KeySession研修コーディネーター 福多
この記事の監修者
KeySession研修コーディネーター 福多 - 課題から最適な人材育成企業をご紹介します。

アパレル企業で店長職を経験し、人材育成の難しさを痛感する。2016年より人材育成研修/セミナーの集客支援を行う。 2019年からは経営者や人事担当者のお話を伺いながら、講演会の主催や連続講座の主催を行い、心理学、コーチングを学習中。

コーチングとは

コーチングとは、指導対象者が持つ課題を、自分自身で気づき課題解決に向けた行動を自発的にできるようにサポートする手法です。指導対象者の能力を最大限に発揮できるように支援するコミュニケーション技術でもあります。

個人の目標を具体化し、目標達成を促すことが目的で、セルフマネジメントとしても活用できます。

コーチングとティーチングとの違い


よくティーチングと混同してしまう場合があるのですが、まったく違います。

ティーチングは、ティーチャーとなる人(学校の先生、上司、先輩など)が経験に基づき指導します。場合によっては指示をすることもあります。

それに対してコーチングは、コーチと呼ばれる人が指導対象者自身が現在の状態を理解し、理想の状態に向かえるようサポートします。場合によっては指導対象者の精神的な支えとなることもあります。

コーチングには、『答えはその人の中にある』という考えが基本にありますので、コーチが成功に導くことはしません。あくまでも指導対象者が自分自身で答えを見つけるところが特徴です。

コーチングをおこなう人のことをコーチやプロコーチと言い、コーチ資格を取得しています。

効果的な指導コー​​チは、信頼と相互尊重に基づいた関係を構築し、判断を下すのではなく、内省的で探求志向のフィードバックを提供する、思考パートナーとしての役割を果たします。
《出典》 WHAT IS AN INSTRUCTIONAL COACH? - University of Wisconsin–Madison


企業が抱える課題

・人材育成に取り組んでいるが、思うような効果を得られない
・業務上で複雑な課題に直面したとき、解決策を模索する前に諦めてしまう社員が多い
・部下のモチベーション管理を上手に行えない
・リーダーとしての振る舞い方、メンバーとの適切な関わり方がわからない
・指示待ちではなく自ら考えて行動できるメンバーの組織をつくりたい


研修の目的

コーチング研修は、以下の目的を達成するために行います。

指導者としてのコミュニケーションスキルの向上


「指導者として部下にどのように接するか?」ということは、非常に重要な問題です。同じチームで働く以上、お互いに不満を抱えたり、別のメンバー同士で衝突したりすることもあります。そうした問題が続くと、仕事に対する部下のモチベーション低下は避けられません。チームとして業務を進めていくために部下と正しいコミュニケーションを行い、状況に応じた適切な対処をするのは指導者の役割です。対処するにあたっては、相手のことを正しく理解しておくことが必要です。相手の考えや状況をしっかり把握し理解を示すことで、それぞれの問題に関する適切なアドバイスができるようになります。

部下の能力や可能性を引き出し成長を促す


仕事において重要なことは「自ら考えて行動していく」という点です。目の前の仕事に対するPDCAサイクルを回し、その結果を基に「次の仕事はどのように取り組むべきか?」を考えることで成長します。そのため、指導者から指示された仕事に漠然と取り組んでも、部下の成長にはつながりません。大切なのは、部下のやる気を引き出すことで積極的に仕事に取り組むようになってもらうことです。積極性が生まれることで部下自身の成長につながるのです。コーチングでは、部下自身が自分の可能性に気付けるようにし、それを仕事で活かしてもらうことで成長を促します。

管理型から自律型組織へ


従来の「管理型組織」では、上層部から降りてくる指示を基に仕事をこなすというのが一般的でした。しかしこれでは、上層部の考え方が組織の考え方になってしまい、決定権もひとつに集中してしまうので変化は少ないです。こうした組織は、あらゆる情報やモノが目まぐるしく変わる現代では生き延びられません。

そこで求められているのが「自立型組織」です。自立型組織では、組織の目標を共有したら、あとは個々人が主体となって動くことができます。こうした組織だと、あらゆる状況にも対応しやすく、変化できるスピードが早いです。コーチングスキルを身につけ、社員それぞれが自発的に行動できることで、この自立型組織への一歩を踏み出せます。

