修に対応しているか、事前に確認しておきましょう。

PDCAサイクルを新入社員に自力で学ばせることは可能か?

PDCAサイクルを新入社員に自力で学習させるのはほぼ不可能です。
PDCAは抽象度が高いフレームワークで、実戦へ落とし込むにはかなり時間がかかります。
そこまで個人の努力で学び続けられるかは疑問が残るところです。

やはり無理はさせず、PDCAサイクルについて研修を受けさせたほうが合理的です。
独学させた場合間違えた理解をされると困りますが、研修であればそういったトラブルはたいていは避けられます。

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なPDCA研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのPDCA研修対応しています。

コロナ禍でのPDCA研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

PDCA研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なPDCA研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのPDCA研修対応しています。

コロナ禍でのPDCA研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。