ビジネス分野での競争は激しくなっており、IBM、Hewlett Packard、MCI などの成功した組織は、競争力を維持するために従業員の継続的なコーチングを実施しています。
《出典》 職場でのコーチングの重要性とその方法 - Quantic School of Business and Technology


研修のカリキュラム例


● 対象者
・部下や後輩の指導に悩みを抱える社員
・将来的に指導係として活躍が期待される社員
● 目指すゴール
1.コーチングの重要性について理解する
2.コーチングの基本的なノウハウが身につく
3.部下・後輩の指導方法改善のきっかけになる

コーチング研修カリキュラム例
◆コーチングはなぜ重要なのか ・コーチングとティーチングの違い
・コーチングが人材育成に与えるメリット
・コーチングでやってはいけないこと
◆コーチングの基本スキル:傾聴・質問・承認 ・コーチング実施前に目標を明確にしておく
・傾聴、質問、承認それぞれのポイント
・部下が対話に応じない場合はどうする?
    
◆コーチング実施時に心がけること ・話しやすい雰囲気づくりで大事なこと
・メッセージの発し方で大事なこと
・コーチング実施後のフォローアップで大事なこと
    
◆ロールプレイング ・「傾聴」の実践
・「質問」の実践
・「承認」の実践
・それぞれの実践から考えたことを共有
    
◆まとめ ・研修での学びの整理
・今後の人材育成での方針を決める
    

研修ラインナップ


コーチングは自己実現をサポートする手法としてとても効果的で、ビジネスの分野では注目度が高いです。個々の能力開発を積極的におこなうことで、魅力ある社員が増え、企業評価の向上につながります。
コーチングの効果は短時間では出にくいのですが、適切に活用すると確実に成果が出ます。コーチング研修を導入していきましょう。

「決めては質問力!部下の成長を促すコーチングスキルが身につく研修」株式会社ノビテク

このコーチング研修は、管理職・営業マネージャークラスを対象にしています。コーチングの基本である「傾聴・質問・承認」などの手法を学び、ワークを通じて短期間でインプットからアウトプットまでの流れを体験できます。クローズド質問などの具体的な基本スキルが身に付くため、次の仕事から活かすことが可能です。

株式会社ノビテクは、業界では初めて研修にゲームメソッドを取り入れたり、日本最大規模の研修実施プロジェクトを成功させたりするなど、実績豊富な研修会社です。述べ受講人数は3,000人にものぼります。 「仕事が楽しめる人を一人でも多く増やす」という理念を掲げ、事業展開をしています。研修の種類は「各分野ごと」「社員の階層別」「会社の課題別」というように幅広く分類されているため、会社が抱えるあらゆる悩みに対応できます。また、用意された研修をそのまま受講するだけでなく、自社の型に合わせたカスタマイズが可能です。

株式会社ノビテク
部下の成長を促進させるコーチング研修 - 株式会社ノビテク

部下の成長支援の強化を目的にした研修です。コミュニケーションスキルに特化し、コーチングの基本的手法を習得します。


研修プランを表示


「やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修」株式会社モチベーション&コミュニケーション

この研修では、仕事をする上で大切な「モチベーションを自然と継続させるためには?」ということを学べます。この考え方は、階級問わずすべてのビジネスパーソンに必要です。研修終了後のフォローアップ体制も万全。受講生との面談やメール相談の場を設けているため、仕事の中で改善しつつ実際に活用できます。

50種類もの研修を年間2,000回行っており、そのわかりやすさは折り紙付。これまでの受講者数は30,000人を超えており、満足度は90%以上を誇ります。

株式会社モチベーション&コミュニケーションは会社のコミュニケーションに関する課題を特化して解決している研修会社です。従来の単一的な指導方法で形式的にモチベーションアップを図るのではなく、社員が「心から湧き上がるモチベーション」を手に入れることを目的としています。47都道府県にまんべんなく講師が在籍しているため、全国どこでもハイレベルな指導を受けられます。

もうモチベーションで悩まない!全ビジネスパーソン向けの研修です。

株式会社モチベーション&コミュニケーション
やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修 - 株式会社モチベーション&コミュニケーション

感情にアプローチすることで“やる気”を無理やり出すのではなく、自動継続・創造していくモチベーションアップ研修です。 社員一人ひとりが心の底からワクワクして、イキイキと楽しく働ける環境を自らつくるスキルを解説していきます。


研修プランを表示

「外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修」株式会社J−グローバル

マネージャーが日本と海外のビジネス文化や働き方の違いを理解していなければ、外国人スタッフとの間にさまざまな誤解やトラブルが起こることになります。せっかくコストをかけて教育した外国人が離職してしまうのは、日本特有の職場文化や考え方を外国人スタッフにも通用すると勘違いしているからです。

本研修では日本人と外国人スタッフがチームワークを発揮し、モチベーション高く働ける職場環境づくりを学びます。

ロールプレイなどで実際に行ったフィードバックはそのまま現場で使えます。また、マインドセットから学べるため、研修終了後には「自信を持って外国人スタッフと関われる」と高い評価を得ています。背景、文化、働き方の違いを理解することで、適切な指導方法がわかるのです。 

株式会社J-グローバルにはさまざまな国籍の講師が在籍しています。赴任先が決まっている場合は、その国籍もしくはその国に詳しい講師が文化の特徴を説明しながら研修を実施します。そのため、細かいニュアンスの質問にも詳しくお答えできるのが強みです。特定の国籍の部下へのフィードバック、そして将来のグローバル化を見越した研修も行うことが可能です。

株式会社J-グローバル
外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修 - 株式会社J-グローバル

外国人スタッフに、日本型のチームワーク重視の働き方を理解してもらいながら、彼らをサポートし、モチベーションを高めてもらうための「コーチング型マネジメントスキル」を学びます。


研修プランを表示

「部下のパフォーマンス向上のためのコーチング研修」株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング

株式会社ピープルフォーカズ・コンサルティングのコーチング研修は、部下や同僚との会話の質を高め、パフォーマンス向上や能力開発を加速させることを目標としています。育成責任のあるマネージャーやチームリーダーにオススメの研修です。
対面研修とオンライン研修に対応しており、それぞれ2日間のスケジュールが組まれています。ペアワーク・ロールプレイ・少人数でのディスカッションなどが組み込まれています。

研修を主催しているピープルフォーカス・コンサルティングは、20年以上の実績をもつ研修業者です。ファシリテーションを重視した研修プログラムを企画・開発し、チームに変化をもたらし続けています。

部下のパフォーマンス向上のためのコーチング研修

「部下のやる気を引き出すコーチング研修」株式会社コンクレティオ

株式会社コンクレティオの「部下のやる気を引き出すコーチング研修」は、介護や看護職の担当者を対象とした研修プログラムです。部下への叱り方がわからない方や面倒を見る余裕がないと感じている方を対象としています。コーチング理論に基づいた指導法を学べるため、部下の力を内側から引き出せるようになります。

株式会社コンクレティオは、医療や介護に特化した研修会社です。コレクティオの研修は事務所に合わせた実践的なプログラム作りに定評があり、利用者の満足度は98%を誇っています。課題や階層に合わせて研修プログラムが組まれているため、即効性のある研修プログラムを実施できます。

部下のやる気を引き出すコーチング研修

「メンバーの可能性を最大限に引き出すコーチング」日本プロジェクトソリューションズ株式会社

日本プロジェクトソリューションズ株式会社のコーチング研修には、以下の4つの特徴があります。
・プロコーチによる実践的な内容
・コーチをする側と受ける側の両方の成長を目指したコミュニケーションスキルの習得
・実践につながるツールの提供
・オンライン研修対応
コーチング研修により、受講者がポイントをつかみ、チーム内での質の高いコミュニケーションを身につけられます。

研修を主催しているJPSカレッジは、創業以来8,000名の研修受講実績をもっている研修業者です。「視座を高める」「視座を広げる」ことを重要課題として掲げています。プロジェクトマネジメントのスペシャリストが集う研修業者だからこそ、働き方やマネジメントの質を高める力に長けています。

メンバーの可能性を最大限に引き出すコーチング研修

「管理職、リーダー向けコーチング研修」株式会社ハート・ラボ・ジャパン

株式会社ハート・ラボ・ジャパンの「管理職、リーダー向けコーチング研修」は、部下やチーム内のメンバーのやる気を引き出すコーチングの技術やマインドを学べる研修プログラムです。コーチングの基本から、傾聴などの基本的なスキル、木法達成のフレームワークなどがカリキュラムとして組まれています。1日間の研修で、人の多様性を理解して、チームを目標達成に導く力を習得できます。

運営者の株式会社ハート・ラボ・ジャパンは、熊本県に拠点をもつ研修会社です。物事を論理的に分かりやすく伝えることに定評があります。コーチングの専門知識や豊富な知識を活かして、受講者が自分自身の才能を強みとして活かす仕組みヅクリをサポートしています。

管理職、リーダー向けコーチング研修

「【オンライン】コーチング研修」HIPSTERGATE

HIPSTERGATEのコーチング研修は、以下のコーチングスキルを身につけられる研修です。
・コーチングの重要性
・コーチングに必要な傾聴・質問・承認のスキル
・実践的なコーチングスキル

リーダー層やマネージャー層を中心に、4~6時間にて研修プログラムが組まれています。座学とワークとのバランスがよいため、高い集中力を維持したまま必要なスキルを身につけられます。

研修を主催しているのは、株式会社ヒップスターゲートです。「真面目に新しい教育」を得意とする人材育成コンサルティング会社であり、集合研修やオンライン研修の主催の他にビジネスゲームや学習教材の製作もおこなっています。オンラインでのノウハウも豊富で視覚的にも分かりやすい資料を多数制作している研修会社です。

【オンライン】コーチング研修

「部下の欲求特性に合わせた育成手法を獲得するためのコーチング研修」アチーブメントHRソリューションズ株式会社


このコーチング研修では、部下それぞれが抱える欲求特性に合わせたコーチングを行うことを目的としています。単にコーチングのスキルを使うだけでは、テンプレートのような対応になってしまい部下の心は動かせません。選択理論心理学という科学的根拠を基にして、正しく部下の動機付けを行えるようになります。

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、これまで2,000社以上が抱える組織に関する課題を解決してきた企業です。選択理論心理学を根底に敷いており、人間の行動を科学的に解明した研修プランを提供しています。実際の行動定着率も80%以上という高い数字を叩き出しています。

アチーブメントHRソリューションズ株式会社
アチーブメントHRソリューションズ株式会社

参加者が学びを体得し、現場で成果を出すこと

やりっぱなしの社員研修ではなく、学びの体得と現場での実践にこだわった研修を紹介します。 「参加者が学びを体得し、現場で成果を出すこと」を目的に、成果の出る社員研修です。



「質問提案型マネジメントを実現するためのコーチング研修」JMAマネジメントスクール


この研修は、従来の「指導者→部下」という指示命令型マネジメントから脱することを目的としています。新たに「部下→指導者」という質問提案型マネジメントに切り替えることで、部下自身の自発的行動を呼び起こし、積極的にアイデアを引き出しながら仕事に取り組めるようになります。

JMAマネジメントスクールでは、新入社員〜トップマネジメント層まで、幅広いレベルに対して研修を導入しています。次世代を担う若い社員だけでなく、今の経営を担うトップ層の中でも常に変化は必要です。そうしたさまざまなニーズに応えられる多くの講師人を揃え、会社全体のサポートを行っています。

日本能率協会(JMA)
日本能率協会(JMA)

日本の経営革新、世界と社会と共に。

先進的テーマから実務課題に基づくものまで、階層別・課題別でまとめ、分野も幅広く取り揃え、バラエティーに富んだ人材育成・教育支援を行っています。



「"コーチングが出来る"を目指すためのコーチング研修」株式会社話し方教育センター


この研修では、実践演習なども通じて「コーチングができる」という状態を目指します。スキルの習得と実践演習をバランスよくおり混ぜることで、短時間でも着実に定着させる仕組みを整えています。

株式会社話し方教育センターは、人間が生きていく上で必須な「話す能力」の育成をメインとした研修会社です。社内の報連相や社外へのプレゼンなど、仕事の場において必ず発生する「話す」ということを中心に研修を揃えることで、業務上で必要なスキルを身につけていきます。
株式会社話し方教育センター
株式会社話し方教育センター

「話し方教育」を通じて、人を、社会を育てる

「社員のプレゼンテーション能力を高めたい」「管理職に強いリーダーシップを身につけてもらいたい」「営業部員の交渉能力を磨きたい」などのご要望に応える研修を紹介します。


研修についてよくある質問


コーチング研修の対象者を教えてください

・管理職
・中堅社員
・リーダー
・後輩指導を行っている社員
・人材育成に関わる社員

コーチング研修からどのような成果が期待できますか?

コーチング研修を受けることで、管理職やリーダーとしてのコミュニケーション能力が上がります。部下と適正な関わり合いができるようになり、職場の人間関係が良くなります。そうすることで組織のパフォーマンスが上がり、生産性や売上の向上が期待できます。
また、コーチングを用いて若手や部下の育成ができれば、これまでは出てこなかったアイディアやイノベーションをチームから引き出すことができます。

コーチング研修後に実際に部下育成に活かせるか不安です

コーチング研修では、カリキュラムにケーススタディが含まれていることが多いです。上司役と部下役に分かれてロールプレイングを行うなどして、現場で活かせる具体的な指導方法を学べます。研修会社とのヒヤリングの際に、自社で実際に起こっている困り事を共有することで、より実務に活かせる研修プログラムにしてもらうことが可能です。
コーチングが上手くいかない、効果が出ないと感じるときの対処法についても学ぶことができます。

コーチングを受けるメリット



コーチングを受けるメリットはさまざまあります。
ここではビジネスにおいて特に関わり深いメリットを4つご紹介します。

組織が目標を達成しようとする場合、コーチングは非常に重要です。従業員の可能性を最大化するために、マネージャーによる継続的な従業員パフォーマンス管理の一部であるべきです。
《出典》 職場でのコーチングの重要性とその方法 - Quantic School of Business and Technology


隠れた課題に気づける

個人的な課題はもちろんですが、仕事に焦点を当てたコーチングをおこなうことで、業務や仕事全般に対する具体的な課題が見えてきます。

表面に現れやすい課題はわかりやすく解決しやすいのですが、表面化しにくい課題が実はとても重要です。これまで改善を試みても上手くいかなかったこと、思うような結果になっていないことが、隠れた課題を解決することで、良い方向に進んでいきます。

個人の能力を引き出す

部下の能力を引き出すのは上司の役割ですが、本人が自分自身に可能性や能力があると気づかなければ、いくら上司が褒め讃えても良い結果にはなりません。

コーチングは自分の中にある答えを重視します。自身が持つ能力に自分で気づき仕事に生かせるようになると、モチベーションがアップします。

自ら考える癖がつく

コーチングはコーチの質問に答えることで、心の中にある答えを自分自身で見つけていきます。何度もコーチングを受けているうちに、自然と自ら考える癖がつくようになります。

これは個人のことだけではなく、仕事に対しても課題意識を持って取り組み、問題を抽出し解決へと進みます。主体性が出てくるため仕事に対する意識の改善にも役立ちます。

自分を認められるようになる

コーチングではコーチがアドバイスをしたり、答えを出したりはしません。ネガティブな言葉を使うこともありません。さらに指導対象者の価値観を否定することもありません。

自分の課題を明確にし、自分で問題解決の方法を導き出し行動することができるようになると、自信につながり自分の存在を認められるようになります。

コーチングに必要なスキル

コーチングでは3つのスキルが必要です。これらはあらゆる場面で活用できるテクニックでもありますので、習得して損はありません。

傾聴

コーチングで傾聴は最初のステップです。相手の気持ちや湧き上がってくる感情に共感しながら聴きくことが大切です。

思い込みを持たず、自分と考え方が違ったとしても、発言の内容を確認しながら聴くことで、たくさんの情報を得ることができます。

傾聴の姿勢は、相手に安心感を与え信頼関係を生みます。どんなにレベルの高い優秀なプロのコーチたちでも、信頼関係が作れなければコーチングの意味がなくなってしまいます。

⇒ビジネスに欠かせない傾聴力の概要と活かし方とは?

質問

指導対象者に考え答えを出してもらうには、効果的な質問をする必要があります。

『自ら気づく』ことが重要ですので、どのような言葉をどのように投げかけたら良いかを見極めなければ、コーチが答えを誘導してしまうことになります。

決して責めたり問いただすような言い回しにならないように、細心の注意が必要です。

承認

行動したこと、達成できたこと、成功したことに対して正当な評価が欲しいと思うのは当たり前のことです。

人間は問題意識を持ち過ぎると、マイナスな部分にばかり目が行ってしまいます。たとえ100%のパフォーマンスができなかったとしても、必ずこれまでと変化した点があるはずです。

実践できたところを見つけ評価することが、今後のさらなる信頼と行動変容につながります。

コーチングを取り入れる方法

コーチングを取り入れるには次の2つの方法があります。どちらの方法が現状に合っているのかという視点で決めるのが、スムーズな導入につながるポイントです。

社員研修に組み込む

コーチング技法はセミナーや研修で学ぶことができます。コーチングのプロを育てたいのであれば専門的な講座で資格取得が必要ですが、社内で使う範囲であれば社員研修に取り入れトレーニングを受けるだけでも十分です。

特に管理職がコーチングスキルを習得すると、部下の教育や育成に役立ちます。チーム全体で知識を持っていると、個人の成長と組織の発展につながります。

プロのコーチに委託する

定期的にプロのコーチングを受ける機会を作るのも効果的です。経営者やマネージャーがコーチングをおこなう場合、関係性によってはお互いに遠慮したり苦手意識を持ってしまうことがあります。

プロコーチは経験と知識をもとにしたテクニックを数多く持っていますので、対象者のタイプや状況、ケースに合わせて対応してくれます。

⇒ マネージャーとリーダーの違いを説明できる?できない方はこちらをチェック

目的や課題をヒアリングして、最適な研修会社をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。最適な研修をご紹介いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせ

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なコーチング研修をご紹介します!

「個別に研修会社を探すのは大変」というご相談を受けます。
「最短で導入したい」「最低3社からの見積もりが欲しい」「予算は幾ら以内で」貴社のご要望をお申し付け下さい。キーセッションが契約の研修プロデュース会社から最適なプランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのコーチング研修対応しています。

コロナ禍でのコーチング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

コーチング研修 研修プラン

やる気を自動継続・創造させるモチベーションアップ研修

イキイキと楽しく働ける環境を自らつくることができる
ゴールやミッションを設定することで高いセルフイメージをキープすることができる
目標達成に対するモチベーションを高い状態で継続することができる

外国人社員マネジメントに携わるマネージャー対象キャリアコーチング研修

● 日本と海外のビジネス文化や働き方の文化の違いを理解できる。外国人スタッフのマネジメントに役立つ、コミュニケーションスキルやコーチングスキルが習得できる
● 外国人、日本人すべてのスタッフの意欲を高めるためのスキルを学ぶことができる
● 効果的な指示の出し方、フィードバックの方法を学び、スタッフのスキルや自主性を高める方法を身に付けられる
● 日常行っている1 on 1ミーティングを、より効果的に行うための具体的なコツを学ぶことができる
● ハラスメントを避け、トラブルや突然の離職を未然に防げる。

自己改革・能力開発を促進するモチベーションアップ研修

失敗を考えることがなくなり常に新しいことにチャレンジすることができる
思い込み・固定観念を打ち破り個人・チームのパフォーマンスを最大化できる
夢や目標を叶える効果的な言葉の選択をできるようになりチーム全体の士気が上がる

部下の成長を促進させるコーチング研修

● コーチングの心構えを理解できる
●「傾聴・質問・承認」などのコーチングの基本スキルを習得できる
● 自立型職員、組織の育成ができるようになる

1回の面談で部下のやる気をMAXに引き出す「1on1ミーティング」実践研修

● やる気を引き出す具体的な手法を手に入れる
● 部下が自発的に動くようになる
● チーム内のコミュニケーションが円滑になる
● ミスが減り仕事の生産性が上がる
● チームの業績がアップする

問題解決能力が向上するモチベーションアップ研修

コーチングスキルを身につけ自身やチームの目標達成を支援することができる
提供しているサービスの本質的な価値に気づき営業力が上がる
環境にとらわれることなく任務を遂行できる問題解決能力がつく

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なコーチング研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのコーチング研修対応しています。

コロナ禍でのコーチング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。

コーチング研修の知識を深める

御社の目的や課題をヒアリングして、最適なコーチング研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。

無料見積もり大歓迎

問い合わせフォームへ進む

お問い合わせは最短60秒で完了いたします。

オンラインでのコーチング研修対応しています。

コロナ禍でのコーチング研修実施のためオンライン研修の対応しています。実施方法や料金などお気軽にお問い合わせください。